ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

<   2017年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

a0212807_13451486.jpg店名の「ゴンゴン(ngon ngon)」とは、ベトナム語で「美味しい」という意味なんだそうな、店の名に違わず、本当に美味しいベトナム料理でした。
職場の同僚にして妙齢の女性二人と私の三人、初めての「ゴンゴン(ngon ngon)」でしたが、アットホームな雰囲気にすっかりリラックス、くだんの妙齢の女性二人は、メニューを見て片っ端から注文し艶っぽさも気の利いた会話もなく‥食べる、a0212807_1346721.jpg食べる、ただ食べる、その食い気(食欲)に圧倒された私は、ハノイビールの酔いが、すぐに体内をまわりクラクラ、日ごろ「くされハマグリ」と言われるくらいおしゃべりで軽口をたたく私もその夜は、お二人の食欲に気押(けお)されて言葉が、でませんでした。
いつもと違う無口な私を心配したお二人が、「具合でも悪いのですか?」と質問するも「あなたたちの食欲にめまいがしただけです」a0212807_13471172.jpgとも云えず、私も負けないようにいただきました。
それにしても、美味しいベトナム料理でした。
ベトナム料理店「ゴンゴン(ngon ngon)」は、高宮通りを薬院大通り交差点に向かい平尾1丁目交差点手前の路地を右へ入ったところにあります。
次回は、ランチタイムに黒板メニューのフォー(米粉麺)の代わりに中華麺を入れたパクチーたっぷりのゴンゴン特製「パクチー&牛すじラーメン」を食べに行こうと思います。
by blues_rock | 2017-06-10 00:01 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(2)
アメリカの名匠ジェームズ・グレイ監督(1969~)が、2013年に撮った「エヴァの告白」(原題「The Immigrant」 移民)は、第一次世界大戦(1914~1918)の戦禍から逃れ難民となり‘生きる’ために一縷の希望を抱いてアメリカ
a0212807_19201168.jpg
へ移住した一人のポーランド女性エヴァの艱難辛苦の物語です。
ポーランド人女性エヴァを演じるのは、フランスを代表する名女優 マリオン・コティヤール(1975~ 1998年a0212807_19204058.jpg「TAXI」のヒロインでブレイク、2004年「ロング・エンゲージメント」、2007年「エディット・ピアフ ~ 愛の讃歌」アカデミー賞主演女優賞受賞、2012年「君と歩く世界」、2016年「たかが世界の終わり」など世界の多くの名監督作品に出演)です。
第一次世界大戦の主戦場(映画「西部戦線異状なし」参照)は、ヨーロッパですが、戦争する帝国の支配する世界各地の植民地でも戦争勃発、1919年のベルサイユ条約で第一次世界大戦は、一旦終結したもののフランス・a0212807_19235766.jpgイギリス・アメリカなどの戦勝国が、無理難題に等しい莫大な賠償金を敗戦国ドイツに要求、その後のドイツ社会の疲弊と貧困は、ドイツ国内で共産主義とポピュリズム(ゲルマン民族主義)対立により混乱、独裁者ヒトラーの率いるナチスドイツが台頭し人類史上最悪にして未曾有の悲惨と破壊をもたらした第二次世界大戦へ突入して行きました。
映画は、第一次世界大戦後の世界が、混乱している1921年のアメリカ、ニューヨーク沖合のエルム島に設けらa0212807_19245883.jpgれた移民入国審査所から始まります。
物語のディテールを語ると100年前のアメリカでの出来事とはいえ、当時のアメリカの世相の暗さにうんざり(いまのアメリカもこれに近いかも)する方もいるでしょうから映画の見どころだけを紹介したいと思います。
何と言ってもこの映画は、いまやフランスを代表する大女優にして「美女 マリオン・コティヤール」を見るため映画でもあります。
