ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

女一人と男二人が‥あるいは女二人と男一人が‥目の色を変えて奪い合う関係、取っ組み合いのケンカや陰険な修羅場があり、時には刃傷沙汰になる関係を「三角関係」と呼びます。
米×日=沖縄(普天間)の基地問題、中×日=尖閣列島問題、米×中=覇権(世界の二極化)問題と軍事絡みのキナクサイ臭いが相変わらず続いています。
a0212807_23454625.jpg
この場合の「三角関係」は、簡単に“敵の敵は味方”とはならずに、非常にねじれた関係になります。
日米は対中軍事同盟(日米安全保障条約)があり、日中は自国通貨(元高と円高)防衛でドル安・ユーロ安に対しお互いの功利的な利害が一致しています。
そして米中は、経済(貿易)でお互いに持ちつ持たれつの関係‥資本主義国家vs共産主義国家という国体は、20余年前なら戦争状態で犬猿の仲でしたが、今ではお互い離れられない深い関係になりました。
a0212807_23382330.jpg
アメリカは中国製品をドカドカ輸入し、中国は輸出した品代のドルをわんさか蓄え、今では世界一のお金持ち(ドル保有国)となりました。
ジャンジャン印刷され、景気対策や金融緩和の名目で、世界中にバラまかれたドル紙幣(ドルは唯一の基軸通貨)は、ドル安となり次第に価値が下落しています。
ジリッジリッと進む為替市場の元高/ドル安に、中国は保有ドルを売るに売れず(‥もし中国がドルやアメリカ国債を売りドルが暴落すれば中国は大損なので)動きがとれません。
a0212807_2339011.jpg
外需依存(海外輸出)型の日本経済も、円高/ドル安に悲鳴を上げています。
だが日本はアメリカの従属国なので、円を売ってドルを買うことはあっても、決してアメリカの許可なく日本の利益のためにドルを売ることはありません。
それでは、ダントツ世界一の国家債務(943兆円の借金)を抱える日本の通貨円を、どこの誰(国)がジャンジャン買っているのか‥日本円を買って何をしようというのか、不気味です。
いまジャンジャン円を買い貯めているのは、ドルを売っている外国人投資家(ヘッジファンド)であることは世界の常識です。
a0212807_012936.jpg
外国人と言ってもアラブのオイルマネーなのか、EU(ユダヤ系)ヘッジファンドなのか、新興国ソブリン系ファンドなのか‥実体は良く分りません。
私は、中国資本(チャイニーズ・ソブリンファンド)ではないかと推察しています。
中国政府としてアメリカのドルは、先安感が強く危なくて安心して買えないし、ユーロはEU加盟国PIGS(ポルトガル・イタリア・アイルランド・ギリシャ・スペイン)の国家財政赤字による債権破綻(デフォルト)リスクが高いので、日本円を買いまくる算段なのでしょう。
a0212807_23414498.jpg
買い込んだ巨額の円で、デフレにもがき苦しむ日本の資産を買いまくる魂胆です。
「よっしゃ!買うたる!」と狙い定めたのが‥
1.豊かな水源のある山林を買う‥目的はきれいな飲料水源と世界で高騰する木材の確保にあります。
a0212807_0132056.jpg
2.肥沃な農地、とくに休耕田・農業放棄地を買う‥目的は世界的に逼迫する食料生産地の確保と中国の街に流入する農民の移民政策です。
友愛の民主党が掲げたマニフェスト、わが国の少子化対策として1千万人の外国人労働者を受入れ、参政権を付与し定住化を推進する政策に協力しようというわけです。
a0212807_23423615.jpg
3.最先端技術をもつ会社を買う(M&Aする)‥中国本土に近い日本は魏志倭人伝の大昔からノドから手が出るほど欲しい領土でした。
中国は軍事力に頼らずとも、国内の政治・経済・社会問題で青息吐息の日本を合法的に占領する千載一隅のチャンスを得たわけです。
a0212807_016788.jpg
日本を「経済侵略」し、中国資本(中国系企業)所有の系列会社や農地(植民地:プランテーション)で日本人・中国移民を従業員として雇用、巨額財政赤字で苦悩する日本国に法人税・事業税・消費税など諸税を納税すれば‥資本主義国で法治国家の日本では、何んら問題はありません。(共産党一党独裁の中国ではこうはいきません。)
私の暮らす「福岡から上海の距離は、福岡から東京の距離」と同じくらいです。
a0212807_0494154.png
「博多から釜山までと博多から広島まで」も同じくらいの距離ですので、私たち福岡市民とっては、中国も韓国も案外と近い隣国です。
