ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

カテゴリ:画集/本(Book)( 8 )

浅田次郎の歴史小説「壬生義士伝」(2000年4月) を読んだのは2002年の12月だったように記憶しています。
2002年1月2日テレビ東京(12チャンネル)の正月恒例10時間番組時代劇で「壬生義士伝〜新選組でいちばん強かった男」(1月2日14:00~23:55時放映)を放送、正月の退屈しのぎに見て感動、2002年暮れの休みに文庫本になった「壬生義士伝」上・下2巻の原作を読みました。
さらに2003年1月、滝田洋二郎監督の映画「壬生義士伝」が、公開されました。
これまで本を読んで感動したことはあっても、小説の活字を追いながら胸に迫る切なさと悲しみに涙が、溢れる経験は、初めてでした。
時代は、幕末から明治に移るころ、京都壬生の新撰組に、南部盛岡藩を脱藩した下級武士の吉村貫一郎という人物が、いました。
主人公の吉村貫一郎の幼なじみで、後に南部盛岡藩家老になる大野次郎衛門という二人の武士(サムライ)とそれぞれの息子に連なる4人の生涯が、物語の中心になります。
a0212807_0244988.jpg
喰い扶持の少ない貧しい下級武士の吉村貫一郎は、飢饉(ききん)続きで愛する妻子を養えず餓えから救うため死罪覚悟で脱藩、職(収入)を求めて新撰組に入り給金や人の嫌がる人切り(暗殺・粛清)の褒美で得た金銭すべてを故郷の妻子に届けていました。
鳥羽伏見の戦いで官軍(薩長連合)に敗れた幕府軍(東北・奥州諸藩)は、賊軍の汚名を着せられ形振(なりふ)り構わず敗走しました。
錦の御旗を掲げる官軍に突撃し討ち死にしようとする吉村貫一郎に同志の斎藤一は「お前は生きろ!死んではならぬ!生きて故郷に帰れ!」と諭しましたが、吉村貫一郎は、「わしは脱藩者にてござんす。 生きんがために主家を捨て妻子に背を向け、あげくには狼となり果てて錦旗にすら弓引く不埒者にござんす。 したどもわしは、おのれの道が不実であるとは、どうしても思えねがった。 不義であるとも不倫であるとも思うことはできねがったのす。 わしが立ち向かったのは、人の踏むべき道を不実となす、大いなる不実に対してでござんした。 わしらを賊と決めたすべての方々に物申す。 勤皇も佐幕も、士道も忠君も。 そんたなつまらぬことはどうでもよい。
a0212807_0253762.png
石をば割って咲かんとする花を、なにゆえ仇となさるのか。 北風に向かって咲かんとする花を、なにゆえ不実と申さるるのか。 それともおのれらは、貧と賤とを悪と呼ばわるか。 富と貴とを、善なりと唱えなさるのか。 ならばわしは、矜り高き貧と賤とのために戦い申す。 断じて、一歩も退き申さぬ。」と刀を抜いて敵陣の中に切り込んで行きました。
映画「壬生義士伝」では、物語の語り役として生き残った新撰組隊士の斎藤一(佐藤浩市)を起用し脚色、吉村貫一郎を中井貴一、大野次郎衛門を三宅裕司が演じました。
テレビ版「壬生義士伝」の放映が、映画より1年早く、テレビ版では主人公の吉村貫一郎を渡辺謙、大野次郎衛門を内藤剛志が演じ、浅田次郎の原作「壬生義士伝」のプロットをほぼ忠実に描いていていました。
最後の武士(ラスト・サムライ)の物語です。
by blues_rock | 2013-10-28 00:20 | 画集/本(Book) | Comments(0)
太宰治の「斜陽」を初めて読んだのは、高校生の時でした。
a0212807_0292739.jpg私は、子供の頃から冒険小説なども含め、あまり読書には興味がなく、「紅孔雀」・「赤胴鈴の助」などラジオの連続放送劇や「落語」番組に夢中になり、‘嵐寛寿郎’・‘東千代の助’・‘大友柳太郎’などが、活躍する勧善懲悪時代劇映画に心躍らせていました。
高校生になり読書家の友だちが、「これおもしろいよ」と太宰治の「斜陽」を貸してくれました。
田舎育ちで恋愛すら知らない私には、退廃と官能の匂いがする異次元の世界でした。
「斜陽」は、私小説家太宰治(1909~1948没 享年39才)と彼の愛人の一人である山崎富栄(1919~1948没 享年29才 )が、玉川上水で心中自殺する一年前の作品(1947年発表)です。
