ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

a0212807_07580364.jpg
1991年の秀作映画「恋のためらい フランキー&ジョニー」は、アル・パチーノ(1941~)50歳、ミシェル・ファイファー(1958~)が、33歳のときに共演した作品です。
a0212807_07582447.jpg二人は、1983年の「スカーフェイス」 でもアル・パチーノ42歳、ミシェル・ファイファーが、25歳のとき共演しており、改めて「恋のためらい フランキー&ジョニー」を見るとアル・パチーノは、渋くなり、ミシェル・ファイファーが、女性として円熟しています。
ゲイリー・マーシャル監督(1934~2016)は、イタリアの撮影監督 ダンテ・スピノッテ(1943~)と上手くコラボレーションして、アル・a0212807_07592347.jpgパチーノとミシェル・ファイファーが、演じる大人の恋物語(ロマンス)を洒脱に撮っています。
刑務所から出所したばかりのジョニー(アル・パチーノ)は、ニューヨーク下町でギリシャ系移民の店主が、経営するレストランに運よく、コックとして採用されました。
ジョニーは、ウェイトレスのフランキー(ミシェル・ファイファー)に一目惚れ、何かにつけて口説きますが、フランキーは、にべもなく断り、ジョニーを相手にしませんでした。
a0212807_07590383.jpgそれでもジョニーは、フランキーを諦めませんでした。
それまでジョニーの誘いを拒否していたフランキーでしたが、独りの寂しさに敗けてジョニーと出かけた同僚の送別パーティーの帰り、フランキーの部屋で二人は、一夜を共にしました。
しかし、フランキーは、ジョニーの強引なプロポーズに怒り、部屋に閉じこもり店に数日出てきませんでした。
a0212807_07590738.pngやっと店に出てきたフランキーにジョニーは、自分の過去をすべて話し、これからの自分の望みを話しました。
頑なに心を閉ざすフランキーでしたが、ジョニーの自分を想ってくれる気持ちとやさしさに次第に心を開くようになりました。
a0212807_07591834.jpgそして、フランキーは、ジョニーに別れた男から受けた暴力の傷痕を見せ心の傷が、まだ癒えないことを話しました。
ジョニーは、フランキーに「心の傷は、治せないが、これから辛いときは、いつもそばにいる。」とやさしく労わり、そっと抱きしめました。

# by blues_rock | 2018-05-21 00:01 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_04392946.jpg
アラフォーの名女優 ジェシカ・チャスティン(1977~)が、出演した映画は、2011年「テイク・シェルター」、2012年「ゼロ・ダーク・サーティ」、2016年「女神の見えざる手」など私が、見た作品は、10数本あります。
a0212807_04413088.jpg私にジェシカ・チャスティンの出演している作品を一本見るならどの作品か、と質問されても私が、返答に困るのは、演じる役柄で様々な表情を見せているから作品の選択に困ります。
現在上映中のジェシカ・チャスティン最新作「モリーズ・ゲーム」は、この映画が、初監督作品となる名脚本家 アーロン・ソーキン(1961~)は、実在の賭博ポーカーゲーム主宰者 モリー・ブルーム(上写真a0212807_04414073.jpg右、美人女性)の伝記を脚本にし ‘ジェシカ・チャスティン=モリー・ブルーム’ その女性(ひと)に感じられるよう演出しています。
映画は、2時間20分と長尺ながら主人公モリーが、語るモノローグ(独白)を数多くのカットにして繋ぎ、テンポ良く、巨額の掛け金を湯水のように使う金満なセレブ世界をミステリアスに描きつつポーカーゲームを知らない素人にも分かるように手のa0212807_04415512.jpg内を見せながら展開していくので見ている方は、案外長さを感じません。
