ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

カテゴリ:音楽(Blues/Rock)( 172 )

a0212807_130859.jpgノーベル文学賞を受賞した詩人ボブ・ディランに代わって1960年代から、当時フォークシンガーだったボブ・ディランに憧れ敬愛、自分もロックシンガーになったビートニク詩人パティ・スミスが、授賞式に出席しボブ・ディランの名曲「激しい雨が降る(A hard rain's gonna fall)」を歌うとか、元パンクロッカーにして詩人パティも長年の友情に、なa0212807_1321376.jpgかなか粋な恩返しをするものだとうれしくなりました。
また併せて、世界が、(当然自国のアメリカも)注目している受賞者記念講演は、ボブ・ディランのメッセージ朗読と、詩人としての妹分パティ・スミスが、ボブ・ディランの代理として「模範となる人の重要性」と題し講演するのもクールでシャレています。
1946年生まれのパティ・スミスも早や古希(70歳)となり1960年代ニューヨークパンク時代の元祖女性ロッカー(クイーン・オブ・パンク)であったころの尖がった雰囲気は、なくなりましたが、1975年発表の初LPアルバム「ホーセス」は、私にとって昔懐かしい思い出
a0212807_1334370.jpg
の品(という宝物)になりました。
ちなみに、このアルバムの写真(下)は、当時ルーム・メイトであった写真家ロバート・メイプルソープ(1946~a0212807_136282.jpg1989 病没、享年43歳)が、撮影したものです。
詩人二人の‘あうん’の呼吸は、「模範となる人(=大統領・首相や国家元首、さらに品格ある大人)」が、世界に不在(もちろん自国のアメリカにも)の今、地球上の至るところで蔓延している悪しき先祖帰り(いつか来た道)に対する揶揄(ラディキュル)と皮肉(アイロニー)に満ちたメッセージになることでしょう。
by blues_rock | 2016-12-10 00:10 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
一年が、あっと云う間に過ぎ早12月、通りの街路樹には、クリスマスのイルミネーションが、灯り、ジングルベル ♪ の鈴の音色は、師走のあわただしい気持ちを和ませてくれます。
私は、クリスチャンでもないのに‘クリスマス・ソング’が、子供の頃から好きで、冬(クリスマス・シーズン)になるとa0212807_13212297.jpgロック・ヴァージョンを中心に、オールディーズ・ゴスペル・ブルース・R&B・ジャズその他 レゲェやハワイアンなどエスニックなワールド・ミュージックの「クリスマス・アルバム(LPレコード・CD)」を聴いています。
オリジナル・ヴァージョンならビートルズを解散した翌年の1971年、ジョン・レノンが、発表した「Happy Xmas (War Is Over)」に始まり、1983年の山下達郎「クリスマス・イブ」(1988年冬にJR東海が、CMソングとして流し大ヒット)、1984年には、バンド・エイドの「Do They Know It's Christmas ?」とワムa0212807_13244395.jpgの「Last Christmas」が、世界中で大ヒットし、今や‘クリスマス・ソング’の定盤になっています。
さて、100枚あまりの「私のクリスマム・アルバム」は、どれも私の大切なお宝ながら、私が、とくに ‘レア盤’ と思うのは、この 3枚です。
一つが、ビートルズの「クリスマス・アルバム」でビートルズは、1963年から1969年まで毎年クリスマス・シーズンになるとファンクラブ会員向けにクリスマスのメッセージSPレコード(ソノシート)を制作し配布していました。a0212807_13554769.jpg
その7枚のシングルSPレコードを一つにまとめたのが、ビートルズ「クリスマス・アルバム」で、4人それぞれのユーモアとおふざけタップリのメッセージ(ビートルズ全盛期4人の肉声)は、ビートルス・ファンにとって超レア盤です。
つぎに、ロックンロールのカリスマ(キング・オブ・ロックンロールとリスペクトされる)エルヴィス・プレスリーが、歌ったクリスマス・ソングの全曲とエルヴィスのルーツであるゴスペルのバラードを選曲した 2枚組アルバムです。
