ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

2018年 07月 05日 ( 1 )

大根仁監督(1968~)作品は、初めて見ますが、2016年の「SCOOP!」は、秀逸でした。
a0212807_18140719.jpg
何より、福山雅治(1969~)演じる やさぐれた芸能スキャンダル写真週刊誌の 中年パパラッチと彼に裏情報をタレこむ覚醒剤中毒の男を演じたリリー・フランキー(1963~)の二人が、すばらしい!
a0212807_18145491.jpg映画の終盤、リリー・フランキー演じる覚醒剤中毒の男が、幻覚症状で錯乱、溺愛する娘に会わせようとしない元妻とその愛人を射殺し、旧くからの親友(福山雅治)に、娘と二人の写真を撮らせようとするシークエンスの何と ‘すばらしい!’ こと、リリー・フランキーは、本当にジャンキーではないかと思わせるくらいの ‘ド迫力とリアリティ’ で、覚醒剤中毒男を怪演しています。
a0212807_18154651.jpg新作「万引き家族」で リリー・フランキーが、演じたのは、これと真逆の、心根のやさしい人の好い犯罪者(万引き犯)でしたが、カンヌ国際映画祭審査員の一人から、是枝監督に「(リリー・フランキーについて)彼は、何者か? 俳優なのか?」と質問あったそうな ‥ ‘役者目利き’ であるカンヌの審査員の目には、リリー・フランキーが、不思議な俳優に見えたことでしょう。
この映画「SCOOP!」は、ワルでスケベな福山雅治と完全に壊れたリリー・フランキーを見る映画(必見)です。
a0212807_18173105.jpg借金まみれで酒とセックスだけの自堕落な生活をしている中年パパラッチ(福山雅治)に絡むのが、写真週刊誌「SCOOP!」の新人記者を演じる二階堂ふみ(1994~)と副編集長役の吉田羊(年齢不詳 40代か)二人の美人女優です。
女優 吉田羊を「SCOOP!」で初めて見ましたが、良い監督の作品に出演すれば、印象に残る女優になるだろうと思います。
a0212807_18172149.jpg少女と思っていた二階堂ふみも今や22歳、ならば劇中、福山雅治と演じるベッドシーンに 中途半端な下着姿ではなく、オールヌードで挑んで欲しかったと思います。
これは、本人の責任ではなく、所属事務所の意向や大根監督の演出(制約があったと推察)なのでしょうが、二階堂ふみの女優としての将来(カンヌ・ベルリン・ヴェネチアに出品する映画への出演)を考えるa0212807_18180757.jpgと、本人の意思でトライして欲しかったと思います。
私の好きなフランスの名女優ばかりで恐縮ながら、レア・セドゥ(1985~)は、28歳のとき出演した2013年同性愛映画の傑作「アデル、ブルーは熱い色」でポルノと見紛うレスビアンの激しいセックスシーンを全裸で演じ、メラニー・ロラン(1983~)は、18歳のときに出演した2001年「これが私の肉体」で、若く美しいヌードを披露、a0212807_18192658.jpgエマニュエル・ベアール(1963~)が、23歳のとき出演した1986年「愛と宿命の泉 泉のマノン」では、芸術的なヌードを惜しげもなく見せてくれました。(28歳のときの「美しき諍い女」の全編ヌードは芸術!)
大女優のカトリーヌ・ドヌーブ(1943~)たるや、まだヌードご禁制の旧き時代にあって1969年映画「暗くなるまでこの恋を」の出演時、26歳のきれいな胸(乳房)を普通にスクリーンで見せてくれました。
a0212807_18193125.jpgおや、と思ったのは、塚本晋也監督(1960~)が、出版社編集長役でカメオ出演していたこと、そんなことより 名女優の資質をもつ 二階堂ふみの美しいヌードを早く見たいものだと、いちファンとして思います。

by blues_rock | 2018-07-05 00:05 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)