ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

カテゴリ:柏原生活/博多叙景( 152 )

a0212807_12025999.jpg学生のころ美術部の友人たちと長崎へ、よくスケッチ旅行に出かけました。
250年余の長い鎖国時代、唯一外国に門戸を開いた交易港(出島)で、キリスト教の教会や異人屋敷が、点在する坂の街長崎の異国情緒は、私の幼い創作意欲を刺激してくれました。
ひとり、キャンバスを抱え、絵具箱・イーゼルを肩から下げて長崎へ行き、人の行き交う街中にイーゼルを立て、油絵を描いた(旧く洒落た公衆トイレを描いた記憶)こともありました。
‘隠れキリシタン’ の心の拠りどころであった日本最古のキリスト教(カトリック)教会「大浦天主堂」は、長崎を訪ねるたびにモチーフ(制作対象)としてスケッチして帰りました。
大浦天主堂の名称は、日本二十六聖殉教者天主堂といい、1953年(昭和28年)国宝に指定されています。
天下人となった豊臣秀吉(1537~1598)は、成り上がりの俗物ではありましたが、国家経営のガバナンスに秀(ひい)でa0212807_12030532.jpg、利に目敏く、嗅覚鋭い独裁権力者でした。
そのころ世界は、スペイン・ポルトガル・イギリス・フランスの専制国家(植民地主義帝国)が、地球上の領土支配と覇権を競い ‘キリスト教布教を大義名分’ にした新大陸争奪の大航海時代、秀吉は、明朝中国への侵攻(唐入り)を準備しながら東アジア(とくに朝鮮半島と琉球諸島)さらにすでにスペイン・ポルトガルの植民地となっていたフィリピンやインドに対し日本に従属(服属入貢)するよう覇権の圧力をかけました。
織田信長は、フランシスコ・ザビエルに始まるキリスト教イエズス会の布教を認めていましたので、西国(中・四国、九州)大名にクリa0212807_23324130.jpgスチャンが、多く、絶対服従を求める 天下人秀吉の命令も 面従腹背の信仰ネットワークのもとでは、ザルで水汲むも同然でした。
スペイン・ポルトガル王国の用意周到な日本征服の謀略を疑った秀吉は、1587年キリスト教禁止令~バテレン(宣教師)追放令を出し、先手必勝とばかり、1592年16万の、1597年14万の大軍を朝鮮へ出兵し大陸侵攻の足がかりにしようとしました。
さらに1597年には、いかなる拷問をされようとキリスト教を棄教しない宣教師と信者の26人を見せしめのため磔(はりつけ)処刑(逆に殉教者 二十六聖人と崇拝された)しました。
翌1598年秀吉死去、豊臣を滅ぼし最高権力者となった徳川家康は、徳川幕府の命を絶対のものとするため 外国の情報・干渉を徹底して排除する鎖国政策をとり、キリスト教も長崎奉行に命じ厳しく弾圧(こちら 参照)しました。
その後、敬虔なクリスチャンは、隠れキリシタンとして身を隠し封建社会の奥深くで息をひそめ信仰を捨てずに250年余り潜伏、先ごろこの隠れ(潜伏)キリシタンの遺構と遺産が、世界文化遺産に登録されました。