三角関係と思っていた「アメリカ×中国×日本」の悩ましい関係が、金融問題で抜き差しならぬ一蓮托生の「同じ穴のむじな」の関係になってしまいました。
# by blues_rock | 2011-08-13 19:54 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)
テレビのない生活が、こんなに快感とは‥もっと早くテレビを捨てるべきでした。
東京から九州に転居する時、テレビを捨てました。
九州に帰り、テレビのない暮らしを始めて3年‥実に快適です。
a0212807_10341784.jpg夜、自分の時間が長く、古陶の金継ぎをしたり、PCモニターで映画(レンタルDVD)を見たり、拙ブログを書いたり、読みたい本や雑誌をパラパラめくり好きな音楽をゆっくりと聴いたりしていると、今までの人生の時間が、ものすごいロスをしたような損をしたような気になります。
もっと早くテレビを捨てるべきであったと後悔、慙愧(ざんき)の念に絶えません。
かって、テレビを評してジャーナリストで評論家の大宅 壮一(1900~1970)が、国民1億総白痴化させるものと揶揄(やゆ)したことは、有名な話です。
ニュース報道番組もジャンケン後出しのようなつまらないものばかり‥テレビ各局どのニュースも同じようなレポートで、他人(ひと)の不幸を喜ぶような、悲しみで泣きくずれる被害者に「いまのお気持ちを聞かせてください!一言お願いします!」とマイクを突き出すテレビレポーターの無神経極まりない傲慢さ、芸も才能もないお粗末芸能タレントたちのバラエティ番組の愚劣さ、無知に嬌声をあげ下品を自慢する若い女性たちのワイセツさに慣れていくうち、自分に不幸をもたらす世の中の災いに気づかなくなっています。
とは言え、テレビはただの道具、テレビの責任ではありません。
道具を使う人間に、その責任のすべてがあります。
火は火事の原因、火は危険だからと私たちの生活から火を取り上げることはできません。
a0212807_10352521.jpg
ケガすると危ないからと包丁を台所に置かないのも愚かです。
放射能が恐いからと原子力(こちらを参考にご覧ください)を感情的に否定するのは、皮膚ガンが怖いと太陽光を否定するのと同列です。
幸せも不幸も原因は、すべて一人の人間の内に起因しています。
そんな当たり前のことに気付いたのもテレビのおかげ‥それもテレビのない暮らしの中からでした。
# by blues_rock | 2011-08-12 19:30 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
先日、デイサービス介護施設の絵の時間に「浮世絵の話」をしました。a0212807_1302627.jpg
浮世絵が、なぜ海外で有名なのか、鎖国していた日本文化の浮世絵が、なぜヨーロッパ芸術に大きな影響を与え、ジャポニスムブームのきっかけを作ったのか‥そのわけは「磁器」にありました。
江戸時代、日本の重要な輸出品の一つに磁器があり、浮世絵はその高価な磁器を包む紙として、たくさん利用され、茶箱に入れられ、長崎に近い伊万里港から磁器類と一緒にヨーロッパへ送り出されました。
それが、日本の浮世絵をヨーロッパ(海外)で有名にしたことなど浮世絵の裏話(春画‥枕絵のこと)も交え、代表的な浮世絵の画像を見ていただきながら4人の代表的な浮世絵師を紹介しました。
a0212807_1313761.jpg
寛政6年(1794)、第11代将軍徳川家斉(家老松平定信)治世の江戸に、浮世絵師東洲斎写楽は突然すい星のように出現しわずか10ヶ月140数点の浮世絵を残して忽然と姿を消しました。
a0212807_1322322.jpg当時の江戸には、元禄時代の華やかな面影はなく、庶民の暮らしの賑わいも失せて、幕府の厳しい倹約令や言論・風俗などへの統制弾圧で、暗い世の中になりつつありました。
写楽の活動期間が短かいのは、幕府から弾圧された歌舞伎の役者絵であったこと、役者の個性と特徴を大胆にデフォルメ(強調)した芸術性が当時の庶民には受け入れられずに、売れなかったからだ言われています。
躍動感溢れる役者絵は、時代を超えていまでも世界中の人々の目に強烈な印象を与えます。
ヨーロッパでも肖像画家として高い評価を得ていますが、一切が謎に包まれた浮世絵師でした。
葛飾北斎は、宝暦10年(1760)江戸に生まれですが、他の浮世絵師に比べると遅咲きです。
北斎の名を有名にしたのが、「富嶽三十六景」で、73才の頃の作品です。
