ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

質 屋(後編)  シネマの世界<第900話>

a0212807_12245985.jpg映画(モノクロ映像)は、ソル・ナザーマンの回想シーンから始まり、まず東ヨーロッパののどかな田園風景と川のそばで楽しそうにピクニックをしている家族を映します。
2人の子供が、野原ではしゃぎながら父親に駆け寄ります。
それを美しい母親が、慈愛に満ちたやさしい笑顔で見守っています。
まさしく幸福を絵に描いたようなシーンです。
a0212807_12385485.jpg突然、ここから映画は、暗転します。
何かの物音を耳にした父親が、その方向に目を向けると彼の表情は、恐怖に変わりました。
主人公のソル・ナザーマンは、悪の独裁者ヒトラー率いるナチスにより大学教授の職を奪われ、愛する家族とも離れ離れになり、ユダヤ人強制収容所に収容された暗い悲惨な過去を持っていました。
それから20余年経ったニューヨークでソル・ナザーマンは、過去のすべてに蓋をして質屋を営みながら、抜け殻a0212807_12383182.jpg同然にひっそりと暮らしていました。
しかし、強制収容所での惨憺たる壮絶な記憶は、腕に刻まれたユダヤ人収容者番号「64304」と同様、消えることなく、しばしば、彼を苦しめました。
主人公のソル・ナザーマンを演じる往年の名優ロッド・スタイガー(1925~2002)が、すばらしく ‘ソル・ナザーマンその人’に憑依したような会心の演技をしています。
ロッド・スタイガーは、1967年の名作「夜の大捜査線」でアカデミー賞主演男優賞とベルリン国際映画祭男優賞を受賞しています。
a0212807_12385931.jpg
共演は、往年の名女優ジェラルディン・フィッツジェラルド(1913~2005)が、ソル・ナザーマンに好意を寄せる社会福祉事業家を、一人生き残った義理の息子ソルを憎んでいる虐殺された亡き妻の父で寝たきり老人の役をルメット監督の実父が、それぞれ脇で名演しています。
a0212807_12384637.jpgいまや名優のモーガン・フリーマン(1937~)が、エキストラで出演しているようながら私には分かりませんでした。
傑作映画「質屋」を不朽の名作にしているのは、名撮影監督ボリス・カウフマン(1897~1980、エリア・カザン監督の1954年名作「波止場」でアカデミー賞撮影賞を受賞)の陰影の美しいモノクロ映像と、いまや稀代の名音楽家として名を馳せるクインシー・ジョーンズ(1933~)が、初めて映画音楽監督を務めた記念すべきa0212807_12555006.jpg作品だからです。
クインシー・ジョーンズと云えば、何といっても当時22歳の彼が、アレンジャーとして制作に関わった1955年ジャズ・ヴォーカルの傑作「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」で、このLPレコードの名盤は、私の宝物、いつ聴いてもシビレます。

by blues_rock | 2018-11-29 00:09 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)