プロローグで紹介されるスキーモーグルのオリンピック出場候補選手だったモリーの過去 ~ コロラドでのスキー漬けだった少女時代とオリンピック出場選手選考競技の転倒事故、厳しいコーチだった父親(ケビン・コスナー 1955~)との確執(反発と抵抗)、スキーは、挫折するも成績優秀なのに進学せa0212807_04415946.jpgず、ロスアンゼルスへ出てバーで働いているときポーカーゲームの手伝いをさせられ成功するまでが、前半です。
モリーの強靭な精神力と才能で彼女の仕切る会員制ポーカーゲーム・クラブは、ロスアンゼルスで有名になりハリウッドの大物俳優、シリコンバレーの起業家、金融業者、ポーカーのプロが、メンバーになりました。
a0212807_04450952.jpgしかし、それも束の間、仲間の裏切りに遭い、モリーのポーカーゲーム・クラブは、破綻しました。
そこでモリーは、ニューヨークに移り、高級ホテルの一室に会員制高級ポーカーゲーム・クラブを開設、ハイリスク・ハイリターンのポーカーゲームを主宰しました。
モリーのポーカーゲーム・クラブは、瞬く間にニューヨークでも有名になり、成功したかに見えたその時、マネーa0212807_04473647.jpgロンダリングの手段にするためロシアンマフィアが、モリーのポーカーゲームに目を付けました。
マフィアの脅しを拒絶し けんもほろろ追い返したモリーでしたが、またもや信頼していた部下に裏切られ、瀕死の暴力を振るわれ手持ちの有り金と宝石類すべてを奪われました。
a0212807_04475007.pngさらに、FBIから突然不法ポーカー賭博の容疑で逮捕され、口座にある全資金を没収されました。
映画は、ここから佳境に入ります。
被告モリーの弁護士(イドリス・エルバ 1972~)は、無罪にするため地方検事局と司法取引しようと画策、モリーが、主宰したポーカーゲームのハードディスク(顧客リストと記録)を提出するよう進言するも、ここでもモリーは、頑なに拒否しました。
a0212807_04475885.jpgそして、裁判長から罪状認否を問われたモリーは、「有罪です。」と答えました。
モリーの頑な意志と不屈の精神は、どこから来るのか、エピローグの父親との会話で分かります。
映画の中でセリフが、やたら多く長いのは、脚本家としてのアーロン・ソーキン監督の面目躍如たるところかもしれません。
a0212807_04475447.jpgデンマークの女性名撮影監督 シャルロッテ・ブルース・クリステンセン(1978~)の映像が、美術のデビッド・ワスコと衣装のスーザン・ライアルと相俟って秀逸です。

# by blues_rock | 2018-05-19 23:19 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
福岡から佐賀へ263号線の三瀬峠を越え(三瀬トンネルを抜け)、三瀬そば街道に入ると そこかしこに 美味しい蕎麦処が、点在しています。
a0212807_08273289.jpg
これまで私お気に入りの(美味しいと感じた)蕎麦処を数店、すでに拙ブログで紹介しましたが、今夜は、三瀬そば街道から少し背振の里山に入るので特別編と題して「そば 遊山(ゆさん)」をご紹介します。
a0212807_08274529.jpg
巨木の太い梁を組んだ木造二階建ての家屋もですが、木目のきれいな杉板を張り巡らせた天井、床、壁の設えは、心地よく、大きな窓から見える緑豊かなまわりの自然が、どこの席からも見えるので心安らぎます。
a0212807_08275857.jpg
熱い黒豆ほうじ茶(香りがいい)を啜り、松の巨木のうねりを生かした長く厚いテーブルや室内至るところに活けてある季節の花を眺めながら、注文した石臼挽き手打ち十割蕎麦をゆったり待っていると緑鮮やかな蕎麦
a0212807_08282710.jpg
が、テーブルに届き、その美味しいこと、蕎麦猪口など器も風流で、活け花のセンスと併せ、店の内外すべてに配慮の行き届いたご主人の趣味の好さを窺い知ることが、できました。