北斎は、自分の回りにある万物をリアルに描くことに執念を燃やし(作品は北斎漫画として有名)、年老いてもa0212807_1323472.jpg
なお制作意欲は衰えず90年の生涯に数多くの作品を残しました。
1999年米ライフ誌が選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に、日本人で唯一人選ばれています。
喜多川歌麿は、北斎・広重・写楽とならび世界的に有名な浮世絵師です。
歌麿もその生涯は、実はよくわかっていません。
版元蔦谷重三郎に見出されて、寛政期に入り江戸で評判の町娘や人気遊女たちを艶っぽく描いて、浮世絵美人画の第一人者として有名になりました。
海外では、ウタマロは「春画(‥枕絵いまのポルノ)」の代名詞でもあります。
封建制度の江戸時代にあって、元禄の日本文化は大名も庶民も自由な心で精神を解放し芸術を謳歌していました。
歌麿以外の浮世絵師たちも競って多くの「春画(枕絵)」を描いています。
寛政の幕政による倹約令・思想表現の弾圧にあっても、歌麿は屈せず常に新しい表現で浮世絵を発表しました。
a0212807_13232558.jpg文化元年(1804)には風俗取締りの刑に処され、絵を描けないように手鎖50日の刑を受けその2年後に亡くなりました。
歌川(安藤)広重は、寛政9年(1797)江戸に生まれ15才の時に歌川豊広の門下となり初め美人画や役者絵を描きました。
やがて数々の風景画を制作して、人気浮世絵師として有名になりました。
「東海道五十三次」(全55図)が大ヒットし、以降数々の東海道の風景画を描きました。
花鳥画にも詩情溢れる傑作があり、独特の視点と豊かな感性で描き、ゴッホが感動し模写したことでも知られています。
まあ‥そんな浮世絵のよもや話をいたしました。
# by blues_rock | 2011-08-11 20:43 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)
a0212807_1111657.jpg夏といえば、ベンチャーズ‥セピア色の懐かしい青春の音エレキギターが発するテケテケテケ‥サウンド、インストゥルメンタル・バンドですが、日本の元始的ロックンロールバンドに絶大な影響を与えました。
1959年の結成で、1960年「ウォーク・ドント・ラン」でデビュー、1964年「パイプライン」がヒット、1965年ベンチャース・サウンドの代表作となる楽曲「ダイアモンド・ヘッド」・「10番街の殺人」・「キャラバン」・「クルーエル・シー」‥と数々のヒット曲を続けてリリースしました。
リード・ギターのノーキー・エドワーズが脱退する1968年までが、私にとってのベンチャーズでした。
「パイプライン」の演奏中に「キュ、キュ」という音が入り「あの音はなんだろう?」と不思議で仕方がありませんでしたが、後年友人からリード・ギターのノーキー・エドワーズが、指の爪で弦を引っ掻いて演奏している音と聞き驚きました。
a0212807_1115490.jpg
「ダイアモンド・ヘッド」での「テケテケテケ‥テケ」と弦をスライドさせピッキングするクロマティックラン奏法(私にはテケテケテケ奏法ですが)も、ノーキー・エドワーズの天才的で卓越したオリジナル・テクニックでした。
有名になった日本人ギタリストの多くが、ベンチャーズを聴いて胸をときめかせてギターを習い憶え、とくにノーキー・エドワーズのギターのコピーをすることで、きっと夢を膨らませていただろうと想像できます。
以前ギターの上手い友人に尊敬するギタリストはダレかと訊ねたことがありました。
すると彼は迷わず‥ノーキー・エドワーズ!自分にとっては神様だ、と答えました。
a0212807_1122469.jpg
1970年代になるとベンチャーズは、ファンの多い日本人向けにつまらない歌謡曲を数曲作曲しヒットさせ、以来日本公演を毎年続けていますが、1965年~1968年当時、エレキ・ギターで不思議な演奏をするノーキー・エドワーズのいるベンチャーズが、今でも私にとってのベンチャーズです。
# by blues_rock | 2011-08-10 01:13 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
8月6日広島の続きです
長崎は、広島よりさらに強力な破壊力をもつプルトニウム核爆弾を投下されました。
核兵器が、人類史日本人以外に使用されたことはありません、それも4日のうちに2度までも!
