ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

カテゴリ:ビートルズ(Beatles)( 42 )

2000年10月9日ジョン・レノン60才の誕生日に開館し、2010年10月9日70才の誕生日に閉館した10年間だけのジョン・レノン・ミュージアム(ジョン・レノン個人資料館)が、埼玉県さいたま新都心にありました。
さいたまスーパーアリーナ施設の4階・5階部分に、ジョン・レノンゆかりの品々や彼のビートルズ時代の資料を展示した世界初の公式なジョン・レノン・ミュージアムでした。
a0212807_017523.jpg大成建設のメセナ活動として10年契約の期間限定博物館というのもユニークでした。
ミュージアム4階は、ジョンの子供の頃からビートルズ時代までの品々で、それぞれに説明が添えられ展示されていましたので、ジョン・レノンのファンだけでなく、ビートルズ・ファン、ロック音楽が、好きな人たちにとっても資料館としても楽しめたのではないかと思います。
5階には、1970年ビートルズ解散後、ジョンのソロ活動から狂人に殺されるその日までの懐い出の品や資料が展示されており、見ていると理不尽なジョンの死へ怒りと無念さを改めて感じました。
a0212807_0181576.jpgミュージアムの最後に、白一色の空間があり、ジョンの言葉に溢れ、室内に静かに流れるジョンの歌を聴きながら寛いでいると、いつも心が解れていくのを感じました。
稀代の天才音楽家(ロックミュージシャン)であったジョン・レノン、世界に「愛と平和」だけを願った社会運動家(権力者には、反体制運動家であった)ジョン・レノン、市井では、子煩悩な父親で普通のオジサンでもあったジョン‥わずか40年の生涯でした。
32年の歳月が過ぎてもなお、ジョン・レノンの歌は、今も新しく歌い継がれ「ジョンの魂」は、私たちの心の中に生きています。
by blues_rock | 2012-03-16 00:16 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)
a0212807_21543017.jpgもし‥ビートルズの4人全員が、いまも健在なら、彼ら4人の平均年齢は、まだ71才です。
2008年12月「ローリング・ストーンズ・シャイン・ア・ライト」(映画)を見て、ビートルズ4人の元気なライブ姿をもう一度見たかったと、しみじみ懐い‥叶わぬ夢と知りながら、そんな光景を夢見てしまいました。
43年前、1969年1月30日、ロンドンのアビーロード、アップル社屋上でビートルズ最後のライブコンサートが、予告なく突如行われました。
a0212807_21553432.jpg映画「レット・イット・ビー」(1970)のラスト場面のために、急きょ屋上で、ゲリラ・ライブにより撮影するということになったようです。
急いでライブ用の音響機材を屋外にセットし、当日風も強く、外気温度2℃の中でのライブ撮影でしたから、ビートルズメンバー4人も映像を見ただけで寒そうです。
ポール以外ジョン・ジョージ・リンゴーの三人は、女性用のコートを着込み、ジョンは手に息を吹きかけながらのライブ演奏ですが、4人ともとてもリラックスして、何やら楽しそうです。
a0212807_21564046.jpg
ビートルズ4人そろった最期のライブ・コンサートは、47分‥7曲を歌ったとか、「ゲット・バック」は、4回歌ったそうです。
ルーフ・トップ・コンサート当時、ビートルズ4人の平均年齢は、28才でした。
ジョンもジョージもいない今、永遠に叶わない夢ですが‥それでもなお、私の夢が、醒めることはありません。
by blues_rock | 2012-03-12 00:41 | ビートルズ(Beatles) | Comments(3)
a0212807_0275765.jpg46年前の1966年6月29日人気絶頂期のビートルズが、ライブのために来日しました。
当時、福岡から東京へは、夜行寝台急行で20時間以上もかかって行くしか旅行する手段はありませんでした。
高校生でお金もない私は、指を咥(くわ)えてテレビ放送で、ビートルズ日本ライブを必死で見ていました。
1万人の警察官が、彼らを警備するという状況の中で、ビートルズの日本ライブは、開催されました。
a0212807_0284596.jpg今では、日本武道館コンサートは、別段珍しくありませんが、最初に日本武道館を会場にコンサートしたのは、ビートルズでした。
光陰矢のごとし‥早いものであれから46年が過ぎ、ジョン・レノンもジョージ・ハリスンも亡くなりました。
ジョンが生きていればまだ72才、ジョージは69才、今でも心底生きていて欲しかったと思います。
by blues_rock | 2012-02-25 22:17 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)
a0212807_23533344.jpg1969年ウッドストックでのジョー・コッカー(1944~)とマッド・ドッグス&イングリッシュメンのライブは、印象的でした。