a0212807_1441749.jpgもう一つは、フォーライフ・レコード創立1周年記念アルバムとして小室等・吉田拓郎・井上陽水・泉谷しげる 4人の創立者が、共同制作したフォー・ウェイ・スプリット盤の「クリスマス・アルバム」です。
4人の才能と実力からすると寄せ集めたようなスプリット盤アルバムで音楽的にあまり質の高いものでは、ありませんが、4人それぞれ肩の力を抜いて楽しみながら演奏を遊んでいる雰囲気は、彼ら 4人のファンである者にとって貴重な記録でレアな「クリスマス・アルバム」と言えます。
by blues_rock | 2016-12-01 00:00 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
スワンプ・ロックのカリスマ、レオン・ラッセル(1942~2016.享年74歳)が、亡くなりました。
レナード・コーエンに続きレオン・ラッセルと私の愛する偉大なミュージシャンが、また一人、音楽に魂を遺し宇宙
a0212807_1735477.jpg
(そら)に旅立ちました。
こちらのRolling stoneサイトで、いまやスタンダード曲となったレオン・ラッセルの代表曲「A Song for You」と
a0212807_17353235.jpg
「This Masquerade」のオリジナル・ヴァージョンを聴くことが、できますので、レオン・ラッセルを聴いたことのない方は、ぜひ聴いてみてください。
a0212807_1736372.jpgレナードとレオン、お二人のご冥福を心中より祈りたいと思います。

(左写真 : 左から、ジョージ・ハリスン、ボブ・ディラン、レオン・ラッセル)
by blues_rock | 2016-11-17 00:07 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
吟遊詩人 ボブ・ディラン(1941~)が、2016年度のノーベル文学賞を受賞しました。
a0212807_12113097.jpg1962年3月にデビュー(ビートルズは同年9月デビュー)して、54年‥75歳のいまもミュージシャンとして「ネバー・エンディング・ツアー(コンサート)」を行なっていますので尊敬いたします。
ボブ・ディランの本名は、ロバート・アレン・ツィンマーマンと云いアシュケナジム系ユダヤ人移民の子孫(3世) としてミネソタ州に生まれました。
a0212807_9405039.jpg
ロバートの愛称ボブとウェールズの詩人ディラン・トマス(1914~1953)からディランを併せ‘ボブ・ディラン’と命名し作品を発表、その後改名しボブ・ディランを本名にしました。  (下写真 : 昔の恋人 ジョーン・バエズと)
a0212807_12134563.jpg子供のころから音楽好きでエルビス・プレスリーに憧れロックンロール・ミュージシャンになることを夢見ていました。
十代の終わりにウディ・ガスリー(1912~1967 「This land is your land」わが祖国 )のフォーク・ソングを聴いたことでボブ・ディランは、エレキ・ギターからアコースティク・ギターに持ち替えて自分の詩を詠うフォーク・シンガーになりました。
1963年リリースされた2枚目のアルバム「フリーホイーリン・ボブ・ディラン」が、人気となり特にA面1曲目の「風にa0212807_12152418.jpg吹かれて(Blowin' in the Wind)」は、ベトナム戦争の反戦気運と公民権運動の高まりと相俟ってプロテスト・ソングの象徴となりました。
1964年発表のアルバム「時代は変わる(The Times They Are a-Changin' )」のヒットでボブ・ディランの名前は、プロテスト・フォークシンガーとして一人歩きするようになりました。
ボブ・ディランは、このころから自分の詩が、勝手に解釈され、若者たちから反戦運動や社会運動の象徴としてa0212807_12183495.jpg扱われることに辟易(へきえき)し、大げさな自分のイメージに違和感を覚えるようになりました。
1963年から1964年にかけてボブ・ディランは、イギリスへ行くことが、多くなり、ビートルズやローリング・ストーンズと交流、イギリスのロック・バンドに刺激を受けたボブ・ディランは、またエレキ・ギターを持つようになりました。
a0212807_12223723.jpg