a0212807_10333654.jpgそんな地獄のような敗戦に至る戦争体験から、世界をリードする憲法理念である日本国憲法が生まれました。
世界の現実は、まだ理不尽で不条理なことがまかり通り悲惨で不幸です。
日本国憲法は、主権者たる国民の(=個人の)生存権を保障すると明記しています。
日本の憲法は「個人の尊厳・基本的人権・恒久平和」を理念とし、日本人が世界に胸を張って誇れる憲法です。
現在の憲法改定(改正か改悪かは別として)議論は、第9条だけを争点にしていますが、他にも決して忘れてはならない重要な条文があります。
全11章103条からなる憲法は、正しく個人の尊厳‥国民主権・基本的人権・すべてからの自由と権利、負うべき義務・個人の尊重が、明確に表記されています。
第9条は、第2章戦争の放棄にあり、1と2で表記されています。
すべての法律に最優先される「法の中の法」である憲法にあって、第9条の弱点を誇大主張して憲法全体を変えようとする憲法の劣悪化は、国民の将来をまた危険に晒します。
またいつか来た道に戻り、理不尽で横暴・愚劣な輩(やから)が跋扈(ばっこ)し、自由な国民生活を奪うことになるでしょう。
日本人だけが、恒久平和を宣言しても残念ながら、世界には危険な独裁国家や愚劣で野蛮な軍事国家も存在します。
私案ですが、第9条の1と2に新たに3と4の修正条項を加えることで、他国との軍事同盟を解消し国民主権の憲法のもと真の独立国家になることです。
a0212807_1052504.jpg
「3.国土を侵略し、国民の生命と財産を脅かす国ならびに勢力に対しては、正当な自己防衛のための自衛権を行使する。」・「4.自衛権の行使には自衛隊を以ってこれに当たる。」と条文に加え国会の審議と2/3の賛成で決定すれば良いことです。
他の条項は変える必要がありません。
第11条 国民はすべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として現在及び将来の国民に与へられる。
第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は国民の不断の努力によってこれを保持しなければならない。又、国民はこれを濫用してはならないのであって常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負う。
第13条 すべて国民は個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については公共の福祉に反しない限り立法その他の国政の上で最大の尊重を必要とする。
第14条 すべて国民は法の下に平等であって人種、信条、性別、社会的身分又は門地により政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。
現実の酷さはあっても、すばらしい憲法をもつ日本という国家を誇らしく思います。
a0212807_10401188.jpg           ◇
           ◇
           ◇
私たちの日本国憲法全条文を、ぜひ一度読まれることをお薦めします。
付録 : 忌野清志郎‥「君が代」(Rock Version)
この斬新な「君が代」も、ぜひ一度お聴きください。
忌野清志郎のとなりでギターを弾く布袋寅泰のギター演奏も鮮烈で、聴きごたえがあります。
武田真治もノリノリで気持ちよさそうにサックスを吹いています。
# by blues_rock | 2011-08-09 19:48 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)
水の都大阪の中央を流れる大川(旧淀川)の河口にある中の島公園の中に、大阪市立東洋陶磁美術館はあります。
a0212807_1714933.jpg
難波橋(なにわばし:通称ライオン橋)の北浜側すぐ近くに美術館(最下段写真の林の中)はあり、難波橋の西天満側に私の職場がありましたので良く行きました。
a0212807_17151181.jpg
1982年(昭和57年)に、高麗・李朝の朝鮮古陶磁と中国古陶磁器の収集で有名であった「安宅コレクション」を展示するため、大阪市が東洋陶磁美術館を設立、現在2千点余を所蔵しています。
