ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ハンガー  シネマの世界<第902話>

a0212807_07145138.jpgイギリスの名映画監督トニー・スコット(1944~2012没、うつ病による自死)は、画家でしたが、兄リドリー・スコット監督のCM制作会社でコマーシャル・ディレクターとしても活躍、1983年映画「ハンガー」(原題「The Hunger」飢え)は、長編映画初監督作品です。
トニー・スコット監督は、CMで培った細かいカット割りと派手に装飾された映像で個性を発揮、1986年に撮った監督デビュー2作目「トップガン」のヒットで世界的に有名な監督になりました。
他の作品で私の印象に残るのは、1995年「クリムゾン・タイド」、1996年「ザ・ファン」、1998年「エネミー・オブ・アメリカ」、2004年「マイ・ボディガード」、2006年「デジャヴ」、2009年「サブウェイ123」、遺作となる2010年「アンストッパブル」で、いずれも大作にして秀作ばかりです。
a0212807_07183689.jpg「ハンガー」は、吸血鬼(ヴァンパイア)を題材にしたスリラー映画ながら優秀なコマーシャル・ディレクターであったトニー・スコット監督の手にかかるとヴァンパイア・ストーリーも(2018年流行語風に例えると)‘半端ない’くらい華麗かつ斬新な映像美の退廃的スリラーに変身いたします。
主演は、フランスの名女優カトリーヌ・ドヌーヴ(1943~)、イギリスのグラムロックミュージシャン デヴィッド・ボウイ(1947~2016)、アメリカの名女優スーザン・a0212807_07190086.jpgサランドン(1946~、1990年「ぼくの美しい人だから」、1991年「テルマ&ルイーズ」)の三人、劇中2カットだけ電話ボックス横の若者役で今や名優のウィレム・デフォー(1955~)が、出演しています。
舞台は、深夜のニューヨーク、不死の生命力を持つヴァンパイアのミリアム(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、生きるために時代ごとに伴侶(同棲する愛人)を見つけ不老不死の血と永遠の美を与えてきました。
a0212807_07314538.jpg伴侶のジョン(デヴィッド・ボウイ)は、ミリアムが、18世紀にヴァンパイアにした愛人で二人は、ニューヨークの豪華な館で、美と贅の限りを尽くし暮らしていました。
しかし、200年以上生きたジョンに突然 老化の兆候が、顕われ始めました。
ジョンは、ミリアムに自分の老化(死の予兆)を訴えますが、とり合ってもらえず、人間の老化について研究している医師のサラ(スーザン・サランドン)a0212807_07311565.jpgを訪ね、自分の老化現象を訴えるも、サラから老人の戯言(たわごと)として扱われ追い返されました。
ジョンの容貌は、急速に衰えてゆき、ミリアムも老化衰退の激しいジョンの後釜としてサラに目を付けました。
美しい吸血鬼(ヴァンパイア)の刹那を三人の美女と美男が、妖しく艶やかに演じています。
a0212807_07314974.jpg
先に退廃的スリラーと述べましたが、さらにもう一つ耽美的ホラーと書き加えたいと思います。

by blues_rock | 2018-12-04 07:07 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)