ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

アクション映画の名匠 アントワン・フークア監督(1966~)の最新作「イコライザー 2」(IMAX)を見ました。
a0212807_12505486.jpg
フークア監督の最近の映画では、2013年の「エンド・オブ・ホワイトハウス」、2014年の「イコライザー」、2015年の「サウスポー」、2016年の「マグニフィセント・セブン」と必ずしもアクション映画ばかりではありませんが、されど見a0212807_12510061.jpgごたえのあるサスペンス&アクション映画を撮らせたらフークア監督をしのぐ監督は、世界広しといえど、そういないと思います。
フークア監督は、2014年「イコライザー」で、デンゼル・ワシントン(1954~)の物静かな風貌と知性ある雰囲気を生かし、だが一旦堪忍袋の緒が、切れるとクールに(あっという間に)凄腕の戦闘能力を発揮する元CIA工作員ロバート・マッコールa0212807_12512010.jpgという街の片隅で静かに暮らすイコライザー(いわば必殺仕置き人)像を創りあげました。
フークア監督は、監督2作目の2001年「トレーニング デイ」でデンゼル・ワシントンと組んで(デンゼル・ワシントンは、この映画でアカデミー賞主演男優賞受賞、極悪非道な悪徳麻薬捜査官を怪演)以来、最新作「イコライザー 2」まで含めると4作品をa0212807_12512544.jpg撮っているので ‘演出’ と ‘演技’ の息もピッタリ、さらに名撮影監督オリバー・ウッド(1950~、「ジェイソン・ボーン」シリーズの撮影監督)のリアリティあるカメラワークが、また秀逸で、世に数多あるアクション映画の ‘嘘八百(ワイヤーアクションCGとVFXの過剰)’ を感じることは、ありません。
a0212807_12512799.jpg「イコライザー 2」の主人公ロバート・マッコールは、普段タクシー運転手ながら映画の前半、マッコールの ‘イコライザー’(Equalizer 仕置き人)ぶりを見せつつ彼が、昔所属していたCIA特殊工作グループの要人暗殺犯行に絡み、彼は、その証拠隠滅(口封じ)のために命を狙われるが、研ぎ澄まされた戦闘能力で復讐するという物語です。
a0212807_12515005.jpg映画の構成(プロット)は、マッコールが、CIA特殊工作グループの元同僚らに命を狙われる緊迫感あふれるシークエンス(アクションシーンの連続)をタテ軸に、マッコール同様に命を狙われ惨殺される元CIA同僚のスーザン(メリッサ・レオ 1960~、前作「イコライザー」にも出演)や、アパート隣人の黒人青年マイルズ(アシュトン・サンダース 1995~、2016年「ムーンライト」で十代の主人公シャロンを演じる)、さらにナチスドイツの強a0212807_12515601.jpg制収容所で生き別れになった姉を探し続ける認知症のユダヤ人老人などとの関わりを横軸に情感豊かな映画にしています。
監督・脚本・俳優・映像に優れたエンタメ・アクション映画は、IMAX(70ミリフィルムをタテ長にしたほぼ正方形のスクリーン)で見ると気分爽快です。
a0212807_12520061.jpg
(上写真 : デンゼル・ワシントンと撮影の確認をするアントワン・フークワ監督)

# by blues_rock | 2018-10-12 00:02 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
陶と漆とパイプオルガンの相関関係は、何もありませんが、何もないところへ無邪気に立ち入り平気でいられるのは、素人の強み、怖いところ、特権です。
a0212807_12380576.jpg
さて、まず「パイプオルガンとトランペットの出遭い コンサート」への誘(いざな)いの第2弾のご案内です。
しつこく書いていますが、パイプオルガンは、移動できないので市内至るところに会場を移してライブ(コンサー
a0212807_12381736.jpg
ト)するというわけにはいきません。
福岡市内で 3箇所しかないパイプオルガン・コンサートのできる会場の一つが、‘福岡女学院ギール記念講堂’
a0212807_12382237.jpg
で今回は、トランペットとのコラボレーションによるパイプオルガンのコンサートです。
