ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大晦日の新聞のつまらないテレビ番組欄を見て、ため息をついている方にお薦めしたい映画(DVD)です。
人の弱さとは、何か?人の強さとは、何か?‥人を愛すること(命を懸けて守る勇気)とを美しい映像で表現する映画でした。
それが「君のためなら千回でも」です。
a0212807_11364952.jpg東京の友だちが、私にDVDを贈ってくれたのは、人生の難局に直面すると安易で楽な方へ逃げてばかりで正面からぶつかる勇気のない“私の弱点”を知るゆえの友情であったと思います。
人の言うことを素直に聞かない私へ映画「君のためなら千回でも」による沈黙のメッセージだったのかもしれません。
マーク・フォースター監督(1969~44才)の2007年作品で秀作です。
封切り時に見て感動、以来何度か見ました。
映画好きの方にお薦めいたします。
原題「The Kite Runner」のとおり、Kite=凧(たこ)が、この映画の重要な場面で大切な役割を演じています。
映画の舞台は、1970年代から2000年の現代アフガニスタン‥イスラムと民族対立による内戦で疲弊したアフガニスタン社会をフォースター監督の目(撮影カメラ)は、リアルに追います。
映画ストーリーは1978年冬のカブール、12歳のパシュトゥーン人アミールとハザラ人のハッサンは、兄弟のように仲良しで大の親友でした。
アミールの父親は資産家で、ハッサンの父はアミール家の召使いで、息子ハッサンと一緒に住み込んで働いていました。
a0212807_11374754.jpgアミールとハッサンの二人は、カブール恒例のケンカ凧あげ合戦で見事に優勝します。
落ちた凧を拾いに行ったハッサンは、パシュトゥーンの少年たちに襲われ性的暴行を受け、アミールはその現場を目撃しますが、臆病な彼は、恐怖で動けず、その場から逃げ帰りました。
その事件から卑屈になったアミールは、親友であったハッサンに冷たく接し、彼を虐待しますが、それでもハッサンはアミールを親友と思い慕い続けます。
ハッサンは、ついに親友アミールから泥棒の濡れ衣をきせられました。
息子ハッサンを信じ愛するハッサンの父は、アミールの父親が「出て行くな」と制止する声を無視し、息子と二人毅然として家を出ていきます。
1979年ソ連はアフガニスタンを侵略、アミールは反共産主義者の父に連れられアメリカへ亡命しました。
時が流れ2000年、アメリカで作家になったアミールの元に、ある日パキスタンから電話がかかってきます。
a0212807_11413395.jpg亡き父の親友で、自分の才能を子供の頃、一早く見出し応援してくれた恩人からでした。
それは、故郷で子供を1人残し、ハッサンが死んだことを伝える電話でした。
アミールは、パキスタンへ行き、衝撃的な事実を知ります。
彼は、タリバン圧政下のアフガニスタンへ国境を越え、ハッサンの子供を迎えに行きますが‥これ以上は、映画(DVD)を見ていない方のために言わぬが花でしょう。
臆病で弱虫なアミールに厳しい彼の父が、親友に「アミールは何かが欠けている。自分を守れない子供は誰も守れない大人になる。」というシーンがあります。
このことも映画の重要なキーとなっていきます。
カブールの青空に舞う凧の躍動感が美しく、映画の中の重要なシーンに、すばらしい効果を出していました。
by blues_rock | 2011-12-31 11:49 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
a0212807_348866.jpg私が、レスター・ブラウン氏(1934~77才)に魅かれたのは、1984年の著書「誰が中国を養うのか」を読んでからでした。
当時の日本は、バブル経済にどっぷり浸かり、地価高騰という土地神話に酔い痴れ、世界中の不動産物件の買占めに奔走、そして飽食と浪費に明け暮れていました。
国民は、総中流階級意識でピーヒャラ浮かれ踊り‥日本円で買えないものはないと豪語し、傲慢になっていました。
バブルが崩壊すると日本経済は一気に奈落の底へ‥現在、日本の株価は、当時の‘5分の1’の水準で低迷しています。
日本の経済は、収縮したままデフレ脱出の糸口もつかめず、20数年苦しみ続けています。
この著書の発表当時、原油の価格は1バレル20ドル台(現在100ドル)で、著書のあまりの衝撃的な内容に日本のほとんどの人たちが、反発し嘲笑するか、あるいは無視しました。