そして、1970年にレオン・ラッセル(1942~)と一緒に制作したフィルモア・イーストのライブ盤アルバム「マッド・ドッグス&イングリッシュメン」は、名盤です。
「 With a little help from my friends 」のオリジナル曲は、ビートルズが1967年に発表したロック音楽史上最初のコンセプト・アルバム「Sgt. Peppers lonely hearts club band (Lennon/McCartney) 」に収録されている曲でした。
ビートルズの曲ながらジョー・コッカーが、カバーして歌い1968年の全英チャートで第1位になりました。
Joe Cockerの 「with a little help from my friends」は、こちらです。
いまやジョー・コッカーの歌のようです。
ブライアン・メイ(クイーン)が、ギターでサポートしています
「 With a little help from my friends 」(歌詞:日本語訳)
調子はずれでボクが歌ったらキミはどう思うだろう
君は立ち上がってボクを見捨てるだろうか
キミの耳を貸してくれたらキミに歌を歌うよ
音をはずさないようにがんばってみるよ
a0212807_23592940.jpgボクの友だちのちょっとした助けがあれば
ボクは何とか切り抜ける
ちょっとした助けがあれば
いい気持ちになることができる

ちょっとした助けがあれば
がんばってみようと思う
ボクの恋人が離れたときにボクはどうするだろう
(一人ぼっちはいやかい?)
一日の終わりに何を感じるだろう
(悲しいかい)
いいや、ボクは友だちのちょっとした助けがあれば何とかやっていく
キミはだれかを必要としているかい
ボクは愛する人が必要だ
だれでもいいのかい
だれか愛する人が欲しい

一目ぼれって信じるかい
そう、そんなことはいつでもあるって確信している
電気を消すときに何をみるだろう
キミには言えない、でもそれはボクのもの
a0212807_00418.jpg
ボクは友だちのちょっとした助けがあれば何とかやっていく
キミはだれかを必要としているかい
ボクは愛する人が必要だ
だれでもいいのかい
だれか愛する人が欲しい

ボクは友だちのちょっとした助けがあれば何とかやっていく
そう、ボクは友だちのちょっとした助けがあれば何とかやっていく
ボクは友だちのちょっとした助けがあれば
by blues_rock | 2012-02-09 00:11 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)
昨夜の「スターズ・オン45」の続きです。
日本にも1983年リリースの「ザ・マージービート・メロディ」というシャレたノンストップ・シングル盤(45回転EP盤)レコードがありました。
NOBODY(正体不明)と名乗る日本人デュオのレコードで、A面・B面ともにノンストップ、全23曲1960年代マージービートを歌っていました。
a0212807_757090.jpgスペンサー・ディヴィス・グループ ~ サーチャーズ ~ ゾンビーズ ~ ホリーズ ~ ビリーJクレーマー&ダコタス ~ デイブ・クラーク・ファィブ ~ トレメローズ ~ スインギング・ブルージーンス ~ マンフレッド・マン ~ ピーター&ゴードン ~ ゲイリー&ペースメーカーズ ~ アニマルズ ~ ローリングストーンズ ~ ビートルズとイギリスのそうそうたるロックバンドの曲でした。
NOBODYは、歌・ハーモニー・演奏ともにうまく音楽センスもクールでした。
1982年LPアルバム「ノーボディ」と1983年LPアルバム「ポップ・ギア」この2枚のレコードを聴いて、ポップな感覚のロックンロールアルバムとして完成されているのに驚きました。
2枚のLPレコード・クレジットにNOBODYについての記載はなく、長い間正体不明(ノーボディ)のバンドでした。
数年前、偶然見たサイトにNOBODYが、デュオのロックバンドであること、1949年生れの団塊世代であること‥二人ともプロフェッショナルの作詞家・作曲家・プロデューサーであることを知りました。
そのサイトに「NOBODYについての情報掲載を許可しない」とありましたので、その約束を守りノーボディ(正体不明)のままにしておきたいと思います。
by blues_rock | 2012-01-17 00:55 | ビートルズ(Beatles) | Comments(2)
1980年代初め神奈川県大和市に住んでいた頃、中央林間の住宅街にあったロック喫茶「ビッグピンク」によく行きました。
店の名前「ビッグピンク」は、ザ・バンドの1stアルバム「ミュージック・フロム・ビックピンク(1968)」に由来)していa0212807_2357177.jpgます。
ザ・バンドの1stアルバムにある「ビックピンク」は、ザ・バンドとボブ・ディランがレコーディングするために共同で借りていた家(右写真)の名前です。
ロック喫茶「ビッグピンク」の店内には、膨大な数のロックのLPレコードが棚に並んでいて(店主によると3千枚くらいとか)当時の新しいロックのレコードを聴かせてくれました。
