ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

秋の遊山

2か月前の8月は、全国各地、ところによって 40℃を超える酷暑続きの日本列島でしたが、9月になると二つの台風襲来もあって季節は、一気に秋モードとなりました。 (下写真 : 松の巨木厚板テーブルにまず驚きます。)
a0212807_22371018.jpg
秋日和のポカポカ陽気に誘われて三瀬峠には、棚田の曼殊沙華を見に行ったばかりなのに、車で20~30分と自宅から近いこともあって気分転換にと車内ステレオのボリームをめいっぱいあげ、クリスマスソングを聴きながらドライブしました。 (下写真2枚 : 秋の草花が、壁の照明とマッチ、月見しているよう、センスを感じます。) 
a0212807_22372740.jpg
今回は、‘そば遊山’の蕎麦を食べること、途中 三瀬トンネル向こうのアンティークモールとヴィレッジアンティークに立ち寄り、いつもの‘冷やかし(超掘り出しもの物色)’、さらに‘そば遊山’(遊山の裏庭)のあと、神崎から久留米に向かい、久留米市美術館で開催の「長谷川利行展」を見るのが、目的でした。
a0212807_22374254.jpg
秋の遊山は、ヒンヤリと膚寒く、そばとダシを堪能するために温かい‘かけそば’をいただきました。
ざるよし、かけよし、旨味たっぷりダシも、ひと汁(つゆ)残らずいただきました。
佐賀は、全国第3位の蓮根(レンコン)の大産地、新蓮根の出荷が、始まる11月後半になると‘そば遊山’では、
a0212807_22390574.jpg
蕎麦に蓮根団子添えのレンコンそばが、季節メニューに加わります。
標高580㍍にある三瀬トンネルは、12月半ばから2月終わりにかけて凍結や降雪で道路が、すぐ通行止めになりますので冬の遊山は、早めに訪ね、何としても‘そば遊山’のレンコンそばを食べて、私の年越しそば にしたい
a0212807_22392561.jpg
と計画しています。  (上写真2枚 : 遊山の裏庭、四季折々 食後の散歩に最適です。)

by blues_rock | 2018-10-22 00:02 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)