ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

<   2014年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

デンマーク映画の鬼才ラース・フォン・トリアー監督(1956~ トリアー監督のプロファイルこちら参照)が、2005年に撮った映画「マンダレイ」(脚本・監督)は、映画を‘映像芸術’にした作品です。
a0212807_21131849.jpg
この映画の面白さは、黒人奴隷を植民地経営の基盤としていたアメリカ建国(1776年)当時から現在(2014年)に至るまで238年間営々と続くアメリカの国家理念「自由主義と民主主義(多数決主義)」についてトリアー監督が、痛烈なブラックユーモアとアイロニー(皮肉)をこめて実にシリアスに描いていることです。
1933年アラバマ州にある綿花農園「マンダレイ」でムチ打たれる黒人奴隷を見たギャング団のボスの娘グレース
a0212807_2114189.jpg
(ブライス・ダラス・ハワード 1981~)は、アメリカ合衆国が、70年前に廃止した奴隷制度のもと、まだ奴隷のいる農園「マンダレイ」を民主的で自由な共同体につくりかえる決意をしました。
自由と民主主義(多数決主義)を信じる純粋なグレースは、ギャング団を率いるボスで自分に甘い父親(ウィレム・デフォー 1955~)に頼み、手下のギャング数人を借り彼らの武力で「マンダレイ」を制圧しました。
a0212807_21143117.jpg
グレースは、まず「マンダレイ」の白人農園主一家を支配、そこで働く多数の奴隷たちを解放しました。
しかしながら、いきなり自由になり民主主義(多数決のルール)を求めらた奴隷たちは、どう振る舞えば良いか分かりませんでした。
「マンダレイ」は、映画としての完成度が高く、かつ前衛的な演劇手法を取り入れた映像表現、人種差別(アメリ
a0212807_21152695.jpg
カの奴隷社会)対する辛辣な思想的アプローチ、自由主義と民主主義に対する哲学的なテーゼなど映画を通したトリアー監督の主張には説得力があります。
奴隷農園「マンダレイ」に居る黒人奴隷たちを白人農園主に代わり長年差配してきた老執事の奴隷ダニー・グローヴァー(1946~)が、存在感のある渋い演技を見せています。
a0212807_211604.jpg
映画は、農園の一部をセットで配置し、セットの床には、農園内の建物を示すラインと、それを説明する文字を書き、登場人物たちの‘パントマイム’で、例えばドアを開ける仕草をすると「キィー」と軋み音が、鳴り反対にドアを閉めると「ドン」とドアの閉まる効果音により、それぞれのシーンを表現しています。
思考に偏見のない自由人のトリアー監督は、ときに物議を醸し出すような騒動を起こしますが、偏狭で排他的な
a0212807_21162617.jpg
行為を嫌い、映画「マンダレイ」では、小学校の教科書にあるような安易な多数決主義や自由主義を力づくで無理やり押しつけようとする傲慢さ(ハレンチさ)、人間を自分の定規で分類し所定の型(パターン)に当てはめ管理(マニュアル化)しようとする愚かさなどに痛烈な皮肉をこめ撮っています。
「マンダレイ」は、「ハンナ・アーレント」(2014年 こちら)と同じ哲学と思想を描いた精神性の高い映画でした。
by blues_rock | 2014-07-31 00:10 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
SFアクション映画「ロボコップ」のオリジナル版は、1987年オランダの映画監督ポール・バーホーベン(1938~)が監督し、ピーター・ウェラー(1947~)主演で公開されました。
a0212807_14464958.jpg
2014年リメイク版「ロボコップ」は、ブラジルの監督監督ジョゼ・パジーリャ(1967~)の手(メガホン)で撮られ、スウェーデンの俳優ジョエル・キナマン(1979~ 2012年「デンジャラス・ラン」出演 こちら)が、主演しています。