会場へは、西鉄大牟田線の井尻駅で下車し、駅前のバス停から「福岡女学院行き」のバスにお乗りくださると、
a0212807_12384971.jpg
概ね15分くらいで到着します。 (上と下写真 : 左、焼締め とびかんな鉢 と 右、陶胎漆器 とびかんな茶盌) 
前売りチケットが、2千円(当日2千5百円)で、高校生・中学生・小学生は、‘無料’です。
a0212807_12390380.jpg
(注:小学生以下乳幼児の入場は、できませんので予めお断り申しあげます。)
車の方は、構内にコンサートのため特別に駐車場を設けますので構内入口でその旨申し出てください。
a0212807_12391461.jpg
この機会に荘厳なパイプオルガンの音色をお楽しみください。  (上写真 : 鉄釉 とびかんな 中鉢)
皆さま方、多数のご来場をお待ち申しあげます。  (下写真 : 手びねり 砥草文掻き 粉引茶盌)
a0212807_12392374.jpg

# by blues_rock | 2018-10-10 00:10 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
a0212807_01143067.jpg
ポーランド出身の鬼才ロマン・ポランスキー監督(1933~)が、1965年に撮ったイギリス映画「反撥」(原題 Repulsion 嫌悪)は、フランスの名女優カトリーヌ・ドヌーブ(1943~)を主演に迎え、神経質で潔癖性の若い女性
a0212807_01144907.jpg
が、次第に幻覚(幻視・幻聴の‘統合失調症状’)に怯え殺人を犯していくスリラー映画の傑作です。
当時 22歳のカトリーヌ・ドヌーブが、美しく実に見事な演技を見せてくれ、私は、この映画で、名女優カトリーヌ・a0212807_01145502.jpgドヌーブの演技者としての才能を強く感じました。
ポランスキー監督は、1962年、ポーランド映画「水の中のナイフ」で監督デビュー、その才能が、世界で高く評価されたものの当時社会主義国のポーランドでは、黙殺されました。
1963年、表現の自由を求めてイギリスに渡り、ロンドンを舞台に撮ったイギリス映画が、「反撥」です。
映画は、全編英語でヌーヴェルヴァーグを彷彿とさせるモノクロ映像(カメラワーク)は、1959年のトリュフォー監督の「大人は判ってくれない」、同年のゴダール監督「勝手にしやがれ」を感じさせます。
「反撥」を製作するに当たって当時32歳のポランスキー監督は、撮影監督ギルバート・テイラー(1914~2013)が、1964年に撮ったスタンリー・キューブリック監督の「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」とリチャード・レスター監督の「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」を見て「反撥」の映像イメージが、浮かんだのではないかと思います。
カトリーヌ・ドヌーブは、「反撥」に出演する前年の1964年「シェルブールの雨傘」が、大ヒット、その悲恋の清純な娘ジュヌヴィエーヴの印象は、カトリーヌ・ドヌーブの美貌と相俟って彼女を一躍スターにしましたが、翌年出演した「反撥」の主人公キャロルは、悲恋の清純な娘の真逆で、精神に異常をきたした若い女性の殺人者でした。
a0212807_01152466.jpg
ポランスキー監督の演出とテイラー撮影監督のカメラは、‘ カトリーヌ・ドヌーブ ’をトラッキング、フォロー、さらに多様なクローズアップ、とくに精神錯乱のキャロル(カトリーヌ・ドヌーブ)をエクストリーム・クローズアップ(顔a0212807_01152919.pngの大写し)で捉え、それに応える新鋭女優カトリーヌ・ドヌーブが、息をのむ美しさで、秀逸にして文句なしの名演技でした。
音楽もまたすばらしく ジャズ・ドラマー チコ・ハミルトン(1921~2013)の激しいドラム音は、キャロルの不穏な精神を音で見事に表現しています。
a0212807_01153699.jpgキャロルの精神の変調要因になるのが、隣室に毎晩愛人を連れ込んでセックスする姉ヘレン(イヴォンヌ・フルノー 1926~)の喘ぎ声、アパートの隣にある教会の鐘の音、テーブルに放置された食べ残しのウサギのローストなどで、やがて神経質にして潔癖な処女のキャロルは、勤め先の美容院を無断欠勤するようになり、自室に引きこもり電話のベルにも怯え、電話線も切ってしまいました。
