ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

カテゴリ:柏原生活/博多叙景( 125 )

a0212807_19443637.jpg私が、テレビのない生活(こちら)を始めて、早や6年になりました。
何十年も何気なく見ていたテレビなので最初は退屈するかな‥と思っていましたが、そんなことは一切なく、騒々しい他人の喚(わめ)き声や五月蠅(うるさ)い擬音などの騒音が、身のまわりから消えて快適そのもの、その快適さにいつも水を差すのが、時おり 「NHKです。受信料の契約にあがりました。」 と訪ねて来る、または電話をかけてくるNHK委託の受信料契約営業員です。
a0212807_19483645.jpgそのたびに 「テレビを持ちません」 だの 「テレビはありませんから」 と回答し帰ってもらいますが、先日のNHK委託の営業員氏は、しつこく、うっとうしくなるくらい電話を切ろうとせず 「では、ワンセグの携帯電話、お持ちじゃありませんか?」 と質問してきました。
「は!? ワンセグ? 携帯電話? なんで?」と相手したのが、大間違いのコンコンチキでした。
今度は「携帯にテレビ、映りませんか? テレビ機能のある携帯なら放送法でNHK受信料契約が発生します。」とa0212807_22303070.jpg来たので‥ここで「携帯電話も持ちません、あしからず。」とガチャンと電話を切ればよかったものを、つい「家でテレビを見ない者が、どうしてこんなちっぽけな携帯でテレビを見るんですか?」答えました。
敵もさるもの、木にのぼるもので、「それじゃ、映るのですね!? では、放送法(‥うんぬん以下省略)で受信料契約をしていただかないと法律違反です。」と御託を並べ、私の感情を逆なでしましたので、ホトケの私もついカチンときて「私の携帯は、ガラケーです。裁判所に訴えて支払い命令を出してください。」ガチャンと電話を切りました。
a0212807_22362798.jpgNHKは、これまで電波通信行政を牛耳る総務省ファミリーの権益(許認可行政による通信会社への天下り)と電波通信族議員らの利権を守る同じ穴のムジナとして結託、ダレのためだか分からない公共放送(NHKの番組を見れば‘公共’でないのは一目瞭然)と称して受信料を払わない国民に対し傲慢な態度を改めようとしませんでした。
NHKが、拠りどころとする放送法の施行は、1951年(昭和26年)、すでに63年の年月が経ち、この間の電波受送a0212807_22381221.jpg信機器のめざましい発達と通信テクノロジーの日進月歩は、今や化石と化したNHK組織の存在や狭量な電波通信行政を改革(規制緩和)しない総務省のお先棒をかつぐ旧態依然のNHK体質に‘レッドカード’(社会からの退場)を突き付けています。
ちなみに放送法第64条 一項(受信契約及び受信料)では、「日本放送協会(NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」とあり‘支払わなければならない’ではありません。
a0212807_23521465.jpg契約なら二者の合意があって初めて効力を持つものなのに一方的な強要では、自由主義社会の通念上まったく話になりません。
公共料金である受信料も、NHKが内部規定で決めた「受信規約」であって国会の審議により採決され公布された法律ではないので国民に従う義務はありません。(後編に続く)
by blues_rock | 2014-10-17 00:17 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
a0212807_7561561.jpg昨夜は、皆既月食でした。
私は、そのことを知らず、仕事の帰り、暗い夜道ですれ違いざま突然、年配の女性に「月は、どこに‥?」と問われ「は!? つき?‥ですか?」とすっとん狂な声を出し暗い夜空を見上げました。
皆既月食は、月に映る地球の影‥と言ってしまえば、素っ気ない現象ですが、月を愛でる日本人の情緒には、古来より皆既月食もまた「いとおかし」だったろうと推察いたします。
さて、日本の歌を代表する名曲、滝廉太郎(1879~1903病没、享年24歳)の「荒城の月」を知らない日本人はおらず、国内外の多くの声楽家(オペラ歌手)に歌われ、ジャズやロックにもアレンジされ、レアな例としてヘビィメタルロック・バンド スコーピオンズのギグ(ライブ演奏)が有名です。
英文学者にして詩人土井晩翠(1871~1952)の哀切ある七五調詞「荒城の月」は、西洋音楽を学びクリスチャンa0212807_20534575.jpgであった当時21歳の音楽家、滝廉太郎作曲の品格ある美しいメロディにぴったりでした。
左は、滝廉太郎のオリジナル楽譜で「‥花の宴の‘え’に♯(シャープ)」が、付いています。
このメロディは、ジプシー音楽の特徴(第4音を半音あげる)と似ているので1900年代世界的に有名であった日本人女性オペラ歌手、三浦環(オペラ「蝶々夫人」がとくに有名、作曲したプッチーニも絶賛したそうです)が、海外公演で「荒城の月」を歌うとき聴衆は、ハンガリー民謡と思うと「♯(シャープ)」をとり歌いました。
ベルギーのシュヴトーニュ修道院では、この「♯(シャープ)」ぬきの「荒城の月」が、讃美歌になっています。
さて今宵は、「荒城の月」に代わりに小椋佳の「古城の月」(こちら)を皆様方に贈ります。
a0212807_832792.gif
  