by blues_rock | 2018-07-15 00:15 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
子供のころ私も含め、私のまわりの大人も友だちも皆な ‥ 往年の西鉄ライオンズの大ファンでした。
やがて、西鉄ライオンズ(わずか21年存在した球団)が、消滅し私は、プロ野球に興味を失いかけていました。
そのころ、セ・リーグのお荷物球団と揶揄されていた市民球団の広島東洋カープが、赤いユニフォーム、赤いヘa0212807_09353513.jpgルメット姿で不死鳥のように、さっそうと登場しました。
以来40年、私は、広島カープの隠れファン、先日、ヤフオクドーム 一塁側内野席の、ホークスファンが、陣取る真っ只中、孤立無援で広島カープの応援をしてきました。
残念ながらホークスの勝ち、工藤監督の采配センスが、勝っていました。
前半5回までは、カープ2 : ホークス0で、広島カープが、リードしていましたので少し安心し、ビールを飲みながらa0212807_09353904.jpg(このところ普段あまりビールを飲まなくなりましたが、球場で飲むビールの味は、格別美味しい)、ホークスの工藤監督になったつもりで監督の采配シュミレイション遊びを始めました。
ピンチヒッター、ピンチランナーの起用、投手交代、送りバント指示、ホームラン期待など、ヴァーチャルの監督采配遊びです。
ところが何と、私のヴァーチャル監督のイメージが、工藤監督の采配とシンクロしたようにことごとく当たり、結果a0212807_09354310.jpgは、7回裏ホークスが、逆転し、カープ2 : ホークス6の見事な逆転勝利でした。
隠れカープファンとしては、心中複雑な思いでしたが、40年前と比べ、いま熱狂的カープファンの多いこと、福岡は、アウェイのはずなのに、レフトスタンドほか、ヤフオクドーム球場の至るところが、‘赤い色’に染まり、かつてどこの球場に行ってもガラガラだった広島カープ応援席を懐かしく憶い出しました。
やはり、ロックも野球も、ライブが、いいね。

by blues_rock | 2018-06-17 00:02 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
a0212807_00193092.jpg福岡女学院大学(福岡市 南区 日佐) コミュニケーション論の担任教授である友人からの依頼を受け、同大学2年生(女子学生) 48名の受講生に特別講座、と言っても立派な講座ではなく、よもや話の類い(おしゃべり)で良ければと、興味半分で引き受け、昨日講義(90分授業)をしてきました。
a0212807_00193992.jpgなんと私に与えられたテーマは、学生のお一人から担任教授へ事前にリクエストのあった「非言語コミュニケーション」 ‥ 教授いわく、この女子学生は、言葉(言語)による直接のコミュニケーションだけではなく、言葉(言語)以外の間接的なコミュニケーションに関心が、あり、それを学びたいと、リポートに書いて提出していたそうです。
私が、日ごろ考えているコミュニケーションは、自分の意思や意見、さらに感情や気持ちを伝え、相手と信頼関係を結ぶための行為であるのなら、まず
a0212807_00194850.jpg
相手の目を見て自分の思い(考え)を直接伝え、さらに言葉以外の間接的な表現方法(非言語コミュニケーション)で自分の心(内面)を伝えようとしなければ、あなたの伝えたいことは、きちんと相手に伝わらないでしょう。
a0212807_00195206.jpg
コミュニケーションを日本語で表記するなら「間(ま)」と私は、思います。
私たちのことを「人間」と言います。
a0212807_00195529.jpg人には、個と個の間に「間」が、あり、この「間」をどう接触させてしっかり結ぶのか ‥ 言葉による直接的な行為であれ、間接的な非言語表現であれ、いずれにしてもコミュニケーションの本質は、この相手との「間」を本人が、どう縮めるのかだと思うとリクエストした48名の女子学生中にいる一人の学生に伝えました。
拙ブログ「心の時空」の「映画(シネマの世界)」、「絵画」や「音楽」、「愛/人生」、「金継ぎ」などスクリーンに映し、時間(歴史の年月)や空間(時代)を超えて伝わっていく人間の魂(普遍=究極のコミュニケーション)について話しました。
私の話す内容が、少し散漫で 授業時間90分は、すぐ時間切れとなりました。
私は、果たしてきちんと48名の女子大生とコミュニケーションできたのだろうかと、その不安に駆られながら帰途につきました。