共演する俳優も瀕死のマーフィ刑事をロボコップとして蘇らせるノートン博士に名優ゲイリー・オールドマン(1958a0212807_1543311.jpg~)、テレビ局の独善的なニュース司会者ノヴァックを同じく名優サミュエル・L・ジャクソン(1948~)が、さすがと思わせる演技を披露しています。
映画の舞台は、アメリカ、デトロイト市、時代は2028年、巨大軍需企業オムニコープは、アメリカ国防総省の軍事用ロボットを国外の紛争地域に配備、戦闘兵器を供給して莫大な利益を得ていました。
アメリカ国内では、治安が悪化するなか、人間的な感情のないロボットを治安のために使うことを禁止する法律a0212807_1551941.jpgの存続を巡り、政界を巻き込み世論は、真っ二つに割れていました。
オムニコープのCEOは、アメリカ国内の犯罪対策として警察に自社のロボット兵器が、採用されるとさらに莫大な利益を得られるため、ノヴァックのニュース番組を利用して法律改正による廃止を求めていました。
オムニコープのCEOは、サイボーグ型ロボットの権威ノートン博士に協力を求め、人間と高性能ロボットを融合さa0212807_156799.jpgせた「ロボコップ」を創り、ロボットには、心がないという市民感情を払拭しようとしていました。
折から武器密輸事件を捜査していたマーフィ刑事は、犯罪組織からワイロをもらっている汚職警官の裏切りにより車に仕掛けられた爆弾で瀕死の重傷を負いますが、ノートン博士は、絶望で悲嘆にくれる妻クララを説得しロボコップとして再生することに同意させました。
3か月後、意識を回復したマーフィ刑事は、サイボーグとなった自分の変わり果てた姿を見てノートン博士に「殺して欲しい」と懇願しました。 (下写真:1987年ピーター・ウェラー主演 オリジナル版「ロボコップ」)
a0212807_157021.jpg困惑し苦悩するマーフィ刑事でしたが家族のためにも、ロボコップとして生きることを決意します。
そして、ロボコップマーフィ刑事は、オムニコープCEOの陰謀を知りました。
「ロボコップ(2014リメイク・ニューヴァージョン)」のプロットは、奇想天外で暴力満載の劇画を思わせるSFアクション映画ながら製作に手抜きはなく、俳優陣の顔ぶれも名優で固めていますので、この手の映画が、キライな方は別にして、見て損はないと思います。
by blues_rock | 2014-07-29 00:29 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_12373327.jpg映画ファンなら知らない人はいない名優ロバート・デ・ニーロの名前をタイトルクレジットにした2012年映画「ロバート・デ・ニーロ/エクザイル(放浪者)」が、なぜ日本で劇場未公開なのか、さっぱり分かりません。(映画配給会社のレベルとセンスの問題かな?)
ともあれDVDスルーされていますのでお薦めしたい秀作映画です。
映画は、アメリカの作家ニック・フリンのノンフィクション自伝小説「路上の文豪、酔いどれジョナサンの幻の傑作」をもとにポール・ワイツ監督(1965~)が、脚本(映画の原題は「Being Flynn」 フリンその人)を書き自ら監督しています。
a0212807_12395296.jpg映画の主人公は、原作者ニック・フリンの父親ジョナサン・フリン(ロバート・デ・ニーロ 1943~)と息子であるニック・フリン本人(ポール・ダノ 1984~)の親子ですがストーリーは、息子ニックの視点で、父親のジョナサンが語られていきます。
名優ロバート・デ・ニーロと新進気鋭のポール・ダノ、二人の演技は、見応えあります。
a0212807_12405829.jpg映画は、18年前と現在のニューヨークを舞台に難儀な親子の間にあるシリアスなエピソードを積み重ねながら展開していきます。
18年前に父親のジョナサンが、作家になると言い残し妻ジュディ(ジュリアン・ムーア 1960~)と幼いニックを置いて突然家出、ジョナサンは、行く先々から「オレはアメリカの偉大な三人の作家のうちの一人で大作家だ。お前にも才能がある。」とa0212807_12413867.jpg息子のニック宛てに大言壮語を書き連ねた手紙を送っていました。
