ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

映画「ボヘミアン・ラプソディ」 大反響

12月5日の日本経済新聞夕刊コラムに、映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、大ヒット、その背景としてクイーンのロック音楽は、オリジナリティが、高いことと、いま世界中で社会的な話題を提供している ‘LGBT’ について、フ
a0212807_17314424.jpg
レディ・マーキュリーの先験的な存在も大きいとありました。
クイーンは、デビュー当時から日本女性のファンが、多く、フレディ・マーキュリーのヴィジュアルなその人気は、a0212807_17315551.jpg今も衰えておらず、クイーンの楽曲を大勢のミュージシャンたちが、カヴァーし歌っているので若い世代にもクイーンの知名度は、高くファン層が、広がっているとなかなかマトを得たコラムでした。
クイーンについては、私も6年半前にブログで、映画のタイトルにもなっている楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」のことを、その翌日、クイーンの名ギタリスト ブライアン・メイについて いちファンとして、わが熱き胸のうちを連綿と書いています。
先の拙ブロク、シネマの世界「ボヘミアン・ラプソディ」で、クイーンの4人を演じる俳優たちの熱演と生き写しのようなパフォーマンス
a0212807_17315221.jpg
が、感涙ものと映画の印象を書きました。
別な日に掲載された日本経済新聞の映画評論もこのことについて触れ、映画として高く評価していましたので
a0212807_17315881.jpg
わが思いと同じとうれしく思いました。
次回は、名ギタリストのブライアン・メイが、神と崇めたエリック・クラプトンのドキュメンタリー映画(これもファン必見、感涙もの)について述べたいと思います。

by blues_rock | 2018-12-08 00:08 | 音楽(Rock ほか) | Comments(0)