ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

New Mad Crowz ライブ_a0212807_09435666.jpg
New Mad Crowz ライブ_a0212807_09443106.jpg
私が、長年追っかけしている女医K率いる ロックンロール・バンド Mad Crowzの新メンバーによる New Mad Crowzのライブを高宮のライブカフェ「ダルセーニョ」で聴きました。 
New Mad Crowz ライブ_a0212807_09444125.jpg
New Mad Crowz ライブ_a0212807_09450321.jpg
一段とパワーアップした 女医Kの ボーカルと 新規加入の コーラス女性との相性も好く すばらしいギグでした。
私が、リスペクトする 今は亡き 日本最高の ロックンローラー 忌野清志郎の 名曲「スローバラード」の熱唱は、
New Mad Crowz ライブ_a0212807_09462566.jpg
New Mad Crowz ライブ_a0212807_09464750.jpg
キヨシロー節(のソウル)を 感じました。

# by blues_rock | 2024-04-14 04:44 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(2)
福岡市総合図書館 映像ホール(ラ・シネラ 242席 車椅子席 4)の 4月上映企画は、日本映画史歴代の トップ女優お二人 京マチ子さんと 高峰秀子さんの 生誕 100年(共に1924年生)メモリアル特集です。
福岡市総合図書館映像ホール 高峰秀子 & 京マチ子 特集  <第1242話>_a0212807_20404086.jpg
福岡市総合図書館映像ホール 高峰秀子 & 京マチ子 特集  <第1242話>_a0212807_20405465.jpg
福岡市総合図書館映像ホール 高峰秀子 & 京マチ子 特集  <第1242話>_a0212807_20405148.jpg
私が、思う 日本映画の最高傑作は、図らずも 京マチ子さん主演の「雨月物語」と 高峰秀子さん主演の「浮雲」の2作です。
福岡市総合図書館映像ホール 高峰秀子 & 京マチ子 特集  <第1242話>_a0212807_20410375.jpg
福岡市総合図書館映像ホール 高峰秀子 & 京マチ子 特集  <第1242話>_a0212807_20410768.jpg
お二人の相手役を務めたのが、森雅之さんというのも 奇遇です。
お二人の出演作品は、時代が、違うこともあり 全部は、見ていませんが、機会あるたびに 見てきました。
福岡市総合図書館映像ホール 高峰秀子 & 京マチ子 特集  <第1242話>_a0212807_20411118.jpg
福岡市総合図書館映像ホール 高峰秀子 & 京マチ子 特集  <第1242話>_a0212807_20411792.jpg
お二人が、主演し名監督の作品は、概ね見ていて、それも 何度も見ています。
今回の 特集企画も いくつか見ようと思います。
福岡市総合図書館映像ホール 高峰秀子 & 京マチ子 特集  <第1242話>_a0212807_20412173.jpg

# by blues_rock | 2024-04-10 20:40 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
Tsukiの オイルパステル画個展 早良美術館 るうゑ のお知らせ _a0212807_10302141.jpg
Tsukiの オイルパステル画個展 早良美術館 るうゑ のお知らせ _a0212807_10302563.jpg
来月、2024年 5月8日(水)から 5月19日(日)まで、福岡市早良区の 早良美術館 るうゑ主催の「Tsukiの オイルパステル画」が、開催されます。
Tsukiの オイルパステル画個展 早良美術館 るうゑ のお知らせ _a0212807_09495116.jpg
Tsukiの オイルパステル画個展 早良美術館 るうゑ のお知らせ _a0212807_09584274.jpg
奄美大島在住の オイルパステル画家 Tsukiさんの近作 60~70点を展示予定です。
昨年 9月、福岡市美術館で開催した時の 7㍍のオイルパステル画「奄美曼荼羅」には、及びませんが、2.2㍍の
Tsukiの オイルパステル画個展 早良美術館 るうゑ のお知らせ _a0212807_09492074.jpg
「蜘蛛の糸(または 白龍)」(ご覧になる方が、絵の前で 自由にイメージしてください)も展示いたします。
作品展の詳細は、案内ハガキ(写真)をご参照いただけたら幸いです。
Tsukiの オイルパステル画個展 早良美術館 るうゑ のお知らせ _a0212807_09493444.jpg
この四つ切サイズのオイルパステル画(38㌢✕54㌢) 2点は、パリ国際サロンコンクール入選作品です。