ニックが成長したころには、ジョナサンからの音信も途絶え、それまで妻ジュディは、昼間銀行の窓口、夜レストランのウェイトレスと働き続けニックを女手一つで育てました。
美しく魅力的なジュディに言い寄る男たちも多く、彼女も寂しさを紛らわすため男たちと付き合いますが、どれも長続きせず心を病a0212807_12441562.jpgみ自殺しました。
作家を志すようになったニックは、友人の紹介でホームレス・シェルター(浮浪者救援施設)で働くようになり、女性スタッフのデニス(オリヴィア・サールビー 1986~)と親しくなりました。
そんなある日、音信不通であった父ジョナサンから突然ニックに電話が入り、引越するので手伝って欲しいと一方的に依頼してきました。
a0212807_12445069.jpgニックが、車で駆けつけるとガラクタに囲まれ偏屈でどこか壊れている父ジョナサンの老いた姿がありました。
荷物をニックに預けると「今書いている小説のネタ探しに行く」と言い残して立ち去りました。
真冬のニューヨークで宿なしとなったジョナサンは、ホームレスになり路上生活者になりますが、小雪の舞う寒さの厳しい夜、ホームレス・シェルターのスタッタの手で施設に収容され息子のニックと再会しました。
a0212807_12452679.jpgシェルターのスタッタとして働くニックは、父ジョナサンを見て驚き当惑しますが、仕方なく受入れました。
しかし、ここでもジョナサンは、生来の偏屈な性格と変人ぶりを発揮、シェルター・スタッフやほかのホームレスたちとひと悶着を起こし、シェルター受入れ拒否対象者になりますが、街のチンピラ相手に騒ぎを起こし、傷だらけで運び込まれました。
a0212807_12455568.jpgワイツ監督は、息子ニックの立場で映画の原題となっている「Being Flynn」 (父ジョナサン・フリン)について語らせ、過去と現在のエピソードをカットバックさせながらストーリー構成しています。
映画のプロットは、厳しくシリアスな親子(家族を捨てた父親と父親を知らない息子)関係を描きながら、大袈裟な演出もなく、二人の姿を静かに映すだけですが、最後まで退屈する事はありa0212807_12531454.jpgません。
1976年ロバート・デ・ニーロ主演の傑作映画「タクシードライバー」(右写真マーティン・スコセッシ監督)に対するワイツ監督のオマージュを感じるシーンもありますので併せてお楽しみください。
 
by blues_rock | 2014-07-28 00:28 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_23264772.jpg唐津とは、中国の港という意味‥古代中国‘唐’に向かう船は、ここから出港、ここに還りました。
豊臣秀吉は、1592年から2度にわたり7年をかけて朝鮮出兵(唐入り)の船団(諸藩連合軍16万)をここ唐津から見送りました。
私は、唐津窯の古陶が好きで、古唐津陶器の地「唐津」に愛着を感じます。                        (玄界灘を臨む唐津城)
さて、拙ブロクが、時おり写真をお借りする“九州ロマンチック街道”に掲載された「唐津の花火 2014」です。
a0212807_2250445.jpg
‥美しい、これほど美しい花火の写真には、なかなかお目にかかれません。
私には、撮れない写真なのでご紹介しました。
もっとご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。
by blues_rock | 2014-07-27 00:27 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(1)
私たちの高齢者在宅介護施設(2事業所)では、毎週金曜日午後、恒例の俳句教室を行ないます。
昨日7月25日金曜日午後の句会には、14人の方が、参加されました。
ほとんどの方が、認知症を患いながら、かくも瑞々しく感動的な俳句(‥とくにこの3句は秀逸)を詠まれます。
「栗の実や‥」を詠まれた方は、一時間もすると自分が詠んだ句であることを忘れておられます。
認知症は、人間の奥深い‘病気’です。
           夏 空 が   水 た ま り の 中   雲 流 し         (要支援 2  79才)