リクエストにも気楽に応じてくれ、知らない曲名やミュージシャン(バンド)名などの質問にも丁寧に答えてくれました。(‥今懐えば客は、いつも私一人だったような気がします。)
「ビッグピンク」では、おもしろいロックのレコードにも出遭いました。
1981年の「スターズオン・ロングプレイ」のレコードもそうです。
A面16分全部が、当時流行のディスコ(ダンス)ビートに乗って、ノンストップのビートルズ・メロディです。
ビートルズにそっくり、とくにジョンにそっくりの歌声には驚きました。
a0212807_074468.jpgB面も16分以上のロングプレイで、ショッキング・ブルーの「ヴィーナス」から始まりローリングストーンズなどに続きます。
オランダの覆面バンド「STARS ON 45」は、ディスコで勝手に流されていたサンプリング「ヴィーナス」の海賊版に怒った「ヴィーナス」の著作権者の逆ギレによるアイデア企画でした。
サンプリング海賊盤を正規にレコード化するプロジェクトのために特製バンドが結成されました。
オランダのシンガーからオーディションでそれぞれの曲にそっくりの歌手が選ばれ「STARS ON 45」のアルバム「スターズオン・ロングプレイ」は、完成しました。
合法的にリリースされた「ショッキング・ビートルズ BEATLES MEDLEY」を始め「STARS ON 45」のレコードは、海賊盤を消滅させ海外でも大ヒットしました。
(付録)ビートルズについては、懐い出すたびに書いていますが、なかなか書き切れません。
≪ MAGICTRAIN.biz WEBSITE DESIGN ≫というブログサイトに「ビートルズ動画」がありました。
a0212807_0113290.jpg
ビートルズがデビューして2年目‥今から48年前の当時1964年の映像を含め、多くのビートルズ映像を見る(聴く)ことができます。
Title Index 8」(ビートルズ動画の左にあります)の上から3つ目のバナー「The beatles」もビートルズ・ファンには、感涙の映像ばかりです。
by blues_rock | 2012-01-16 00:13 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)
a0212807_17432585.jpgR&Bの名曲「stand by me(1961)」は、多くのミュージシャンにカバーされ、コンサート(ライブ)で歌われ、レコーディングされています。
この曲を歌い作曲者でもあるBen E King(1938~73才)は、ダレのカバー・バージョンが好きかの質問に、ジョン・レノンの「stand by me」と答え、ジョンのヴォーカルを絶賛しています。
1975年ジョン・レノンは、自分の音楽の原点であるロックンロールに回帰し、50年から60年代にヒットしたロックンロールのカバー・アルバム(LP)をリリースしました。
そのA面2曲目に収録された「stand by me」が、1961年にベン・E・キングが歌って大ヒットした曲です。
ジョン・レノンの稀有な歌唱能力は、この歌で如何なく発揮されオリジナルをしのぐ大ヒット曲となりました。
ジョン・レノン(のヴォーカル)は「stand by me」を甘く切なく、そして激しく情熱的に歌い、この曲に永遠の命を与えました。
「stand by me」

When the night has comea0212807_21302869.jpg
And the land is dark
And the moon is the only light we see
No, I won't be afraid
Oh, I won't be afraid
Just as long as you stand
stand by me,
So, darling darling
Stand by me
Oh stand by me
Oh stand
Stand by me
Stand by me
a0212807_2131213.jpg
If the sky that we look upon
Should tumble and fall
Or the mountain
Should crumble to the seaI won't cry, I won't cry
No, I won't shed a tear
Just as long as you standstand by me
Darling darling
Stand by me
Oh stand by me
Oh stand now
Stand by me
Stand by me..
a0212807_21313624.jpg
Darling darling
Stand by me
Oh stand by me
Oh stand now
Stand by me
Stand by me
Whenever you're
in trouble
Won't you stand
by me
Oh stand by me
Oh stand now
Oh stand
Stand by me..