私は、本を読んだ時、傲慢な覇権国家アメリカにも明晰な知性を持った優秀な人もいるんだなと感心したことを憶えています。
レスター・ブラウン氏は、今や地球環境学者として世界的に有名になりました。
それだけ地球環境破壊の現状が、彼の解析した悪化の予測よりずっと早いスピードで進行しているからに他なりません。
5年前の2006年5月25日、立教大学大学院で「持続可能な未来環境~水・食糧(農業)・自然・人類」と題したレスター・ブラウン氏の講演を聞く機会がありました。
世界は、深刻な問題と課題に直面していますが、講演の内容は、それに対する人類の未来への提言でした。
レスター・ブラウン氏は、自ら世界中の現地に行き、自分の目で現場を調査された事実を元に仮説を立てられ、その証明には、具体的な統計数字で分析されており未来環境の予測と提言は、説得力と迫力があります。
a0212807_352498.jpg講演は、実に明解で明晰です。
ゆっくりそして確実に、人類滅亡の淵に向かう、地球の生態系バランス破壊の実態、絶滅が加速し減少続けていく種の事実、厳しく難しい課題を、平易な言葉で未来の主人公である次世代の人たちに分かるように話されるので、しっかりと聞く者の心に入ります。
1.世界人口の5%を占めるアメリカが、地球資源33%~40%を消費していたが、中国はいま鉄でアメリカの3倍、食肉で2倍を消費している。
25年後の2031年(今年30才の人が55才の近未来‥遠い将来ではない)中国の14~15億人が、現在の中国経済成長(現在の10%台が少し落ち8%の成長で推定)するなら、アメリカ人1人当たりの消費量で計算すると、世界穀物全生産量の70%、紙の200%を消費するが、もう地球のどこにもそんな土地も森林もない。
自動車は、アメリカでは4人で3台所有(日本は2人で1台)している。
中国が、それを望み実現しようとしたら11億台の自動車が必要となる。
現在、世界全体の自動車総保有数は8億台だが、2倍近い自動車数となる。
それだけの自動車を走らせる原油は、地球のどこにも埋蔵していない。
2.インドの人口はやがて中国を上回り、現在BRIC'S4国の人口は30億人、全世界人口の半分を占める。
3.20世紀までのオールドエコノミー・パラダイム(生活価値観)からニューエコノミー・システムに変革しなければならない。
自分たちが、地球の住人でありたいなら、地球環境では観客や応援団ではない。
a0212807_352519.jpg(右写真は、上が1968年当時のチベット高原とエベレスト、下は2007年の風景)
4.西ヨーロッパでは、風力発電で2千万人が生活し2020年までに2億人が、暮らせるようになる。
例えば、アムステルダムでは、市内の交通移動の37%が自転車で、インフラも整備されている。
日本のエネルギー資源は、地熱であり世界最大の資源国、全国に1万以上の温泉が湧く国は、他にはない。
寒冷な国アイスランド全建物の85%は、地熱暖房である。
海外の遠い国から輸入する残り少ない原油に依存せず、各地域に豊富にある、太陽光・風力・水力・地熱など、自然の中で循環する電気エネルギーに転換すべき時である。
21世紀になり、日々枯渇に向かう原油は60ドル(注、2011年現在100ドル)を越え価格が、高留っている。
この価格であれば、エタノールもバイオ・ディーゼルもコストに見合ってくるだろう。   
5.自分(レスター・ブラウン氏)は、古代文明の跡地に行き、そこでなぜ繁栄した古代文明が滅亡し消えて行ったかを考える。
どの古代文明にも必ず滅亡した理由(サイン)がある。
a0212807_454241.jpg(下写真は、地熱発電先進国アイスランドの地熱発電所)
高度に繁栄した古代文明シュメール国家は、潅漑農業による土壌の塩害汚染で滅び、マヤ文明も古代都市生活を維持するための森林伐採で耕地の表土が流され、食料の再生産が不能となり滅亡した。
6.新エネルギーとして期待されるエタノール・バイオディーゼル燃料も、新たに食料問題として火種となった。
ブラジルで生産する砂糖の50%がエタノール用原料であるが、価格が1年前の2.5倍と高騰している。
大豆・トウモロコシ・パームなどエタノール・バイオディーゼル燃料用原料供給のため大規模生産農地が必要となり、世界の「熱帯雨林」が開墾開発され、地球気象に影響が出るようになってきた。(台風・ハリケーン・サイクロン・旱魃など広域で多発、同時性)‥商品市場は、もっと自然の生態系を知らなければならない。
7.スエーデンは、国家目標として2020年オイルフリー(原油ゼロ)にすると宣言した。
