ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

巫女っちゃけん。  シネマの世界<第807話>

新春(2018年)、1月20日から福岡市とその周辺の市で、先行公開中(全国公開は、2月3日からロードショウ)の新作「巫女っちゃけん。」を私は、何の期待もせず福岡市の隣、福津市の宮地嶽神社(年2回 ‘光の道’ができる
a0212807_20174736.jpg
神社として有名)が、ロケ地くらいの予備知識で、ふらり、中洲大洋映画劇場に入り見ました。
ところが、私の期待に反して‘おもしろいの、なんのって’、気風(きっぷ)のいい(少し荒っぽい)博多弁とオフ
a0212807_21441779.jpg
ビートなテンポ(スローなパンクロックのような感覚)にのって、プッと吹き出す場面満載の、フィンランドの兄弟監督ミカ&アキ・カウリスマキの作品に似た雰囲気を私は、この映画にも感じました。
a0212807_21460922.jpg奇才CMディレクターの評判高く、作詞家・作家でもある グ・スーヨン監督(1961~)の映画は、初めて見ますが、プロットの背後に軽佻浮薄な現代女性(ジコチューな女性たち)への辛口批判を隠し味に、彼女たちの無節操な性と結婚観、その挙句‘できちゃって産んだ子供’への児童虐待やシングルマザーの生態を長回しカメラでユーモラスに撮っています。
映画を見ながら脚本もいいなあと感心していたら、それもそのはず、2009年公開の秀作映画「ゼラチンシルバー LOVE」(宮沢りえの最高映画)を書いた脚本家の具光然(1965~)と知り、納得しました。
a0212807_21472892.jpgさて、映画「巫女っちゃけん。」は、巫女の仕事へのヤル気もなければ、立ち振る舞いや行儀もなってない、常識も礼儀もない乱暴な言動極まりない宮地嶽神社のアルバイト巫女 しわす(広瀬アリス 1995~、女優の広瀬すずの姉)が、主人公です。
宮地嶽神社の宮司 大鳥(リリー・フランキー)の一人娘 しわすは、就活中ながらどからも採用の通知なく自分が、こんな不幸なのa0212807_21474909.jpgは、母親が、愛想つかして出て行った父親始め、上手くいかないすべてが、他人のせいでした。
巫女の仕事も、嫌々ながら仕方なしの腰かけ気分、神社内でもその反抗的な態度で上司や同僚巫女たちと衝突していました。
神社への参拝客や重要な収入源である結婚式の予約に訪れたカップルにもイヤ事を言い悪態をつく有様でトラブルばかり起こしていました。
a0212807_21475647.jpgある日、不審火のボヤ騒ぎで保護された5歳の孤児 健太(山口太幹 2009~)の世話役を父親から言いつけられたしわすは、悪ガキの健太に手を焼きながらも自分が、幼いころ母親(飯島直子 1968~)から棄てられたこともあり孤児の健太を何かと世話していました。
地元警察や児童相談所を巻き込んだ母親探しの甲斐あって、男にだらしないシングルマザーの美和(MEGUMI a0212807_21480676.jpg1981~)が、母親として児童相談所の担当者に伴われ神社を訪れました。
健太は、母親に連れられ一旦帰ったもののすぐ顔に大きな青アザをつくってまた現れました。
しわすは、母親美和の暴力(児童虐待)によるアザと気づき健太をかくまうものの逆にしわすが、児童虐待の容疑をかけられまわりから暴力巫女と呼ばれるようになり警察も内偵を始めました。
a0212807_21481887.jpgご当地露出度の高い映画は、観光協会が、スポンサーになっていて、どうしようもなく安っぽい映画になりがちながら、この「巫女っちゃけん。」は、100% 宮地嶽神社とその周辺(津屋崎海岸あたり)で撮られていますが、独立系の「日本映画もなかなかやるな」と感じるオフビート感のあるシリアスなコメディ映画の佳作でした。
a0212807_21482891.jpgこの映画の主題歌「フェイヴァリット・ゲーム」を歌う小悪魔ビート・プリンセスと呼ばれ人気のあるルーマニアの歌手 アレクサンドラ・スタン(1989~)のセンス良いポップなサウンドも、この映画のサウンドトラックで聴くまで私は、何も知りませんでしたが、なかなか秀逸な音楽でした。
a0212807_21482308.jpgシネマの世界で紹介するために「巫女っちゃけん。」を調べていたら、昨年9月の福岡国際映画祭のクロージング作品、10月の東京国際映画祭では、特別上映された作品と分かり、さもありなんと納得しました。
やはり、見どころは、何と言ったってオーディションで選ばれた 粗雑でどうしようもないジコチュー娘のしわすを熱演した広瀬アリスと天性の集中力(成りきり)で手に負えない悪ガキ健太を好演した山口太幹、二人の体当たりの演技でしょう。 (予告編を貼付しましたので、興味ある方は、ご覧ください。) 

by blues_rock | 2018-01-27 00:07 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)