ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

幸せは遺伝する、不幸もまた

a0212807_21380961.jpg先日、偶然インターネットで見つけた子育て記事「幸せは遺伝する / 世界最高の子育て」を読んでいたら、今月半ば、ロンドンに帰国した友人母子のことを思いました。
5年前、生まれて一年にもならない赤子の娘(ミズキちゃん)を抱いて、私に「この娘には、徹底的に甘えさせたい。 甘やかすのとは、違う。 娘には、どんな時も自分が、いると安心させたい。」と言ったことを憶い出しました。
この本の著者、ボーク重子さんは、福島県出身の方で、年少のころから学業優秀、時に福島県内5位の成績になるなど、勉強以外考えず、良妻賢母になることを目指していたそうです。
重子さんは、青春時代から人生に悩み、心折れたまま外資系の会社で働き30歳のとき挫折、自分を探すためロンドンの大学院に留学、そして結婚しアメリカで出産 ‥ 一人娘を育てる中で「私と同じようになって欲しくない。 私は、いつも自信がなく、何かを始める前から諦めてしまうような人間だった。」と振り返り、高校まで一貫教育のワシントンの小学校に通う娘を見て「九十九を知らない」・「簡単なスペルも間違える」・「宿題もない」ことに不安を覚えたそうです。
すると先生から「ダレもが、できるようになることを早くできたからと言って大した意味は、ありません。
a0212807_21381878.jpgどうしても宿題が、欲しければ、自宅で20分間空想させ自由に考えさせてください。」とアドバイスされたそうです。
その小学校の教師たちは、毎朝、生徒一人ひとりの目を見て「おはよう」と挨拶し出迎えるのだとか、重子さんは、「子供は、好きだからこそ続けられ 、何か困難に面しても好きなことなら乗り越えようとするパッション(情熱)が、生まれ、好きだからこそ謙虚に他の人から学ぶ姿勢も自然と生まれます。 飽きることも大切、自分の本当に好きなことを探すチャンスです。 好きだから好奇心もわき、それに対応することで本当の思考力と学力も身に付くと思います。」と述べておられます。
さらに、親のアドバイスは、親のエゴや欲求が、絡んでおり、子供にとっては、最適でないことが、多いとも述べておられ、子供の相談には、自分の意見(アドバイス)を言わないで「あなたは、どうしたいの?」と逆に質問し、意見の相違が、あれば 良く話し合うそうです。
宗教差別をしない(宗教に束縛されない)日本人は、世界的に見るとかなりオープンマインド(自由な精神)な国民なんだそうです。
あるがままに子供を認め、その子の存在を認めてあげること、まず何より親が、幸せになり、子供の安心できる場所(=家族)で子供の幸せを願えば、その子は、きっと幸せになるでしょう。
a0212807_21463430.jpg「幸せは、遺伝する、不幸もまた遺伝する。 幸せじゃない親の子供は、幸せにならない。」は、けだし名言です。

(写真 : ロンドンに住む友だちの ハナ=ミズキ・T・ラムナラインちゃん 5歳)

by blues_rock | 2018-05-29 00:29 | 人生/愛(Love) | Comments(0)