by blues_rock | 2011-12-15 21:27 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)
a0212807_21362256.jpg今日は、ジョン・レノンの命日です。
ジョン・レノン(1940年10月9日~1980年12月8日没、享年40才)が、もし生きていたら、まだ71才です。
彼が、生きていたら‥「もしも生きていたら」と、いくら想像しても無意味なことくらい百も承知していますが、ニューヨークで暴漢(狂人)に襲われ、死亡するまでに残した音楽の質・量から想像して、1980年12月8日以降この31年の間に、もっと多くの美しい作品を残していたに違いない・・と、それを思うと憤りを覚えるとともに悔しくてなりません。
彼は、まぎれもないロック音楽の天才でした。
映画「Nowhere boy ひとりぼっちのあいつ」では、ジョンの実母ジュリアと育ての母ミミ叔母さん二人の愛の間で苦悩するビートルズ結成前のジョン・レノンが、リアルに描かれています。
(興味のある方は、11月10日の拙ブログをご覧ください。)
この映画の主題歌に「Mother」が、挿入されていました。
ビートルズ解散後、ジョン・レノンが、リリースした名盤アルバム「ジョンの魂(下の写真はアルバム・ジャケット)」A面の最初に入っていた名曲です。
a0212807_21373330.jpg人間(男)としてジョン・レノンの致命的なウィークポイントであったマザーコンプレックスを手玉にとり、彼の孤独な心を鷲づかみにしたのが、7才年上の日本人女性のオノ女史・・彼女のジョンへの影響力が、彼のビートルズに対する愛着と情熱を次第に失くさせ、ポール・マッカートニーが脱退‥ついにビートルズは、解散しました。
孤独なジョンの心をつかみ天才ジョン・レノンの弱点を音楽的に昇華させ、彼をさらなる天才にしたのも、また彼女でした。
それにしても、このオノ女史の己のゲージュツへの勘違いは甚だしく、見ても聴いてもおられません。
彼女が、ケージュツと思っているオブジェも音楽演奏と考えているパフォーマンスのどれを取ってもヒドイもの、美術や音楽を愛する気持ちがあるのなら他人から言われずとも自分で気付いて欲しいものです。
世界で最も有名な日本人女性として、もう少し“お淑やか”であって欲しいと思います。
無礼で失礼千万なこと、よく承知し、余計なお世話であること、深くお詫びしますが、敬愛するジョン・レノンのファンとして見るに堪えず、重(かさ)ね重(がさ)ね、切にお願い申しあげます。
by blues_rock | 2011-12-08 00:00 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)
a0212807_05408.jpgビートルズのロックンロールを十代の半ばに聴いて感動、夢中になったのが最初の発病で以来ロックの病い、膏盲(こうもう)に入り‥時間経過とともに重度のロック病患者になりました。
40数年経った今でも、やはり一番のお気に入りは、ビートルズです。
たぶんアタマの中は、十代半ばから、そんなに成長していないのかもしれません。
a0212807_053521.jpgビートルズの曲なら他のミュージシャンが、カバーした曲も好きで、ロック・ジャズ・ブルース・レゲェ・ラテン・ルンバ・クラシック‥どんなアレンジでも歓んで聴きました。
ビートルズと同じ時代にリバプールで活躍したマージー・ビートと呼ばれるロツクンロール・バンドも好きでよく聴いたものです。
当時のイギリスには、リズムのノリとキレのいいロックセンスあるいいバンド(ロックミュージシャン)が沢山いました。
a0212807_0554185.jpg20代半ばの数年間、私はつまらない挫折感に苛(さい)まれウツウツとしていて、シャンソンの詩に惹かれてシャンソンも良く聴きました。
グレコ・バルバラ‥ダミアの歌う「暗い日曜日」(ソンブル・ディマンシュ)なんか、本当に暗い歌でした。
その頃はまだ銀座にあったシャンソニエの「銀巴里」によく通い、金子由香利・大木康子など一人でしんみり聴きました。
60年代後半から80年代にかけて、個性的で才能あるロックバンドが次々に登場し、ハード・パンク・プログレッシブ・グラム・へビィメタルとロック音楽は、全盛期を迎えました。
1969年夏、ウッドストックでのロック野外コンサートは、ロックが時代を変えた歴史的イベントでした。
ロックがメジャーとなり、ポップな商業音楽の巨大産業となるや、ロック本来の個性とパワーが失われ、見せかけだけの個性のないつまらないバンドやミュージシャンもロックシーンに氾濫するようになりました。
