ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

1987、ある闘いの真実  シネマの世界<第890話>

a0212807_17343943.jpg
戦争が、終わり73年、いまだに韓国と日本との国家間のイザコザは、絶えませんが、先日の日経新聞記事によれば、韓国の若い世代に日本の ‘文化’ に関心をもつ若者たちが、増えているとありました。
a0212807_17351140.jpgさりとて、国のレベル(政府間)となると長い歴史にわだかまる民族意識と‘マネー’目的の利権が、交錯、両国民ともに90%近くは、「戦争を知らない子供たち」世代なのに忌まわしい過去に引きずられ、また新たな諍(いさか)いを起こそうと云うのですから開いた口が、ふさがりません。
a0212807_17351445.jpg歴史の事実として悪の帝国であった旧大日本帝国は、1910年に李氏朝鮮王国を滅ぼし日韓併合、1945年の敗戦(無条件降伏)まで35年間、朝鮮半島を植民地としていた事実は、これからも変わりません。
韓国と日本は、過去3千年の間、弥生時代から現在まで地球上の最隣人であり、国の場所を動かすことが、でa0212807_17351712.jpgきない以上、「過去は、過去として、もう二度と決してお互い相手を攻撃しない(悪口も言わない)」という固い信念と友情を持ち続けなければ、両国とも不幸しか招かないことは、歴史が、証明しています。
さて、閑話休題、韓国内にも根の深い歴史の瑕疵(かし、キズ)が、あり今夜紹介する韓国映画「1987、ある闘いの真実」は、1980年の光州事件(韓国国民の民主化運a0212807_17352061.jpg動を朴大統領暗殺事件に絡み、クーデターで大統領になった全斗煥軍事独裁政権が、暴力で弾圧した流血事件)を描いた2017年映画「「タクシー運転手」から7年後の韓国社会、つまり絶対権力の ‘暴力装置である軍’ の本質をリアルに描いています。
監督のチャン・ジュナン(1970~)は、光州事件のとき10歳、撮影監督キム・ウヒョン(1972~、2015年「暗殺」の映像は抜群) が、a0212807_17353536.jpgまだ8歳、そして1987年に起きた大統領直接選挙制を求める大規模な民主化運動に火を点けた全斗煥大統領独裁政権による学生運動リーダー2人を拷問で虐殺した殺人事件のときジュナン監督は、まだ17歳の高校生、ウヒョン撮影監督15歳たるや中学性の多感な時代でした。
a0212807_17353888.jpg「1987、ある闘いの真実」(原題「1987: When the Day Comes」)は、わずか31年前に起きた韓国現代史をもとにリアリティに徹したジュナン監督の演出と、それにシンクロしたウヒョン撮影監督カメラクルーのハンドヘルド撮影が、正に「1987年のその日」にいるような(タイムスリップしたような)見事な現実感を醸し出しています。
a0212807_17354166.jpgハンディカメラの性能が、向上(デジタル化で操作が、簡単でコンパクト)したことで ハッタリ(だます)のためにハンディカメラやスマホを多用、ドキュメンタリー風な映像(ハンドヘルド撮影)で誤魔化す監督(=撮影監督)が、あまりに目立ち(ポルノPoV撮影の悪影響)、彼らの撮った締まりのない映像は、見るに堪えず「カメラを止めよ!」と余計なことを言いたくなります。
a0212807_17362388.jpg
ハンドヘルドカメラの多用は、ときに逆効果でハンドヘルド撮影を生かした秀作と云えば、2004年映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」でしょう。
a0212807_17362667.jpg当時24歳のアルゼンチンの医学生チェ・ゲバラに密着取材したドキュメンタリーのようでハンドヘルドは、本来映画の質を高める高度な撮影技法です。
この「1987、ある闘いの真実」は、映画解説を百回読むより30年前の韓国をリアリティあふれる映像で描いているので、ぜひ我が目で見ていただきたいと思います。
a0212807_17363198.jpg極悪非道で 血も涙もない無慈悲な脱北反共主義者で特務機関のパク所長を演じる名優キム・ユンスク(1968~、2008年「チェィサー」主演」が、実に秀逸で その年の韓国映画祭で主演男優賞を受賞しています。
彼に抵抗するソウル地検公安部長チェを演じるのは、名優ハ・ジョンウ(1978~、2013年「ベルリンファイル」、2016年「お嬢さん」主演)、映画に登a0212807_17363627.jpg場する拷問で虐殺された学生パク・ジョンチョル(1965~1987拷問死、享年22歳)をヨ・ジング(1997~)、韓国民主化闘争の象徴で学生運動の中心的役割を担った延世大学の学生イ・ハンニョル(1966~1987催涙銃で射殺、享年21歳)をカン・ドンウォン(1981~)、拷問虐殺の証拠を民主化運動のグループに渡す永登浦刑務所看a0212807_18113194.jpg守ハンを名優ユ・ヘジン(1970~)など実在の人物が、多く登場し映画にリアリティを持たせています。
危険を承知で獄中情報を届ける看守ハンの姪で延世大学の女子大生ヨニを演じるのは、若手女優キム・テリ(1990~、2016年「お嬢さん」孤児の少女スッキを演じ注目)で、ジュナン監督が、虐殺されるイ・ハンニョルに淡い恋心をもつ女性として映画のためにa0212807_17363314.jpg登場させた架空の人物です。
韓国の現大統領 文在寅(ムン・ジェイン、1953~)も1980年光州事件当時27歳で人権派弁護士見習い(司法研修生)であり、戒厳令を敷く全斗煥軍事独裁政権に反旗を翻す民主化市民運動の活動家でした。
なのに ‥ 大統領になったとたんにチンプンカンプン、あの反骨の気概は、どこへ行ったのでしょうかね。

by blues_rock | 2018-10-26 00:26 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)