a0212807_01154771.jpg夜毎、見知らぬ男にレイプされそうになる悪夢、部屋の壁が、亀裂する幻覚、廊下の壁から差し出される男たちの腕 ‥ と妄想は、次第に広がり、少しずつキャロルの精神を壊していきました。
そして、キャロルのいるアパートの部屋で二つの殺人事件が、起きました。
キャロルは、ベッドの下でうずくまり気を失っているところを姉のヘレンと愛人、アパートの隣人や駆け付a0212807_01155010.jpgけた警察官たちに発見されました。
映画は、冒頭、キャロルの右目瞳孔を大きく映して始まり最後に、家族写真に写る少女時代のキャロルの不穏な目をクローズアップして終わります。

(左写真 : ポランスキー監督と打ち合わせるカトリーヌ・ドヌーブ)

# by blues_rock | 2018-10-08 00:08 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_20265971.jpg
名匠にして鬼才、フランスの映画監督 フランソワ・オゾン(1967~)の新作「2重螺旋の恋人」(原題 L'amant double 二人の愛人)と、同じ時期に公開されていたカナダの名監督ジェイソン・ライトマン(1977~)の新作「タa0212807_20274426.jpgリーと私の秘密の時間」(原題 Tully)は、共に精神病性障害(サイコシス)の女性を主人公にしたスリラー映画です。
「2重螺旋の恋人(ラマン・ダブル)」のオゾン監督は、2013年作品「17歳」で鮮烈な印象を残した新鋭の美人女優マリーヌ・ヴァクト(1991~)を再び起用し ‘統合失調症’(幻覚と妄想)の女性クロエ(マリーヌ・ヴァクトが、秀逸)の不可解な言動をミステリアスに描a0212807_20281139.jpgきました。
ライトマン監督もまた2011年作品「ヤング≒アダルト」で主演した名女優シャーリーズ・セロン(1975~)と再び組み「タリーと私の秘密の時間(タリー)」(シャーリーズ・セロンは、製作も参加)で‘ストレス性精神疾患’(せん妄)の中年女性(主婦)マーロを寓話のように撮っています。
a0212807_20283679.jpgまず、「ラマン・ダブル」を「2重螺旋の恋人」としたのは、若い女性クロエ(マリーヌ・ヴァクト)の精神性疾患(発達障害、多動性障害)の迷宮(虚実)と官能(セックス)の心理ミステリーに原題の「ラマン・ダブル(二人の愛人)」では、スリラーらしくないからでしょう。
撮影監督マニュ・ダコッセ(2015年「エヴォリューション」の撮影監督)のシャープな映像も秀逸です。
a0212807_20284125.jpg
クロエと関わる二人の精神分析医で似て非なる両極端な性格の一卵性双子児 ポールとルイの二役をベルギーの名優ジェレミー・レニエ(1981~、2008年「夏時間の庭」、2011年「少年と自転車」)が、見事に演じ分けて
a0212807_20285611.jpg
います。
私の目が、釘付けになったのは、マリーヌ・ヴァクトの美しい肢体(ヌード)もですが、クロエの母親を演じた御年a0212807_20340467.jpg74歳の大女優ジャクリーヌ・ビセット(1944~)の変わらぬ美しさにも目を奪われました。
原題の「タリー」を「タリーと私の秘密の時間」としたのは、愚の骨頂で「タリー」のほうが、でっぷり太り三人の幼い子供(うち男の子が発達障害児)の育児に疲れ果てた母親マーロ(シャーリーズ・セロン)と、夜のベビーシッター タリー(マッケンジー・デイヴィス)との ‘関係’ が、よりミスa0212807_20343712.jpgテリアスに見えただろうにと思いました。
この映画は、生活に疲れストレスででっぷり太った‘シャーリーズ・セロン’が、見どころながら、でっぷり太った中年女性を演じてもシャーリーズ・セロン(1975~、43歳)は、やはり美しく、演技もまた見事でした。
a0212807_20342676.jpgでっぷり太った母親マーロの役作りのために シャーリーズ・セロンは、3か月半で 体重を18㌔増やしたそうです。
