ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ボーダーライン 2 ソルジャーズ・デイ  シネマの世界<第899話>

a0212807_18291596.jpg
ドゥニ・ヴィルヌーブ監督(1967~)の2015年秀作「ボーダーライン」(原題「Sicario」殺し屋)の続編「ボーダーライン2 ソルジャーズ・デイ」が、公開初日、一夜限定で「ボーダーライン」と新作「ボーダーライン2 ソルジャーズ・
a0212807_18293122.jpg
デイ」(原題「Sicario: Day of the Soldado」殺し屋:兵士の日)をセットにして二本立ての特別上映、なんとバケツみたいな容器に入ったポップコーン(映画館で初めて食べました)とビッグサイズ・ドリンク付きで2、500円とは、うれしa0212807_18292168.jpgい限りです。
前作と同じく‘続編’の脚本もテイラー・シェリダン(1970~、「ウインド・リバー」は初監督作品)なので、続編「ボーダーライン2 ソルジャーズ・デイ」を見る前に、まず前作で描かれたアメリカとメキシコの国境(ボーダーライン)を舞台にFBI&CIAとメキシコ麻薬カルテルとの麻薬戦争の現実を知ることでマフィアにとって国境が、いかに非合法ビジネスの儲け(麻薬取a0212807_18293846.jpg引と不法移民のアメリカ密入国は、カルテルの権益)場所であるか、そのための容赦ない殺戮は、日常茶飯事で、そのリアルな殺人現場を辟易するくらい見てそのまま続編へ移行です。
新作「ボーダーライン2 ソルジャーズ・デイ」の監督は、イタリアのステファノ・ソッリマ(1966~)です。
a0212807_18304421.jpg脚本のテイラー・シェリダンと主役の二人(ベニチオ・デル・トロとジョシュ・ブローリン)が、同じで異なるのは、演出(つまり監督)となるとどうしても続編のソッリマ監督と前作のヴィルヌーブ監督の作品を見比べてしまいます。
続編もまた最後まで筋の読めないスリル満点のハードアクション映画ながら、前作ヴィルヌーブ監督の一瞬も緊張の弛まない演出に対し続編のソッリa0212807_18293597.jpgマ監督は、主役の二人に潜在する微かな‘感情’を持たせているところが、ポイントと私は、感じました。
そして、決定的に違うのが、エンディングです。
ドゥニ・ヴィルヌーブ監督演出の「ボーダーライン(Sicario 殺し屋)」のエンディングが、徹底した絶望のリアリズムであるなら、続編のステファノ・ソッリマ監督演出は、わずかながら人の感情(かすかな希望)をa0212807_18503332.jpg描いています。
撮影監督は、ポーランド出身の名撮影監督ダリウス・ウォルスキー(1956~、1993年作品「蜘蛛女」は、撮影監督2作目、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ1~4の撮影監督)で、前作のイギリスの名撮影監督ロジャー・ディーキンス同様、クールにしてシャープな映像を見せてくれます。
a0212807_18302403.jpg前作の音楽は、アイスランドの故ヨハン・ヨハンソン(1969~2018没、死因は、オーバードースと推察、享年48歳)でヴィルヌーヴ監督との相性抜群、「プリズナーズ」・「ボーダーライン」・「メッセージ」とヴィルヌーヴ監督作品の音楽監督でしたが、ソッリマ監督の新作では、亡きヨハン・ヨハンソン音楽監督の弟子であった同アイスランドの女性a0212807_18305930.jpg作曲家 ヒドゥル・グドナドッティル(1982~、当年36歳)が、今回ドラマ性の増した分、サウンドトラックの果たすべき役割を良く心得ていて、前作のノイジーな連続音基調の師ヨハン・ヨハンソンの音をベースにしながらも無機的重低音のビート中心であった師ヨハンソンよりもエモーショナルな雰囲気を醸し出すメロディアスな音階で作曲家 ヒドゥル・グドナドッティルのa0212807_18310675.jpg個性を発揮、彼女は、2015年のアレハンドロ・イニャリトゥ監督作品「レヴェナント 蘇りし者」の音楽でチェロを弾いています。
閑話休題、映画のプロットは、前述のとおりながら前作でメキシコの麻薬カルテルから妻子を惨殺された元検事で復讐心に燃える殺し屋アレハンドロを名優デル・トロ・ベネチオ(1967~)が、目的のためなら手段を問わないCIAの特別捜査官マッa0212807_18310284.jpgトをジョシュ・ブローリン(1968~)が、同一人物を続編でも演じています。
女優は、前作で二人にとことん利用されるFBI捜査官役のエミリー・ブラント(1983~)から、まだ十代の新人女優イザベラ・モナー(2001~)に交代、二人に拉致されるメキシコ麻薬カルテル ボスの娘イザベルを演じています。
ほかに続編にも登場するのは、CIA特別捜査官役の名脇役俳優ジェフリー・ドノヴァン(1968~)です。
a0212807_18310968.jpg続編は、CIA特別捜査官マットから依頼を受けた殺し屋のアレハンドロが、メキシコの国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテル組織同士の縄張り抗争を勃発させるためマットと連携、極秘裏に一方の麻薬カルテル ボスの娘を誘拐しカルテル同士の潰し合い作戦を遂行するというベタなストーリーながら前作と続編を続けて見ると監督二人の個性(演出の相違)が、良く分かり「一夜限定のボーダーライン 2本立て上映」は、大収穫でした。

by blues_rock | 2018-11-25 00:05 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)