ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

わずか66年前の1945年(昭和20年)の今日8月6日、アメリカ軍は日本国民に対し人類大量殺戮兵器である核爆弾(ウラン原子爆弾)を広島市中心地に投下しました。
広島市は一瞬にして廃墟になり、広島市民は人類史上初の悲惨な核被爆市民となりました。
広島市街の被害と惨事・放射能汚染が甚大なものであることをアメリカ軍は先刻承知していたにも関らず、その3日後にさらに破壊力のあるプルトニウム核爆弾を長崎市に投下しました。
人類が人類に対して、絶対に使用してはならない悪魔の兵器、核攻撃を日本国民は2度までも受けました。
a0212807_13444100.jpg
アメリカ軍の核爆弾使用の目的は二つ‥一つは、新兵器原子核爆弾(2種類)の破壊威力実験でした。
アメリカ政府は、早期戦争終結のためであると釈明していますが、当時の日本の主要な都市は、すでに焼夷弾空襲で焼け野原にされいました。
当時の日本はすでに国家として死に体でしたから、無条件降伏はもはや時間の問題でした。
もう一つは、国際共産主義をテーゼとして覇権を拡大していたソ連と中国への警告として、共産主義勢力の目の前(極東アジア)で、核爆弾の破壊力とアメリカの軍事力を誇示し威圧したのです。a0212807_2047627.jpg
66年前1945年8月15日、日本は無条件降伏し敗戦、民族虐殺(ジェノサイド)のような地獄絵図を目の前に見ながらの悲劇的な敗戦でした。
アメリカ軍は沖縄を焼き、首都東京を焼夷弾で絨毯爆撃し、8月6日非戦闘市民の住む広島市にウラン核爆弾、次に8月9日長崎市にプルトニウム核爆弾を投下し市街地を焼け野原にしました。
確かに当時の日本国民は、戦争の被害者でしたが、アジアの人たちに対しては侵略戦争の卑怯非道な加害者でもありました。
当時の日本国民は、軍部の支配する軍事独裁政権下の全体主義国家だったとはいえ、今では考えられない偏狂な思想と卑劣な行為の強制をしていました。
そして全面無条件降伏を受け入れ、日本国民が悲惨な代償を払って獲得した現在の私たちの自由と繁栄そして平和です。
a0212807_20383076.jpg
日本国憲法は、日本国民の血と涙でできています。
敗戦という代償を払って私たち日本人が獲得した自由・人権・平等・平和の象徴が、日本国憲法です。
日本人の負うべき敗戦の責任は、日本に住み生活する全国民が(当然日本国籍を取得した外国人も)未来永劫負い続けるべきもので、悲惨な敗戦を対価に獲得した日本国憲法の平和理念を世界のスタンダードにすることです。(8月9日長崎へ続きます)
# by blues_rock | 2011-08-06 20:38 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)
ビートルズ(1960~1970)‥音楽史上あまりに有名なロックバンドで社会的にも影響を与えた偉大なカリスマグループです。
ビートルズ楽曲のほとんどが、作詞作曲「レノン=マッカートニー」とクレジットされています。
ビートルズのオリジナルアルバムは、12枚です。
a0212807_22245498.jpg1.Please please me(1963)
2.With the Beatles(1963)
3.A hard day’s night(1964)
4.Beatles for sale(1964)
5.Help(1965)
6.Rubber soul(1965)
7.Revolver (1966)
8.Sgt.Peppes’s lonely hearts club band(1967)
9.The Beatles(1968)
10.Yellow submarine(1969)
11.Abbey road(1969)
12.Let it be(1970)
ジョンとポールが、一緒に作詞作曲しながらアルバム制作したのは、Helpまででしょう。
ジョンがリードし、ポールがハモル(ジョージも)のが、ビートルズの音楽でした。
「レノン=マッカートニー」のクレジットは、その後も二人がBeatlesでいる間は続きます。