by blues_rock | 2018-06-16 00:06 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(1)
脊振山の里山にある「そば遊山(ゆさん)」 のことは、先日の拙ブログ(カテゴリ「柏原生活/博多叙景」)で述べたとおりですが、記事にまわりの景観について触れていませんでしたので、今夜は、「そば 遊山(ゆさん) の、裏山
a0212807_22111857.jpg
の庭」を紹介します。
先日の遊山の蕎麦が、とても美味しかったので、蕎麦の本場 信州そばで有名な長野出身で、そば好きの友だa0212807_22112946.jpgちを誘い、そば遊山に再度行きました。
今回は、石臼挽きの手打ち もりそば をいただきました。
さて今夜は、その そば遊山の裏山の庭について書きたいと思います。
今は、立派な家屋に新築されていますが、改築以前は、廃屋の民家だったそうで、敷地の裏山の庭も、とても庭と呼べるようなものではなく、雑木の中に竹林生い茂る、
a0212807_22114423.jpg
鬱蒼とした状態だった(ご主人談)そうです。
友だちと蕎麦を食べ終わり、厚かましく蕎麦湯のお替りまでして外に出て、ご主人のお許しを得て遊山の裏山のa0212807_22120150.jpg庭を散策 ‥ これが、また「すばらしい!」の何のって、新緑の輝きと相俟って、湧水の流れに添うように野草の花も美しく、湧水を引き入れた田植え前の裏山の棚田は、水を湛え田植えを待っていました。
間もなく田植えも終わり、棚田は、夏になると穂をつけ、秋に黄金色の稲穂が、まわりの紅葉樹林と美しい色彩のハーモニーを奏a0212807_22121778.jpgでることでしょう。
「そば 遊山」は、美味しい蕎麦と併せ、裏山の庭が、四季折々に移ろっていく景観をエンジョイする‘隠れ蕎麦処’と思います。

by blues_rock | 2018-05-25 00:25 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
昨年(2017年)の9月9日(土) は、当日の日本経済新聞夕刊に「レコード復活」の記事が、大きく掲載され、私の大事な同時にそれまでお荷物化していたLPレコード盤千数百枚の復活を告げられたような、しつこく持ち続けたことを元気づけられたような、そんなうれしい日でした。
a0212807_06414471.jpg先日(5月19日)、九州大学 芸術工学部(旧九州芸術工科大学) 大島久雄准教授の公開講座 ~ SPレコードと蓄音機で聴く大正から昭和中期の芸能文化 を聴講しました。
SPレコードを蓄音機(手動)で聴いたという世代は、かろうじて昭和20年代前半から存命されているとしても昭和初期生まれの世代で、1948年(昭和23年)に LPレコード盤・EPレコード盤が、登場すると電気蓄音機(電動レコード・プレーヤー)の発達と相俟って、SPレコードを蓄音a0212807_06415441.jpg機は、あっという間に姿を消してしまいました。
ともあれ、SPレコードを蓄音機が、誕生してまだ(たったの)130年 ‥ 日本の歴史に置き換えれば、明治20年代、それ以前の‘音と音楽’の記録は、まったくこの世(現代)に存在しないのですから、‘音と音楽’の洪水の中で暮らす私たちにとってSPレコードと蓄音機の発明が、いかに大事な革新的な出来事であったかよく分かると思います。
a0212807_06415944.jpg簡単にレコード盤のことを説明すると、SPレコードとは、Standard Play 78回転のレコード盤のことで、録音した音を再生するのに電気を使わず蓄音機のゼンマイを手回しで巻いて回転盤を回し、大きなラッパのようなスピーカーの前に人々は、耳を傾け、レコード盤と鉄針の摩擦ノイズと音源の心もとない音色に必死で聴き入って‘音と音楽’を堪能していました。
SPレコード盤は、鉱物素材なので硬く、重く(1枚300㌘)、脆い(割れやすい)という欠点が、ありました。
a0212807_06420416.jpgこの欠点を補い音源の再生を著しく改良したのが、LPレコード盤の Long Play 33回転とEPレコード盤 Extended Play 45回転で、素材も塩化ビニールに変わりました。
前口上が、長くなりました。
大島教授は、大正から昭和中期にかけて録音されたレアな音源から15点のSPレコードを受講生の私たちに当時の手回し蓄音機で再生し聴かせてくださいました。
コンテンツは、映画音楽・流行歌・浪曲・漫才・オペラなど ‥ 松井須磨子の歌う「カチューシャの唄」や12歳の美a0212807_06564624.jpg空ひばりが、歌う「東京キッド」、昭和初期一世を風靡した女浪曲師天津羽衣の浪曲、エンタツ・アチャコの漫才など当時の画像とモノクロの古い映像を交え大島教授の視聴覚による分かりやすい講義で大正から昭和中期の芸能文化を学ぶことができました。
次回、12月22日は、SPレコードと蓄音機で聴く「子供の世界」だとか、これも楽しみです。