どれをとっても逸品ぞろいで、ひとつひとつ見やすいように丁寧に展示されています。



「油滴天目茶碗(12~13世紀南宋建窯)」・「飛青磁花生(13~14世紀元龍泉窯)」は、何度見てもうっとりと見とれてしまいます。
a0212807_1716305.jpg
家業の総合商社を倒産(安宅産業の経営破綻はザ・商社としてドラマ化され有名)させるほど、当時国内外のコレクターが所蔵していた東洋古陶磁の名品・逸品収集に心血を注ぎ、執念を燃やした創業家二代目安宅英一の魂は、「安宅コレクション(国宝2点・重要文化財13点合計965点)」として、大阪市立東洋陶磁美術館に永久に遺りました。
a0212807_17172720.jpg
仕事の合間、時折訪ねては、古陶磁に見とれていました。
a0212807_17175369.jpg
東洋古陶磁を堪能した後は、美術館近くの淀屋橋から淀川周遊の遊覧ボート(パリのセーヌ川遊覧ボートに似ている)が出ていますので、遊覧ボートから風情のある大阪の街並みや大阪城を眺めながら、難波(なにわ)の夢の続きを楽しまれることをお薦めいたします。
# by blues_rock | 2011-08-08 07:18 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)
a0212807_1324415.jpg8月4日「クロスロード・クラブ‥享年27才の5人」の付録(こちら)で、今年の2月突然病気で亡くなったゲイリー・ムーア(1952~2011享年59才)について少し書きましたが、私にとって懐い出深い曲なのできちんと紹介したいと思います。
ゲイリー・ムーアが、1990年に発表した「still got the blues」は、ロック名曲中の名曲です。
当時私は名古屋に住んでいて、通勤の行き帰りに良く聴きました。a0212807_13255710.jpg
この曲を聴くと名古屋で暮らした頃が懐かしく、つくづく La vie s’en va (人生は過ぎゆく)と思います。
ハードロック・ギターの達人ゲイリー・ムーアながら、この曲ではギターがまるで嗚咽しているように弾いています。
ゲイリー・ムーアのギターが、ブルースを激しくそしてせつなく、哀愁たっぷりに聴かせてくれます。
# by blues_rock | 2011-08-07 13:26 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
わずか66年前の1945年(昭和20年)の今日8月6日、アメリカ軍は日本国民に対し人類大量殺戮兵器である核爆弾(ウラン原子爆弾)を広島市中心地に投下しました。
広島市は一瞬にして廃墟になり、広島市民は人類史上初の悲惨な核被爆市民となりました。
広島市街の被害と惨事・放射能汚染が甚大なものであることをアメリカ軍は先刻承知していたにも関らず、その3日後にさらに破壊力のあるプルトニウム核爆弾を長崎市に投下しました。
人類が人類に対して、絶対に使用してはならない悪魔の兵器、核攻撃を日本国民は2度までも受けました。
a0212807_13444100.jpg
アメリカ軍の核爆弾使用の目的は二つ‥一つは、新兵器原子核爆弾(2種類)の破壊威力実験でした。
アメリカ政府は、早期戦争終結のためであると釈明していますが、当時の日本の主要な都市は、すでに焼夷弾空襲で焼け野原にされいました。
当時の日本はすでに国家として死に体でしたから、無条件降伏はもはや時間の問題でした。
もう一つは、国際共産主義をテーゼとして覇権を拡大していたソ連と中国への警告として、共産主義勢力の目の前(極東アジア)で、核爆弾の破壊力とアメリカの軍事力を誇示し威圧したのです。a0212807_2047627.jpg
66年前1945年8月15日、日本は無条件降伏し敗戦、民族虐殺(ジェノサイド)のような地獄絵図を目の前に見ながらの悲劇的な敗戦でした。
アメリカ軍は沖縄を焼き、首都東京を焼夷弾で絨毯爆撃し、8月6日非戦闘市民の住む広島市にウラン核爆弾、次に8月9日長崎市にプルトニウム核爆弾を投下し市街地を焼け野原にしました。