レコード会社やメディアに粗製乱造されたロックが世界中に溢れ、次第につまらなくなりました。
a0212807_057615.jpgしかし、ボブ・マーリーのレゲェは、異彩を放ちすばらしくそして偉大でした。
レゲェは、ジャマイカ音楽のスカとロックが融合してできた割合新しい音楽で、語源は現地語の「レゲレゲ‥抗議する」から来ているそうです。
まさしく非常にメッセージ性の強い歌詞に、レゲェのリズム「‥ンチャ、ンチャ」にメロディがのると、楽曲として強烈な個性(オリジナリティ)ある音楽が生まれました。
音楽として、だんだんひ弱になっていくロックに音楽として新しい息吹きを与え、生き返らせたのがブルース(R&B、ソウル)でした。
ロックが、ロックンロールのルーツに還ったことで、ロックは力強くなり音楽としての普遍を取り戻しました。
シカゴ・ブルース、デルタ・ブルース、デープサウス・ブルース、ブギウギ‥などのブルースが、ロックと融合しホワイト・ブルースと呼ばれるロックバンドが登場し、エキサイティングで新鮮なロックンロールを聴かせてくれました。
by blues_rock | 2011-12-01 00:57 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)
映画「アクロス・ザ・ユニバース」(2008)は、ビートルズLPアルバム「レット・イット・ビー」(1970)のA面3曲目に収録されている曲をタイトルにしています。
映画の中の歌33曲(サウンド・トラック)は、もちろん全部ビートルズです。
映画はミュージカル仕立てですが、ミュージカルではありません。
監督は、女性でジュリー・テイモア(1952~)といい、私は初めて聞く名前でしたが、映画「アクロス・ザ・ユニバース」の映像センスに驚きました。
a0212807_1331443.jpgブロードウェイミュージカル「ライオンキング」の演出で天才との評判だとか‥私はミュージカルに関心ないので分かりませんが、映画の「アクロス・ザ・ユニバース」を見て納得しました。
つい映画のタイトル「アクロス・ザ・ユニバース」に惹かれたのと、ビートルズの歌でストーリーが構成されていることに興味をもちビートルズを聴いてみようかなと映画館に入り、映画を見ている(聴いている)うちに、胸がわくわくしていました。
ビートルズの曲を俳優たちが、カヴァーして歌っています。
「詩(歌詞)といい旋律(メロディとハーモニー)といいすばらしい!」の一言で、このロック・グループは、やはり天才だったと再認識しました。
映画としても傑作でした。
ビートルズの33曲を縦糸にして60年代のリバプールとニューヨーク(グリニッジ・ビレッジ)の時代背景が横糸となって見事に映画「アクロス・ザ・ユニバース」という色彩豊かなタペストリー(つづれ織り)に仕上がっています。
[ストーリー]リバプールの造船労働者ジュードとアメリカ人学生の友達マックス、妹のベトナム反戦活動家でジュードの恋人になるルーシー、歌手のセディ、ギタリストのジョジョ、ヒッピーのプルーデンス‥ほか映画の中で、それぞれ俳優たちが役柄のセリフ(心情)をビートルズの歌で表現しています。
ルーシー役のエヴァン・レイチェル・ウッド(1987~下の写真)がチャーミングで、歌も上手いのに驚きました。
a0212807_1311030.jpg
映画は、歌詞をストーリーに合わせ、セリフの代わりに歌うことで感情を表わしていました。
ニューヨークの浮浪者役でジョー・コッカーが(彼のエア・ギターが見られます)、Drロバート役でボノ(U2)がチョイ役出演しているのも驚きです。
場面によって、曲も映像もがらりと変わりサイケデリックであったり、マジカル・ミステリー・ツアー風であったり、テム・バートンを思わせる演出であったりと独創性に溢れています。
a0212807_13114094.jpg
映画の最後は、ビートルズの映画「レット・イット・ビー」の中でも、最後にアップルビル屋上でライブをしますが、その映像をカヴァーした演出に唸りました。
ジュードが、別れた恋人ルーシーを想いビル屋上からアカペラで「愛こそすべて( All You Need Is Love)」を歌うシーンは‥なかなか感動的でした。
この映画は、ジュリー・テイモア監督のビートルズへの尊敬と自分の青春であった60年代へのオマージュと思いました。
by blues_rock | 2011-11-08 21:30 | ビートルズ(Beatles) | Comments(0)