by blues_rock | 2018-05-23 00:03 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
福岡から佐賀へ263号線の三瀬峠を越え(三瀬トンネルを抜け)、三瀬そば街道に入ると そこかしこに 美味しい蕎麦処が、点在しています。
a0212807_08273289.jpg
これまで私お気に入りの(美味しいと感じた)蕎麦処を数店、すでに拙ブログで紹介しましたが、今夜は、三瀬そば街道から少し背振の里山に入るので特別編と題して「そば 遊山(ゆさん)」をご紹介します。
a0212807_08274529.jpg
巨木の太い梁を組んだ木造二階建ての家屋もですが、木目のきれいな杉板を張り巡らせた天井、床、壁の設えは、心地よく、大きな窓から見える緑豊かなまわりの自然が、どこの席からも見えるので心安らぎます。
a0212807_08275857.jpg
熱い黒豆ほうじ茶(香りがいい)を啜り、松の巨木のうねりを生かした長く厚いテーブルや室内至るところに活けてある季節の花を眺めながら、注文した石臼挽き手打ち十割蕎麦をゆったり待っていると緑鮮やかな蕎麦
a0212807_08282710.jpg
が、テーブルに届き、その美味しいこと、蕎麦猪口など器も風流で、活け花のセンスと併せ、店の内外すべてに配慮の行き届いたご主人の趣味の好さを窺い知ることが、できました。
a0212807_08281047.jpg私は、東京・名古屋・大阪と 30数年暮らして来ましたが、「そば 遊山」の蕎麦は、大都会の有名蕎麦店に勝るとも劣らない 美味しいものでした。
車でないと行けない人里離れた脊振の里山という 辺鄙なところにありますが、‘知る人ぞ知る’「そば 遊山」の蕎麦は、私が、皆様方に自信をもってお薦めする蕎麦処です。
a0212807_08285096.jpg余談ながら、前述したハム&ソーセージ工房 イブスキのハム・ソーセージは、云うに及ばず、オーストリア風パンに はさんだハムとソーセージのサンドイッチも美味しいので、こちらもお薦め(そば 遊山のお帰りにテイクアウトで)いたします。            (上写真 : イブスキ工房 横の 裏山 「 風薫る 背伸びし筍(こ)らに 竹の秋 )

by blues_rock | 2018-05-17 00:07 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(2)
ロンドンから友人母娘(おやこ)が、家族の結婚式に出るために帰国、寒いイギリスの森しか知らない5歳の幼い娘ミズキちゃんに新緑の九州の自然を体感させたいとの友人の願いを叶えてあげようと大分県 飯田高原に行
a0212807_15575637.jpg
きました。 (上写真 : 私の最年少の友だち ハナ=ミズキ・T・ラムナラインちゃん5歳、と下写真 : 生後6か月のころ)
標高1000㍍の飯田高原は、いま春真っ盛り、昼間のポカポカ陽気の中、目に映る山一面のクヌギの新緑が、
a0212807_15580106.jpg
5歳の幼いミズキちゃんの心を解放するのかいつもより快活で大はしゃぎ、母親である友人は、「ロンドンのいつもの娘とちがう」と目を細めていました。 (下写真 : 叶館の庭、正面右の林の中に私お気に入りの露天風呂)
a0212807_15581458.jpg
その日宿泊する湯坪温泉の「お宿 叶館」の庭には、春の花が、咲いて飛び交う蝶を追いかけて走り回る幼い少女の様子を見ていると私までウキウキ、楽しくなります。 (下写真 : 叶館の庭から眺めた暁光)
a0212807_15582353.jpg
太陽が、沈み夕方になると飯田高原は、まだ肌寒く、庭の片隅にある新緑に囲まれた心地よい露天風呂で ゆるり温泉タイムです。
a0212807_15583409.jpg
そして、九重町 飯田高原で採れた身土不二の食材で料理された叶館の夕食に舌鼓をうちながら、お互い近況を語り合うおしゃべりタイムとなり ・・ 英語と日本語ともに流暢な5歳のミズキちゃんが、叶館の食卓を愉快に盛り上げてくれa0212807_15584478.jpgました。
飯田高原は、いま星が、一番きれいな季節とか、で 急きょ「星見会」となり、真っ暗闇の中、坂道の窪みに墜ちないよう 皆なで手を繋ぎ、満天の星を見上げていると「あっ、流れ星だ!」と母娘(おやこ)が、大歓声、ロンドンで星を眺めることはないのだとか、母の国で母親と一緒に見た流れ星の思い出は、ミズキちゃんの心にずっと残ることでしょう。
夜更けに露天風呂でまったり長湯しているとミズキちゃんが、寒い中、防寒服を着て乱入、露天風呂の洗い場から「お風呂が長い、早く出て」と彼女にお説教されました。
間もなくロンドンに帰る母娘(おやこ)家族との心行く迄の楽しい旅でした。

