ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

博多を海から見たくなり、船に乗りました。
a0212807_15131899.jpg
博多港の須崎中央ふ頭から博多湾沿いに箱崎沖に出て、海の中道・志賀島を右舷に眺めながら、玄海島・能古島の前で左に曲がり、1時間半かけての博多湾周遊クルージングでした。a0212807_15145948.jpg
博多湾の外海は、玄海灘です。
玄界灘とは、黒い荒海を意味し、海の向こうに壱岐・対馬があり、さらにその向こうに朝鮮半島があります。
博多の街は、博多湾の入り江に沿って東西に広がり、冬になるとユーラシア大陸からの強い北風が日本海を渡って博多に直接吹き付けるので、太平洋沿岸にある関東・関西の他の都市より体感で寒い日が続きます。
当日天気が悪く、風も強かったため、博多湾クルーズを満喫したとは言えませんでしたが、700年前鎌倉時代に元(モンゴル)の皇帝フビライ・ハーンの大船団(大軍勢)も同じような位置から古い博多の地を見ていたと想像すると「元寇」の歴史も「防塁史跡」も身近に感じられました。
a0212807_1516332.jpg
フビライは、当時の日本政府(鎌倉幕府)に対して、元の支配下に入り属国になるよう、再三再四日本政府に威圧的な外交文書を送っていましたが、政府は外交使者を切り捨て、回答せず無視していました。
アタマに来たフビライは、日本に対し2度にわたり大軍勢を派兵し攻撃しました。
a0212807_15171324.jpg1274年文永の役(戦争)には、900の船と3万人の軍勢を派兵しました。
迎え撃つ鎌倉幕府軍は、大宰府を中心とした九州の御家人(武士の元始)でした。
彼らはのどかな「やあやあ!我こそは‥どこのだれそれ」と一対一で戦う戦法であるのに対し元軍は鉄砲・手榴弾など火薬武器で攻撃しました。
圧倒的な勢力に太刀打ちできなかった鎌倉幕府軍でしたが、元軍はあっという間に兵を引き上げました。
この派兵は、フビライによる日本への「威圧偵察」のためであったと言われています。
この文永の役(戦争)で恐れおののいた鎌倉幕府は、全国の御家人を博多に集め、博多湾沿岸には元寇のための防塁(下は生の松原防塁跡の復元)を20㌔にわたり築きました。
a0212807_0283456.jpg
1280年弘安の役(戦争)には、フビライは総勢14万人を派兵しました。
迎え撃ったのは、専守防衛に徹した4万人の鎌倉御家人軍団でした。
相当に激しく残忍な戦闘であった様子が、歴史書・歴史絵巻に記録されています。a0212807_1518451.jpg
結局モンゴル艦隊と軍勢は、博多湾で暴風雨に遭い、朝鮮半島まで帰れたのはわずか2~3万人程度の兵であったと歴史の書物にあります。
博多の海は、モンゴルの支配者フビライの野望のため命令に従い、異郷の地で兵として戦い死んでいった多くの名も無きユーラシアの民たちの青山(お墓)でもありました。
# by blues_rock | 2011-11-17 21:18 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)
福岡市天神のギャラリーおいしで、いま開催中の島村安一(1945~)個展を紹介します。
彼は、学生時代からの友人で、私に「絵の本質」を教えてくれた先輩でもありました。
a0212807_2010441.jpgパリ国立美術学校(ボザール)に学び、絵のモチーフ(対象)は、一貫して「女性」だけです。
この4、5年、彼の新作を見ていませんでしたが、色彩のセンスはさすがでした。
今度の個展では、数点展示されていた鉛筆デッサンに興味をもちました。
個展の期間は11月15日~20日まで、「ギャラリーおいし」は新天町南通りにあります。
アクリル技法で絵を描く方、テンペラ絵画に興味のある方にお勧めの展覧会です。