a0212807_22295812.jpg
           栗 の 実 や   さ さ 揺 れ も せ ず   雨 も よ う       (要介護 3  89才)
a0212807_22304832.jpg
           伐 る 相 談   聞 い て い た の か    さ る す べ り      (要支援 2  79才)
a0212807_2233430.jpg

by blues_rock | 2014-07-26 00:26 | 高齢者介護(認知症) | Comments(0)
三年くらい前、福岡市早良区の古美術店「骨董じじばば」(こちら)で見た「古唐津天目茶碗」に‘ひと目惚れ’、
それ以来、心密かに片想いしていましたが、先日ついに我慢できず購入しました。
a0212807_1111255.jpg
両手にすっぽり納まり、手中の茶碗に見入っているとほんわり安らぎを感じます。
店主(‥余談ながら私はこの方を博多の白洲正子さんと思っています)の説明では、「桃山期の古唐津で発掘
a0212807_1145812.jpg
伝世されたもの、金継ぎ(青金繕い)天目茶碗であること。 古唐津の天目型茶碗は、珍しく、縁部の鉄釉をかけた皮鯨(カイラギ)、釉調、器形など味わい深い茶碗」とのことでした。
a0212807_1151272.jpg
さて、この茶碗まず何に使おうか‥お茶を点てて飲もうか、コーヒーを淹れて飲もうか、炊きたてご飯を盛って食べようか、いろいろ思案中です。
by blues_rock | 2014-07-24 01:15 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(3)
私の好きな映画監督、フィンランドの異才アキ・カウリスマキ監督作品を遡りながら紹介しています。
1995年作品「愛しのタチアナ」(モノクロ映像)は、この後続くアキ・カウリスマキ監督作品の基本形となる脚本・監督・製作・編集を自ら担い、撮影をティモ・サルミネン、録音をヨウコ・ルッメ、セット・デザインをカリ・ライネ、a0212807_21272288.png
マルック・ペティレ、ユッカ・サルミ、衣装をトゥーラ・ヒルカモなどアキ・カウリスマキ組のスタッフが、固めています。
出演する俳優もマッティ・ペロンパー(1951~1995心不全で死去、享年44才「愛しのタチアナ」が、彼の遺作となりました)、カティ・オウティネン(1961~)、マト・ヴァルトネン(1955~)とワクワクする顔ぶれで名優ぞろいです。
アキ・カウリスマキ監督は、1960年代のフィンランドを舞台に寓話のようなストーリーで展開し、どこかシュール・レアリズムっぽい感じで撮っています。
a0212807_2131560.pngアキ・カウリスマキ映画思想の原点である「社会底辺で暮らす人びとをユーモアとペーソスで包みながらやさしく見つめる視点」は、「愛しのタチアナ」でも良く表現されています。
40才を過ぎても母親に頭が上がらない仕立屋のヴァルト(マト・ヴァルトネン)は、毎日ミシンを踏みながら、母親の小言に耐えて真面目に働いていました。
コーヒーを浴びるように飲むことでストレスを抑えていたヴァルトは、ある日母親が、コーヒーを切らしたことでついに堪忍袋の緒が切れました。
a0212807_21445874.pngいきなり母親を物置に閉じ込めると、母親の財布から金を盗んで家を飛び出した彼は、修理に出していた愛車を引き取りに友人の修理 工レイノ(マッティ・ペロンパー)を訪ねました。
同じく40才を越えたレイノは、革ジャンにポマードで固めたリーゼント・ヘアのロックンローラーを気取り、田舎町の退屈な日常にうんざりしていた2人は、発作的にどこに行くともない旅に出ました。
その旅の途中、出遭った細身のエストニア人女性タチアナ(カティ・オウティネン)と小太りのロシア人女性クラウa0212807_2149972.pngディア(キルシ・テュッキュライネン)から頼まれ、二人を港まで車で送ることになりました。
車中のヴァルトは、コーヒーをひたすら飲み続け、レイノも黙ってウォッカをガブ飲みするだけで、せっかくの女性二人連れと一緒なのに全然コミュニケーションできませんでした。