# by blues_rock | 2024-04-07 09:33 | 美術/絵画/彫刻(オブジェ) | Comments(0)
ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_20420122.jpg
2024年 3月 31日、終戦直後の 1946年 4月、福岡市博多区中洲にオープンした老舗の映画館「中洲大洋映画劇場」が、78年間の歴史に幕を閉じました。
ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_18585612.jpg
ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_18592988.png
私もすいぶんお世話になった映画館です。
私の「中洲大洋映画劇場」最後の映画として 2001年の フランス映画「ジェヴォーダンの獣(けもの)」(4Kデジタルリマスター・ディレクターズカット版)を見ました。
23年前のフランス映画ですが、私は、この映画を見ておらず、シネフィルの友人から 秀作だから見るように との勧めもあり見ることにしました。
ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_19000342.jpg「ジェヴォーダンの獣(けもの)」は、18世紀半ば、ルイ15世統治下のフランスの ジェヴォーダン地方で起きた 謎の 連続猟奇惨殺事件の実話を フランスの映画監督 クリストフ・ガンズ(1960~)が、映画化、私は、クリストフ・ガンズ監督を知らず この作品も見ていませんでした。
ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_19001767.jpg「ジェヴォーダンの獣(けもの)」のストーリーは、18世紀半ば フランスの ジェヴォーダンで発生した連続猟奇惨殺事件の被害者が、女や子供たちばかり 100人余りで、犠牲者の頭部や 内臓を喰いちぎった その凄まじい 牙の痕から当初、餓えた凶暴な オオカミによる仕業によるものと見做されました。
ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_19003137.jpgしかし、放牧された牛や 家畜などには、被害が、なく、謎も多いことから領主は、博物学者 フロンサック(サミュエル・ル・ビアン 1965~)に 正体を解明するよう要請、やがてこの事件が、ジェヴォーダンの カルト教団の陰謀とそれを探るローマ教皇の秘密結社の策謀に利用されていくという プロットに興味を持ちました。
ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_19010583.jpgオカルチックな ホラームービーを想像していた私は、冒頭の派手な アクションシーンに ジェヴォーダンを訪れた博物学者フロンサックと 彼の従者のアメリカインティアン、モホーク族の男マニ(マーク・ダカスコス 1964~) 2人の主役が、顔を覆った放浪の騎士然とした姿で登場、老人と 若い娘を襲う盗賊たちを一瞬のうちに片づけるシーンにハートを掴まれました。
ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_19012850.jpg二人は、「獣」の正体を突き止めるために ジェヴォーダンの貴族たち、宗教人たち、領民たちと会うことになり、連続猟奇惨殺事件の闇に足を踏み入れることになりました。
2人は、そこで冷酷な貴族 ジャン=フランソワ(ヴァンサン・カッセル1966~)と 彼の妹 マリアンヌ(エミリー・ドゥケンヌ 1981~)と出遭います。
ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_19013654.jpg時代は、18世紀半ば、59年間フランスの専制君主であった ルイ15世(1710~1774)絶対王政下の一地方 ジェヴォーダンが、舞台です。
ガンズ監督は、退廃したフランス王国の崩壊の予兆が、すでにジェヴォーダン地方にも及んでいることを示唆しながら描いています。
ルイ15世治世下のフランスは、ヨーロッパ覇権争い戦争で敗戦が、続き 新大陸アメリカや アフリカなどの植民地ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_19015389.jpg領土をイギリスやスペインに奪われ、さらに王政支配層の歯止めの利かない散財と浪費、性風俗の乱脈、キリスト教は、離婚の禁止し 王妃以外の側室を認めないので 女好きで、すでに数多の愛妾が、いた ルイ15世は、公妾制度と公娼館(ルイ15世は、自分の公娼館を所有)を設けました。
ジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_19020069.jpgフランス国家財政は、国王たちの底なしの乱費、反王政貴族ならびに中産階級ブルジョワ層市民の反乱という内憂、さらに近隣諸国との戦争という外患で崩壊しようとしていました。
1789年の ‘フランス革命’は、反体制貴族とブルジュワ、これにパリ市民たちによる 絶対王政に対する 怒り心頭の反乱であったことが、「ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人」、「ナポレオジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_19020787.jpgン」など最近の近世フランス時代劇映画を見るとそのことが、良く分かります。
私の大学受験科目の一つは、世界史でしたが、事件と年号だけを記憶するだけのつまらない退屈な、まったく無駄な学習でした。
日本史でも金継ぎの古陶磁を通してその時代のリアルを知り、私の趣味である映画鑑賞も きちんと時代考証されたプロットで企画・製作、演出されたジェヴォーダンの獣(けもの)  シネマの世界<第1241話>_a0212807_19021051.jpg作品には、生き生きとした歴史のリアルを感じます。
「ジェヴォーダンの獣(けもの)」には、モニカ・ベルッチ(1964~)、ジェレミー・レニエ(1981~ )などが、その鬱屈した時代にあって重要な役どころで出演しています。

# by blues_rock | 2024-04-02 00:02 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)

ドブロ・ブルース・ライブ_a0212807_07333464.jpgドブロとは、ギブソンの リゾネーター・ギターのこと、私が、最初に見たのは、マーク・ノップラー率いる ダイアー・ストレイツの アルバム・ジャケット写真でした。 (こちらも ご参照ください。)

私が、ボトルネックを使った ドブロ・ブルースを好きなことを知る旧友から ドブロのライブが、親不孝通りのハコでやるので行かないかとの誘いを受けました。

ギグをやる B.B.KIRINさんは、ご自分のドブロ・ギターを 新日鉄の鉄で作ってもらい、ボトルネックは、ワインの瓶で 自作したとのこと、ギグでのブルースハープとの息も ピッタリ、最前列で聴いた 楽しいブルースナイトでした。

ドブロ・ブルース・ライブ_a0212807_07360787.jpg
ドブロ・ブルース・ライブ_a0212807_07361063.jpg
ドブロ・ブルース・ライブ_a0212807_07362032.jpg
ドブロ・ブルース・ライブ_a0212807_07362422.jpg
ドブロ・ブルース・ライブ_a0212807_07362879.jpg


# by blues_rock | 2024-03-31 07:30 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)

by blues_rock