a0212807_22253169.jpgジョンとポールそれぞれ単独で作った楽曲を、ビートルズは歌います。
曲を聴けば、すぐにどちらが作った曲か分かります。
自分の曲は、自分でリードヴォーカルを担当しているのも特徴で、二人の個性が曲に表われています。
レノン=マッカートニーが、他のバンド‥たとえば、ローリングストーンズやピーター&ゴードンなどに提供した曲もヒットしています。
歴史に‥もし、とか‥たら、はありませんが、スチュアート・サトクリフ(ベース)とピート・ベスト(ドラム)を入れた幻のオリジナルビートルズも聴いてみたかったと思うのは、欲張りですね。
1970年、ビートルズ(レノン=マッカートニー)は解散しました。
a0212807_045459.jpg
                <1969年、アビーロードを4人で歩く解散前のビートルズ>
映画「Let it be」(1970)を見ると、もうジョンにビートルズへの愛着は感じられません。
ビートルズを愛するポールは、必死で他のメンバー3人に「Get back」と呼びかけますが、ジョンはアビーロードの録音スタジオに7才年上の日本人愚妻を引き連れ上の空で参加しており、ジョージとリンゴの2人も録音に集中しておらず熱心ではないのが分かります。
10代からずっとジョンと一緒にバンド活動し、ビートルズを誰より愛したポールも、ついにビートルズの解散を決意しました。
# by blues_rock | 2011-08-05 22:28 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)
彼らは、人生をわずか27年で終えましたが、そのオリジナリティと天賦の才能(センス)で、後世のブルース&ロックミュージシャンに多くの影響を与えました。
a0212807_1245147.jpg● ロバート・ジョンソン(1911~1938)
アメリカ南部(ミシシッピィ川流域)で、黒人が奴隷としての抑圧・差別されていた時代に、魂を解放し自由への希望を託した音楽がブルースでした。
そのブルースが、生まれたその時代に、ロバート・ジョンソンの音楽人生はありました。
クロスロードで悪魔に魂を売り、超人的なギターテクニックを手に入れ、2枚の写真と29曲を残し27才でこの世を去ります。
女性関係で毒殺された、いや刺し殺された、との噂もありますが、彼には悪魔と取引したクロスロード伝説が、一番相応しいと思います。
当時の録音機器は粗末で、録音技術も当然未熟なものでしたが、残された貴重な音源からロバート・ジョンソンの超人的なギター(メロディとリズムを同時に独りで演奏)と歌を聴くことができます。
彼のギターテクニックは、その後多くのブルースやロックのギタリストたちに大きな影響を与えました。
● ジャニス・ジョプリン(1943~1970)
a0212807_1253691.jpgジャニス・ジョプリンとジミ・ヘンドリックスは、1943年の同じ年に生まれモントレー・ポップ・フェスティバル(1967)で突然デビューし、20万人の大聴衆を唸らせ一夜にしてスーパースターになった夭折のロックシンガーとロックギタリストです。
ウッドストック(1969)が、ロック音楽史上あまりに有名で伝説になっている野外ロックフェスティバルなので、その2年前、カリフォルニア州のモントレーで開催されたポップ・フェスティバルについては、あまり知られていません。
モントレーが世界で最初の野外ロックフェスティバルと言って良いでしょう。
記録映画もウッドストックに比べモントレーの映像は映画の域にはなく、素人の録画映像と言った印象です。
当時のアメリカは、ベトナム戦争の泥沼に入り、反戦運動と厭世ムードでサンフランシスコを中心にヒッピー・サイケディリックムーブメントが盛り上がりを見せていました。
第二次世界大戦後、ブルースとロックンロールが、イギリスで若い世代に大流行しロックと呼ばれ、その熱気がアメリカに還流し60年代の激動と化学反応して急速に社会的メッセージ性をもち始めました。
その時代の熱気やロックへの情熱が、この2つのライブ記録(映像・LP・CD)から感じることができます。