とくに人気絶頂期のビートルズは、ボブ・ディランの内省的で作家性の強い詩に触発され‥とくにジョン・レノンの音楽と精神に大きな影響を与え、ボブ・ディランから刺激を受けたジョージ・ハリスンもメロディラインの美しいa0212807_12242865.jpg内省的な独自の曲を提供するようになりました。
ボブ・ディランは、1965年「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」、同年「追憶のハイウェイ 61」、1966年「ブロンド・オン・ブロンド」と立て続けに3枚の‘フォーク・ロック’(エレキ・ギターによるフォーク・カントリー・ブルースの融合した新しいロック・ミュージック)の名盤アルバムを発表、ロック・ミュージシャン ボブ・ディランの誕生を宣言しました。
a0212807_12251558.jpgアコースティック・ギターでプロテスト・フォークソングを歌うボブ・ディランを信奉していたファンは、ブーイングを浴びせますが、ボブ・ディランは、意に介せず「ライク・ア・ローリングストーン」を歌い「アイ・シャル・ビー・リリースト(私は解放されるだろう)」と旧い時代の自分から立ち去りました。
それから半世紀、「風に吹かれて」いれば、「時代は変わる」を具現した偉大なロックの吟遊詩人 ボブ・ディランにノーベル文学賞が、授与されました。
余談ながらボブ・ディランが、ロサンゼルス郊外にある孫の通う幼稚園を訪ねたときの園児たちの反応は、「変なおじさんが、来て、ギター弾きながら、怖い歌を唄ってくれた」と家に帰って両親に報告したそうで園児たちにとっては、変なおじさんも彼らの父母や祖父母だったらきっと興奮、大騒ぎだったことでしょう。
ともあれボブ・ディランご本人は、いたって冷静で、ノーベル文学賞受賞について一切ノーコメント‥受賞発表の後のコンサートでは、来場者の大歓声や万雷の拍手にも何も語らず、ピアノに向かい淡々と「風に吹かれて」やa0212807_12281965.jpg「時代は変わる」などの自分の詩を弾き語るように歌ったと新聞のコラムにありました。
ノーベル文学賞を選考したスウェーデン・アカデミーは、本人との連絡が、付かないと困惑し、ボブ・ディランの音楽仲間の一人は、「(本人は)受賞を認めたくないのでは‥」と語ったと他の記事にありました。
a0212807_123193.jpgボブ・ディランについては、これまでも関連する記事を書きましたのでよかったらご覧ください。
1. ボブ・ディラン ‥ Like A Rolling Stone(追憶のハイウェイ61)
2. トッド・ヘインズ監督映画「アイム・ノット・ゼア」 ‥ 6人の俳優にボブ・ディランを演じさせるという奇想天外な作品ながら秀作映画です。
a0212807_123294.jpg3. ノーマン・ジュイスン監督映画「ザ・ハリケーン」& ボブ・ディラン「Hurricane」 ‥ 映画「ザ・ハリケーン」に挿入された名曲「Hurricane」(1975年)の散文詩が、すばらしくノーベル賞級です。
4. トーマス・ヤーン監督映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」 ‥ ボブ・ディランの名曲「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(天国への扉)」にインスパイヤーされて製作されたアバンギャルド映画ながら秀作です。
5.ボブ・ディランの新アルバム「テンペスト」  
by blues_rock | 2016-10-16 00:06 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(2)
a0212807_15231756.jpg今月9月26日から古希を迎えた吉田拓郎が、関東圏で1か月くらいのライブ・コンサートをスタートしました。
福岡で、開催されないのが、誠に残念です。
福岡で開催されるなら駆け参じるつもりでした。
吉田拓郎(1946年生)、井上陽水(1948年生)、中島みゆき(1952年生)は、あふれる音楽才能をギターと歌に託して自分の世界を表現し続け今もなお活躍する希代のミュージシャンです。
世界のロック・ミュージック・シーンでは、伝説のフォーク・ロック歌手ボブ・ディラン(1941年生)が、ロックのカリスマ ローリング・ストーンズ(ミック・ジャガーとキース・リチャーズ共に1943年生)たちが、現在もライブ・コンサートをしています。