ノルウェーのオースティン氏は、「エコノミー(経済)の真実を伝えなかった共産主義は滅亡した。エコロジー(環境)の真実を伝えない資本主義もまた崩壊する。」と警告している。
a0212807_4195810.jpg8.生存しえる持続可能な自然環境と生態系保護のためには、貧困撲滅も重要なもう一つの仕事である。
最貧国・貧困地域の人口抑制コストは、680億ドル(7兆5千億円)、自然環境生態系の維持コストは930億ドル(10兆円強)、この合計1,610億ドル(17兆7千億円)があれば、現在の問題解決ができ、未来に生きる人類のプログラムを示すことができる。  (上の写真は、パリ市の自転車レンタル・システム)
9.アメリカの軍事費は、5千億ドル(55兆円)全世界軍事費の50%を占めている。‥これは、冷戦構造下の国家対立の軍事費である。
現実に、高額高性能ハイテク武器に巨大なコストを支払っても、テロに対応できていない。
その日その日の食事が満足にできない貧困の民(収入の70%以上が食費)は、推定で20億人と推定される。その最貧国・貧困地域にアメリカが、軍事費の20%を世界の貧困国・地域に食糧・医療等として支援提供すれば、アメリカは真に世界のリーダー国家として敬愛されるであろう。
a0212807_424113.jpg(左写真は、スペインの太陽光発電設備の風景)
10.講演の最後にレスター・ブラウン氏は、「時間が私たちの最も大切な資源である。エネルギー資源を太陽に求めれば、太陽と同じ時間持続可能になるであろう。」と私たちにメッセージされた。
以上が、講演の要約です。
2006年5月以降、世界では“想定の範囲外”の予期せぬ出来事が、次々に発生しました。
アメリカ経済の破たん(サブプライム崩壊・リーマンブラザース破産など)、ユーロ経済圏諸国の財政破たん、日本では東日本大震災と「レスター・ブラウン予想」に追い打ちをかけるかのように世界(地球環境)の悪化は進行しています。
by blues_rock | 2011-12-30 04:35 | 自然/農耕/食料 | Comments(0)
12月24日「We Are The World(1985)」について書きましたので、今夜は翌1986年のHard Rock/Heavy Metalのロックミュージシャンたちによるチャリティ・プロジェクト「Stars ~ Hear'n Aid」を紹介いたします。
「We Are The World」チャリティ・プロジェクトに感動したHeavy Metalバンド「DUO」のロニー・ジェイムス・デュオは、1986年彼の「オレたちもアフリカの子供たちを救うために何かしよう」の呼びかけにHard Rock/Heavy Metalのロックミュージシャン40名が、名乗りを上げ「Hear'n Aid」プロジェクトを結成、12インチシングル盤とLPアルバム盤「Stars」が、制作されました。
a0212807_1647349.jpg
HR/HMがスキな私には、夢のようなプロジェクトでした。
それをリアル・タイムで聴けたのもラッキーでした。
ちなみに、この2枚のレコードは、「We Are The World」と合わせ、今でも私の大切な宝物(LPレコード盤)です。
ハードロック・ヘヴィメタルを代表するヴォーカリストたちによる歌と超絶技巧の名ギタリストたちのギター・バトルを心行くまで堪能してください。
Θ YouTube Hear'n Aid「 Stars 」
http://www.youtube.com/watch?v=qZktrrqT1A0
a0212807_16475782.jpg
アルバム「Stars」は、HR/HMの名曲で構成されています。
とくに、9.The Zoo / SCORPIONSは、HR/HM名曲中の名曲です。
1. Stars
2. To the limit / ACCEPT
3. On the road / MOTORHEAD
4. Distant early warning / RUSH
5. Heaven's on fire / KISS
6. Can you see me / JIMI HENDRIX
7. Hungry for heaven / DIO
8. Go for the throat / Y&T
9. The zoo / SCORPIONS
by blues_rock | 2011-12-29 00:01 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
イタリア映画の傑作を紹介します。
映画が、総合芸術であることを証明した質の高い作品なので、映画ファンにぜひお薦めしたい作品です。