確かに当時の日本国民は、戦争の被害者でしたが、アジアの人たちに対しては侵略戦争の卑怯非道な加害者でもありました。
当時の日本国民は、軍部の支配する軍事独裁政権下の全体主義国家だったとはいえ、今では考えられない偏狂な思想と卑劣な行為の強制をしていました。
そして全面無条件降伏を受け入れ、日本国民が悲惨な代償を払って獲得した現在の私たちの自由と繁栄そして平和です。
a0212807_20383076.jpg
日本国憲法は、日本国民の血と涙でできています。
敗戦という代償を払って私たち日本人が獲得した自由・人権・平等・平和の象徴が、日本国憲法です。
日本人の負うべき敗戦の責任は、日本に住み生活する全国民が(当然日本国籍を取得した外国人も)未来永劫負い続けるべきもので、悲惨な敗戦を対価に獲得した日本国憲法の平和理念を世界のスタンダードにすることです。(8月9日長崎へ続きます)
# by blues_rock | 2011-08-06 20:38 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)
ビートルズ(1960~1970)‥音楽史上あまりに有名なロックバンドで社会的にも影響を与えた偉大なカリスマグループです。
ビートルズ楽曲のほとんどが、作詞作曲「レノン=マッカートニー」とクレジットされています。
ビートルズのオリジナルアルバムは、12枚です。
a0212807_22245498.jpg1.Please please me(1963)
2.With the Beatles(1963)
3.A hard day’s night(1964)
4.Beatles for sale(1964)
5.Help(1965)
6.Rubber soul(1965)
7.Revolver (1966)
8.Sgt.Peppes’s lonely hearts club band(1967)
9.The Beatles(1968)
10.Yellow submarine(1969)
11.Abbey road(1969)
12.Let it be(1970)
ジョンとポールが、一緒に作詞作曲しながらアルバム制作したのは、Helpまででしょう。
ジョンがリードし、ポールがハモル(ジョージも)のが、ビートルズの音楽でした。
「レノン=マッカートニー」のクレジットは、その後も二人がBeatlesでいる間は続きます。
a0212807_22253169.jpgジョンとポールそれぞれ単独で作った楽曲を、ビートルズは歌います。
曲を聴けば、すぐにどちらが作った曲か分かります。
自分の曲は、自分でリードヴォーカルを担当しているのも特徴で、二人の個性が曲に表われています。
レノン=マッカートニーが、他のバンド‥たとえば、ローリングストーンズやピーター&ゴードンなどに提供した曲もヒットしています。
歴史に‥もし、とか‥たら、はありませんが、スチュアート・サトクリフ(ベース)とピート・ベスト(ドラム)を入れた幻のオリジナルビートルズも聴いてみたかったと思うのは、欲張りですね。
1970年、ビートルズ(レノン=マッカートニー)は解散しました。
a0212807_045459.jpg
                <1969年、アビーロードを4人で歩く解散前のビートルズ>
映画「Let it be」(1970)を見ると、もうジョンにビートルズへの愛着は感じられません。
ビートルズを愛するポールは、必死で他のメンバー3人に「Get back」と呼びかけますが、ジョンはアビーロードの録音スタジオに7才年上の日本人愚妻を引き連れ上の空で参加しており、ジョージとリンゴの2人も録音に集中しておらず熱心ではないのが分かります。
10代からずっとジョンと一緒にバンド活動し、ビートルズを誰より愛したポールも、ついにビートルズの解散を決意しました。
# by blues_rock | 2011-08-05 22:28 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)
彼らは、人生をわずか27年で終えましたが、そのオリジナリティと天賦の才能(センス)で、後世のブルース&ロックミュージシャンに多くの影響を与えました。