シャーリーズ・セロンは、28歳のとき主演した2003年「モンスター」で体重を13㌔増やし非の打ちどころのないその美貌を壊して、連続殺人犯となり、アカデミー賞主演女優賞を受賞しています。
a0212807_20345514.jpg謎のタリーを演じたマッケンジー・デイヴィス(1987~、2017年「ブレードランナー 2049」)もなかなか秀逸でした。
映画自体は、さしてミステリアスでもスリラーでもありませんが、円熟した美貌のシャーリーズ・セロンと今や盛りの美女 マッケンジー・デイヴィス この二人の艶姿を見るだけでも一見の価値のある映画としてお薦めいたします。

# by blues_rock | 2018-10-06 00:06 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
春の桜、秋の曼殊沙華、ともに‘お彼岸’のころに必ず咲く不思議な花で、私は、春の桜秋の曼殊沙華が、咲くのをいつも待つようになりました。
a0212807_11510170.jpg咲いたら咲いたで ‥ ああ、もうそんな季節かと感慨に更けるだけの、それだけのことですが、何だかほっと(ほっこり)する癒しの花でもあります。
無信心で無宗教の私ながら「禅の教え」と「クリスマス・ソング」が、好きで良寛の歌道元禅師(曹洞宗)の正法眼蔵、ロックやブルース・ゴスペルなどのクリスマス・ソングは、私の大切な宝ものです。
仏教では、弾指(だんし、パチンと指をはじく音)の間に65の刹那(せつな、いまここにある‘念’)が、あり、常にa0212807_11510619.jpg生まれ消えていく念の無常を教えます。
心頭を滅却できない煩悩衆生の私は、秋に曼殊沙華の燃えるような緋色を見るとクリスマス・ソングを無性に聴きたくなります。
今年もすでに私は、クリスマス・シーズンで12月25日のクリスマスまで毎日いろいろなミュージシャンのクリスマス・ソングを聴こうと思っています。
a0212807_08295246.jpg


(写真 3枚 : 星野村 鹿里棚田と大宰府戒壇院の曼珠沙華を「九州ロマンチック街道」からお借りしました。)

# by blues_rock | 2018-10-04 10:04 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(2)
a0212807_23243370.jpg
1945年以前のドイツ第三帝国=悪の独裁者ヒトラーとナチスドイツが、全ヨーロッパの人々、とくにユダヤ系への人たちへの悪辣非道の悪魔ぶりを描いた映画は、1945年以降、山のようにありますが、長編ドキュメンタリー出a0212807_23273164.jpg身のドイツのクラウス・レーフレ監督が、製作・脚本・監督した2017年映画「ヒトラーを欺いた黄色い星」(原題「生存する目に見えないもの」)とイギリスの舞台演出家デビッド・ルボー(1957~)が、初監督した2016年映画「偽りの忠誠」(原題「例外」)は、‘嫌ヒトラーと反ナチス’ 映画の中でも絶望的な逆境の中で生き延びるために闘う人たちの “希望” を描いたサスペンスタッチa0212807_23273649.jpgの人間ドラマ(心理映画)です。
ドイツ映画「ヒトラーを欺いた黄色い星」は、1943年6月、ナチスドイツの宣伝相ゲッベルスが、ベルリンには、一人のユダヤ人もいない、と宣言するも、まだ7,000人のユダヤ系ドイツ人が、秘密警察ゲシュタポの情け容赦ない捜査や厳しい監視の目を逃れてベルリン市内に身を隠していました。
a0212807_23274225.jpgこの映画は、わが身の危険も顧みずに、彼らを匿った一部の善良なベルリン市民(ドイツ人)の協力や偽装した身分証明書でドイツ人に成りすまし1941年から1945年の終戦まで生き延びたインヴィジブルな(目に見えない)ユダヤ人1,500人の物語です。
この「ヒトラーを欺いた黄色い星」は、4人の生存者の現在(インタビューによる語り)と過去(1941~1945当時16歳~20歳)の彼らをa0212807_23280438.jpg演じる4人の俳優が、交互に登場し彼らの生きるための真に迫る物語は、展開していきます。
第2次世界大戦では、老若男女(女性や子供も合わせて)600万人ものユダヤ人がヒトラーとナチスドイツ軍によって大量虐殺(ジェノサイド=民族浄化)されました。