by blues_rock | 2018-04-26 00:06 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(2)
福岡市のチベットと揶揄(からか)われる私の村、柏原からマイ・カーで、長丘~小笹~福岡市 動・植物園を経由し、天神や薬院へ向かう(朝夕の通勤・通学時間を外せば、最短距離の最短時間)とき、あるいは、福岡市 動
a0212807_10450099.jpg
・植物園から桜坂経由で六本松に出るときなど県道555号線ルートで出かけます。
この県道555号線を桧原から小笹(右折し平尾に向かうと山荘通り)への両沿道には、いろいろな飲食店や日用
a0212807_10450506.jpg
品を商う店が、並び賑わっています。
私は、‘とんかつ’を食べたくなると、長尾中入口交差点そばにある「とんかつ 廣(ひろ)」に立ち寄ります。
a0212807_10450852.jpgヒレかつ、ロースかつ、おろしかつ、かつカレー、かつどん、などメニューにあるもの どれを選び 何を食べても ‘美味しんぼ’ です。
豚肉は、厚切りで柔らかくジューシィで、さくさくとしたキツネ色の衣が、口当たり良く、食味感満点です。
行きでも帰りでも食事時間に県道555号線を車で通られる(バスなら56~59番「上長尾」停下車すぐ)ことあれば、お薦めいたします。