(お詫び)携帯電話のカメラで撮影しましたので美しい女性像デッサンの頬(ほお)部分に薄っすら影が入りました。
# by blues_rock | 2011-11-16 20:10 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)
10月25日「詩を描く画家‥山口薫」(こちら)について書きましたが、今も3冊の山口薫画集(求龍堂)と展覧会カタログは、私の大切な宝物です。
山口薫の展覧会や作品は、たくさん見ましたが、憶い出すままに‥群馬県立近代美術館・渋谷区立松濤美術館・世田谷美術館・茨城県近代美術館・東京ステーションギャラリー・京都現代美術館(何必館)の展覧会(展示室)を懐かしく思い出します。
a0212807_20304744.jpg
二十歳のころ山口薫の絵に心酔し、無我夢中で絵を描いていましたが‥働くようになり次第に絵具箱を開けることもなくなりました。
絵を描かないことで手に入れたのが、絵を見る楽しみでした。
自分の「好み(=好きキライ)」で自由に絵を見て、好きな絵の前でウットリする悦びです。
故郷の納屋に当時描いた100号の絵2枚と他に数枚残っていると記憶していますので、もう一度見てツマラナイ絵なら処分しようと思っています。
# by blues_rock | 2011-11-15 20:31 | 画集/本(Book) | Comments(0)
◇「人形」(1925)
a0212807_1435387.jpg佐伯祐三 (1898~1928没、享年30才)、27才の時の作品です。
前年の1924年、ヴラマンクに会いに行き、持参した絵を酷評された後、描いた絵です。
「書」の達人が、自由自在に筆を動かし書いたような絵ですが、見事な描写力です。
佐伯祐三は、この後(1926年)帰国しますが、日本に彼の描きたいもの(モチーフ)はありませんでした。









◇「広告貼り」(1927)
a0212807_14355931.gif1927年パリに戻るや、パリの街角に貼られたポスターや古い街並みの壁の前に毎日イーゼルを立て、病気(結核・精神)で心身を衰弱させながら、自分に見えるものを早い筆致で感性のままキャンバスに描きました。
1928年セーヌ県の精神病院に入院、食事を拒み衰弱死するまでのわずか2年間に佐伯祐三は、多くの傑作を描き残しています。
# by blues_rock | 2011-11-14 20:20 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)
香月泰男は、太陽をモチーフに「日の出」など数枚の油彩画を描いています。
a0212807_22583980.jpg
「日の出」の鮮やかな赤の色に、自然の億年変わらない悠久を感じます。
a0212807_22585825.jpg
「業火」の炎が、鎮まらない人間の魂を焼き尽くし、烈(はげ)しく天に昇ります。
# by blues_rock | 2011-11-13 20:01 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)
日本は、66年前の8月15日にアメリカ主力の連合国軍に無条件降伏し、敗戦しましたが、ソ連との戦争はまだ続いていました。
1945年(昭和20年)3月に、首都東京を空襲され焼け野原にされた時、すでに日本は敗戦していたにもかかわらず、愚劣な軍部は「総玉砕」などと叫び、多くの国民が犠牲になりました。 (解決すべき問題を先送りする国家体質ならびにそれを放置する国民の民度は、66年過ぎた現在も同じです。)
a0212807_11452591.jpg
8月9日広島にウラン型原子爆弾を投下された日本は、ついに主体のない死に体国家となりました。