a0212807_08281047.jpg私は、東京・名古屋・大阪と 30数年暮らして来ましたが、「そば 遊山」の蕎麦は、大都会の有名蕎麦店に勝るとも劣らない 美味しいものでした。
車でないと行けない人里離れた脊振の里山という 辺鄙なところにありますが、‘知る人ぞ知る’「そば 遊山」の蕎麦は、私が、皆様方に自信をもってお薦めする蕎麦処です。
a0212807_08285096.jpg余談ながら、前述したハム&ソーセージ工房 イブスキのハム・ソーセージは、云うに及ばず、オーストリア風パンに はさんだハムとソーセージのサンドイッチも美味しいので、こちらもお薦め(そば 遊山のお帰りにテイクアウトで)いたします。            (上写真 : イブスキ工房 横の 裏山 「 風薫る 背伸びし筍(こ)らに 竹の秋 )

# by blues_rock | 2018-05-17 00:07 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(2)
a0212807_14204829.jpgオーストラリアの名監督 ジョン・ヒルコート(1961~、2012年「欲望のバージニア」、2016年「トリプル9 裏切りのコード」)が、2009年に撮ったデストピアSF映画「ザ・ロード」は、地球を襲った曽有の大災害で壊滅的な被害を受けた人類、そして文明を失ってから10年以上経った世界を描いています。
映画に映し出される破壊し尽くされた荒涼とした自然、廃墟と化した都市の光景を演出のヒルコート監督と撮影のハビエル・アギーレサロベ撮影監督(1948~、2001年「アザーズ」、2004年「海を飛ぶ夢」、200年「宮廷画家ゴヤは見た」、2013年「ブルージャスミン」いずれも秀作の撮影監督)は、CG(VFX)を使わないでロケ撮影したといいますから、安易にCG(SFX・VFX)を多用した軽佻浮薄なゲテモノ映画が、多いなか「凄い映画魂」a0212807_14210005.jpgに絶賛します。
映画「ザ・ロード」の描く地球は、環境の壊滅的な悪化で粉塵に覆われた大気が、太陽を遮断し、空は、灰色にくすみ、地球の寒冷化により次第に動植物が、死滅していました。
人類(人間たち)は、餓死するか、自殺するか、お互いを喰い合う(共喰い)しか生き残る手段が、ありませんでした。
a0212807_14205866.jpgそんな荒廃した地球上で父(ヴィゴ・モーテンセン 1958~)と息子(コディ・スミット=マクフィー 1996~、出演時13歳)は、自らを戒め利己的にならず弱者を助け、つねに善き人間であろうと努力して生き、極寒から逃れるため南へ歩き続けていました。
ヒルコート監督の人間ドラマとしての演出とSFながら現実味(リアリティ)あふれるアギーレサロベ撮影監督の映像が、すばらしく、a0212807_14211486.jpg廃墟に残された缶詰、ボロ靴、小さな石鹸などディテールをさりげなく見せ、つねに付きまとう飢餓と凍死の絶望という地獄の描き方は、抜群です。
同時に、かすかな希望の匂わせ方も秀逸、2010年のデンゼル・ワシントン(1954~)とゲイリー・オールドマン(1958~)名優二人が、共演したデストピアSF映画「ザ・ウォーカー」、同じくアレックス・ミラー監督(1949~)のデストピアSF映画a0212807_14211751.jpg「マッドマックス」シリーズも この「ザ・ロード」同じで、黙示録の描く絶望的な世界で蠢(うごめ)く人間の世界を描きつつも親子であったり恋人同士であったり‘愛’は、希望の源泉であることをプロットの基本にしています。
オーストラリアのロックミュージシャンで映画音楽の名作曲家 ニック・ケイヴ(1957~)のサウンドトラックも秀逸です。
出演者は、他に シャーリーズ・セロン(1975~、今やデストピアSF映画に欠かせない名女優)、ロバート・デュバル(1931~)、ガイ・ピアース(1967~)、モリー・パーカー(1972~)など名優(名女優)が、しっかり脇を固めていることも映画の質を高めているといえるでしょう。

