ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

<   2012年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2003年カナダ映画でエイプリの効いた秀作「みなさん、さようなら」の原題‘Les Invasions barbares’(フランス語)は、「蛮族の侵入」という意味です。
カナダのドゥニ・アルカン監督(1941~)が、脚本を書き監督したクールなコメディ・センス溢れるいい映画です。
a0212807_20594210.jpg主人公の老人レミ(レミー・ジラール)は、歴史を教える大学教授でしたが、蛮族の侵略を受け(末期ガンのこと)陰気な相部屋のベッドの上で、人生最期の日々を暗い気持ちで過ごしていました。
ロンドンで暮らす一人息子のセバスチャン(ステファン・ルソー)は、母ルイーズ(ドロテ・ベリーマン)に苦労ばかりかけている頑固で偏屈わがままな父親レミに反発し子供のころから‘あんな大人(男)になりたくない’と思いながら生きて来ました。
セバスチャンは、ロンドンの証券会社で成功、敏腕ディーラーとして活躍していました。
ある日、モントリオールの母ルイーズからセバスチャンに電話が入りました。
「お父さんの病気は悪く、余命も長くない。いまのうちに会って欲しい。そしてお父さんの部屋を楽しい病室にしてあげて欲しい。」と懇願されました。
大学教授で社会主義者のレミは、若い頃から古典の歴史書・思想書やワインを愛し女好きで浮気性、女グセの悪い夫でしたが、彼の妻ルイーズ(ドロテ・ベリーマン)は、そんな夫を見放すことなく連れ添って来ました。
a0212807_2102246.jpgそんな母を愛するセバスチャンは、母の願いを聞き入れモントリオールへ帰りました。
これまでさんざん家族に迷惑をかけてきた父親のレミは、息子セバスチャンの人生にとって‘父のようになるまい’という反面教師でした。
セバスチャンは、そんな父親のレミを自分の広い交友関係(コネ)を生かして医療環境の良い、末期ガン治療設備の整ったアメリカの病院へ移そうとしますが、当のレミは「主義に合わない」の一言で、それを拒否しました。
息子セバスチャンは、母親ルイーズの願う「お父さんの部屋を楽しい病室にして欲しい。」という気持ちを反りのa0212807_211836.jpg合わない頑固で偏屈な父親レミに伝えることができるのか‥レミは、‘蛮族の侵入’を受けた体の痛みと感覚のマヒで、すでに死を覚悟しているものの生への執着から死を受け入れることができません。
映画に出てくる父親レミの‘憎まれ口’と‘当意即妙’の会話にユーモアとエスプリがあり、2003年アカデミー外国語映画部門賞、カンヌ国際映画祭脚本賞・女優賞(セバスチャンの幼なじみナタリー役、マリ=ジョゼ・クローズ)を受賞しています。
by blues_rock | 2012-11-30 00:46 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
ローリング・ストーンズが、待ちに待ったデビュー50周年記念のプレミアム公演を行ないます。
ロンドンで11月25日と29日、アメリカのニュージャージー州で12月13日と15日計4回の公演です。
前売りチケットは、売り出し数分でソルド・アウト(完売)、先を争い買ったのが、ロック数寄の中高年でした。
a0212807_15195037.jpg
1962年のデビューから2012年の今年まで一度も解散することなく現役で世界トップのロックバンドですから、ローリング・ストーンズを“霊長類最強のロックバンド”と称してもロック数寄に異存はないと思います。
1962年デビューのロックミュージシャンには、ザ・ビートルズ、ボブ・ディランがいます。
音楽評論家の投票で「ロック史上最も偉大な500曲」を選出すると第1位ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・
a0212807_15222764.jpg
ストーン」、第2位ジョン・レノンの「イマジン」、第3位ローリング・ストーンズの「サティスファクション」だとか、2012年の今年は、そのローリング・ストーンズ、ビートルズ、ディランの50周年に当たります。
ローリング・ストーンズのプレミアム公演に行けない日本のロック数寄のためにWOWWOWが、ライブ最終日12月15日(日本時間12月16日)の公演をニュージャージー州ニューアーク・プルデンシャル・センターから独占生放送するそうです。