   夢は 砕けて 夢と知り

   愛は 破れて 愛と知り

   時は 流れて 時と知り

   友は 別れて 友と知る

ご参考までに拙ブログ「月の名前」を貼付いたします。
by blues_rock | 2014-10-09 00:09 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(2)
「閏日(うるうび)」は、福岡市南区、福岡病院東隣りの道路沿いにあります。
ご覧のとおり一見廃屋のような一軒家ながら店内は、オーナー夫妻のセンスを感じるシンプルな装いです。
「閏日」夜のメニュは、要予約制なので友人二人と3人の予算だけ伝えシェフにお任せしました。
a0212807_2031522.jpg
和洋折衷の創作料理とでも言ったらいいのか、オリジナリティのある美味しい料理でした。
店内に他のお客はなく、時おりオーナー夫妻との語らいも交え、三人ワイワイガヤガヤ‥それぞれの他愛ない冗談に笑い転げながら秋の夜長を愉しみました。
a0212807_20351273.jpg

by blues_rock | 2014-09-24 00:30 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
念願叶って久しぶり(‥たぶん10年ぶり)に、叶館(こちら)を訪ねました。          (叶館下の坂道)
a0212807_22244189.jpg
大分自動車道九重インターを下り、国道40号線の山道を飯田高原から温坪温泉に抜けると泉水山を望む高台に叶館はあります。        (叶館の玄関、拙ブログ右上写真のオオルリの雛は、玄関横の巣で撮影)
a0212807_22281531.jpg
叶館は、晩夏から初秋へ移ろう山間の景色を背景に、溢れる緑と季節の花を咲かせて、いつもと変らぬ静かな佇まいで迎えてくれました。                                       (叶館庭の全景)
a0212807_2231148.jpg
木々に囲まれた露天風呂で夜は、秋の虫の音を聴きながら、朝風呂では、梢から洩れる木洩れ陽を浴びながら、ゆっくり長湯を楽しみます。                                  (庭から眺めた叶館)
a0212807_22312615.jpg
それからご飯(食事)が、また美味しいこと‥身土不二の素材を配(あしら)った料理の見事さ、大人三人、お櫃(ひつ)を空っぽにする勢いでした。    (庭から泉水山を臨む、白く立ち昇る煙は地熱発電所の水蒸気)
a0212807_22314268.jpg
                                                (垣根の向こうが露天風呂)
a0212807_2232462.jpg
叶館の露天風呂は、私のお気に入り、叶館には、この露天風呂のほかに野外の室内風呂と館内風呂二つがあり、いずれも24時間入浴できますので、叶館は‘小原庄助さん’を人生の師(メンター)とする私の理想郷です。
a0212807_22322157.jpg
  