# by blues_rock | 2018-05-15 00:05 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
あえて云えば、私の好きな古陶茶碗の順序ながら、全国各地いずこの古窯茶碗であれ、ぐっとくる碗の好さが、すべてで 古窯のランク付けなどは、どうでもよいというが、私の正直な気持ちです。
a0212807_05353056.jpg
現在、唐津近代図書館ギャラリーで開催中の「古唐津 もうひとつの桃山」展を見てきました。
茶道の世界では、「一 楽、二 萩、三 唐津」と、云うようですが、どうして古唐津の前に、一 楽、二 萩 なのか、私a0212807_05355120.jpgには、まったく理解できません。
茶人たちの陰謀じゃないのかな ‥ お点前の最中に アッチッチと茶碗を取り落としたら家元(師匠)の恥、つまり できるだけ熱伝導しない茶碗、つまり粗い陶土(つち)の茶碗は、熱伝導が、遅く、よって茶の湯は、冷めにくく、手にもつ茶碗も熱くないのでお点前もしやすく、さらに茶碗のもろさ(壊れやすさ)が、利休の茶の理念である‘侘び寂び’と相通じることもあり一石複鳥だかa0212807_05353982.jpgらだろうな、と邪推しました。
ともあれ、どこの無粋な茶人が、講釈したのか、「三 唐津」などという古唐津の中里コレクションと田中丸コレクションから選りすぐられた逸品 51点を単眼鏡片手にゆっくり堪能しました。
古唐津は、愛でられ伝承され使われているうちにできたひび割れや欠けを金継ぎした陶器とくに茶碗が、多い(展示51点中16点)のも特徴です。
古唐津茶碗の金継ぎは、修理ではなく‘景色’であること、美の価値を損なわない金継ぎの奥義は、底なし沼のa0212807_05355638.jpgようです。

古唐津茶碗 写真
上から
・ 絵唐津木賊 (とく
 さ)文茶碗
・ 奥高麗茶盌
 銘「かすがい」
・ 奥高麗茶盌
 銘「閑窓」

# by blues_rock | 2018-05-13 00:13 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)
デンマークの名女性監督 スザンネ・ビア(1960~、2004年秀作「ある愛の風景」(原題 兄弟)は、2009年ジム・シェリダン監督が、リメイク、その「マイ・ブラザー」も秀作、2010年「未来を生きる君たちへ」は、傑作)が、2014年
a0212807_11285788.jpg
に撮った新作「セリーナ」(Serena)を紹介します。
映画を美味しい料理に例え、重要なポイントを三つあげるなら、まず調理(演出)をするシェフ(監督) 、そしてレシa0212807_11332363.jpgピ(脚本)、食材(俳優)の3つです。
その料理を食べる レストランの場所(ラインプロデュース)、料理の味を損なわないレストランの内装(プロダクションデザイン)、室内に流れる音楽(サウンドトラック)も大切な要素です。
そんなことを考えながら、いま旬の女優 ジェニファー・ローレンス(1990~)を‘旬の食材(俳優)’に例え、シェフ(監督)のスザンネ・ビアが、どんなレシピa0212807_11332798.jpg(脚本)を使って どんな料理(映画)にしたのか、楽しんで見ました。
旬の食材‘ジェニファー・ローレンス’をこの映画の監督スサンネ・ビアの新作「セリーナ」とフランシス・ローレンス監督の新作「レッド・スパロー」と見比べてみる(料理で言うなら食べ比べてみる)と、レシピ(脚本)とシェフ(監督)の調理の差(演出の力量)が、良く分かると思います。
a0212807_11334126.jpg映画「セリーナ」の舞台は、1929年のアメリカ、ノースカロライナのグレート・スモーキー山脈奥地の山間地帯です。
材木事業家のジョージ(ブラッドリー・クーパー 1975~、 2012年「世界にひとつのプレイブック」でもジェニファー・ローレンスと共演、2014年「アメリカン・スナイパー」主演)は、山の奥地で、多くの従業員を使いながら、a0212807_11334488.jpg製材所を営んでいました。