イギリス映画「偽りの忠誠」は、デヴィッド・ルボー監督が、舞台演出家だけに映画のプロット(筋立て)をサスペ
a0212807_23294381.jpg
ンスとロマンスを絡ませる演出にしたり、映画の見せ場も‘舞台劇’のようなシークエンスにしたりと他の映画監督が、撮るヒトラーとナチスドイツ映画のような‘息苦しいさ、やり切れなさ’は、ありません。
a0212807_23312634.jpg映画は、戦争よりナチスドイツ支配下のオランダで主人公のイギリス人女性スパイとオランダに亡命した皇帝ヴィルヘルム2世を監視するナチスドイツ将校とのロマンス(恋愛と情事)に重点が、置かれ ‘息苦しいさ、やり切れなさ’より、ヒトラーとナチスドイツ映画にしては、珍しく‘勇気や希望’、‘ロマンチックな人間らしさ’などハッピーエンドに近い作品でした。
1940年、ナチスドイツによるヨーロッパ諸国への侵略は、激しさを増していました。
a0212807_23313633.jpgそんな中、プロイセン・ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世(クリストファー・プラマー 1929~)は、ヒトラーに追われるように退位し、オランダへ亡命していましたが、まだドイツ国内に強い影響力を持っていました。
その動きを封じようとヒトラーは、ナチスドイツの将校ブラント大尉(ジェイ・コートニー 1986~、2013年「ダイ・ハード/ラスト・デイ」)a0212807_23312983.jpgを元皇帝ヴィルヘルム2世夫妻の住まうオランダに派遣し監視させました。
ブラント大尉は、ヴィルヘルム2世の屋敷でミステリアスなメイドのミーケ(リリー・ジェームズ 1989~、2017年「ベイビー・ドライバー」)と出遭うやひと目で心を奪われました。
a0212807_23323542.jpgーケもブラントの自分への想いを察するように彼を受入れ二人は、戦争の不安から逃れるように夜ごとの情事に溺れていきました。
深く愛し合うようになった二人でしたが、ミーケの正体は、イギリス首相チャーチルの密命で侵入したスパイであると分かったとき二人が、選択したのは、過酷な運命でした。
a0212807_23314946.jpg気丈なヴィルヘルム2世二番目の妻ヘルミーネ(ジャネット・マクティア 1961~、2012年「ハンナ・アーレント」)、ヒトラーの側近で親衛隊指導者、秘密国家警察長官ヒムラー(エディ・マーサン 1968~、彼のヒムラーぶりは 秀逸、2013年「おみおくりの作法」主演)など歴史上の人物が、登場しますので、彼らとの関係と重ねてご覧になるとこのサスペンス&ロマンス仕立ての戦a0212807_23324578.jpg争映画「偽りの忠誠」の原題「例外」のように、残酷な戦争の歴史には、こんな‘例外’もあったものと推察されますが、あくまでそれは、‘例外’で、戦争が、無惨で惨忍な悪行であることに何ら変わりは、ありません。

# by blues_rock | 2018-10-02 00:02 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_05175173.jpgロシアの2016年戦争映画「ラスト・スナイパー」(原題「I am a teacher」 私は教師)は、セルゲイ・モクリツキー監督(1961~、撮影監督も兼務)が、2015年「ロシアン・スナイパー」(原題「セバストポルの戦い」)の第2弾を撮ったものと思い見たものの戦争映画なのに戦闘シーンは、ほとんどなく、シリアスな心理劇映画でした。
前作の「ロシアン・スナイパー」は、旧ソ連軍(赤軍)に実在し、ナチスドイツから死神と恐れられた女性の天才狙撃手 リュドミラ・パブリチェンコ(ユリア・ペレシド 1984~)をモデルして撮った実録ものの戦争映画で、確かに‘スナイパー’が、主人公ながら原題の「セバストポルの戦い」で分かるとおり1941年~1942年のクリミア半島セバストポルでのソ連赤軍とナチスドイツ軍との壮絶な戦いを描いていて、ベタなスナイパー主役のエンタメ(アクション)戦争映画ではありませんでした。
それにしても何でもかんでも‘スナイパー’を付けりゃ映画が、ヒットすると安直に考える配給会社と字幕翻訳家
a0212807_05182936.jpg
のセンスの無さ(お頭の悪さ)は、どうにかならないものでしょぅか?