a0212807_1282579.jpg

アメリカ南部(テキサス)でゴスペル・ブルースを聴いて育ち、自らも歌っていました。
無名だった少女がモントレーに出てブルースロックを歌い、一夜にしてロックのスーパースターになりましたが、彼女自身はそれに馴染めず、覚醒剤やヘロイン中毒・アルコール依存症となりアルバム制作中にヘロイン事故により27才の若さで死亡しました。
ジャニスは、わずか3年余りのロック活動でしたが、現在でも最高の女性ロックシンガーと思います。
彼女の唄う「サマータイム」は、壮絶な人生の魂の歌声のようで強烈に心を打ちます。
● ジミ・ヘンドリックス(1943~1970)
a0212807_1263853.jpgロックファンからジミヘン(愛称)と呼ばれ愛されている不出世の天才ロックギタリストです。
彼もモントレー・ポップ・フェスティバルでの破天荒なライブパフォーマンスとギター演奏で一躍有名となりました。
彼のロック活動期間は4年‥音楽だけを愛する彼がロックビジネスに押し潰され、ヘロイン中毒となり27才の若さで死亡しました。
彼が後世のロックミュージシャンたちに高純度で濃厚なロック音楽を残してくれた功績は永遠に語り継がれることでしょう。
ウッドストックでアメリカ国歌をギターで演奏したパフォーマンスは、鳥肌が立つような感性です。
ギターで反戦(爆撃音と悲鳴)を表現した音楽は、芸術の域にあると思います。
ジミヘンは音符も音楽理論もなく、ギターを自由自在に弾くことで自分のオリジナル音を創り、自分の感性でロックを表現した最初の人です。
ロック史に残る有名なロックミュージシャン(とくにギタリストたち)は、ジミ・ヘンドリックスとの交友関係で、彼の才能を驚愕し絶賛しています。
歌うのをイヤがっていた彼がボブ・ディランを聴いて安心し、歌うようになったというエピソードはおもしろいと思います。
● ジム・モリソン(1943~1971)
a0212807_1271859.jpg
ザ・ドアーズの作詞を担当、詩の朗読のようなライブパフォーマンスを自らの表現手段とした詩人です。
LSD・アルコール依存症でコンサートの時も意識朦朧でライブ、27才の時パリのホテルに滞在中ヘロイン中毒で死亡しました。
大ヒット曲「Light My Fire」の歌詞に性的な言葉があるため、エド・サリバン・ショー出演時、テレビ局から一部歌詞を変えて歌うよう指示されましたが、これを無視して歌い大問題となり、これ以降テレビ番組出演がなくなりました。
体にぴったりの革パンツでのライブパフォーマンスもあって、彼はセックスシンボルと呼ばれるようになります。
ライブ最中に卑猥(ひわい)な行為をしたとして(警察のでっち上げ)ライブ途中に舞台から警官に引き吊り下ろされたり‥破滅型の詩人でロックミュージシャンでした。
フランシス・コッポラ監督の映画「地獄の黙示録」の冒頭シーンのサウンドトラックに流れる「The end」が、非常に印象的です。
‥まっ暗闇の中から‥The end.This is The end と歌うジム・モリソンの刹那的な声は、当時のベトナム戦争の不条理や退廃を暗示する音楽の効果としてこれ以上のものはないとコッポラ監督(ジム・モリソンとはUCLA映画科時代のクラスメート)は迷わず決めたに違いありません。
● カート・コバーン(1967~1994)
a0212807_1273625.jpg
ニルヴァーナ(涅槃)のリーダーで、グランジロックのカリスマ‥グランジとは、汚れたとか薄汚いの意味です。
ニルヴァーナはパンクの常識‥単調なタテのり、ラフでヘタな演奏ではなく、メロディがきれいで心地良く聴くことができます。
子供の頃カート・コバーンはビートルズの大ファンだったとか、ビートルズを聴いて育った彼には、ビートルズのメロディセンスが遺伝しているのかもしれません。
80年代は、へビィメタル全盛のロックシーンでしたが、それに終止符を打ったのがグランジロックで、その象徴ともいうべきアルバムが、ニルヴァーナの「ネヴァーマインド」です。
ニルヴァーナの最も有名な楽曲も「ネヴァーマインド」ですが、カート・コバーンはこの楽曲を嫌い、コンサートでの演奏をとても嫌がったそうです。