ある日、彼は、山間の小さな町で、火事で家族全員を亡くした美しい天涯孤独の女性 セリーナ(ジェニファー・ローレンス)に出遭い、一目惚れしました。
ジョージは、セリーナと結婚、夫婦になりました。
ビジネスの才能もあるセリーナは、ジョージの妻そして事業パートナーとして公私ともに他人が、入り込む余地のないほど深い信頼a0212807_11340567.jpgと愛情で結ばれていました。
幸せの絶頂にあったセリーナは、不慮の事故で流産、子供の産めない体になりました。
そして、自分の知らなかったジョージの過去を知ったとき、精神錯乱したセリーナの独占愛は、自分のまわりにあるすべてを破壊する狂気と化していきました。
a0212807_11560436.jpg撮影監督は、スザンネ・ビア監督作品のほとんどを撮っているデンマークのモーテン・ソーボー(1964~)で、この映画でも見事なカメラワークを見ることができます。
イギリスの名俳優 リス・エバンス(1968~2009年「パイレーツ・ロック」にDJ役で出演)とトビー・ジョーンズ1967~)が、脇を固め、ルーマニアの女優 アナ・ウラル(1985~)もセリーナを狂わすジョージの愛人役を秀逸に演じています。

# by blues_rock | 2018-05-11 00:11 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_06114320.jpgスウェーデンの女優 ノオミ・ラパス(1979~、2009年スウェーデンとデンマークの共同製作サスペンス&スリラー映画「ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女」 3部作の主人公 天才ハッカー リスベット・サランデル役で有名となる)は、2016年デストピアSF映画「セブンシスターズ」で、主人公となる7つ子姉妹を1人7役で熱演しています。
今夜ご紹介するのは、ノオミ・ラパス主演のスパイ・アクション映画「アンロック」で、ノオミ・ラパスの鍛えられた筋肉質の体が、前作の「セブンシスターズ」同様「アンロック」でも見られ、地味ながら新しいタイプの頭脳明晰な女性工作員(CIA尋問官)の役を好演しています。
a0212807_06111848.jpg
いま、ハード・アクション映画、とくに新作のスパイ・アクション映画の主人公は、皆なシャープでマッスルな凄腕の女性スパイばかり、ジェームス・ボンド(ショーン・コネリー 1930~)に始まり半世紀、スパイ・アクション映画でa0212807_06121057.jpg男性の敏腕工作員が、活躍した時代は、ジェイソン・ボーン(マット・ディモン 1970~)で終わりました。
“女性ファースト” いましばらく、スパイやアサシンのハード・アクション映画は、敵のマッチョな男どもをバンバン投げ飛ばし、容赦なくパンパン打ち殺す凄腕の女性スパイが、主人公になるでしょう。
a0212807_06123111.jpg現在公開中のイギリス製作 スパイ・アクショ映画「アンロック」の監督は、マイケル・アプテッド(1941~、2006年「アメイジング・グレイス」)、撮影監督が、アクション撮影ならお手のもののジョージ・リッチモンド(2017年「新 トゥームレイダー」)です。
「Unlocked」とは、完落ち(完全自供)という意味、CIAの尋問スペシャリスト アリスを演じるのが、ノオミ・ラパスです。
a0212807_06124108.jpg過去にパリで起きた爆弾テロの首謀者を完落ちさせられず、多くの犠牲者を出したことから尋問の仕事に自信を失い引退、ロンドンで福祉の仕事に付いて静かに暮らしていました。
その頃、ロンドンで何者かによるバイオテロ計画を察知したCIAヨーロッパ支局長ボブ(ジョン・マルコビッチ 1953~)は、イギリス国家情報保安部MI5のエミリー(トニ・コレット 1972~)と連絡をa0212807_06132778.jpg取り合い ‥ というより、お互い丁々発止の腹の探り合いをしていました。
