ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

玄洋窯 蒼然暮色

毎週月曜日の午後、玄洋窯でロクロを挽き‘陶胎漆器’用の陶器を作っています。
凍える冬、汗の噴き出す真夏、穏やかな春、爽やかな秋の午後、無心にロクロに向かい陶土(つち)を弄ってい
a0212807_08364744.jpg
ると、あっという間に夕暮れ時を迎えます。  (上写真 : 跳び鉋文 陶胎錫茶碗)
漆芸も陶芸も素人の私が、イメージした(誇大妄想した)作品の完成には、到底至りませんが、‘漆’というファム
a0212807_08365989.jpg
ファタルに憑(とりつ)かれていますので 時間(とき)は、止まったままのように感じられます。
来たる11月2日(金)から4日(日)の3日間、博多町屋住宅文化財「箱嶋邸住宅」ギャラリーで博多漆芸研究所
a0212807_08371276.jpg
の作品展が、開催されますので、拙作の‘陶胎漆器’と‘唐塗り(変わり塗り)の漆塗り箸’の数点を出品しようかなと目下思案中です。
a0212807_08372482.jpg
(上写真3枚 : 玄洋窯ギャラリー内、右側障子向こうが工房)

by blues_rock | 2018-09-23 00:03 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)