彼は新しい世代のロックヒーローとして大成功し名声を得ましたが、そんな自分に我慢ならず「衰え消えて行くより、今燃え尽きる方がいい」と遺書を残し1994年自宅で頭をショットガンで撃ち自殺しました。
彼もまた享年27才の若さでクロスロードを渡って逝きました。
彼の母は、「あの子は愚か者のクラブに仲間入りしてしまった」と27才で死んだ息子を嘆いたそうです。
カート・コバーンの遺書も自分の心にあまりにも正直で純粋、息苦しいくらいに真摯です。

付録:アメリカのローリングストーン誌が選んだ歴史上偉大な100人のギタリスト
5位にロバート・ジョンソン、12位にカート・コバーン、当然第1位はジミ・ヘンドリックスです。
70位のエディ・ヴァン・ヘイレン、85位のランデイ・ローズは、評価が低すぎると思います。
100人の中に、ウルリッヒ・ロート、ゲイリー・ムーアの名前がないのは、私としては気に入りません。
ウルリッヒ・ロート(スコーピオンズ)の弾くギターはメロディに哀愁がありギターを咽び泣かせハード・ロックの様式美を創りました。
彼の正確無比なピッキング技術にも驚きます。
● ゲイリー・ムーア(1952~2011)
a0212807_129298.jpgギター演奏の巧すぎるギタリスト、ゲイリー・ムーアをロック&ブルースギターの人間国宝と呼ぶ人もいるくらいです。
ハードロックから始まりフュージョンを経て1990年「Still Got The Blues」でゲイリー・ムーアのブルースが確立されます。
彼の弾くギターは、嗚咽しながら哀歌(ブルース)を奏でます。
今年の2月、心臓発作で亡くなりました。
享年59才、もう少し彼のブルースを聴きたかった‥Still Got The Blues、ご冥福を心から祈ります。
# by blues_rock | 2011-08-04 01:29 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
a0212807_19101072.jpg40年数年前に活躍したロックバンド「ザ・ドアーズ」のドキュメンタリーフィルム(実写映像)と彼らが自主撮影したフィルムだけを使用して、映画のようなカット構成により制作されたドキュメンタリー映画です。
ナレーションは、ジョニー・ディプが担当しています。
ジョニー・ディプは、俳優になる前パンクロックバンド「ザ・キッズ」のギタリストでしたので、彼のナレーションを聞いていると(当然日本語字幕を見て理解していますが)彼自身のドアーズへの熱い思いが伝わってきます。
1991年のオリバー・ストーン監督映画「ドアーズ(The Doors)」もお薦めします。
ジム・モリソン(ヴォーカリスト・詩人)役をヴァル・キルマーが名演しています。
映画はジム・モリソンのスキャンダラスな部分を少し誇張した演出ですが、ヴァル・キルマーの顔・容姿がジム・モリソンそっくりなのには驚きました。
メグ・ライアン演じる恋人パメラ役も初々しくチャーミングでした。
1960年代アメリカ社会の混沌の中から登場したロックバンド「ザ・ドアーズ」は、アメリカの反体制(反権力)のシンボル担っていきます。
バンドの作詞担当でヴォーカルのジム・モリソン(1943~1971享年27才)は、当初はにかむように自分の詩を歌っていましたが、バンドの人気に火がつくとさらに反体制(反権力)のパフォーマンスを演じるようになりバンドの象徴になりました。
UCLA映画科の学生であったジム・モリソンは、友だちのレイ・マンザレク(ピアノ・オルガン)とバンドを結成します。
a0212807_19105523.png
やがてジョン・デンスモア(ドラム)とロビー・クリーガー(ギター)の二人が加わり、ドアーズの音楽活動は始まりました。
作詞を担当したジムは、子供のころから哲学(ニーチェ)や詩(ランボー)に熱中していたこともあり、バンドの名前「ザ・ドアーズ」もイギリスの詩人ウイリアム・ブレイクの詩に由来しています。
デビュー前のジムは、歌に自信がなく自作の詩の朗読をしているようでした。