今夜は、吉田拓郎の古希を慶賀し、41年前の1975年に静岡県掛川市で開催された ‘つま恋1975 野外ライブ’ を紹介いたします。
映像は、1970年代の空気にあふれ、当時 ‘つま恋’の会場にいた数万人(5~6万人)の人たちも今や還暦・古希を過ぎた高齢者(かっての若者)でしょう。
a0212807_1534388.jpg吉田拓郎 ‘つま恋 1975ライブ’の翌月、1975年10月で開催された‘つま恋 ポピュラー・ミュージック・コンテスト’で中島みゆきは、「時代」を歌いグランプリ受賞、以来今もなおトップ・ミュージシャンとして活躍しています。
デビュー前の中島みゆきは、吉田拓郎の追っかけファンであったことから‘つま恋 1975 野外ライブ’会場のどこかで一ファンとして熱狂していたかもしれませんね。
それから31年経った2006年、その‘つま恋’で吉田拓郎と中島みゆきが、「永遠の嘘をついてくれ」をデュエットする二人の人生は、なかなか粋なものだと思いました。
by blues_rock | 2016-09-27 00:07 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
「いや~、まいった! お見事!」 と、このYou-Tube「ニュー・ヴァージョン Hotel California」を見て、そう思いました。
a0212807_9214121.jpg
アメリカとオランダ、7,800㌔の距離を隔て、お互い直接会ったことのない二人の青年が、インターネットを通じてa0212807_9232162.jpgコミュニケーションし、Eaglesの名曲「Hotel California」をカヴァー(演奏と歌のコラボレーション)しています。
二人の卓越した演奏技術といい、歌の巧さといいプロのミュージシャン顔負けです。
同時に二人が、すばらしい! のは、世界中a0212807_939726.jpgの音楽好きの人たちに‘自由にシェアして気に入ってくれたらいいな’というオープンな心をもっていることです。
せこい金勘定しか関心のない議員たち、しみったれた民族主義やエセ宗教のウザイ原理主義、国境に万里の長城を築くなどタワゴトをわめく愚か者らに、平和を愛する自由な若者たちの心など分かろうはずもありません。 (掲載写真:九州ロマンチック街道から)
a0212807_9453266.jpg
この「ニュー・ヴァージョン Hotel California」を聴いていただき、せめて今夜だけでも平和な気持ちでお寛ぎください。
by blues_rock | 2016-06-20 00:02 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(7)
いつも拙ブログ「心の時空」にお立ち寄りくださりありがとうございます。
拙ブログも6年目を迎え東京から福岡に還った7年前のある日、やがて老い認知症(記憶障害の病気)を患うかもしれない自分自身のために、それまで自分が、何を思い考え、何に感動していたかを知る手立てにし併せてお世話になった方々やいま一緒に生きている親愛なる友人たちへのメッセージにしようと思い書き始めました。
a0212807_17474670.jpgさりとて私のむらっ気多い性格からその日その時思ったこと、興味あること、感動したことなどを勝手気ままに書いています。
ご退屈でなければ、これからも末永く(いつまでかは分かりませんが)お付き合いください。
さて、これまでの拙ブログの中で最も読んでいただいている記事が、‘中島みゆき(‥永遠の嘘を付いてくれ)’なので、中島みゆきの1998年作品「命の別名」について今夜は、書きたいと思います。
現在まで41枚のアルバムを発表し次々にヒット曲をリリースするミュージシャン中島みゆきの名前を知らない人a0212807_17495470.jpgは、まずいないと云っていいくらい団塊の世代から若い世代まで知られた国民的なシンガーソングライターです。
中島みゆきは、台湾や香港などアジア地域でも多くのファンをもつ日本を代表するミュージシャンですが、国内はもとより海外の‘詩人’たちにも吟遊詩人‘中島みゆき’は、高く評価されておりノーベル文学賞候補にノミネートされているボブ・ディランに匹敵するくらいの優れた詩を創っています。
「命の別名」は、中島みゆきが、大人から虐待され殺されていく幼い子供たちを悼み彼らに捧げる詩を朗読するように歌っています。