CIAは、ロシアから密かに運び込まれるバイオウイルス(バイオテロ)の情報を、キャッチ、バイオテロ計画に関わる容疑者の一人を拘束しました。
アリスの尋問官として才能を高く評価する元上司のエリック(マイケル・ダグラス 1944~)は、彼女を強引にCIAに呼び戻しました。
a0212807_06133081.jpgアリスは、手練手管の巧みな尋問で容疑者をアンロック(完落ち)しますが、彼女に協力しているのは、ニセ捜査官グループと気付き、とっさの判断で容疑者と一緒に逃亡、命を狙われながら人種の坩堝(るつぼ)ロンドンでバイオテロ計画を阻止するアリスの孤独な戦いが、始まりました。
a0212807_06134990.jpgこれに元海兵隊員ジャック(オーランド・ブルーム 1977~)が、絡みアリスは、敵味方分からないまま二転三転していく事態に対処していきます。
ノオミ・ラパスは、特別美人女優というわけでもなく、派手な雰囲気もありませんが、ドラゴン・タトゥーの女 リスベット・サランデルを見てから私は、彼女の出演している映画を見るようになりました。

# by blues_rock | 2018-05-09 00:09 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
枇杷の葉を漆器にして菓子皿として遊んでみました。
a0212807_16575256.jpg
準備工程は、先日「枇杷の葉っぱ」で書きましたので、その続きとして読んでくださると光栄です。
a0212807_16465269.jpg
枇杷の葉 漆器は、菓子器や薬味皿なら 風情(趣)が、あって好いかもしれません。
a0212807_16470374.jpg
漆が、乾くには (ウルシオーロとラッカーゼが完全に凝固するには)、概ね1年くらい必要です。
a0212807_16472232.jpg手で触れるには、1週間くらい乾かし、3か月くらい経つと色素が、馴染み 漆特有のピカピカした艶(光沢)も出てきます。
歳月を経て、艶(光沢)のトーンが、気になるようなら、そのつど拭き漆をすれば、漆の強度は、さらに増し、艶も一段と深みを増すことでしょう。
名陶工と邪道弟子の陶芸コラボレーション」の「オリーブ用植木鉢」に小さなオリーブの木を植栽してみました。



左写真 : 手捻り(紐作り)の植木鉢に跳び鉋(とびかんな)

# by blues_rock | 2018-05-07 00:07 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)
a0212807_04485101.jpg
ベルリン、ヴェネチア、カンヌの国際映画祭で受賞歴のあるドイツの名匠 ファティ・アキン監督(1973~、トルコ移民二世の映画監督、骨太な社会派監督で 2014年秀作映画「消えた声が、その名を呼ぶ」など多数) が、製a0212807_04512697.jpg作・脚本・監督した最新作のシリアスなサスペンス人間ドラマ「女は二度決断する」(原題 Aus dem Nichts 何もない)は、人の心から多様性と受容性が、喪失しつつある今こそ、‘いつか来た道(悪路)’に還らないためにも多くの方に見ていただきたい映画です。
a0212807_04513197.jpg何といってもアキン監督のディテールも疎かにしないきめ細かな演出(丁寧なリアリティの表現)とネオナチ(移民排斥人種差別主義者ら)の爆弾テロで一瞬にして最愛の家族(トルコ系クルド人の夫と一人息子)を失った主人公のドイツ女性カティヤを演じたダイアン・クルーガー(1976~)の渾身の名演技が、必見の傑作映画(ドイツ人女優ダイアン・クルーガーがドイツ映画に初出演、)です。