by blues_rock | 2012-11-30 00:13 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
私の住まう福岡市南区の丘陵地、旧福岡県農業試験場の跡地に福岡市の「花畑園芸公園」があります。
毎年11月花畑園芸公園では、恒例の「ミカンの収穫祭」が開催され、今年も応募し参加(有料:1人2キロ200円)して来ました。(参考:昨年の花畑園芸公園はこちら
広大なミカン園の入り口で、係員の方から渡された収穫バサミと2キロ程度入るポリ袋を手にし、丹精に栽培管理されたミカンの木から美味しそうな実を選んで、パッチンパッチンとハサミで切り収穫しました。
a0212807_2393163.jpg
家に持ち帰るまで待ち切れず、歩きながら皮を剥いたミカンを四等分して口の中へポンと放り込むと甘酸っぱいミカンの果汁と果肉の食味感で思わず‘美味い!’と叫んでしまいました。
ミカン収穫の2週間後、次は‘柿狩り’とばかり、職場の同僚たちとボックスカー1台に分乗し、同僚の実家のある浮羽の柿山へ柿の収穫に行きました。
耳納連山の同僚が、‘とっぺん山’と呼ぶ富有柿の柿園には、車のエンジンを吹かしながら狭く険しい急な山道
a0212807_2431486.jpg
を登って行きました。
車に乗っている者全員一様に「危ない!落ちないか?」と山から眺める絶景は見ないで、山道の崖下ばかり眺めて‘ワー、ワー‥、キャア、キャア‥’と(自分のことは棚に上げて)車内のうるさいこと、うるさいこと。
やっと‘とっぺん山’のとっぺんに到着すると、良く手入れの行き届いた広い柿園いっぱいに、大きな富有柿がたわわに実り、目の前の枝に生る美味しそうに色づいた富有柿の誘惑に勝てず“一ついただきます!”とガブリ‥
a0212807_248487.jpg
ここでも思わず‘美味い!’と叫んでしまいました。   (上写真:花畑園芸公園~九州ロマンチック街道から)
それぞれ肩が抜けるくらいカゴいっぱいに収穫した柿を車に積み込み、山を下り、同僚実家の庭で獲物の‘山分け’です。
Lサイズ1個100円なので‘等しく山分け’の紳士協定が、柿分捕り合戦と相成りました。
道中、原鶴温泉に立ち寄り、いい湯加減の温泉にどっぷり浸かり、豊かな九州の秋を満喫した一日でした。
by blues_rock | 2012-11-29 00:34 | 自然/農耕/食料 | Comments(0)
実在するソマリア遊牧民出身のスーパーモデルで女優・女性人権擁護家ワリス・ディリー(1965~)のショッキングな自伝「砂漠の女ディリー」をワリスの信頼厚い女性監督シェリー・ホーマンが、自ら脚本を書き監督、ドイツ・オーストリア・フランスが、共同製作した映画です。
テーマは、アフリカほか世界中の一部地域に今も残る因習 “女性器切除(FGM)”の実話で、ワリス・ディリーの自伝を元に映画化した2009年作品です。
映画のタイトル「デザートフラワー」とは、砂漠の花という意味‥砂漠に咲く花の色は、女性器切除されてアフリカの大地に流した幼い女の子たちの血の色(出血多量で死んだ幼子たちの血の色)だろうと思います。
a0212807_084520.jpg
ワリス・ディリー役を同じアフリカ(エチオピア)出身の現スーパーモデル、リヤ・ケベデ(1978~)が、3,000人のオーディションから選ばれ、体当たりの演技で熱演しています。
ワリス・ディリーは、モデルを続けながら女性人権擁護家として自分が5才の時に強制的に手術されたFGMの廃絶に向け国連特別大使も務めました。
アフリカ一部地域の処女信仰の因習とは云え、女の子に生まれると幼児のとき砂漠の水もない不衛生な状況で、麻酔や鎮痛剤の投与もなく母親に押さえられて(母もまた幼児のときされたこと)、激痛に耐え泣き叫びながら助産婦からカミソリあるいはナイフで女性器を切除され、マッチ棒くらいの尿道だけ残し縫合する手術を強制的に受けるのです。
a0212807_010122.jpg
1997年ワリス・ディリーが、スーパーモデル絶頂期の32才のとき「マリー・クレール」誌の取材に“女性器切除(FGM)”の悲劇を公表し、因習の廃絶を訴えました。
2002年には、ウィーンを拠点にして、FGM廃絶のためのワリス・ディリー基金を設立、FGM廃絶に向けた活動を開始しました。
2006年ヨーロッパ連合(EU)が、公式にFGM廃絶をアピールしました。
2007年フランス政府は、ワリス・ディリーに同国最高勲章である‘レジオンドヌール勲章’を授与しました。
ケニア・ガーナなどアフリカ14か国で、FGMを禁止する法律を制定しました。
a0212807_0113079.jpg