「命の別名 」 (中島みゆきの歌がありませんので こちらのピアノの弾き語り カヴァー・ヴァージョンでお聴きください)の中でリフレインされる ‥ ♪ 君も僕にも すべての人にも 命に付く名前を心と呼ぶ 名もなき君にも 名もなき僕にも ‥ は、切なく、心の奥深くに沈んでいきます。
中島みゆきを聴くと遠い昔、アパートの部屋でひとりメソメソしながら中島みゆきの新譜LPアルバムに針を落とし何度も聴いていたころの情けなかった自分を憶い出し恥ずかしくていけません。
a0212807_1753057.jpg前述の「永遠の嘘をついてくれ」は、「人はみな 望む答だけを聞けるまで尋ね続けてしまうものだから 君よ 永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ 永遠の嘘をついてくれ 出会わなければよかった人などないと笑ってくれ」が、心を癒してくれます。
NHK番組プロジェクトXのテーマソングであった「地上の星」は、番組の知名度に伴ない国民的な歌になりましたが、1945年(昭和20年)10月に大ヒットし今に歌い継がれる「りんごの唄」に匹敵する国民の歌と云って良いでしょう。
ファイト!」は、「 私の敵は私です 」と自分に刃を向けながら「 ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うa0212807_1754926.jpgだろう ファイト! 冷たい水の中を ふるえながらのぼってゆけ 」と続いていく詩は、社会から疎外された弱い者への応援歌です。
最後に「化粧」は、名女優大竹しのぶが、中島みゆきの詩「化粧」の主人公を演じるように捨てられた女の情感をしみじみ歌っており映画のワンシーンのようで面白いと思い貼付しました。
by blues_rock | 2016-06-02 00:02 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
ロックに熱狂していた頃の私は、「影を慕いて」などの旧い歌が、キライでした。(‥と云うより、聴かずギライなだけでしたが、今でも軍歌と演歌は、生理に合わずダメですね。)
私が、働く高齢者介護施設「森の家」ご利用になる大正末期から昭和初め生まれの方々と一緒に‘昭和歌謡’(YouTube)を聴いて歌ううち「りんごの唄」と「影を慕いて」にとても感動を覚えるようになりました。
a0212807_1221091.jpg
「影を慕いて」は、1928年(昭和3年)の夏、古賀政男(1904~1978没、享年73才)が、明治大学の学生のときに作詞・作曲した名曲です。
昭和3年の秋、古賀政男は、創設された明治大学マンドリン倶楽部の演奏会で発表するため当時の人気歌手佐藤千夜子に歌ってもらおうと依頼しました。    (上・中・下の写真:九州ロマンチック街道からの転載)
a0212807_1223975.jpg
ダレも大学生の演奏発表会に出演してくれると思っていませんでしたが、古賀政男の熱意にうたれた彼女は、無償(ノーギャラ)で出演し歌いました。
佐藤千夜子の歌う「影を慕いて」は、好評で昭和5年(1930年)にレコード化、だが大ヒットしたのは、昭和7年(1932)当時まだ、東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)の声楽科学生であった藤山一郎が、ベルカ
a0212807_123359.jpg
ント(美声、声量、歌唱術、表現力のある声楽法)で歌った「影を慕いて」(こちら)でした。
古賀政男は、生涯5,000余りの歌謡曲を発表していますが、その端正にして哀切なメロディから‘古賀メロディ’と称賛されました。
この「影を慕いて」を作詞作曲した当時、古賀政男は、まだ23歳の大学生でした。
a0212807_1211161.jpg
離婚歴(当時女性の離婚は重たく不幸)のある年上の女性への失恋の痛手、さらに自分を取り巻く人生への不安と失意も重なり、宮城県蔵王山中で自殺を計り未遂、その深い心の疵が、作らせた名曲中の名曲です。
それにしても若い古賀政男の何という切ない‘諦観と憂愁’でしょう。
古賀政男が、吐露するように歌う切ない想いを絞り出すような「影を慕いて」(こちら)もまた心に沁み入ります。
a0212807_1216443.jpg
  影を慕いて    古賀政男 作詞・作曲