2007年イタリア映画史上最多の10部門(作品賞・監督賞など)の受賞をしています。
a0212807_154463.jpg日本での評判はあまり高くないようで、封切り当時東京で2(銀座・池袋)、大阪で1映画館だけ、私が見た福岡ではミニシアター(シネテリエ天神)の1箇所で、それも1日1回の上映だけでした。
「湖のほとりで」は、原作・シナリオ・演出・撮影・音楽などどれをとってもレベルが高く、出演している俳優陣も映画の登場人物の役割にあわせて、個性的で見事な演技をしていました。
初老の刑事を演じたトニ・セルヴィッロ(下の写真左)の哀愁あふれる渋い演技は、秀逸でした。
アンドレア・モライヨーリ監督は「湖のほとりで」が初めての長編映画ながら、映画の撮影・カットといい演出といい、すでに名監督の域にあります。
映画のストーリーは、北イタリアの小さな村で発生した殺人事件を縦糸に登場人物それぞれの愛と哀しみが、交錯した情感溢れる人間模様‥家族の愛憎・人生の悲哀を横糸に展開していきます。
a0212807_1654083.jpg映画は、山里の村で女の子が突如行方不明となり、その捜索中に小さな湖のほとりで別の少女の全裸殺人死体が、発見されるところから始まります。
映画をこれからご覧になる方のために、これ以上のストーリーは、お話しないでおきましょう。
この映画冒頭に、サイコ・ホラーの雰囲気を漂わせて心理推理サスペンスを感じさせるような導入が、この映画のシナリオと演出の秀逸なところで見どころと思います。
映画の映像も美しく、カットの構成と併せて映画を見終えてしばらくスクリーンの静かな余韻に浸りました。
映画も絵画も音楽も‥心をどきどきさせるものが、すばらしいと思います。
by blues_rock | 2011-12-28 00:37 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)
この二人の名前を聞いてすぐに「ロカビリー(Rock-A-Billy)」につながる人は、真正のロックンローラーです。
a0212807_1162587.jpgエルヴィス・プレスリーのロックンロールを聴いた二人は、古いカントリー&ウエスタンのヒルビリー(ヒルビリー・バップ)をロックンロールと融合させたオリジナリティ溢れる新しい音楽スタイルの「ロカビリー」を生み出しました。
ロカビリーの全盛は、1955年~1958年でジーン・ヴィンセント(1935~1971没、享年36才:上写真)は、「ビー・バップ・ア・ルーラ」(ビートルズがカヴァー)、エディ・コクラン(1938~1960没、享年22才:下写真)も「サマータイム・ブルース」(ザ・フーがカヴァー)を大ヒットさせました。
a0212807_14272038.jpgロカビリーの曲は、アップテンポでギターを前面にフィーチャー、ウッド・ベースとドラムでリズムをガンガン‥典型的なのが、エルヴィスのロカビリー「ブルー・スェード・シューズ」(詞曲:カール・パーキンス)で、当時の彼のリーゼント・ヘアースタイルがあまりに印象的でしたので、ロカビリー=リーゼントのイメージになりました。
ロカビリーの特徴は、「ROCK-A-BILLY-BEAT」(鈴木カツ著)によると ・・・ 1.マンブリング(言葉をつめる)唱法・ヒーカップ(シャックリ)唱法 2.スラップ奏法(弦を叩いたり、引っ張ったりするスラッピング)のベース 3.リズムは、独特のひっかかり気味の2ビートもしくはシャッフル 4.黒人のロックンロールより、どこか白人のカントリーっぽさ、にあるのだそうです。
a0212807_14283046.jpg1960年、ジーン・ヴィンセントとエディ・コクランの乗ったタクシーが、交通事故を起こしました。
エディが死亡、ジーンは重症を負い、やがてロカビリーもロックの登場で衰退していきます。
1980年代になるとハードロック・ヘヴィメタルロック・パンクロック‥と多様化し重々しくなったロックに飽きた若者たちの中に、ロックンロール音楽の原点に帰ろうとする“ネオ・ロカビリー”と呼ばれるロックンロール回帰ブームが起きました。
ブライアン・セッツァー率いる「ストレイ・キャッツ」(右写真)のような音楽センスあるバンドの活躍で「ロカビリー(Rock-A-Billy)」が、改めて見直されました。
by blues_rock | 2011-12-27 00:50 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