          (ワリスを演じたリヤ・ケベデ左と映画のモデルとなったワリス・ディリー右)
それでもまだ因習の残る地域を始め世界中で年間20万人以上の幼い女の子が、女として生まれたがゆえに“女性器切除(FGM)”の被害に遭っているとのこと、これは紛れもなく、幼児への性的虐待であり、明らかに人権無視の刑事犯罪(性犯罪)です。
ワリス・ディリーは、旧い因習の中でいまも生きる世界中の女性の希望と正義のため、自らの辛い幼児体験を強い信念に変えて、FGM廃絶と女性人権擁護の活動を続けています。
by blues_rock | 2012-11-28 00:03 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
中島みゆき(1952~)は、詩と音楽の才能に溢れる才媛(シンガーソングライター)で1975年のデビューから2012年に至る現在まで37年間に39枚のオリジナル・アルバムをリリースしています。
あの偉大なボブ・ディランでさえ35枚のオリジナル・アルバムですから中島みゆきの希有な才能が、いかに際立っているかお分かりいただけると思います。
a0212807_21592844.jpg皆様に読んでいただいている拙ブログ記事のランキング第1位は、今年6月25日に掲載しました「中島みゆき‥永遠の嘘をついてくれ(ライブ)」です。
中島みゆきのファンが、大勢おられるようなので今夜は、NHK総合テレビ番組「プロジェクトX~ 挑戦者たち」の主題歌として有名になりました「地上の星」を中島みゆきファンの皆様方に贈りたいと思います。
同番組のテーマと中島みゆきの唄う主題歌との相性がピッタリで、「地上の星」は、同番組のシンボルとしてロングヒットに貢献しました。
番組のナレーションを担当した俳優でロックミュージシャンの田口トモロヲの声による勇気と情熱の表現も味わい深く感動しました。

     地上の星   作詞作曲:中島みゆき
a0212807_21595797.jpg
風の中のすばる
砂の中の銀河
みんな何処へ行った
見送られることもなく
草原のペガサス
街角のヴィーナス
みんな何処へ行った
見守られることもなく
地上にある星を誰も覚えていない
人は空ばかり見てる
つばめよ高い空から教えてよ
地上の星を
つばめよ地上の星は今
何処にあるのだろう

a0212807_031150.jpg崖の上のジュピター
水底のシリウス
みんな何処へ行った
見守られることもなく
名立たるものを追って
輝くものを追って
人は氷ばかり掴む
つばめよ高い空から教えてよ
地上の星を
つばめよ地上の星は今
何処にあるのだろう

名立たるものを追って
輝くものを追って
人は氷ばかり掴む
風の中のすばる
砂の中の銀河
みんな何処へ行った
見送られることもなく
つばめよ高い空から教えてよ
地上の星を
つばめよ地上の星は今
何処にあるのだろう

(付録)中島みゆき 「恩知らず
by blues_rock | 2012-11-27 00:27 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
スタンリー・キューブリック監督(1928~1999没、享年71才)の作品は、いつ見ても新鮮でおもしろい映画です。
キューブリック監督は、自作映画において製作・監督・脚本はおろか撮影・音楽・編集など映画全般に指揮をとる‘完全主義者’で知られています。(参考:シネマの世界‥「アイズ・ワイド・シャット」
1971年の映画「時計じかけのオレンジ」も製作・監督・脚本をキューブリック監督自身が、担当しています。
スタンリー・キューブリック監督のSF三部作は、1964年公開映画「博士の異常な愛情(私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか)」、1968年公開映画「2001年宇宙の旅」と続き、SF三部作の最後が1971年公開映画「時計じかけのオレンジ」でした。
a0212807_131693.jpg
映画のストーリーは、近未来のロンドンが舞台で、イギリスの国家規範は、自由放任主義と管理的全体主義とが混在する社会体制で両者が、政治対立していました。
その両極端なパラダイムの在りようをキューブリック監督ならではのアイロニー(皮肉)たっぷりの映像とリアリズムで鮮烈な風刺劇として表現していました。
ロンドンの街には、無法と暴力が満ち溢れ、異様な成りをしたチンピラたちが、毎晩ドラッグ入りのミルクを飲んでは、徘徊し行く先々で、暴行・レイプ・強盗・殺人など極悪非道な行為を繰り返していました。