日本公開タイトル「ロシアン・スナイパー」は、日本で大ヒットしたアメリカの戦争エンタメ映画「アメリカン・スナイa0212807_06121055.jpgパー」に便乗したもので、映画のプロットと直接関係ないタイトルに変えて安直に柳の下の二匹目のドジョウを狙ったものでした。
モクリツキー監督のナチスドイツ糾弾映画 第2弾「ラスト・スナイパー」は、原題の「I am a teacher」で分かるように‘スナイパー’ というより、臆病な学校教師をとことん追いa0212807_05190563.jpg詰め‘反逆者’ にしてしまうナチスドイツが、侵略地で行なった理不尽な悪行の数々(侵略したソ連領内に於いても然りでした)をリアルに描いています。
学校教師のパヴェル(アレクサンドル・カフトゥネツ)は、ナチスドイツ軍に占領された村(ボルシェビキ集団農場批判があるのでグルジアあたりと推察)a0212807_05191155.jpgで、戦争未亡人のアーニャ(ユリア・ペレシド 1984~)と彼女の息子ヴァーニャ(セルゲイ・ポホダーエフ 1998~、2014年ロシア映画の秀作「裁かれるは善人のみ」にも出演)を自分の家に住まわせ一緒に慎ましく暮らしていました。
中年で独身のパヴェルは、アーニャとの結婚を望んでいましたが、息子のヴァーニャは、反対でした。
a0212807_05194012.jpgある日、パヴェルは、重傷のソ連赤軍の狙撃兵が、自宅の納屋に隠れていることを知り狼狽(うろた)えました。
同居している戦争未亡人のアーニャは、ナチスドイツ軍将校の家で家政婦をして働いていましたが、彼女に好意を持った将校からレイプされそうになり必死で抵抗したため強制収容所送りになりました。
a0212807_05411347.jpgそれまで小心で事なかれ主義(どっちつかず)を通し優柔不断、風采もうだつの上がらない学校教師のパヴェルでしたが、祖国を裏切りナチスドイツ軍の傀儡司令官になった赤軍の大佐暗殺に命を懸けていた赤軍兵士の死と、密かに愛するアーニャのドイツは、将校を拒んだことから強制収容所送り、さらにアーニャの息子ヴァーニャまでもa0212807_05410796.jpgが、ナチスドイツに徴兵されると羊のようであったパヴェルは、君子豹変、暗殺ならずに憤死した赤軍兵の遺体とともに埋葬した彼の銃を墓から取り出してロシア人の傀儡司令官を射殺しました。
そして、自分を認めてくれなかったアーニャの息子 ヴァーニャへの別れのメッセージを教室の黒板に書き遺して戦死しました。
a0212807_05194304.jpg
絶対権力に陶酔したナルシストの狂信独裁者ヒトラーと彼に絶対服従(盲従)したナチス党(国家社会主義ドイツ労働者党)をプロットにした映画は、これからも後百年くらい(いや千年かも)製作し続けられることでしょう。

# by blues_rock | 2018-10-01 00:10 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
普段使いのお箸は、どんなものをお使いですか?