ドアーズがロックバンドとして秀でていたのは、稀有な詩人としての才能をもつジム・モリソンの詞とバンドの音楽性(ロックのオリジナリティ)にありました。a0212807_19143147.jpg
その特徴的な個性としてドアーズには、ベース・ギタリストがいませんでした。
ドアーズのリーダーレイ・マンザレクは、左手でローズ・ピアノ(初期の電子ピアノ)の低音域(ベース)を弾き、同時に彼の右手がオルガンで主旋律を弾いていました。
ジャズドラムのキャリアをもつジョン・デンスモアのシュアーなドラムとフラメンコ・ギタリストであったロビー・クリーガーのピックを使わない5フィンガーでのメロディアスな奏法が融合して、ロック音楽史上唯一無二のドアーズ・ロックが誕生しました。
人気絶頂となったドアーズは、反体制(反逆と抵抗のシンボルとして)ロックのカリスマと崇(あが)められ、ジム・モリソンの言動(パフォーマンス)が、マスコミの大きな話題となり、それを追うようにスキャンダラスなニュース(でっち上げられたニュースも多かった)に疲れ果て、そのストレスからLSD・アルコール・ヘロインを乱用するようになりました。
1971年ジムは自分を取巻く環境を変えて薬物・アルコール依存症から脱するために、ずっと自分を献身的に支えてくれた恋人パメラとアメリカを離れ詩作に専念するためパリに向かいました。
そして滞在したパリのホテルで心臓麻痺のため死亡‥27年の生涯でした。
パメラもヘロイン中毒に苦しみ、ジムの後を追うように自殺しました。
a0212807_19164184.jpg

ドアーズのオリジナル・アルバム(LP6枚)「ハートに火をつけて」(1967)・「まぼろしの世界」(1967)・「太陽を待ちながら」(1968)・「ソフト・パレード」(1969)・「モリソン・ホテル」(1970)・「LAウーマン」(1971)は、いまでもLPレコードに針を落としてジャケットを眺めながら聴きたいロックがロックであった時代の音楽です。
# by blues_rock | 2011-08-03 19:16 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
アル・パチーノ(1940~現在71才)は、言わずと知れたアメリカを代表する映画俳優・舞台役者で、私が最も敬愛する俳優(役者)です。
a0212807_13303794.jpg
1972年の映画「ゴッドファーザー」でアル・パチーノは、マーロン・ブラント演じるドン・コルレオーネの三男マイケル役(後のコッドファーザー)を演じ、舞台で鍛えた演技力で高く評価されました。a0212807_1331339.jpg
この三男マイケルの役を当時まだ無名の俳優アル・パチーノにこだわったのが、コッポラ監督自身でした。
「ゴッドファーザー・パート2」(1974)のゴッドファーザー役には、ロバート・デ・ニーロ、パート3(1990)のゴッドファーザー役は、アル・パチーノ」と、すでに連作の制作イメージがあったのかもしれません。
映画俳優としては比較的小柄(167cm)ながら、彼の演じる役の存在感はいつも大きく、そのパワフルで強烈な演技と併せ、時に眼の表情に悲壮感や哀愁を漂わせる名演技は、アル・パチーノのアクの強い個性になっています。
アル・パチーノは、数少ない眼の表情と声帯の情感で表現できる演技者の一人です。

彼は時々ホテルのロビーやカフェの隅で、独り長時間じっと往来する人間の観察をしているともあるそうです。
a0212807_13313722.jpgアル・パチーノの出演する映画でよく共演している旧友ジョン・カザール(1935~1978享年42才)の脇役としての存在も忘れられないものがあり、アル・パチーノとの役柄といつも見事な調和を見せていました。

アル・パチーノ主演映画の中で、とくに私の好きな10本を紹介します。
○セルピコ(1973)
○狼たちの午後(1975)
○シー・オブ・ラブ(1989 参考:「トム・ウェイツ‥ シー・オブ・ラブ」)
a0212807_13315221.jpg○恋のためらい/フランキーとジョニー
  (1991)
○セント・オブ・ウーマン(1992)
○天国の約束(1995)
○ヒート(1995)