a0212807_1927596.jpgイタリア映画「マレーナ」に主演した「美女 モニカ・ベルッチ」、同「ある天文学者の恋文」主演のウクライナの「美女 オルガ・キュリレンコ」と円熟期にある名女優を見るだけでも価値ある映画です。
エヴァと深く関わるヨーロッパ移民の二人の男に、一人を売春婦の元締めで厳格なカトリック教徒のエヴァを言葉巧みに口説き、生活のため(生き延びるため)に売春させる女衒(ぜげん)のa0212807_19323279.jpgブルーノ(ホアキン・フェニックス1974~)と、もう一人、ブルーノの従弟で、エヴァを愛する芸人の手品師オーランド(ジェレミー・レナー1971)の哀れで切ない物語でもあります。
ともあれ、映画は、1921年のニューヨークを舞台に第一次世界大戦下の祖国ポーランド戦火から逃れ、新天地アメリカへ妹と二人生きるために移民した女性エヴァの幸せ薄い過酷な運命を描いていきます。
エヴァのラストシーンをご覧になった方は、安堵されるとともに今世界で跋扈(ばっこ)する悪しきポピュリズムに対するグレイ監督
a0212807_193420100.jpg
のアンチテーゼ(反対メッセージ)が、きっとあなたの心に届くと思います。
by blues_rock | 2017-06-08 00:08 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
福岡市城南区六本松の大通りから少し住宅街に入ったところに隠れ里風な鮨処の節魚(せちさかな)「すし宗」は、あります。
ずいぶん昔のことになりますが、城南区別府に住んでいたころ私は、通勤バスの行き帰りに六本松(元九州大a0212807_12411569.jpg学教養学部の前)を毎日通っていましたが、もう以前の学生街の面影は、ありませんでした。
旧い町屋風の「すし宗」の趣は、ほっこりと落ち着きます。
饗された鮨は、どれも美味しく「すし宗」の俎(まないた)預かりご主人宗さんが、にぎる繊細にして個性豊かな味加減は、絶妙でした。
博多区御供所の「すし、太郎」も博多前のすばらしい鮨処でしたが、若いご夫婦で切り盛りされている江戸前 (こa0212807_12525665.jpgちらも博多前かな) の「節魚 すし宗」もまたすばらしい鮨処でした。
余談ながらご主人の父上が、昔'たち吉' にお勤めであったとか、「すし宗」の器も唐津をはじめ全国から集められた器類で、ご主人の窯(焼き物)への趣味が、分かる陶磁器ばかりでした。
ほんの少しふちの欠けている4つの器を私が、お預かりしいま金継ぎ(修理)しています。
それぞれの器のもつ雰囲気をできるだけ損なわないように‘漆直し’にしました。
by blues_rock | 2017-06-06 06:06 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
元MI6(エムアイシックス イギリス諜報機関)という経歴をもつスパイ小説作家ジョン・ル・カレ(1931~)が、書いた作品を原作にしたスパイ映画は、どれもサスペンスに満ちておもしろく裏切られることが、ありません。
a0212807_2132987.jpg
2016年クライム・サスペンス映画「われらが背しき者」(原題 Our Kind of Traitor 我々の反逆者)は、2011年のスパイ・サスペンス映画「裏切りのサーカス」や2014年のスパイ・アクション映画「誰よりも狙われた男」のスパイをa0212807_2139512.jpg主人公にしたプロットではなく、主人公が、民間人の大学教授です。
原作者のジョン・ル・カレ自ら製作総指揮、脚本をホセイン・アミニ(1966~ 「ドライブ」の脚本)、監督のスザンナ・ホワイト(1960~)は、クライム・サスペンス映画では、珍しく女性監督というところも、いつものスパイが、暗躍するハードボイルドなジョン・ル・カレ原作映画とは、違います。
a0212807_21393649.jpg映画の舞台となるモロッコ、フランス、スイスの映像を撮影監督アンソニー・ドッド・マントルのカメラが、シャープに捉え劇中のクライムとサスペンスを煽るマーセロ・ザーヴォス(1969~)の音楽と併せ、秀逸です。