a0212807_2032034.jpg金の価格が、世界市場で高値を続けています。
原因は、ドル・ユーロなど世界先進国のマネーを金融市場が信用せず、マネーの価値が下落しているからです。
金は、所有していてもそれ自体利息が付くわけでもないので、原油・天然ガス・鉄鉱石など資源国の巨額資産(ソプリンファンド)を運用するヘッジマネーが、資金の逃避先として金を利用しているのも要因です。
金は、古代エジプト王朝の装飾遺品類、百済の宝飾品、豊臣秀吉の黄金の茶室などから、庶民の装身具まで王侯貴族や庶民を魅了してきましたので、きっと金には人間の感性を魅惑する普遍的な美しさがあるのでしょう。   (上・下写真 : 金継ぎ工芸会の天神教室工房)
私個人は、金の延べ棒や金塊に興味ありませんが、壊れた(あるいは欠けた)古陶を繕うために、金を使った「金継ぎ」や古陶磁の欠片(陶片)をウルシでつなぎ新しい器にした「呼び継ぎ」には、大いに興味があります。
a0212807_2075114.jpg
新しい陶磁器にはない美しさが、古陶磁器にはあります。
しかし、心を魅了する古道具のほとんどは、博物館・美術館のガラスケースの中か、個人所有の蔵の中なので、この手に持ってしみじみ弄り眺めることができません。
ならばせめて、手に入る壊れた古陶磁・古陶の欠片(かけら)があれば、気に入ったものを選んで「金継ぎ」してみたいと長年思い続けていました。    (下写真 : 本阿弥光悦 銘「雪峯」金繕い)
a0212807_2084483.jpg幸運にも福岡に「金継ぎ工芸会」があり、金継ぎの門前の小僧くらいにはなりたいと、一年半前に入会しました。
見よう見まねの手習いですが、古陶の土くれを弄りながら、古えの陶工の魂に触れられれば、それで満足です。
by blues_rock | 2011-12-26 00:23 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)
アンリ・マチス(1869~1954享年85才)は、20世紀絵画に重要な役割を担った“フォービズム(野獣派)”表現運動のリーダーで、活動の中心人物でした。  ◇下の絵はフォービズムを象徴する「マチス夫人像(1905)」
a0212807_13541727.jpg
マチス・ヴラマンク・ドランなど強烈な個性の絵筆は、赤・青・緑・白・黒・黄色など瑞々しくも強烈な原色から今までダレも見たことのない絵画を描きました。
a0212807_13544180.jpgマチスは、色彩のセンスに優れ「色の魔術師」と呼ばれました。
また、デッサンにもシンプルな線(鉛筆など)による美しい作品を残しました。
彼らの展覧会を見た人が、「なんだ!これは‥、まるで野獣のような絵ではないか!」と叫んだことから、彼ら前衛絵画グループの絵は「野獣派=フォービズム」と呼ばれることになりました。
自分の美の感性に忠実であり、自由な感覚・発想で絵を描く若い前衛画家たちの才能が生み出したフォービズム絵画は、19世期の抑圧された精神を解放し、20世紀の新世代へ「絵画とは自由な魂の表現」であることを証明しました。
当時、フォービズムの若い画家たちは、ゴッホ・ゴーギャンたち後期印象派の影響を受けており、ゴッホ・ゴーギャンは、ジャポニスム芸術運動の発端となった浮世絵に大きな影響を受けていました。
ヨーロッパに渡った江戸時代の浮世絵は、美術品としてではなく当時の主要輸出品であった磁器(古伊万里窯)を割れないよう包装し、茶箱に詰め込むための包装紙でした。
a0212807_1441462.jpgすばらしい芸術作品である浮世絵を包み紙にする極東の日本とは、いかなる国か? 当時のヨーロッパの人々、特に美術に関心のある人たちに日本美術への憧憬(あこがれ)を広め、たちまち「ジャポニスム」芸術としてヨーロッパを席巻しました。
浮世絵は、絵師・彫師・摺師・版元が共有する美意識で制作された版画で、当時のヨーロッパ宮廷文化にはない芸術でした。
江戸時代の庶民(町人)のエネルギーにより創り出された究極の大衆芸術が、浮世絵でした。
by blues_rock | 2011-12-25 00:37 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)
前夜の続編として、1985年マイケルが「USA for AFRICA」のメンバーとして、リードヴォーカルを担う「We are the world 」について書きたいと思います。
a0212807_2135823.jpg20代半ばのマイケル・ジャクソンが、ライオネル・リッチーと一緒に作詞・作曲し、クインシー・ジョーンズの類まれなアレンジ能力で完成した音楽史に残る名曲です。