by blues_rock | 2014-09-09 00:09 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
少し趣を変えて夏の風物詩「花火」の話題を書きたいと思います。
私の実家は、久留米市(旧三潴郡)ですが「筑後川の花火大会」のことを何も知らず正に‘灯台下暗し’でした。
a0212807_1943322.jpg
東京に住んでいるころ、江戸前の花火大会「隅田川の花火」を‘ヒト・ひと・人’の雑踏の中で夜空の花火より行き交う大勢の人たちとぶつからないよう気にしながら花火見物(‥と呼べるかどうか)をしたことがありました。
a0212807_19441047.jpg
5年前、福岡に住まいを移してからも盛大な大濠の花火大会すら行ったことがありません。
余談ながら、私は、大勢の人で混雑するところが大のニガ手で、博多の大祭‥どんたく・山笠・放生会などにa0212807_19453641.jpg行くこともありません。
さりとて私は、夏の夜空を照らす‘花火’が、嫌いなわけではなく、遠くで響く花火の音に耳を澄ませ花火の余韻に浸ることもあります。
さて、筑後平野の夏の夜空を彩る「筑後川の花火大会」では、18,000発の花火が久留米市の水天宮下と篠山城跡下二か所の筑後川河川敷に設えられた花火台から打ち上げられます。  [上写真:筑後川の筑後大堰(オオゼキ)]
その起源は、1650年(慶安3年)に久留米藩2代藩主有馬忠頼が、水天宮完成の祝賀奉納に花火を打ち上げたa0212807_19463032.jpgことに由来しています。
歴史のある「隅田川の花火大会」ですが、その起源は、1733年(享保18年)の「両国川開き花火大会」で、「筑後川の花火大会」が、それより83年早く始まっていますので今も続く花火大会の中では、紛れもなく日本最古の花火大会と言えるでしょう。   [上写真:斉魚(エツ)こちら]
来年の夏は、筑後川の河川敷で「筑後川の花火」を見あげてみたいと思います。
‘美しい花火’の写真をもっとご覧になりたい方は、「九州ロマンチック街道」(こちら)カテゴリーの「花火」をお薦めいたします。
by blues_rock | 2014-08-20 20:02 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(2)
a0212807_23264772.jpg唐津とは、中国の港という意味‥古代中国‘唐’に向かう船は、ここから出港、ここに還りました。
豊臣秀吉は、1592年から2度にわたり7年をかけて朝鮮出兵(唐入り)の船団(諸藩連合軍16万)をここ唐津から見送りました。
私は、唐津窯の古陶が好きで、古唐津陶器の地「唐津」に愛着を感じます。                        (玄界灘を臨む唐津城)
さて、拙ブロクが、時おり写真をお借りする“九州ロマンチック街道”に掲載された「唐津の花火 2014」です。
a0212807_2250445.jpg
‥美しい、これほど美しい花火の写真には、なかなかお目にかかれません。
私には、撮れない写真なのでご紹介しました。
もっとご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。
by blues_rock | 2014-07-27 00:27 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(1)
椎名林檎のNIPPON(こちら)の後日談として書いています。
テレビのない私は、日本チームの初戦(対コートジボアール)をテレビ中継がある日曜日の朝、まだ寝ていた友人に電話、自宅に押しかけ(‥テレビもないのかい!? まったく!という寝起き顔を無視し)テレビ観戦しました。
日本代表チームは、椎名林檎のタナトス(臨終を迎える人の魂を奪う死神)讃歌のような応援歌も虚しく、予選でa0212807_2341842.jpg一勝もできず早々と敗退しました。
もし(歴史と勝負に‘もし’はないと知りながら)コートジボアール戦に勝っていたら、その後のワールドカップ、テレビ中継も見ていたかもしれませんが、今日未明(日本時間4時から)の「ドイツ対アルゼンチンの決勝戦」だけは、リアルタイムでテレビ中継を観戦したいと思います。
それにしても‘サムライ・ニッポン’は、井の中のカワズ、国内サポーターのファンクラブ向けパフォーマンスを捨て、もっとサッカー餓鬼となりガツガツ、ハングリーにアウェーの場数をこなさないと4年後のワールドカップ地区a0212807_23422875.jpg予選すら危ないと素人ながら思います。
その点、南米諸国の代表チームは、地区予選でブラジル・アルゼンチンと死闘(タナトスの戦いを)するわけですから、ヒョッ子は一人もおらず常時、タフでプロフェッショナルなレベルで試合をするのだから予選から決勝戦をしているようなものです。
さて、間もなく世界最高のプロフェッショナルたちによるスポーツ芸術が始まります。                           (上写真:朝鮮李朝 初期白磁壺)
問題は、キックオフが、今日未明の早朝4時であること、さてと‥どこにお邪魔してテレビ観戦させてもらおうか‥どうしたものか、いま思案中です。
  ★  ★  ★
(テレビ観戦後に追記)
月曜日深夜の朝まだ暗いうち、無人の介護施設に行きテレビ観戦、予想通りのすばらしい試合でした。
試合は、ドイツ-アルゼンチンともに0-0で譲らず延長戦に入り、延長戦後半先に1点をとったドイツがアルゼンチンを抑え勝利しました。
試合は、両チームともタンゴを踊っているような軽快なパスまわしで互角の勝負でした。