まぼろしの 影を慕いて雨に日に  
月にやるせぬ 我が思い
つつめば燃ゆる 胸の火に
身は焦れつつ 忍び泣く

わびしさよ せめて傷心(いたみ)のなぐさめに
ギターを取りて 爪弾(つまび)けば
どこまで時雨(しぐれ) ゆく秋ぞ
振音(トレモロ)寂し 身は悲し

君故に 永き人生(ひとよ)を霜枯れて
永遠(とわ)に春見ぬ 我が運命(さだめ)
ながろうべきか 空蝉(うつせみ)の
儚(はかな)き影よ 我が恋よ
by blues_rock | 2015-09-27 00:07 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(2)
a0212807_1592250.jpg大分県別府市出身のミュージシャン大塚博堂(1944~1981)が、1976年6月、32才のときリリースしたデビュー(1st.LP)アルバムに収録されていました。
大塚博堂が、センチメンタルに唄う「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」(こちら)の歌声は、切なく私の胸に沁みて、居ても立ってももいられず、新宿のレコード(だったと記憶)へアルバムを買いに行きました。
大塚博堂は、活動期間5年、37才の若さで病気により急逝しました。
昨年秋亡くなった俳優高倉健(こちら参考)は、この曲をとても気に入っていたそうです。
この曲と西島三重子の「池上線」(こちら)を聴くと1970年代後半、東京で暮らしていたころを懐い出します。
by blues_rock | 2015-08-04 00:04 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)
a0212807_17244441.jpg宮城県のFM「りんごラジオ」局が、「りんごの唄」を毎日流していると
3月1日(日)日本経済新聞の社会面記事にありました。
私の働く高齢者介護施設でも毎日の‘歌の時間’に良く「りんごの唄」を歌います。
私は、「りんごの唄」が、好きなのでカスタネットか タンバリンを片手に参加しています。
「りんごの唄」(作詞 サトウハチロー、作曲 万城目 正、歌 並木路子)が、敗戦直後の1945年秋に発表されるや大ヒットしました。
a0212807_17265071.jpg当時24才の並木路子は、戦争で父と兄、東京大空襲で母、さらに特攻隊員の恋人を亡くしていますので最初は、明るく歌えなかったそうです。
作曲した万城目 正は、「辛く悲しいのは、あなただけではない。」と並木路子を励まして明るく歌うよう歌唱指導、こうして日本歌謡史に残る名曲「りんごの唄」が、誕生しました。
戦後70年、戦争で荒廃した焼け跡から生まれた「「りんごの唄」」が、東日本大地震で被災された方々の心を励ましていると思うと‘歌の力’の偉大さに感動いたします。
a0212807_17312916.jpg
       「りんごの唄」
   赤いリンゴに 口びるよせて
   だまってみている 青い空
   リンゴはなんにも いわないけれど
   リンゴの気持は よくわかる
   リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ

   あの娘よい子だ 気立てのよい娘
   リンゴによく似た かわいい娘
   どなたが言ったか うれしいうわさ
   かるいクシャミも とんで出る
   リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ
a0212807_1731556.jpg
   朝のあいさつ 夕べの別れ
   いとしいリンゴに ささやけば
   言葉は出さずに 小くびをまげて
   あすもまたネと 夢見顔
   リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ

   歌いましょうか リンゴの歌を
   二人で歌えば なおたのし
   みんなで歌えば なおなおうれし
   リンゴの気持を 伝えよか
   リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ
by blues_rock | 2015-03-10 00:10 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(3)