マイケル・ジャクソンを偲び、当時を懐い出しながら聴いてみました。
今でも瑞々しくすばらしい!参加している45名のミュージシャンの強烈な個性と才能により音楽に魂が宿りました。
ハリー・べラフォンテは、ある日ライオネル・リッチーのマネジャーであったケン・クレイガンに、飢餓と病気に苦しむ悲惨なアフリカの子供たちを自分たちの手で救済する方法はないかと相談しました。
ケン・クレイガンは、すぐにライオネルに連絡を取りました。
ライオネルは、クインシー・ジョーンズに連絡し、マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーの共作(作詞・作曲)「We are the world 」という不朽の名曲が、生まれました。
a0212807_21235917.jpgこの1985年のチャリティ・プロジェクト「USA for AFRICA」に参加している45名のミュージシャンたちが、とにかくどの顔もすごい顔ぶれ(空前絶後のメンバー)で、それぞれコンサートなどで忙しい大物ミュージシャンたちのスケジュールを調整してスタジオに集まりよくぞ短かい時間で収録できたものだと驚きました。
26年前の「We are the world 」収録ドキュメンタリー映像をご覧いただきながら「USA for AFRICA」のパワーとすばらしさを改めてご堪能ください。
Θ YouTube ‥ We are the world
http://www.youtube.com/watch?v=M9BNoNFKCBI&feature=related
by blues_rock | 2011-12-24 00:56 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
a0212807_2252219.jpg2009年6月25日マイケル・ジャクソンは、7月からのロンドン公演に向けリハーサルをしている最中(さなか)に、不眠症治療薬投与ミスにより急死しました。
享年50才でした。
「THIS IS IT」は、稀代のエンターテイナーマイケル・ジャクソンのロンドン公演に向けたリハーサルを映像記録した音楽映画です。
映画は、彼の50才とは思えない歌とダンスをライブ会場のプラチナ・シートにいるような感覚で、心行くまで堪能させてくれます。
マイケル・ジャクソン(MJ)について書く前に、この映画の中で偶然すばらしい女性ギタリストを発見いたしました。
「ビート・イット」のリハーサルでオリジナル「ビート・イット」のエデイ・ヴァン・ヘイレンを思わせるようなハードロック・ギターを弾いている女性が、強烈に印象に残りました。
MJが、映画の中で彼女の才能を引き出そうと熱心にアドバイスしていますので、彼はオーディションの時から彼女の才能をすでに高く評価していたのでしょう。
a0212807_22523875.jpgブロンドの髪を肩にかけ、ガムを噛みながら演奏する余裕すら見せ、ギターを腰の低い位置に据え、弦を歪ませながら右手指でタッピング演奏し「ビート・イット」を歌うMJとからむこの若い女性ギタリストは、ダレだとそればかりを気にしながら映画を見ていました。
新星女性ギタリストの名前は「オリアンティ・パナガリス」、1985年オーストラリア生まれの当時24才、サンタナに憧れ高校を中退、ロックギタリストを目指してロックギターの鬼才スティーヴ・ヴァイの前座を務めていたのだそうです。
18才のオリアンティと共演したサンタナは「誰かにギターのバトンを渡すとしたら彼女が最初の候補かな」と語ったとか、MJがリハーサルで熱を入れ彼女を指導するのも分かりました。
a0212807_22565467.jpgさて、マイケル・ジャクソンについては、今さら書くことなどありませんが、簡単に経歴を書くなら子供の頃、ジャクソン5のリードヴォーカリストとしてモータウンで活躍しました。
そしてソロとなり、1978年名アレンジャーでプロデューサーのクインシー・ジョーンズと出会ったことで、MJ天性の才能が、一気に開花しました。
1982年にクインシーが、プロデュースしたMJ最高傑作「スリラー」が発表されました。
アルバム「スリラー」は、全米チャートで37週間1位となり、1億枚以上のセールスはアルバム売上げ史上の世界記録となりました。
a0212807_22573669.jpgまた「スリラー」は話題性も多く、MJダンスの象徴ともいえるムーンウォークは「ビリー・ジーン」が最初ですし、「ビート・イット」はハードロック調で、エデイ・ヴァン・ヘイレンをギターに迎えています。