a0212807_1245147.jpg● ロバート・ジョンソン(1911~1938)
アメリカ南部(ミシシッピィ川流域)で、黒人が奴隷としての抑圧・差別されていた時代に、魂を解放し自由への希望を託した音楽がブルースでした。
そのブルースが、生まれたその時代に、ロバート・ジョンソンの音楽人生はありました。
クロスロードで悪魔に魂を売り、超人的なギターテクニックを手に入れ、2枚の写真と29曲を残し27才でこの世を去ります。
女性関係で毒殺された、いや刺し殺された、との噂もありますが、彼には悪魔と取引したクロスロード伝説が、一番相応しいと思います。
当時の録音機器は粗末で、録音技術も当然未熟なものでしたが、残された貴重な音源からロバート・ジョンソンの超人的なギター(メロディとリズムを同時に独りで演奏)と歌を聴くことができます。
彼のギターテクニックは、その後多くのブルースやロックのギタリストたちに大きな影響を与えました。
● ジャニス・ジョプリン(1943~1970)
a0212807_1253691.jpgジャニス・ジョプリンとジミ・ヘンドリックスは、1943年の同じ年に生まれモントレー・ポップ・フェスティバル(1967)で突然デビューし、20万人の大聴衆を唸らせ一夜にしてスーパースターになった夭折のロックシンガーとロックギタリストです。
ウッドストック(1969)が、ロック音楽史上あまりに有名で伝説になっている野外ロックフェスティバルなので、その2年前、カリフォルニア州のモントレーで開催されたポップ・フェスティバルについては、あまり知られていません。
モントレーが世界で最初の野外ロックフェスティバルと言って良いでしょう。
記録映画もウッドストックに比べモントレーの映像は映画の域にはなく、素人の録画映像と言った印象です。
当時のアメリカは、ベトナム戦争の泥沼に入り、反戦運動と厭世ムードでサンフランシスコを中心にヒッピー・サイケディリックムーブメントが盛り上がりを見せていました。
第二次世界大戦後、ブルースとロックンロールが、イギリスで若い世代に大流行しロックと呼ばれ、その熱気がアメリカに還流し60年代の激動と化学反応して急速に社会的メッセージ性をもち始めました。
その時代の熱気やロックへの情熱が、この2つのライブ記録(映像・LP・CD)から感じることができます。
a0212807_1282579.jpg

アメリカ南部(テキサス)でゴスペル・ブルースを聴いて育ち、自らも歌っていました。
無名だった少女がモントレーに出てブルースロックを歌い、一夜にしてロックのスーパースターになりましたが、彼女自身はそれに馴染めず、覚醒剤やヘロイン中毒・アルコール依存症となりアルバム制作中にヘロイン事故により27才の若さで死亡しました。
ジャニスは、わずか3年余りのロック活動でしたが、現在でも最高の女性ロックシンガーと思います。
彼女の唄う「サマータイム」は、壮絶な人生の魂の歌声のようで強烈に心を打ちます。
● ジミ・ヘンドリックス(1943~1970)
a0212807_1263853.jpgロックファンからジミヘン(愛称)と呼ばれ愛されている不出世の天才ロックギタリストです。
彼もモントレー・ポップ・フェスティバルでの破天荒なライブパフォーマンスとギター演奏で一躍有名となりました。
彼のロック活動期間は4年‥音楽だけを愛する彼がロックビジネスに押し潰され、ヘロイン中毒となり27才の若さで死亡しました。
彼が後世のロックミュージシャンたちに高純度で濃厚なロック音楽を残してくれた功績は永遠に語り継がれることでしょう。
ウッドストックでアメリカ国歌をギターで演奏したパフォーマンスは、鳥肌が立つような感性です。
ギターで反戦(爆撃音と悲鳴)を表現した音楽は、芸術の域にあると思います。
ジミヘンは音符も音楽理論もなく、ギターを自由自在に弾くことで自分のオリジナル音を創り、自分の感性でロックを表現した最初の人です。
ロック史に残る有名なロックミュージシャン(とくにギタリストたち)は、ジミ・ヘンドリックスとの交友関係で、彼の才能を驚愕し絶賛しています。
歌うのをイヤがっていた彼がボブ・ディランを聴いて安心し、歌うようになったというエピソードはおもしろいと思います。
● ジム・モリソン(1943~1971)