○インサイダー(1999)
○インソムニア(2002)
○ヴェニスの商人(2004)
# by blues_rock | 2011-08-02 20:31 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_2225144.jpgトム・ウェイツ(1949~)が歌う映画「シー・オブ・ラブ」の主題歌です。
好きな俳優アル・パチーノの主演映画なので見たのですが、トム・ウェイツのカバーする主題歌に惹かれ、どうしても欲しくて東京都内のCDショップを探し回り、やっとサントラ盤を手に入れました。
オリジナル曲は、ドゥアップをハーモニーで聴かせるコーラスグループの「フィル・フィリップ&トワイライターズ」が歌っていて、この曲のドーナツ盤が、映画の中で重要な小道具として使われています。
映画のストーりーは、ニューヨークで起きた連続殺人事件にからみ、その殺人事件の捜査を担当する孤独な刑事(アル・パチーノ、当時49才)と容疑者の女(エレン・バーキン、当時35才)の愛を描くストーリー‥アル・パチーノの渋い演技が、孤独な中年男の哀感を良く具現しています。a0212807_2304492.jpg
エレン・バーキンは、美人とは言えませんが、引き締まったセクシーな肢体は、官能的でゾクゾクします。
アル・パチーノとエレン・バーキンを見て、エンド・クレジットに流れるトム・ウェイツの歌を聴くだけで楽しめる映画です。
トム・ウェイツは、ブルース・ジャズ・ロックの歌手で俳優でもありますが、まず何より詩人であると思います。
酔っ払って歌っているのか自作の詩の朗読なのか‥場末の酒場で酔っ払いが、ピアノを弾きながら独り言を呟いているような「スモール・チェンジ」やキース・リチャーズがギターサポートし彼がダミ声でロックを歌う「レイン・a0212807_22293626.jpgドックス」も酔いどれ詩人の面目躍如です。
トム・ウェイツも当時キース・リチャーズが主導していたローリング・ストーンズをバックアップし、ヒット曲「ハーレム・シャッフル」(アルバム「ダーティ・ワーク」の3曲目)の録音にコーラスで参加しています。
リッキー・リー・ジョーンズ(1954~)は、ロスアンゼルスのクラブでトム・ウェイツと出会い同棲、ローウェル・ジョージ(こちら)が、彼女の才能を高く評価し彼女の曲「イージーマネー」をカバーしています。
リッキーが歌うこの曲は、恋人トムの歌い方に似ているので微笑ましく思います。
彼女もまた酒好きで、気だるく歌うファースト・アルバム「浪漫~リッキー・リー・ジョーンズ」も不思議な味わいのある名盤です。
# by blues_rock | 2011-08-01 22:29 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
ブルース・スプリングスティーン(1949~62才)は、還暦を過ぎた今も骨太なロックを歌い続ける社会派ロックンローラーです。
1984年発表の7枚目アルバム「ボーン・イン・ザ・USA」の大ヒットで全米でも全英でもアルバム・チャート1位を獲得、世界的に有名になりました。
a0212807_145871.jpg
彼は社会派ロックシンガーであるがゆえに内面の葛藤も多いのではないかと思います。
エルビス・プレスリーに憧れ、ロックンロールを志しミュージシャンになったもののデビュー当時のシンカーソングライターのセンスとアコースティック・スタイルその歌い方からボブ・ディランの後継者扱いされ苦悩したようです。
骨太のアルバム作品を次々にリリース、「ボーン・イン・ザ・USA」で押しも押されぬロックのトップミュージシャンとなりました。
a0212807_1454112.jpgヴェトナム戦争帰還兵の苦悩と心の傷を皮肉たっぷりに歌った「ボーン・イン・ザ・USA」を愛国心溢れる歌と思った当時のアメリカ大統領が、選挙キャンペーン用のテーマソングにしようとしたエピソードがあるくらい‥ブルース・スプリングスティーンの歌う♪ボーン・イン・ザ・USAというフレーズリフレインの野太い印象とEストリートバンドの豪快な演奏から愛国の歌と勘違いしたのでしょう。