この広島への新型爆弾投下を知ったソ連は、死に体となった日本に突然宣戦布告、ソ連軍は中国(満州)・樺太・千島列島・北方4島にどかどか侵入し100万人とも200万人とも言われる日本人(軍人・民間人を問わず)を拉致し、捕虜としてシベリアへ移送しました。
シベリアに強制収容(拉致)された日本人の公式記録は76万人‥ロシア国立軍事公文書館に保存されている日本人に関する収蔵資料は76万人分相当(ロシア政府)しかないのです。a0212807_11462640.jpg
戦前から敗戦まで中国に満州国を建国し実効支配していた関東軍(日本軍)は、敗戦するとソ連と密約し、当時中国(満州)・樺太・千島列島・北方4島に住んでいた日本人同胞を救済することなく見捨て“棄民”しました。
ソ連軍は、共産主義国家建設のためシベリア開拓を急いでいましたから、多くの労働力が必要でした。
そのため若い日本の軍人・民間人男性を捕虜として捕らえ、強制労働者として収容シベリアに抑留しました。
厳寒のシベリアで満足な食事や休養も与えられず、苛烈な強制労働で数十万の若い日本人抑留者が次々に死んでいきました。
1945年のポツダム宣言は、敗戦で武装解除された日本兵は、軍から解放され復員できるという保証をしていましたが、共産主義国家のソ連はボツダム宣言を無視し、シベリアで強制労働をさせるという違法行為を続けました。
1947年11月ごろからソ連のシベリア収容所にいる数十万の日本人捕虜(当時のソ連は一切情報を公開しなかったので推定で発表)が、国の内外で問題となりソ連は、国際世論を沈静化するために仕方なく日本の左派社会党の視察団だけ受け入れました。 (日本共産党は、ソ連共産党とは犬猿の仲でしたので、日本社会党が窓口でした。)
a0212807_1149280.gif
彼ら視察団一行は、シベリアの過酷な状況下で重労働を強いられている日本人捕虜数十万人がいることを知り、過酷な抑留生活を見ながら、さらに抑留者から家族への手紙も握りつぶし「日本人捕虜の皆さんはシベリアのとても良い環境で労働しており食料も行き渡っています」と帰国後の国会で虚偽(ウソ)の報告を行いました。
シベリアに収容抑留された日本人捕虜たちは、戦後の新しい日本にも裏切られたのでした。
生きてシベリアから帰国できた抑留者は、47万3千人でした。
a0212807_115035.jpg国は、シベリア抑留による死者・行方不明者(推定死亡)は、37万人と発表しています。
ソ連によりシベリア強制収容された日本人捕虜は合わせて84万3千人ということになりますが、ロシアの発表した「76万人分相当の記録資料を保存」とほぼ同じながら、正確な数との乖離(かいり)は大きく疑念が残ります。
なぜなら、捕虜として家畜同然に移送されていく途中に死んでいった多くの日本人抑留者や国から棄民された膨大な数の人たちの数が、まったく含まれていませんから推定でも100数十万人~200万人の日本国民が、極寒の異境で飢え・寒さ・病気により力尽きて亡くなられたと思います。
2009年10月28日シベリア抑留被害者(原告)に対し「国による遺棄行為があったとは認められない」として国(京都地裁)は、原告の請求を冷酷に棄却しました。
a0212807_11505117.gif国は、ソ連により拉致されシベリアに強制収容された抑留者を3度も裏切り、情け容赦なく見捨てました。
これは、わずか66年前に起きた本当の話で、いまもロシア(旧ソ連)が、占領・支配している歴史的にも国際法上においても日本固有の領土である北方4島の帰属と併せ、敗戦後今も続く未解決の国際問題です。
私たち日本国民は、ロシア国民とロシア政府に対し‘是は是、非は非’として、国(外務省)や政治家(国会議員)のようにヘナヘナせず毅然と歴史の事実と正義を粘り強く主張し続けましょう。
それは、私たちの義務であり責任と思いますが、あなたはどのように思われますか?