郊外の家に押し入ったチンピラ・ギャング4人のリーダー、アレックス(マルコム・マクダウェルが怪演)が、鼻歌
a0212807_141690.jpg
(雨に唄えば)を唄いながら家の主(あるじ)に暴力を振るい、彼の目の前で妻をレイプする非道ぶりにキューブリック監督の自由放任主義への痛烈なアイロニーを感じました。
この自由放任主義のアンチ・テーゼとして国家権力(政府)は、全体主義的社会統制と市民を管理する方法を画策します。
自由放任主義思想による凶悪犯罪の増加で刑務所の中は、受刑者で溢れ、刑務所の合理化と管理強化のためイギリス政府は、犯行の非道さ残忍さでマスコミの注目度の高い犯罪から、服役中のアレックスを ‘洗脳’改造し更生させる人体実験のプロパガンダ(国家政策の宣伝)に利用しました。
a0212807_17178.jpgアレックスは、政府の秘密実験室に監禁され、彼に暴力や性行為に対して過剰な嫌悪感を示す医学実験を行ないました。
アレックスが、眠れないように彼の両瞼(まぶた)を装置で開き、彼の愛するベートーベンの音楽「交響曲第9番」を大音響で流しながら、暴力や性行為の映像を何日も見させるという拷問のような人体実験をアレックスに行ないました。
この拷問のような洗脳実験から彼が逃れる方法はただ一つ、自殺することでした。
これから後のストーリーは、映画「時計じかけのオレンジ」をご覧になる方のお楽しみに残しておきます。
映画最後のシーンは、いつ見ても何回見ても‘最高!’です。
キューブリック監督は、映画の撮影に入る前、ロンドンで上映された松本俊夫監督の映画「薔薇の葬列」(1969)を見て感動、「時計じかけのオレンジ」には、コマ送りシーンなどにその影響が感じられます。
41年前の映画ですが、旧さはまったくなく‘最新映画’の傑作と言えるでしょう。
by blues_rock | 2012-11-26 10:41 | 映画(シネマの世界) | Comments(2)
九州国立博物館(大宰府)で、現在開催中のベルリン国立美術館展に行ってきました。
もちろんお目当ては、フェルメールの「真珠の首飾りの少女」です。
a0212807_23235287.jpg
予想していたとは云え、大宰府天満宮は、大勢の観光客で混雑し、天満宮となりの九州国立博物館は、それをさらに上回る黒山の人だかりで、東京の美術館での名画鑑賞を思い出しました。
a0212807_2324880.jpg会場でフェルメールの絵の前で立ち止まりゆっくり見ることなどできまいと覚悟していましたので、モノキュラ(単眼鏡)を持参しました。
フェルメール作(と美術研究家・美術史家が認定した)絵の中に‘ホントかな?’と感じる作品(もの)もないわけではありませんが、ベルリン国立美術館所蔵の「真珠の首飾りの少女」は、紛れもない本物で、すばらしい作品でした。
フェルメール真贋の決め手は、“絵の品格とフェルメール・ミスト(空気感)”です。
フェルメール絵画には、凛とした気品があり、絵がフェルメール独特の空気感をもっています。
同展覧会に他には、デューラー最期の肖像画やクラナッハ(父)の肖像画・裸婦像の名品なども来ていました。
by blues_rock | 2012-11-25 20:12 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(1)
先日の新聞の一面に、衆議院解散の国会本会議場の光景を写した写真が、大きく掲載されていました。
衆議院の解散を宣言した主役の首相が、‘バンザイ!バンザイ!’と連呼する阿呆たち(衆議院議員のこと)を憮然とした表情で眺めている写真でした。
国会を会社に例えて分かりやすく説明するなら国会議員なんて、首相を社長とする国家貢献サービス業の契約社員で、衆議院事業部が、雇用契約期間4年、参議院事業部が雇用契約期間6年の‘契約社員’と考えれば良いと思います。     (上写真2枚:初期伊万里皿 / 下写真2枚:古唐津金継ぎ皿、骨董じじばば)
a0212807_035752.jpg
株主は、ステークホルダー(直接・間接に利害関係を有する者)である有権者(納税者)です。
契約社員が、誠心誠意のサービスを提供しなければならない相手(顧客)は、すべての日本国民です。
参議院事業部所属の契約社員は、一旦採用されると6年の雇用契約期間に、おバカでもボンクラでもクビになることはありませんが、衆議院事業部の社員の場合は、4年の雇用契約期間の途中でも、会社経営に支障があれば社長の決断一つ、虫の居所一つで、衆議院事業部を‘解散’し全社員クビにすることができます。
いまの衆議院事業部を解散するという業務命令を発し、苦虫を噛み殺したような顔の社長の前で、クビになって