(英語なのに歌を聴いて分からないのでしょうかね。)
貧困層の現状をアピールする曲が多く、ロックながらファンの年齢層も老若男女と広くそして長く支持されています。
「ボーン・イン・ザ・USA」をブルースヴァージョンでスライドギターを弾きながら歌うこともあり、メッセージが聴く人の心にストレートに伝わってきます。
ΘYou Tube  Bruce Springsteen ‥ Born In The USA( Live)
http://www.youtube.com/watch?v=uHc9PE-Fftc&feature=related
このサイトをコピーしウェブに貼付してお楽しみください。
# by blues_rock | 2011-07-31 02:30 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
1986年、私は神奈川県大和市に住んでいました。
いつものように仕事で車を運転しながらFEN(米軍極東ラジオ放送)のロック番組を聴いていたら突然‥♪ショックユアハー(英語で途中聴き取れず)~ユギブラブアバッネームと続く心にしみるヴォーカルとキレのいいギターリフのハードロックが聴こえてきました。
聴いたことのない声で、ダレだろう歌っているのは‥と仕事のことより、このノリのいい曲のタイトルとバンド名が気にかかり、忘れないように耳から入るサビ部分のフレーズ「ユギブラブアバッネーム」のメロディを頭の中で繰り返しながら、行く先を急きょ変更し、いつも行くレコード店(新星堂中央林間店だったと思う)へ直行しました。
顔馴染みの店長にバンド名が分からないからと前置きして「ユギブラブアバッネーム」とサビのフレーズを歌い、この曲が入ったLPレコードが欲しいと伝えました。
a0212807_1361225.jpg
店長は、ボン・ジョヴィというアメリカのハードロックバンドの「You give love a bad name」という曲で、当時(1986年)発売されたばかりのボン・ジョヴィ3枚目のLPアルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ(原題:Slippery When Wet)」であると教えてくれました。
ボン・ジョヴィは、1984年デビューのアメリカ(ニュージャージー州出身)のハードロックバンドです。
同じニュージャージー州出身で、ロックミュージシャンとして先輩のブルース・スプリングスティーンが庶民の心情を歌う骨太なロックなら、後輩のボン・ジョヴィは田舎町の若者のナイーブな心情を歌い、ヴォーカルを担当するジョン・ボン・ジョヴィの甘い声とノリの良いメロディでハードロックバンドながらポップな魅力も併せ持っています。
a0212807_1364644.jpg
1980年代イギリスではヘヴィメタルロックバンドが、アメリカではハードロックバンドが、次々にデビューし百花繚乱の様相でした。
どのバンドもリードギターの速弾きとリズムギターのリフを効かせた重低音に悲鳴のようなヴォーカル構成のバンドが多く、聴く方の耳にはどれも似たり寄ったりで聴く耳には食傷気味でした。
そんな状況の中で登場したボン・ジョヴィの才能と魅力は、曲詞奏バランスのとれたポップなロック感性にあったと思います。
このアルバムから数曲のヒット曲が生まれ、ボン・ジョヴィは次第に世界的なハードロックバンドになっていきました。
# by blues_rock | 2011-07-30 01:36 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
4か月前、3月11日午後に発生した東日本大地震による大津波をTVニュースの映像で見て驚愕しました。
大津波が、東北各地の港・市街地を一気に破壊していく様は、現実のものとは思えないまるで映画の大津波シーンのCG映像を見るような思いでした。
16年前、私も尼崎市で被災しましたが、阪神淡路大震災よりはるかに大きい被害を東日本地域の人たちは被災しました。
東日本大地震で被災された人たちの悲しみ苦しみを思い、不運不幸にも亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。