# by blues_rock | 2011-11-12 12:02 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)
デイサービスにみえた13名のお客様に香月泰男(1911~1974享年63才)のシベリア・シリーズ(油絵)をPCからTV画面に映して見ていただきました。a0212807_1224054.jpg
先の戦争では、全員悲惨な体験をされているので画面を喰い入るように見ておられました。
とくに外地から決死の思いで引き上げてこられた方や新婚早々の夫を召集令状(赤紙)一枚で徴兵され亡くされた方は、悲哀に満ちた眼差しでご覧になっていました。
1969年(昭和44年)香月泰男は、「シベリア・シリーズ」で第1回日本芸術大賞を受賞しています。
下関の女子校で美術教師をしていた香月泰男は、1942年(昭和17年)に徴兵され、翌年1943年に満州出兵し1945年終戦を奉天で迎えました。
満州で突然日本に宣戦布告したソ連の捕虜となりシベリアに送られ収容され、1947年(昭和22年)5月に解放され帰国するまで、シベリアの捕虜収容所3か所をたらい回され奴隷のような強制労働を強いられました。
シベリア捕虜収容所では、極寒と飢餓という劣悪な環境の中で、数多くの仲間が倒れ死んでいきました。
a0212807_222559.jpg
生き地獄のような悲惨な捕虜生活で死んでいった仲間たちへ、絵描きである香月泰男は、自らの鎮魂として全57点の作品「シベリア・シリーズ」を描き残し「シベリアを描きながら私はもう一度シベリアを体験している」と香月泰男は、沈痛に呟いています。
a0212807_12275499.jpg当時画廊に勤めていた私の友人が、晩年の香月泰男のアトリエを訪ねた時、赤ワインの一升瓶を傍らに置いて絵を描いていたと聞きました。
シベリアでの艱難辛苦の体験を通して香月泰男は、終生人間の原罪を背負い続けていたのだろうと推察いたします。
シベリア・シリーズを描き終えた香月泰男は、故郷の山口県三隅町を「私の地球」と呼び自宅アトリエにこもり、日常にある母と子、野の草花などをモチーフに静謐(しずか)な絵を描きました。
# by blues_rock | 2011-11-11 06:16 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(2)
アクロス・ザ・ユニバース」に続いて2010年秋に公開されたビートルズ(1962~1970)の映画をもうひとつ‥ジョン・レノンが、アマチュアバンド「クォーリーメン」のリーダーであった1950年代後半、ティーンエイジャーのジョンを主人公にした青春グラフティ映画です。
映画としては、青春もので普通の作品ですが、ビートルズ・ファンには楽しい映画でした。
a0212807_1718597.jpg高校生のジョンが、エルヴィス・プレスリーに憧れ、楽器もろくできない遊び仲間を説得しスキッフルのアマチュアバンド「クォーリーメン」を結成しました。
すぐポール(マッカートニー)がバンドに参加しジョンにギターコードを教えました。
やがてジョージ(ハリスン)がバンドに加わりバンド名も「シルバー・ビートルズ」に変わりました。
映画は、シルバー・ビートルズの5人(スチュアート・サトクリフ、ピート・ベスト)が、西ドイツの都市ハンブルグへ興行に旅立つところで終わります。
ジョンは、5才から厳格なミミ伯母さんに育てられますが、10代半ばに実母ジュリア(ミミ伯母さんの妹)に会いに行きます。
姉妹でも実直なミミ伯母さんとは反対に、母ジュリアは感情の起伏が激しく、自由奔放な女性でした。
ジョンには、異父の妹がいましたが、救世軍施設に引き取られたまま行方知れず‥母は、再婚し別の家庭をもち小さな娘(つまりジョンの妹)が、すでに二人いました。
厳格なミミ伯母さんと自由奔放な実母ジュリア二人の母親から愛されたジョンは、二人の愛情の間で苦悩する反抗的な「Nowhere Boy(孤独な少年)」でした。
ある日、音楽好きの母ジュリアからバンジョーの弾き方を教えてもらい、音楽に目覚めたジョンは、ミミ伯母さんからギターを買ってもらいました。
a0212807_17191917.jpg
ジョンの終生続くマザコン性向は、子供時代のトラウマ(母親に棄てられたという潜在意識)にありました。
ビートルズには、当時5人のメンバーがいました。
ドラムのピート・ベストは、ビートルズ・デビュー前にリンゴ・スターと交代、ベース担当のスチュワート・サトクリフは21才の時、脳出血で亡くなりました。
1994年の映画「バックビート」で、ジョンの親友にして初期ビートルズ音楽の前衛であったスチュワート・サトクリフの21年の生涯を瑞々しい映像で表現していました。
a0212807_17195958.jpg