a0212807_04514091.jpgアキン監督は、脚本を2000年から2007年にかけて発生した外国人排斥を主張するネオナチ(NSU)の銃器や爆弾による移民への連続テロ事件の実話をもとに三部構成のプロットにし、第一部が、被害者の悲劇な叫び(悲痛・絶望・喪失の感情)とドイツ警察のおざなりな捜査、第二部では、ネオナチの犯行と立証できる証拠が、あるにもa0212807_04515421.jpg関わらずドイツ法廷の裁判は、必ずしも 正義=善、不正義=悪の司法システムでないと暗喩し、第三部が、不条理な社会の在り様と理不尽な現実の中でもがく被害者の悲痛・不信・絶望・孤独・復讐・自死(エンディング)として描いています。
a0212807_04515892.jpgアキン監督の演出は、視軸(主観)をトルコ系クルド人移民の夫と息子を突然爆弾テロで惨殺された被害者のドイツ人女性 カティヤ(ダイアン・クルーガー)におき、映画を見る者に‘彼女の感情’を移入、「もし、あなたが、カティヤならどうしますか?」と問いかけしているように私は、感じました。
とにかく、主人公のカティヤを演じたダイアン・クルーガーが、すばらしく、カンヌ国際映画祭女優賞受賞は、すんa0212807_04520129.jpgなり納得できる傑出した演技です。
映画は、ドイツの港町ハンブルグが、舞台です。
トルコ移民の夫と一人息子の三人幸せな家庭を築いていたドイツ人女性のカティヤが、爆弾テル事件に巻きこまれ突然夫と息子を失いました。
a0212807_04523429.jpg警察は、東欧からの移民による犯罪組織またはイスラム宗派間の抗争を疑いカティヤが、容疑者を目撃しているにも関わらず無視、警察の捜査は、地獄にいるような思いをしている被害者の神経を逆なでするようなものでした。
絶望と孤独(喪失感)の中でカティヤは、愛する家族の元へ行こうと自死を決断、リストカットしますが、弁護士ダa0212807_04524325.jpgニーロ(デニス・モシット 1977~)からの電話で我に返りました。
犯人は、カティヤの云うとおり人種差別主義者集団ネオナチでした。
容疑者は、逮捕されるも法廷で爆弾テロの被害者である亡き夫と自分が、侮辱され、テロリストらのアリバイ偽装工作で裁判所は、彼らに推定無罪の判決を下しました。
a0212807_04525490.jpgまたしても耐え難い絶望の淵に立たされたカティヤは、最終決断をしました。
アキン監督の盟友スイスの撮影監督 ライナー・クラウスマン(1949~、2004年傑作映画「ヒトラー 〜 最期の12日間」)の映像が、すばらしく、また音楽監督を担ったアメリカのロックミュージシャン ジョシュ・ホーミ(1973~)の、アキン監督の演出とクラウスマン撮影a0212807_04525846.jpg監督の映像にシンクロした変幻自在な音楽も秀逸です。
エンドロールに映る水の映像を見ながらバックに流れる歌を聴いていたらこれも傑作であった「shape of water」が、表現した多様性と受容性へのメッセージを思い出しました。
(上写真 : 撮影の打合をするファティ・アキン監督とカティヤ役でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したダイアン・クルーガー)

# by blues_rock | 2018-05-05 05:05 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_12174017.jpg
耽美派の映画監督と呼ばれたフランスのロジェ・バディム監督(1928~2000)の映画は、どれも凡庸な作品ばかりと思い込んでいましたが、1959年作品の「危険な関係」は、なかなかの秀作で見直しました。
a0212807_12174673.jpg私が、映画に求めるものは、「レアリテ(リアリズム=存在感)」で、古今東西 どんなジャンルの映画であっても(たとえ スーパー・アクション、SF、ホラーであっても)、レアリテが、希薄な、あるいは感じられない作品は、いつもパス(スルー)するのが、私の悪癖でもあります。