東日本大地震から3日後のレイトショウでマット・ディモン主演の新作映画「ヒアアフター(来世)」を見ました。
観客は、私一人だけでした。
暗く広い映画館の真ん中に座り、マット・ディモン演じる霊能力に苦悩する霊媒師の表情をじっと見ていました。
マット・ディモンの抑制のきいた自然な演技も名演でした。
a0212807_1313025.jpg
「ヒアアフター」とは日本語で「来世(あの世)」という意味‥この映画の冒頭にある大津波シーンのリアリティある映像画が、地震の被災に遭われ家族を亡くされた方々にショックを与え、辛く悲しい思いをさせるであろうと映画館側が、その後すぐ上映を自粛し中止いたしました。
映画の冒頭に、ヴァーチャル映像ながらもリアリティ溢れる大津波のシーンがあります。
突然大津波が、街を襲い人々をさらい、何もかも破壊していきます。
映画の映像ながら、これを見て津波への恐怖を共有し、現実に起きた悲劇を擬似体現することのほうが、私は不本意に亡くなられた多くの人たちへの弔いと併せご冥福を祈ることになるのではないかと思いました。
映画「ヒアアフター」の上映自粛は、愚かな行為であると思い、私個人は残念でなりませんでした。
a0212807_12594842.jpg
このシリアスなテーマで、監督C.イーストウッドと制作総指揮S.スピルバーグは、主演のM.ディモンに死者と話す霊媒師どう演じさせるのだろうと興味がありました。
霊媒師が依頼者の両手をとり死者と出あう前の効果音に、遠雷のような微かな重低音が聴こえます。
C.イーストウッド監督は、自分の映画では音楽も担当しますが、映画の音響センスもなかなかもの、上手いなと思いました。
映画「ヒアアフター」のストーリーは、南太平洋のリゾート地を大津波が、突然襲うシーンから始まります。
大津波は、多くの人たちを一瞬のうちにのみこみ、街を破壊します。
そしてストーリーは、M.ディモン演じる霊媒師が、自分の能力(死者と話す霊能力)に苦悩する姿をタテ糸に‥最愛の人(死者)を亡くした人たちの苦悩をヨコ糸に展開いたします。
a0212807_1324545.jpg
臨死体験者の見た「ヒアアフター」は、死者のいる「ヒアアフター」だったのか‥「ヒアアフター」の存在を信じるのか‥魂があるとすればどこにあるのか、などいろいろ考えさせられるシリアスな映画でした。
真摯な良い映画ですので、大切な人とDVDでご覧ください。
# by blues_rock | 2011-07-29 19:03 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
洋楽ゴット・ミュージシャンTOP200というサイト(こちら)があります。
3年前、インターネット上で偶然に見つけました。
サイトの管理者は、熱烈なロックンロールファンと推察します。
ロックンロール好きの私もタジタジ‥このサイトタイトル背景に写る3人のロックミュージシャンを見て、サイト管理者のロックに対する相当なこだわりを感じます。
   ★                 ★                  ★      
3J‥ジミ・ヘンドリックス(写真上)、ジャニス・ジョプリン(写真中)、ジム・モリソン(写真下)、3人とも同じ時代に生き、3人とも麻薬を原因とする不慮の事故により27才で死亡しました。
a0212807_6163365.jpg
a0212807_137401.jpg
a0212807_1375027.jpg
3人が残した音楽を聴いて、三者三様の強烈な個性(オリジナリティ)を感じます。
3人とも若くして亡くなりましたが、才能ある稀有なロックミュージシャンでした。
拙ブログでもブルース・リズム&ブルース・ロックの話題を少しずつ‥私の好き勝手に、気ままに書いていきたいと思います。
興味ある方は、お付き合いくださると幸いです。
# by blues_rock | 2011-07-28 01:38 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)