映像では「スリラー」で群舞するゾンビの特殊メイクも話題になりました。
彼の音楽ビジネスセンスも相当なもので、ビートルズ楽曲の出版権をMJが所有しており、ビートルズのポール・マッカートニーが、ビートルズ楽曲の出版権を譲って欲しいと懇願しても断ったと言いますから、音楽ビジネスの世界も複雑怪奇です。
食も細く酒もコーラも飲まず‥終生ピーターパン症候群から脱却できなかった天才的エンターテイナーで大富豪のMJでしたが、皮膚病の尋常性白斑症(俗名しろなまず)に悩み、公私にわたってスキャンダルに巻き込まれ、そのストレスからくる不眠症に苦しんだ人生でもありました。
稀代のスーパースター「マイケル・ジャクソン」が抱えるプレッシャーはストレスとなり、心やさしいMJの孤独は、次第に深まっていきました。
a0212807_2311545.jpg
心身の疲労は不眠症となり、治療のための麻酔薬処方ミスが、MJ不慮の死を引き起こしました。
MJファンからお叱り受けるかもしれませんが、私は1985年の「ウイ・アー・ザ・ワールド」に、MJの音楽才能の頂点を感じています。
ジャケットに写る参加ミュージシャンたちが、とにかくスゴイ!音楽史に残る唯一無二の記念アルバムです。
by blues_rock | 2011-12-23 00:22 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
国連によると2011年に“50億”の携帯電話が、世界に普及すると予測しています。
中国・インドの携帯電話普及が、著しいとレポートしていました。
世界人口の70%が、携帯電話を持ち歩いていることになります。
a0212807_1374550.jpgスマートフォン・アイフォンと呼ばれるインターネット機能を満載した携帯電話は‥もはや電話というより「携帯パソコン」としての役割(機能)を担うようになりました。
財布・通帳・クレジットカード・交通機関のパスの役割も携帯電話機能が行い、いずれ自動車免許証・パスポート・各種社会保険の個人認証も携帯電話機能で行う時代が、もう間もなく訪れるでしょう。
50年前大型電子計算機が、デビューし通称「コンピューター」と呼ばれ世の中で広く使われるようになりました。
超高速演算能力を競うのが、当時の最新鋭コンピューターで、高精度軍事ミサイルを飛ばし宇宙にロケットを打ち上げました。
真空管から半導体へCPU構造が進化するとコンピーターの機能は、小型軽量化と併せ、演算能力を競う時代から、ソフトウェア機能(コンテンツ)で優劣をつける時代に変位しました。
1986年にマイクロソフトが発表した“ウインドウズは、画期的なOSでした。
a0212807_1382395.jpgそして25年‥コンピューターの呼び名も「IT(情報通信)」・「AI(ロボット)」・「CG(映画)」など様々です。
機器の能力・機能は進化し、携帯者個人が情報サービスを受けるだけではなく、個人が発信する世界同時情報公開ならびに情報の相互交換も急増しました。
アラブ諸国の国民は、凶悪な独裁者に国家の富(原油などの地下資源)を収奪され独占する権力(軍事政府・王族)に自由を抑圧されていました。
「その日のパンも買えない」自分たちの不幸に気付いたアラブ諸国の国民は、普及した携帯電話で連帯し、支配者(政府)に「ノー!」というため結集、革命に決起し成功しました。
a0212807_13245298.jpg共産主義思想による社会体制(共産党の一党独裁)を国是とし情報をコントロールしようとする中国政府と知る権利(自由な情報検索)を要求する国民(中国人民)、さらに情報を自由に提供したいグーグル・ヤフー・フェースブックなどインターネット会社との冷たい戦争もいずれ時代(歴史)が、勝者を決めることでしょう。
“理念と理想”のない権力が、滅ばなかった歴史は、未だにありません。
老婆心ながら不安なのは、個人携帯番号で国民を統制・管理しようとする国家権力(支配パワー)のGPS機能を悪用した新たな個人支配です。
過去も現在もそして未来においても一番大切な価値観(パラダイム)は「個人の自由な正義と基本的人権」です。私は、その一人ひとり違う個人の価値観を尊重し保守するための道具が、携帯電話やパソコンであり政治・経済・国家のシステムであると確信しています。
(絵:パウル・クレー)
by blues_rock | 2011-12-22 21:49 | 社会/歴史/思想 | Comments(0)