a0212807_12175014.jpg美男美女の五角関係を描く「危険な関係」の主人公を演じるのは、フランス映画界伝説の美男子俳優 ジェラール・フィリップ(1922~1959病没、享年36歳、「危険な関係」が遺作)と、若い頃から独自の個性(危険な女のイメージ)をもつ稀代の名女優 ジャンヌ・モロー(1928~2017、「危険な関係」出演時31歳)、これに当時バディム監督二番a0212807_12181279.jpg目の妻であったデンマークの美人女優 アネット・バディム(1936~2005、出演時23歳、バディム監督が、結婚した女性は、最初の妻 ブリジット・バルドー、三番目の事実婚妻 カトリーヌ・ドヌーブ、四番目の妻 ジェーン・フォンダ、五番目の妻 マリー=クリスティーヌ・バローと皆な美人女優ばかり)ならびに 出演時18歳の初々しい美女 ジャンヌ・バレリー(1941~)、さして当時まだ無名に近かった名優 ジャン=ルイ・トランティニャン(1930~、出演時29a0212807_12181588.jpg歳)が、絡みスタイリッシュな男と女の痴情怨恨ドラマを展開していきます。
ジェラール・フィリップは、「危険な関係」の前作である1958年の名作「モンパルナスの灯」で演じた天才画家 モディリアーニも秀逸でしたが、奇しくもそのモディリアーニと同じ36歳の若さで次作撮影中に病気のため亡くなりました。
a0212807_12184192.jpg美男美女の五角の「危険な関係」をバディム監督は、ジャズ好きの感性を駆使し アート・ブレイキートとジャズ・メッセンジャースなど斬新なモダンジャズとコラボレーションしたような秀逸なカメラ(撮影監督 マルセル・クリニョン 1914~1990)が、バディム監督の演出を耽美的なモノクロのすばらしい映像(退廃的な官能美)で表現しています。
バルモン(ジェラール・フィリップ)とジュリエット(ジャンヌ・モロー)の外交官夫妻は、お互いのアバンチュールa0212807_12183997.jpg(自由恋愛=情事)の成果を報告し合う奇妙な夫婦(今でいう変態夫婦)でした。
ジュリエットは、若い情夫が、18歳のセシル(ジャンヌ・バレリー)に求婚したと知ると、夫のバルモンにセシルを誘惑するよう頼みました。
スイスのスキー・リゾート地にいるセシルに近づき、手練手管で口説き性的関係を持ったバルモンですが、そこで貞淑な貴族夫人のマリアンヌ(アネット・バディム)と出遭a0212807_12184557.jpgい、恋に落ちてしまいました。
外交官の妻でありたいジュリエットは、夫バルモンのマリアンヌへの恋が、本気と知るや悪質な妨害(ニセの電報を発信)を始めました。
セシルを熱愛する純情な学生ダンスニー(ジャン=ルイ・トランティニャン)は、浮気男の外交官バルモンが、大切な恋人セシルと関係を持ったと知るや激怒し殺意を抱きました。
バルモンの自分を愛する気持ちが、本気と分かったマリアンヌ夫人は、彼を受け入れ愛するようになりますが、a0212807_12184369.jpgジュリエットからのニセ電報で精神を病み、すでにダンスニーに殺され帰らぬ人となった愛人バルモンを待ち続けていました。
外交官であり自分の奔放な自由恋愛(情事=アバンチュール)を許してくれた亡き夫バルモンの遺品にあったマリアンヌからの純真な恋文(ラブレター)を見て焼き捨てようとした火が、ジュリエットに燃え移り顔に酷い火傷の痕を残しました。
a0212807_12261277.jpg
私は、もう一度4Kデジタル・リマスター版で、この「危険な関係」を見ようと思っています。
ロジェ・バディム監督が、並みの男でないのは、最初の妻で当時22歳の ブリジット・バルドーを寝盗った(コキュa0212807_16082016.jpgした)男 ジャン=ルイ・トランティニャンを自分の映画で使い続けていること、フランスには、本物のロマンスが、あります。


(右写真 : BB ベベ と呼ばれ世界中の映画ファンから愛された若い頃のブリジット・バルドー)

# by blues_rock | 2018-05-03 05:03 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)