この「Nowhere Boy ひとりぼっちのあいつ」の続編として、17年前の映画「バックビート」(1994)を見ていただくとハンブルグ(西ドイツ)の「シルバー・ビートルズ」が、1992年「ザ・ビートルズ」として世界へメジャー・デビューするまでが良く分かりますので、「バックビート」もビートルズ・ファンにぜひお薦めしたい映画です。
# by blues_rock | 2011-11-10 20:20 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
オーギュスト・ルノワール(1841~1919、享年78才)が、1897年に描いた絵です。
a0212807_1105782.jpg30数年前、ヨーロッパの美術館巡りの旅をしました。
スイスでは、チューリッヒから電車で20分の小さな都市ウィンターツゥールまで足をのばしました。
目的は、オスカー・ラインハルトの個人コレクション(アム・レマーホルツ美術館)を見るためでした。
オスカー・ラインハルト(1885~1965)は、綿の貿易などで財をなし80年の生涯に家庭を持たず、絵のコレクションにすべての情熱を注ぎました。
コレクションは、ビックリ仰天するような絵の質と数(総数7,000点に及ぶとか)で、彼は晩年ウィンターツゥール市郊外のアム・レマーホルツの邸宅ごと自分のコレクションを“門外不出”を条件に美術館として寄贈しました。
これが知る人ぞ知るオスカー・ラインハルト・コレクション=アム・レマーホルツ美術館です。
ルノワールの「眠る裸婦」を見た時、息ができないほど胸が高鳴り、ドキドキしたことを今でも憶えています。
# by blues_rock | 2011-11-09 01:20 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)
映画「アクロス・ザ・ユニバース」(2008)は、ビートルズLPアルバム「レット・イット・ビー」(1970)のA面3曲目に収録されている曲をタイトルにしています。
映画の中の歌33曲(サウンド・トラック)は、もちろん全部ビートルズです。
映画はミュージカル仕立てですが、ミュージカルではありません。
監督は、女性でジュリー・テイモア(1952~)といい、私は初めて聞く名前でしたが、映画「アクロス・ザ・ユニバース」の映像センスに驚きました。
a0212807_1331443.jpgブロードウェイミュージカル「ライオンキング」の演出で天才との評判だとか‥私はミュージカルに関心ないので分かりませんが、映画の「アクロス・ザ・ユニバース」を見て納得しました。
つい映画のタイトル「アクロス・ザ・ユニバース」に惹かれたのと、ビートルズの歌でストーリーが構成されていることに興味をもちビートルズを聴いてみようかなと映画館に入り、映画を見ている(聴いている)うちに、胸がわくわくしていました。
ビートルズの曲を俳優たちが、カヴァーして歌っています。
「詩(歌詞)といい旋律(メロディとハーモニー)といいすばらしい!」の一言で、このロック・グループは、やはり天才だったと再認識しました。
映画としても傑作でした。
ビートルズの33曲を縦糸にして60年代のリバプールとニューヨーク(グリニッジ・ビレッジ)の時代背景が横糸となって見事に映画「アクロス・ザ・ユニバース」という色彩豊かなタペストリー(つづれ織り)に仕上がっています。
[ストーリー]リバプールの造船労働者ジュードとアメリカ人学生の友達マックス、妹のベトナム反戦活動家でジュードの恋人になるルーシー、歌手のセディ、ギタリストのジョジョ、ヒッピーのプルーデンス‥ほか映画の中で、それぞれ俳優たちが役柄のセリフ(心情)をビートルズの歌で表現しています。
ルーシー役のエヴァン・レイチェル・ウッド(1987~下の写真)がチャーミングで、歌も上手いのに驚きました。
a0212807_1311030.jpg
映画は、歌詞をストーリーに合わせ、セリフの代わりに歌うことで感情を表わしていました。
ニューヨークの浮浪者役でジョー・コッカーが(彼のエア・ギターが見られます)、Drロバート役でボノ(U2)がチョイ役出演しているのも驚きです。
場面によって、曲も映像もがらりと変わりサイケデリックであったり、マジカル・ミステリー・ツアー風であったり、テム・バートンを思わせる演出であったりと独創性に溢れています。
a0212807_13114094.jpg
映画の最後は、ビートルズの映画「レット・イット・ビー」の中でも、最後にアップルビル屋上でライブをしますが、その映像をカヴァーした演出に唸りました。
ジュードが、別れた恋人ルーシーを想いビル屋上からアカペラで「愛こそすべて( All You Need Is Love)」を歌うシーンは‥なかなか感動的でした。
この映画は、ジュリー・テイモア監督のビートルズへの尊敬と自分の青春であった60年代へのオマージュと思いました。
# by blues_rock | 2011-11-08 21:30 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)