私は、自分仕様の漆塗り(下写真)の、シンプルなお箸を普段から使っています。
a0212807_10435136.jpg
どうしても使い勝手の好いお箸を選んで使いますから、長年のうちに箸先が、傷んできますので、気づくとすぐ修理して使い続けています。
a0212807_10441069.jpg
漆のお箸は、きちんと直すと新品同様になりますので、生涯一膳、三度三度の食事を美味しくいただける漆塗りのお箸をお薦めいたします。 (上下の写真 : 「変わり塗り」による漆箸の新作)
a0212807_10442417.jpg
私は、若いお母さんたちにアドバイスしていますが、大切なわが子には、品質の良い子供の手になじむ‘お気に入り’のお箸を使わせて欲しいと思います。
a0212807_10443417.jpgこれもまた大事なことですが、お気に入りの食器でおいしい料理(やがて子供たちにとっておふくろの味になる)を囲み家族団らんで摂る食事、大人なら親しい人たちとの愉快な食事こそ(ミシュラン3☆でもイヤな人たちとの食事は、不味い)人生至福のひと時と私は、思います。
どんなおシャレをした妙齢の美人女性も食事するお箸の所作が、見苦しい(汚い)と百年の恋も一瞬のうちに消えてしまいます。
外食するとずっしり重いプラスチックのお箸、ささくれた割り箸などで食事する機会も多く、それは、仕方ないとしても、ご馳走の値打ちが、半減してしまうのは、残念なことです。
ともあれ、漆塗りのお箸は、一生もの、高額ならずとも‘お気に入り’のお箸を使い続けいつも美味しい食事をしていただきたいと思います。
お箸の食事文化は、アジア圏特有なもので日本のお箸が、今のようになったのは、普段の日本人の食事に欠かせない魚の小骨を箸先で摘まめるように改良されてきたからです。
中国では、竹の箸、木の箸、金属(銀)の箸、高級な象牙の箸など、韓国ならステンレス箸が、主流です。 (右写真 : 制作途中の漆塗り箸)
日本のお箸は、竹と木の素材が、主流ながら、この素材に漆を塗り加飾したお箸(日本の食事文化の象徴)も多く使用され、目にも美しい日本食をさらに美味し
a0212807_10444934.jpg
くいただけるよう箸置き(上写真)と併せ食事の場を演出しています。
箸先は、漆で固めると非常に強固になり漆の抗菌効果ならびに美しさと併せ、その利点が、絶大だからです。

# by blues_rock | 2018-09-29 09:29 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)
a0212807_01063308.jpg福岡市総合図書館(早良区百道浜)の映画ホール(シネラ) 9月の特別企画としてジャ・ジャンクー監督(賈樟柯 1970~)作品2作が、上映され私の見ていなかった2000年製作(最初の劇場公開用作品)の「プラットホーム」を見ることができたのは、ラッキーでした。
シネラの9月企画「日本映画名作選」には、日ごろ見ることのできない旧い日本映画の傑作が、上映されました。
a0212807_01064489.jpg中でも1953年の衣笠貞之助監督作品「地獄門」、1956年の今井正監督作品「真昼の暗黒」、1987年の高畑勲監督ドキュメンタリー作品「柳川堀割 物語」を見ることができたことは、非常に幸運でした。
名匠衣笠貞之助監督(1896~1982)の1953年作品「地獄門」は、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞(アカデミー賞外国語映画賞も受賞)、日本
a0212807_01064880.jpg
初のイーストマン・カラーで撮影した総天然色映画です。
a0212807_01065209.jpgこの映画の主演女優 京マチ子(1924~)は、黒澤明監督の1950年作品「羅生門」(ヴェネツィア国際映画祭グランプリならびにアカデミー賞外国語映画賞受賞)、溝口健二監督の1953年作品「雨月物語」(ヴェネツィア国際映画祭監督賞受賞)にも出演していてグランプリ女優として世界中から称賛されました。
イーストマン・カラー総天然色映画「地獄門」の豪華絢爛たる時代絵巻を美術指導(色彩指導と衣裳デザイン)したのが、洋画家の和田三造(1883~1967)で、アカデミー賞衣裳デザイa0212807_01071936.jpgン賞を受賞しています。
貞淑な武士の妻(京マチ子)に横恋慕する無頼の荒武者(長谷川一夫 1908~1984)と愛妻を労わり信頼する気高い武士(山形勲 1915~1996)の配役も普通なら真逆で、二枚目俳優の長谷川一夫を悪役、悪役の多い山形勲を善人にしているところが、衣笠監督の面白いところだと思います。