最後まで組織だったドイツのコンチネンタル・タンゴのほうが、メッシのリードステップに依存するアルゼンチン・タンゴより一枚上手でした。
by blues_rock | 2014-07-14 00:14 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
天神から渡辺通りを新川橋に向かい、新川橋交差点の次の信号を左折、春吉方向に20~30㍍歩く(車は一方通行なので入れません)とすぐ左に「博多さぬき うどん」は、あります。
a0212807_1892990.jpg博多は、うどん発祥の地(こちら)なので、市内至るところに‘博多うどん’店があり、トロトロのうどん麺に刻んだネギをたっぷりのせてツルツルと飲み込むうどんが、‘博多うどん’です。
ひと昔前まで博多の人たちは、‘うどん’のことを‘うろん’と呼び「うどん食文化」を愛(いつく)しんできました。
その名残なのか、角のうどん屋を‘かろのうろんや’とそのまま屋号にしている博多うどん店もあります。
私は、博多を離れ32年間、東京・名古屋・大阪の食文化圏で生活していましたので‘博多うどん’のトロトロ、ツルツルした食感(これはこれで美味しいのですが‥)をいつしか忘れ、“讃岐うどん”のシコシコ、モチモチした食感が、好きになっていました。
a0212807_1811525.jpg大阪では、出張の行き帰りや外出した時、新大阪駅構内の立ち喰いうどん店、阪神甲子園駅の立ち喰いうどん店に良く行きました。
名古屋7年間の生活では、かの名古屋名物‘味噌煮込みうどん’より‘きしめん’のほうが好きで、新幹線名古屋駅を利用するときホームにあった立ち喰いきしめん店に良く立ち寄りました。
たかがうどん、されどうどん‥現在(いま)福岡に住まう私のお気に入りのうどん店は、渡辺通り5丁目の「博多さぬき うどん」です。
by blues_rock | 2014-07-02 00:02 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
通所介護(デイサービス)施設の駐車場脇にあった‘猫の額’ほどの空き地を5月初旬に耕し小石やゴミを拾い、畑地に苦土石灰を撒いて土壌消毒、新しい土を鋤き込み肥料を入れて‘1坪農園’にしました。
a0212807_20383075.jpgトマト・キュウリ・茄子を各2本、ピーマン1本を植えました。(この‘猫の額’農園以外にもミニトマト2本・カボチャ3本を植えました。)
敷地内で果実の成る木は、みかん・レモン・サクランボ・ビワ・スモモ・リンゴ・柿・イチヂク・グミ・フェイジョワなど10数本育ちましたが、天道生えの野菜(カボチャ・トーガン)のほか特に野菜畑は有りませんでした。
福岡市油山の東裾野柏原地域には、野菜の直売所が多く、手間ヒマかけて野菜につく虫と闘いながら自家栽培するリスクを負うより立派な四季折々の野菜が、いつでも安く手に入ります。
a0212807_20492513.jpgともあれ、わが国は、早晩TPPを全面的に受け入れることを想定し、今年から一念発起、ささやかながら自分たちにできる‘自給自足’の取り組みに着手しました。
私たちの施設では、昨年12月太陽光発電システム(最大出力7.45 KW)を装備、火力発電のCO2排出抑制に努め、今年の夏は、朝顔のグリーンカーテンで冷房効率を高めたいと思います。
地球上に人類の住める環境を守りたいなら原子力発電を‘鬼っ子’扱いしないで国家エネルギーの基本政策に組み入れ節度ある運用をしなければなりません。
原子力発電については、「原子力発電所‥もっと皆で考えよう」(こちら)をご覧くださると光栄です。 
by blues_rock | 2014-06-12 00:12 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)
福岡市天神のTOHOシネマズで映画(夜の回、レイトショウ)をみるとき、腹ごしらえと、上映開始までの時間調整を兼ねて「天ぷら ひらお」(天神東宝ビル1階、映画館は真上)で夕食を摂ります。
外食チェーン店にありがちな無機的で画一的な雰囲気もなく、入店時に‘天ぷら’オンリーのメニューを店の外に
a0212807_059408.jpg
設置した食事券自動販売機で購入、コの字形のカウンター席に座りチケットを渡すと、店(コの字)の中央で天ぷら揚げベテラン店員が、客毎の注文を見てテキパキと効率的に揚げ、すぐに熱々の天ぷらを供してくれます。
昼と夜の時間帯によっては、相当混雑しますが、天神の「天ぷら ひらお」に見える食事客の皆さんたちは、先刻a0212807_151662.jpg承知で、それは覚悟のうえ‥黙って待ち順の席を移動しながら自分の順番を待っています。
「天ぷら ひらお」の‘天ぷら’は、熱々で美味しく食事料金(天ぷら定食720円、消費税8%込み)が、安いので顧客満足度も高く、よってリピーターも多いと推察します。
少ない従業員でサービスを最大化(合理的・効率的かつスピーディーな動線に)するため「コの字」形のカウンター席にして、‘天ぷら’を熱々で美味しく安く食べてもらうために食事に来る人たちにも‘コスト・パフォーマンス’に参加して欲しいa0212807_155846.jpgという店主の気概を感じました。
カウンターに置いてあるセルフ・サービス4品のオカズも美味しく、とくに‘イカゲソの塩辛’は、塩加減(塩梅)が良く、マイルドな食味の逸品です。
私個人の希望ながら天ぷらの単品メニューに季節限定の「ふきのとう・タラの芽・菜花(ナバナ)・生筍(タケノコ)etc.」を加えてもらえるとうれしく思います。
by blues_rock | 2014-06-02 00:50 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)