a0212807_1271859.jpg
ザ・ドアーズの作詞を担当、詩の朗読のようなライブパフォーマンスを自らの表現手段とした詩人です。
LSD・アルコール依存症でコンサートの時も意識朦朧でライブ、27才の時パリのホテルに滞在中ヘロイン中毒で死亡しました。
大ヒット曲「Light My Fire」の歌詞に性的な言葉があるため、エド・サリバン・ショー出演時、テレビ局から一部歌詞を変えて歌うよう指示されましたが、これを無視して歌い大問題となり、これ以降テレビ番組出演がなくなりました。
体にぴったりの革パンツでのライブパフォーマンスもあって、彼はセックスシンボルと呼ばれるようになります。
ライブ最中に卑猥(ひわい)な行為をしたとして(警察のでっち上げ)ライブ途中に舞台から警官に引き吊り下ろされたり‥破滅型の詩人でロックミュージシャンでした。
フランシス・コッポラ監督の映画「地獄の黙示録」の冒頭シーンのサウンドトラックに流れる「The end」が、非常に印象的です。
‥まっ暗闇の中から‥The end.This is The end と歌うジム・モリソンの刹那的な声は、当時のベトナム戦争の不条理や退廃を暗示する音楽の効果としてこれ以上のものはないとコッポラ監督(ジム・モリソンとはUCLA映画科時代のクラスメート)は迷わず決めたに違いありません。
● カート・コバーン(1967~1994)
a0212807_1273625.jpg
ニルヴァーナ(涅槃)のリーダーで、グランジロックのカリスマ‥グランジとは、汚れたとか薄汚いの意味です。
ニルヴァーナはパンクの常識‥単調なタテのり、ラフでヘタな演奏ではなく、メロディがきれいで心地良く聴くことができます。
子供の頃カート・コバーンはビートルズの大ファンだったとか、ビートルズを聴いて育った彼には、ビートルズのメロディセンスが遺伝しているのかもしれません。
80年代は、へビィメタル全盛のロックシーンでしたが、それに終止符を打ったのがグランジロックで、その象徴ともいうべきアルバムが、ニルヴァーナの「ネヴァーマインド」です。
ニルヴァーナの最も有名な楽曲も「ネヴァーマインド」ですが、カート・コバーンはこの楽曲を嫌い、コンサートでの演奏をとても嫌がったそうです。
彼は新しい世代のロックヒーローとして大成功し名声を得ましたが、そんな自分に我慢ならず「衰え消えて行くより、今燃え尽きる方がいい」と遺書を残し1994年自宅で頭をショットガンで撃ち自殺しました。
彼もまた享年27才の若さでクロスロードを渡って逝きました。
彼の母は、「あの子は愚か者のクラブに仲間入りしてしまった」と27才で死んだ息子を嘆いたそうです。
カート・コバーンの遺書も自分の心にあまりにも正直で純粋、息苦しいくらいに真摯です。

付録:アメリカのローリングストーン誌が選んだ歴史上偉大な100人のギタリスト
5位にロバート・ジョンソン、12位にカート・コバーン、当然第1位はジミ・ヘンドリックスです。
70位のエディ・ヴァン・ヘイレン、85位のランデイ・ローズは、評価が低すぎると思います。
100人の中に、ウルリッヒ・ロート、ゲイリー・ムーアの名前がないのは、私としては気に入りません。
ウルリッヒ・ロート(スコーピオンズ)の弾くギターはメロディに哀愁がありギターを咽び泣かせハード・ロックの様式美を創りました。
彼の正確無比なピッキング技術にも驚きます。
● ゲイリー・ムーア(1952~2011)
a0212807_129298.jpgギター演奏の巧すぎるギタリスト、ゲイリー・ムーアをロック&ブルースギターの人間国宝と呼ぶ人もいるくらいです。
ハードロックから始まりフュージョンを経て1990年「Still Got The Blues」でゲイリー・ムーアのブルースが確立されます。
彼の弾くギターは、嗚咽しながら哀歌(ブルース)を奏でます。
今年の2月、心臓発作で亡くなりました。
享年59才、もう少し彼のブルースを聴きたかった‥Still Got The Blues、ご冥福を心から祈ります。
# by blues_rock | 2011-08-04 01:29 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)