ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

エリック・クラプトン 12小節の人生(前編)  シネマの世界<第902話>

a0212807_12263926.jpg
ブルース(&ブルースロック)の伝説ギタリスト ‘エリック・クラプトン’は、若くして「ギターの神様」と崇められ(とくにクイーンのブライアン・メイは心酔 )、その卓越したギター演奏技巧で「スローハンド」(速すぎて指が見えな
a0212807_12270896.jpg
い、揶揄)と呼ばれ、ヤードバーズのギタリスト(1963年にデビュー、1965年脱退)として有名になるも、同時代のビートルズやローリング・ストーンズと同等に人気のあったヤードバーズを突然脱退、自分の音楽の原点であるa0212807_12274048.jpgブルースに徹底的にこだわりました。
映画は、エリック・クラプトン(1945~、以下クラプトン)の音楽(=ブルース&ブルースロック)と、ミュージシャンとしての成功とは、裏腹の、彼の人生を苛む孤独が、奏でる「唯一無二のクラプトン・ブルース(&ブルースロック)」を背景に、この手のドキュメンタリーにありがちな関係者のインタビューを排a0212807_12271461.jpg除し、クラプトン本人のナレーションで彼の人生を赤裸々に描いていきます。
アメリカの女性名プロデューサー リリ・フィニー・ザナック(1954~)は、自分で監督しアルゼンチンの名映画音楽作曲家 グスターボ・サンタオラヤ(1952~)と組み編みあげた ‘エリック・クラプトン’波乱万丈の人生が、珠玉のドキュメンタリー映画「エリック・クラプトン 12小節の人生」として見事に完成しまa0212807_12274527.jpgした。
ザナック監督に対するクラプトンの信頼は、相当深いのが、映画を見ていて良く分かり、サンタオラヤ音楽監督のクラプトン音楽へのリスペクトも強く感じられました。
映画は、冒頭、若きクラプトンが、尊敬する偉大なブルースマン B.B.キング(1925~2015)への彼の憧れから始まり、そのB.B.キングが、晩年のコンサートで、クラプトンへ生涯変わらぬa0212807_12274885.jpg友情に対し “熱い感謝の念” をMCしているシーンは、胸を打ちます。
少年エリックは、9歳のとき両親と思っていたのが、実は祖父母で、自分は、実母16歳のときの私生児と知り新しい家族と暮らす母と会いますが、一緒に暮らすことを拒絶され、彼の心は、深く傷つき、クラプトンの人に対する不信と愛で癒されぬ孤独が、始まりました。
そのころラジオで聴いたブルース(当時、アメリカ黒人音楽のブルースは、超マイナー音楽でした)が、内向的な少年エリックの心をとらえa0212807_12282277.jpgギターに熱中、ブルースのレコードを聴き、ギターでコピーする毎日を過ごしました。
18歳のとき、今では伝説となったロックバンド「ヤードバーズ」のギタリストになりますが、世は、ロックンロールの全盛時代、ブルースバンドのヤードバーズもポップなロックンロールバンドへ変わるや ‘ブルース’ にこだわるクラプトンは、ヤードバーズを脱退しました。
a0212807_12282719.jpg1965年、クラプトン20歳の時でした。
クラプトンの孤独(心の闇)は、成人しても変わらず、恋人が、でき同棲しても孤独は、癒えませんでした。
この映画「エリック・クラプトン 12小節の人生」が、凄い(重要な)のは、まだ創成期にあったロックの歴史が、ブルース(&ブルースロック)ミュージシャン ‘エリック・クラa0212807_12282561.jpgプトン’ のナレーションで語られ1960年代当時のロックの誕生をリアルタイムで知ることのできる貴重な記録映画(若いロックファン、必見)であることです。
映画に登場するのは、クラプトンの親友 ジョージ・ハリスン(1943~2001没、享年58歳)と妻パティ(1944~)ならびにビートルズ、ブルースで心を通じていた天才ギタリストのジミ・ヘンドリッa0212807_12283076.jpgクス(1942-1970没、享年27歳、ヘロインの過剰摂取死、「ザ・レジェンド・オブ・ジミ・ヘンドリックス」参照)、ローリング・ストーンズ(とくにキース・リチャーズ 1943~とは、生涯の友人)、ピンクフロイドのロジャー・ウォーターズ(1943~)、ロックの先導者ボブ・ディラン(1941~)など、まだ全員20代の若い彼らを映した1960年代のアーカイブ映像a0212807_12284495.jpgは、貴重です。
ヤードバーズを1965年に脱退したクラプトンは、ジョン・メイオール(1933~)率いるブルースブレイカーズに加入、1968年にビートルズが、‘ホワイトアルバム’を制作しているときジョージ・ハリスンは、クラプトンにギターを依頼し完成したのが、名曲「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」です。 (後編に続く)

by blues_rock | 2018-12-10 00:10 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)