a0212807_01073084.jpg社会派映画の名監督 今井正(1912~1991)の1956年作品「真昼の暗黒」は、モノクロ映像のダークな色調ながらも明暗のコントラストが、新鮮で1951年に山口県で実際に起きた殺人事件の冤罪(八海事件)を現実の誰にでも起こりえる恐怖を描き、名脚本家橋本忍(1918~2018)のa0212807_01073349.jpg秀逸な脚本と今井監督の名演出は、警察のずさんな捜査と拷問による矛盾だらけの自白調書を唯一の証拠として刑事裁判しようとする検察を痛烈に批判、全編を通したリアリティある映像が、実にすばらしく「真昼の暗黒」は、社会派映画の代表的な名作です。
映画製作当時、裁a0212807_01073697.jpg判が、まだ係争中ということもあり、最高裁判所は、今井監督に異例の映画公開中止を要請、自主上映を余儀なくされましたが、いずれの会場も大入り満員だったそうです。
スタジオジブリの名アニメーション監督 高畑勲(1935~2018没、享年82歳、1988年「火垂るの墓」、1999年「ホーホケキョ となりの山田くん」、2013年「かぐや姫の物語」など)は、1984年から始まった福岡県a0212807_01075194.jpg柳川市のドブ川掘割の再生に柳川市役所の職員と地域住民が、取り組む模様をドキュメンタリー撮影し1987年に「柳川堀割物語」として発表しました。
高畑監督の盟友 宮﨑駿監督(1941~)は、この地味なドキュメンタリー映画にプロデューサーとして加わっています。
映画は、2時間半と長尺(16ミリ/カラー)ながら見ていて厭きることはなく、鳥瞰した筑後平野の景色や四季折々の田園風景、そして復活した柳川掘割(水路)の水辺に住まう市民の暮らしなど柳川の隣(三瀦 みずま)に住んでいた私も懐かしくて胸キュンになりました。
a0212807_01075898.jpg1984年、当時の柳川市は、市内至るところでドブ川と化した水路(掘割)を埋め立て暗渠(あんきょ)にし道路や駐車場にする計画でした。
一方、柳川市水路係の係長は、掘割を浄化して柳川市民の生活に役立てることを提案、自分が、率先垂範してドブa0212807_01080209.jpg川水路(掘割)に入り、地域住民も巻き込んでドブ川水路を浄化、掘割柳川は、見事に蘇えりました。
柳川水路(掘割)が、水害防災に貢献してきた知られざる歴史、現在(いま)‘柳川の川めぐり’の観光スポットとしてつとに有名となった水路が、柳川市民の生活と昔かa0212807_01080981.jpgらどう関わってきたのかを詳細に記録した貴重な、そして良質なドキュメンタリー作品です。
高畑勲監督は、アニメーション映画の芸術性を高め、数多くの名作を遺され、今年の4月黄泉(よみ)の国に旅立たれました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

# by blues_rock | 2018-09-27 00:27 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_12382401.jpgフランス映画のレジェンドたるフランソワ・トリュフォー監督(1932~1984)は、ジャン=リュック・ゴダール監督(1930~)とともに世界の映画を革新した「フランス映画ヌーヴェルヴァーグの旗手」として有名なことは、いまさら私が、改めて述べるまでもありません。
トリュフォー監督は、映画を熱愛した映画監督で映画マニア かつ映画評論家(映画評論誌「カイエ・デュ・シa0212807_12381602.jpgネマ」で先鋭にして辛辣な映画評論を行なう)としてフランス映画のヌーヴェルヴァーグ(新しい波)運動を推進、フランス映画の墓堀人とも揶揄されました。
1959年は、ヌーヴェルヴァーグにとって記念すべき年(ヌーヴェルヴァーグ元年)で、フランソワ・トリュフォー監督が、名作「大人は判ってくれない」を撮り、ジャン=リュック・ゴダール監督は、傑作「勝手にしやがれ」を発表しています。
a0212807_12382855.jpgリュフォー監督の1961年作品「突然炎のごとく」では、ジャンヌ・モロー(1928~2017)が、演じた性悪女ぶり(境界性パーソナリティ障害をもつ性に奔放な恋多き女を妖艶に演じる)と併せ、白黒トーン(モノクロ映像)、スピーディーなカメラワーク、ストップモーションの挿入、斬新な編集などヌーヴェルヴァーグの面目躍如です。
a0212807_12383032.jpgトリュフォー監督は、至極の恋、究極の愛をプロットにした映画を撮らせたら世界最高の映画監督です。
フランソワ・トリュフォー監督とジャン=リュック・ゴダール監督は、1960年代半ばに映画製作理念の相違により仲違いし対立、以来それぞれ別のヌーヴェルヴァーグ映画の道を歩みました。
a0212807_12383393.jpg私は、どちらかと云えば、トリュフォー監督作品の方が、好きで 1973年の「アメリカの夜」、1974年の「アデルの恋の物語」、1977年の「恋愛日記」、1981年の「隣の女」などは、ロマンス映画の名作です。

# by blues_rock | 2018-09-25 00:05 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)