a0212807_041180.jpg
失業したはずの契約社員たちが、うれしそうに‘バンザイ!バンザイ!’と叫ぶ異様さは、アホウなのか、おバカなのか‥得体の知れない人たちです。
日本国株式会社は、来月12月16日に新しい国家貢献サービス担当の契約社員を採用するため株主総会(総選挙)を開催し、その後次期社長が決まります。
株主総会(総選挙)を前に、有象無象の派遣会社(政党)が乱立、自社の派遣社員を雇用してもらおうと‘やります!やります!’‘できます!できます!’とサギまがいの誇大広告合戦を繰り広げています。
a0212807_045095.jpg
派遣会社(政党)は、賞味期限の切れた商品(老派遣社員)を平気で売り込む旧態依然の会社、手アカの付いた商品(右顧左眄する派遣社員)を叩き売る会社、ハッタリばかりで怪しげな商品(サギ師のような派遣社員)ばかり並べたベンチャー会社‥などなど居抜きで転売される居酒屋のごとき光景です。
来年2013年以降4年間、衆議院事業部で働いてもらう新しい契約社員たちに求める雇用条件は、サービス業に必要な‘現場’での決断力と実践力に併せ、明るく朗らかなキャラクターをもつ人材です。
「減税・反TPP・脱原発」を九官鳥のように繰り返すだけで、国家貢献サービス精神のない契約社員は、これか
a0212807_052568.jpg
らの日本国株式会社に必要な人材ではなく4年間も契約社員として雇用するわけにはいきません。
雇用主であり納税者(株主)でもある有権者のご同輩にお願いします。
全国各地域の現実(高齢化に伴う介護・医療対策)、日本社会システムの現実(国家財政・経済と雇用・エネルギー政策・食料安保)・日本を取り巻く東アジアと世界の現実(安全保障・国防)に臆せず立ち向かえるだけの資質と行動するエネルギーがある若い契約社員を一人でも多く採用しましょう。
6年間クビにできない参議院事業部については、廃止も含め大胆な契約社員のリストラが必要です。
by blues_rock | 2012-11-24 00:12 | 経済/政治/世界 | Comments(0)
イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館(ボストン)の創立者が、1892年パリのオークションでフェルメール(1632~1675)の作品「合奏」を購入しました。
フェルメールの作品で現存するは、油彩画の34点だけで、素描・下絵など一切残っておりません。
a0212807_117887.jpg
1990年3月18日深夜、イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館に警察官を名乗る二人組の男が侵入、警備員を縛りあげてフェルメールの「合奏」、レンブラントの作品3点など13点を盗んで逃走しました。
侵入から逃走まで1時間21分、ガードナー美術館にある数多の作品の中からフェルメールやレンブラントを選ぶ手際の良さは、相当絵画を熟知したプロの仕業と思われます。
13点の作品は、忽然と消えたまま、いまだ1点も発見されておりません。
現在も捜査中なので、早く無傷で発見されることを切に願います。
by blues_rock | 2012-11-23 02:08 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(2)
川柳は、江戸時代中期に生まれた諧謔(かいぎゃく)精神に満ちた‘五・七・五’調の詩歌文学です。
時実新子(ときざねしんこ、1929~2007)は、現代川柳の第一人者でした。
1987年に発表した川柳句集「有夫恋」は、心の底にある女の情念を謳いあげ‘川柳’の知名度を高めました。
a0212807_15491226.jpg性的な隠喩ある言葉に、相当セクシャルな句も多数ありますが、女の性を素直に表現しているので句に強靭さを感じます。
                ◇
どうしても  好きで涙が  膝に落ち
手が好きで  やがてすべてが  好きになる
たわむれの  鋏が垂直に  落ちた
舟虫よ  お前卑怯で  美しい
膝折って  愛に恥など  あるものか
百合みだら  五つひらいて  みなみだら
どうぞあなたも  孤独であって  ほしい雨
よその男と  命の芯を  みつめ合う
男の嘘に  敏感な  ふしあわせ
ののしりの  果ての身重ね  昼の闇
カザノヴァに  逢いたや指の  反るほどに
空に雲  この平凡を  おそれずに
by blues_rock | 2012-11-22 00:39 | 詩/短歌/俳句/小説 | Comments(0)