途中夜も更け飛び込んだ安宿でタチアナはレイノとクラウディアはヴァルトと同じ部屋で寝ることになりますが、シャイで気の利かない二人の男たちは、さっさと先に寝てしまいました。
a0212807_21494463.pngそれでもレイノとヴァルトの二人は、二人の女性と別れ難く、エストニアに向かう同じ船に乗り込みました。
エストニアに着くまでの短い渡航時間にレイノとタチアナ二人の気持ちが、どちらともなく高まりました。
エストニアの駅でロシアに帰るクラウディアを見送った三人は、タチアナの家に向かいました。
車が、タチアナの家に到着するとレイノは、いきなり「ここに残る」とヴァルトに言いました。
レイノとタチアナと別れたヴァルトは、一人フィンランドに帰りますが、途中「4人を乗せた車がコーヒー・ショップにa0212807_21501085.png突っ込む」というシュールな幻覚に襲われました。
それは、四人で過ごした楽しかった時間へのヴァルトの未練だったのか‥家に戻ったヴァルトは、物置にいる母親を出すと、家出する以前(映画冒頭のシーン)のように無言でミシンを踏み始めました。
by blues_rock | 2014-07-23 00:03 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_1474996.jpg日本経済新聞に「歌人中城ふみ子 恋と死」の記事が、シリーズで先々週から掲載されています。
中城ふみ子(1922~1954)は、戦後、彗星のごとく歌壇に顕われて31才でスゥーと逝った夭折の歌人です。
歌人中城ふみ子は、二十歳で結婚し子供4人を生み離婚、大病(乳癌)による死を前に妖変、旧弊な倫理観を一切排斥し、自らの内の声(恋と死)を絶叫する歌を詠みました。
病院に見舞いに来た男たちを病室のベッドで添い寝させたそうです。
病院からの非常識という忠告に「死を待つ者の最期のやすらぎを私から奪うのか」と抗議したと言います。
短歌編集者の中井英夫(1922~1993)は、全国誌「短歌研究」編集長時代、同じ年齢の無名歌人中城ふみ子の才能を高く評価、「短歌研究」に採り上げ、中城ふみ子短歌集「乳房喪失」(1954)を刊行しました。
「乳房喪失」のゲラ版が、中城ふみ子の元に届いたのは亡くなる1カ月前でした。
a0212807_17304012.jpg歌人中城ふみ子が、同志中井英夫に宛てた最期の手紙に「中井さん、来てください。きっといらしてください。その外のことなど歌だって何だってふみ子には必要でありません。お会いしたいのです。」と書かれていました。
中井英夫からの返事は、中城ふみ子が、亡くなる前の日に投かんされていました。
中城ふみ子臨終の言葉は、「死にたくない」だったそうです。

      陽にすきて 流ろふ雲は 春近し 噂の我は 「やすやすと堕つ」    

      音たかく 夜空に花火 うち開き われは隈なく 奪われてゐる

      枇杷の実を いくつか食べて かへりゆく きみもわが死の 外側にゐる
by blues_rock | 2014-07-21 00:06 | 詩/短歌/俳句/小説 | Comments(0)
a0212807_21261710.jpg二番目の主人公は、山西省の炭鉱夫ダーハイ(チアン・ウー 1967~)です。
村の所有する鉱山で黙々と14年の間働きながら、契約した村民への恩恵はなく、ワイロ太りの村長と彼に癒着し鉱山利権を独占、巨万の富を一人占めした幼なじみの鉱山社長に、村民に約束した利益分を配分するよう愚直に迫るダーハイは、公衆の面前で侮辱され暴力を受けました。
それまで我慢に我慢を重ねてきたダーハイの怒りはついに爆発、自宅から散弾銃を取り出し村長と社長の自宅a0212807_21265064.jpgへ向かいました。
途中ダーハイは、痩せた馬が、重い荷を引き動けずに喘いでいる姿を見て、その馬に容赦なくムチ打つ男に近づき無言で射殺、その足で村長と社長の二人も射殺しました。
三番目の主人公は、湖北省の女シャオユー(チャオ・タオ 1977~)で妻子ある男の煮え切らない態度に悩みながら自分から別れることもできず風俗サウナの受付で働いていました。