by blues_rock | 2018-04-14 00:04 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
a0212807_02471132.pngあなたに昔のことを話そう   大人にならないと 分からないかもしれない   そのころのモンマルトルには、リラの花が、二人のアパートの窓辺まで 覆っていた
備え付けの粗末な家具が、あるだけの部屋で 二人は、暮らしていた
私が、腹減ったと叫び、あなたは、ヌードモデルになってくれていた
ラ ボエーム、 ラ ボエーム   二人は、幸せだった   ラ ボエーム、 ラ ボエーム   二人には、二日に一度しか食べるお金しかなかった
近くのカフェで、若い二人は、不思議そうに見られていた   いつか有名になろうと、貧乏で腹を空かしながら、a0212807_02471530.jpg二人は、明日を夢見ていた
どこか食堂で 温かくて美味しい食事をするために、絵を売った   二人は、詩を朗読しながら ストーブの前で寄り添い、冬の寒さを忘れていた
ラ ボエーム、 ラ ボエーム   とてもきれいだったあなた   ラ ボエーム、 ラ ボエーム   私たちは、情熱にあふれていた
画架の前で夜が、明けるまで 絵を描いていた   デッサンの胸や腰の線に手を入れていると朝が、来ていた   仕事が、終わり 二人は、カフェオレを飲んだ
徹夜で疲れていたけど、満ちたりていた   二人は、愛し合うことで生きていることを実感していた
ラ ボエーム、 ラ ボエーム   二人が、若かったころ   ラ ボエーム、 ラ ボエーム   二人は、青春の夢a0212807_02472192.jpgに生きていた
ある日、二人が、暮らしていた界隈を訪ねてみた   もう旧いアパートは、壁すらなかった   若い二人が、暮らした街は、なくなっていた
私は、屋根裏部屋のアトリエを探してみたが、もう何も残っていなかった   新しい建物になり、モンマルトルは、寂しそうだった
リラの花は、枯れていた
ラ ボエーム、 ラ ボエーム   二人は、若かった、二人は、無我夢中だった   ラ ボエーム、 ラ ボエーム   今となっては、もう何もない   青春の日々
(注 : 「ラ ボエーム」の詩の意味にできるだけ副うよう 少し私が、意訳しています。)
a0212807_02472554.jpg私の暮らす福岡市南区柏原は、樋井川の源流で桜が、この季節 美しく、油山の山麓から流れ出た水は、支流を作り樋井川の本流と合流し博多湾に流れていきます。
福岡市の貫線である海岸沿いに住む旧友は、ジョークで「柏原は、福岡市のチベットだ。」と私をからかいますが、東京暮らしの長かった私は、それが、うれしく私の自慢です。
その柏原にて3月31日、桜満開の春うららかな日、柏原公民館で 荒木陽一さんのシャンソンのライブ(1時間40分)が、ありました。
鄙には稀な シャンソン・コンサートに感激し、いそいそ出かけると公民館ホールいっぱいの来場者でした。
a0212807_02234719.jpg
途中休憩のとき、私の好きなシャルル・アズナブール(1924年生まれ御年94歳で現役、5月に東京と大阪でコンサートを開催、各1回ずつ 2時間のライブだとか、すごい!の一言)をリスペクトしている 荒木さんに声をかけ、アズナブールの「ラ ボエーム」をリクエストしたところ、セットリストを変更して後半すぐに歌っていただけました。
a0212807_02234015.jpg目を瞑り 聴いていると涙が、あふれてきました。
このところ絵や映画、音楽など感動する作品に出遭うとめそめそ泣くようになり、認知症初期周辺症状の ‘感情失禁’ かもしれないと自分を疑っています。
荒木さんは、来る7月7日 天神のアクロス福岡でコンサートをされるとか、チケットを申し込むドサクサに、アズナブールの「イサベル」をセットリストに入れていただくようお願いしたら「あれは、気恥ずかしくて歌えません。」と笑いながらスルーされました。
荒木さんには、「イサベル」が、歌えるシャンソン歌手になって欲しい(日本にいないので)と思います。

by blues_rock | 2018-04-04 00:04 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
二月の福岡市南区柏原は、雪国のように寒かったものの三月になり、私の住まうマンション前の梅が、満開となり見ごろ(下写真)となりました。                    
a0212807_14534758.jpgロンドンに住む私の一番若い友だちからは、ラインで元気との雪便りが、届き幸せなほっこりした気分です。
東油山の丘陵地区にある柏原には、梅林が、至るところにあり、寒さの緩むこの季節は、まさしく早春賦の風情を漂わせます。
余談ながら、西油山の丘陵地帯の城南区「梅林」(地下鉄「梅林」駅もある)に、梅の林が、まるでなく、市街化のために梅林を伐採したのだなと私は、長い間思い込み、憤慨していましたが、友だち(元大学教授)から、地名「梅林(うめばやし)」の由来は、大雨による土砂崩れ防止策として丘陵の凸の土砂を利用して谷の凹みや山裾をさっさと埋めた「埋め早し(うめはやし)」にあると聞き、胸の痞(つか)えが、とれ妙に納得しました。
a0212807_14535315.jpgまさに今 目の前の春夏秋冬 移ろう季節の美しい自然の景観を愛で、大気に浸ることこそ日本芸術の真髄「侘び寂び雅び」に触れて体感する最良の術かもしれません。
来年もまた桜を見たいな・・と、想うとき、今日一日大事に暮らしているかな、とふと自問自答している私が、います。
ならば、そう想って毎日暮らせば良いものを、桜の季節だけとは、嗚呼、情けないなあ。

(左写真 : ロンドンから雪の便り、ハナ=ミズキ・T・ラムナラインちゃん、5歳)

by blues_rock | 2018-03-03 00:03 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)