ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

長江 愛の詩  シネマの世界<第872話>

a0212807_01323472.jpg
中国は、国体が、共産党一党独裁国家(中国政府を支配する権力組織)で ‘言論の自由’のない抑圧社会ながら、時々びっくりする傑作映画を製作します。
a0212807_01330050.jpg先に二日連続で ご紹介したソンタルジャ監督(1973~、2015年「草原の河」)は、チベット族ですが、漢族のジャ・ジャンクー監督(1970~、私が 中国で最も敬愛する監督)、この2016年「長江 愛の詩」(原題「長江図」Crosscurrent逆流)が、長編第2作目となるヤン・チャオ監督(1974~)と1970年代生まれの中国映画第6世代の若い監督たちに私は、“ヌーヴェルa0212807_01324763.jpgヴァーグ・シノワーズ” を感じます。
映画は、長江の河口 上海で出遭った男女が、少しずつ時間を遡っていくというシュール(幻想的)なラブロマンスながら、チャオ監督の詩情豊かな演出を台湾の名撮影監督 リー・ピンビン(1954~ 2009年是枝裕和監督作品「空気人形」ほか名作の撮影多数)は、美しい長江(揚子江)の風景をバックに亡き父親が、旧い貨物船とともに遺した長a0212807_01325622.jpg江図をもとに長江を遡上していく船長の若い男と停泊する先々で出遭う謎の女との 出遭いと別れ を叙事詩のように描いていきます。
中国一の大河 揚子江(長江、全長6、300㌔、世界3位)で、亡き父が、貨物の運搬をしていた小さなオンボロ貨物船の船長となったガオ(チン・ハオ 1978~)は、ある日、機関室で「長江図」と記された一冊の詩集を見つけました。
a0212807_01331808.jpg
ガオは、20年前の1989年(天安門事件の年)に父親が、「長江図」に書いた創作詩を読み感動、揚子江の河口上海から大河長江を遡る旅に出発しました。
a0212807_01334791.jpg彼は、「長江図」の詩に導かれるように行く先々の停泊地で謎めいたアン・ルー(シン・ジーレイ1986~)という女性に出遭いました。
しかし、三峡ダム(2009年完成)を境に彼女が、現われなくなったことを不思議に思いました。
ガオは、三峡ダムを越え長江の水源(青海省=チベット高原アムド地方、「草原の河」参照)へ、謎の女性アン・ルーを探して遡上、その旅の果てにたど
a0212807_01332726.jpg
り着いた処は ‥ これは、誰の記憶なのか ‥ 現実と虚構、現在と過去が、交錯しながら展開していく見ごたえのある傑作映画です。
a0212807_01333127.jpgチャオ監督は、長編第2作となる「長江図」を10年かけて製作、そのために何度もシナハン(シナリオハンティング~脚本のための取材)とロケハン(ロケーションハンティング~撮影現場探し)を行ない、真冬の長江を中心に2か月あまりかけて、オールロケで撮影しています。
全長6、300㌔の揚子江(長江)は、中国悠久の歴史、古代文化、雄大で神秘的な自然を育み、大河流域に暮らa0212807_01333395.jpgす庶民の暮らしに恵みをもたらしてきました。
2009年、世界最大の三峡ダムが、揚子江中流(重慶の下流域)に完成するころから中国社会も急激に変化、長江流域もまた大きく変貌していきました。
このことは、ジャ・ジャンクー監督の2006年作品「長江哀歌」(山峡ダムのために強制移住させられる110万住民、悲喜交々の物語)をご覧いただくと理解できます。
a0212807_01335706.jpg
ヤン・チャオ監督の2015年作品「長江 愛の詩」に登場する名優 ワン・ホンウェイ(1969~)が、9年前のジャ・ジャンクー監督作品「長江哀歌」にも出演、ワン・ホンウェイは、ジャンクー監督の2000年作品「プラットホーム」でデa0212807_01340112.jpgビューして以来、ジャンクー監督作品の常連でありチャオ監督が、共演にワン・ホンウェイをキャストしたのは、ジャンクー監督作品「長江哀歌」へのオマジュを感じました。
ジャ・ジャンクー監督の「長江哀歌」繋がりで、この映画の撮影助手を務めたルー・ションが、撮影監督した鬼才 ワン・ビン監督(王兵 1967~)の2010年長編デビュー作品「無言歌」も傑作なのでぜひご覧くだa0212807_01335347.jpgさい。
致命的な中国の病巣をこれほど的確、明晰に描いた映画は、ありません。
当然、中国では、上映禁止です。
拙ブログ(シネマの世界)をご覧になった方の近くに、国の行く末を憂う中国人の友人ならびに知人が、おられれば、ぜひこの「無言歌」をご覧になるようお勧めください。


by blues_rock | 2018-08-30 00:03 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)