ある夜シャオユーが、控室で洗濯していると札束で彼女の顔を殴りながら性行為をしつこく迫る下品な客に堪忍a0212807_2132579.jpg袋の緒が切れて、果物ナイフでその男を刺し殺しました。
四番目の主人公は、自分の生き甲斐を求めて職を転々とする広東省の若者シャオホイ(ルオ・ランシャン1994~)です。
彼は、風俗ナイトクラブのボーイで若いダンサーと恋仲になり、彼女の仕事である中年客への性的サービス行為に我慢できないシャオホイは、彼女に一緒にどこかに行こうプロポースしますが、独身と思っていた彼女には、すでに3才の子供がいて「私は一緒に行けない」と告げられました。
a0212807_2132361.jpg傷心したシャオホイは、以前働いていた会社に戻りますが、少ない給料から生活費を切り詰め、田舎の家族に仕送りしているにも関わらず電話の向こうから聞こえる母親の声は、さらなる送金の督促でした。
希望のない人生に閉塞感を抱き、心神喪失した彼は、世を儚(はか)み、自分の心を解き放つため、ビル屋上から飛び降り自殺しました。
映画のカメラは、ジャンクー監督の出身地である中国北部の山西省から南西部の揚子江沿いにある大都市重慶へ、さらに中央部の湖北省を経て南部海岸沿いの広東省東莞(トウカン)へと移動していきながら国家構造の理不尽に喘ぐ中国国民の現実をリアルに映していました。
by blues_rock | 2014-07-19 00:19 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
中国映画の鬼才ジャ・ジャンクー(1970~)の最新作「罪の手ざわり」は、共産党独裁国家中国が、権力主導の近代化を進める中で、実際に起きた4つの事件をもとに、その事件の当事者たち‥普通の庶民である男女4人の主人公たちが、どうして罪に触れたのか、事件の場所を変えながら中国の社会問題と併せ、映画に娯楽性を
a0212807_2165487.jpg
もたせながら4つの物語を群像劇としてリアルに描きました。
映画は、中国の原風景を背景にした詩情豊かな映像でジャンクー監督の徹底したリアリズム演出の中に、時おり見せる寓話的なシーンが、非常に印象に残ります。
a0212807_2173066.jpg憤怒に身を焼いた男が、虎のごとく咆哮し豹変するシーン、侮辱された女が、屈辱で蛇のごとく身をくねらせ変身するシーン、重い荷を牽いた馬がムチ打たれ倒れるシーン、繋がれた牛が沈黙して人間を見つめるシーンなどに表現力と構成の上手さを感じました。
「罪の手ざわり」は、カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞、上映会場に駆けつけた名優トニー・レオンは、スタンディングオベイションに加わり「罪の手ざわり」を絶賛しました。
a0212807_212057100.jpgジャンクー監督は、地域格差、貧富の差の拡大、官僚と癒着した特権階層のワイロによる不正、環境の悪化など中国の社会構造の理不尽な歪みのもと、底辺で暮らす人びとの憂鬱と暴力をリアルに描いています。
映画は、冒頭からいきなりセンセーショナルに始まります。
中国を揺るがした4つの社会的事件を題材にしているだけに中国国内での一般公開は、まだ国から許可が下りていないものの、不思議なのは、政府当局に公開申請に行った同日夜、ネット上に未公開新作映画「罪の手ざa0212807_21243922.jpgわり」が、無料ダウンロードできる状態で流失していたことです。
中国にとって都合の悪い真実は、異常なくらい情報管理しインターネットを統制している中国共産党政府らしからぬ現象に明らかな興行収入妨害の意図を感じます。
さて、最初の主人公は、重慶から家族への仕送りを続ける若い父親チョウ(ワン・バオチャン1984~)で彼は、妻子に出稼ぎと偽り、各地で強盗殺人を繰り返しながら金を稼いでいました。
映画の冒頭、ワン・バオチャンの素朴で虚無的な暴力が、度肝を抜きます。(後編に続く)
by blues_rock | 2014-07-18 00:18 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)