映画のストーリーは、モロッコを旅行中のイギリス人大学教授ペリー(ユアン・マクレガー 1971~)と妻ゲイル(ナオミ・ハリス 1976~)が、レストランで食事しているとき、a0212807_2145484.jpgロシア犯罪組織の金庫番 ディマ(ステラン・スカルスガルド 1951~)から言葉巧みに近づかれ自分は、命を狙われており、家族だけでもイギリスへ亡命させたいので助けて欲しいと懇願されました。
MI6(エムアイシックス)のロシア犯罪捜査官ヘクター(ダミアン・ルイス 1971~)と部下のルーク(カリッド・アブダラ 1981~)は、ロシアの犯罪組織が、巨額のマネーロンダリングをロンドンに新設さa0212807_21465846.jpgれたキプロス銀行で行ない、その後ロシアの犯罪組織からロシアに友好的でイギリス政府の要職に就く有力な下院議員や複数の国会議員たちに多額の裏金(ワイロ)が、振り込まれることを察知していました。
そのマネーロンダリングとイギリスの国会議員たちの名前と口座を知っているのは、唯一ディマだけでした。
a0212807_21474781.jpgドラマは、最後まで二転三転しながら展開していきますのでクライム・サスペンス映画が、お好きな方にお薦めしたい映画です。
by blues_rock | 2017-06-04 04:44 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_13584299.jpg2016年公開のイギリス・アメリカ合作映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」は、1920年代から1930年代にかけてアメリカ文学の傑作を数多く手がけ、アーネスト・ヘミングウェイ(1899~1961)などの世界的な作家を見出した実在の名編集者 マックスウェル・パーキンズ(1884~1947)と37歳で夭折した小説家 トマス・ウルフ(1900~1938)二人の人生と友情を描いた伝記映画です。
監督は、イギリス(ロンドン)の劇場ドンマー・ウエアハウスで長年芸術監督を務め「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」が、長編映画初監督となるマイケル・グランデージ(1962~)で、映画の原題は、「Genius(天才)」です。
a0212807_141885.jpgある日、編集者 パーキンズ(コリン・ファース 1960~)の元に無名の作家 トマス・ウルフ(ジュード・ロウ 1972~)の原稿が、持ち込まれました。
数多くの新刊本を編集するパーキンズは、多忙でしたが、ウルフの原稿を何気に見たパーキンズは、その才能を見抜きました。
a0212807_1421542.jpgパーキンズは、若く名もなき小説家 ウルフを編集者として厳しく、時に父親のようにやさしく支えながらトマス・ウルフの処女作「天使よ 故郷を見よ」をベストセラーにしました。
若き無名作家トマス・ウルフの才能を信じ家庭(夫と子供)を捨てウルフと同棲し生活を支える年上の女性アイリーン(ニコール・キッドマン 1967~)、若いころ時代のa0212807_1444158.jpg寵児として一世を風靡するも創作に苦悩する作家F・スコット・フィッツジェラルド(ガイ・ピアース 1967~)、編集者パーキンズが、その才能を見出したノーベル文学賞を受賞した作家アーネスト・ヘミングウェイ(ドミニク・ウェスト 1969~)、仕事を家に持ち帰っても愚痴一つ言わず多忙な夫を支えるパーキンズ夫人(ローラ・リニー 1964~)など個性的な人物が、何人も登場します。
a0212807_1472588.jpgウルフの処女作「天使よ 故郷を見よ」が、ベストセラーとなり二人は、さらなる大作に挑戦、パーキンズが、昼夜たがわずウルフに付きっきりで執筆させ編集した第二作も完成するやウルフは、「この本をパーキンズに捧げる」との献辞を残しヨーロッパへ旅立ち、これを最後に二人が、一緒に仕事をすることは、もうありませんでした。
by blues_rock | 2017-06-02 00:02 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)