太宰治は、東京大学学生の時に心中自殺事件を起こし相手だけ死亡するという自殺未遂を謀っています。
太宰治は、39年の生涯で4度の自殺を謀るくらい‘自死願望’の強い人でした。
薬物(覚醒剤)中毒から逃れるためアルコール依存症になり、家庭を捨て愛人の間を流離(さすら)い、無頼でa0212807_0334623.jpg退廃的な暮らしを続けていました。
「斜陽」の主人公かず子は、太宰治の愛人の一人太田静子(歌人 1913~1982)が、モデルながら、病気とアルコール依存症で苦しむ太宰治は、新しい愛人として美容師の山崎富栄に「死ぬ気で恋愛して見ないか」と誘い、山崎富栄も「太宰さんが生きている間は、私も生きます。でもあの人は、死ぬんですもの。」と玉川上水で心中自殺するまで太宰治を看護し執筆できるよう介助を続けました。
太宰治は、小説の退廃的な作風の中に神を求めた作家でもありました。
私は、太宰治の「斜陽」(こちら)を久しぶりに読んで、そんな風に感じました。
とくに「七 直治の遺書」に強く惹かれました。
姉さん。だめだ。さきに行くよ。僕は自分がなぜ生きていなければならないのか、それが全然わからないのです。生きていたい人だけは、生きるがよい。人間には生きる権利があると同様に、死ぬる権利もある筈です。(中略)
a0212807_0343795.jpg人間は、みな、同じものだ。なんという卑屈な言葉であろう。人をいやしめると同時に、みずからをもいやしめ、何のプライドも無く、あらゆる努力を放棄せしめるような言葉。マルキシズムは、働く者の優位を主張する。同じものだ、などとは言わぬ。民主々義は、個人の尊厳を主張する。同じものだ、などとは言わぬ。ただ、牛太郎だけがそれを言う。「へへ、いくら気取ったって、同じ人間じゃねえか」 なぜ、同じだと言う
a0212807_0353558.jpgのか。優れている、と言えないのか。奴隷根性の復讐。けれども、この言葉は、実に猥褻で、不気味で、ひとは互いにおびえ、あらゆる思想が姦せられ、努力は嘲笑せられ、幸福は否定せられ、美貌はけがされ、栄光は引きずりおろされ、所謂「世紀の不安」は、この不思議な一語からはっしていると僕は思っているんです。
(以下略)この続きは、小説「斜陽」を読んでいただき、頽廃の匂いのする滅びの儚(はかな)さを夏の夜のひと時ゆっくり堪能してください。
by blues_rock | 2013-07-26 00:20 | 画集/本(Book) | Comments(0)
昔、デイヴィッド・ハミルトン(1933~、イギリス)の写真が、好きで数冊写真集を買いました。
ハミルトンが、彼独自の‘ソフトフォーカス’技術で撮影した若い女性のヌード写真には、独特の空気感があり、当時その美しさに感動しました。
a0212807_0165150.jpg
やがて‘ソフトフォーカス’で撮影された写真の弱さに気付き、若い女性を美しく撮れても、女性の官能(セクシーさ)や魅惑(エロティシズム)に欠けると感じるようになりました。
a0212807_026253.jpg
‘女性’をモチーフにした絵画や写真なら私は、男性の本能に攻め入る強さのある作品、男心を挑発しどきどきわくわくさせる作品を見たいと思うようになりました。
by blues_rock | 2013-01-31 00:15 | 画集/本(Book) | Comments(0)
二十代半ば、読書家の友人から‥これはおもしろいと薦められたのが「眼球譚、マダム・エドワルダ」でした。
a0212807_1233833.jpg作者は、ジョルジュ・バタイユ(1897~1962)でフランスの作家・批評家・思想家です。
文庫本として昭和51年(1976)2月に初版され、3月にすぐ増版されているので、当時話題になり売れたのだろうと思います。
野坂昭如(1930~)が、「エロ事師たち」(1963)で小説家としてデビュー、そして彼の編集する雑誌面白半分に掲載の「四畳半襖の下張」が、刑法175条「猥褻文書の販売」違反で検挙され「猥褻とは何か?」を問うワイセツ裁判をしている頃でした。
バタイユの「眼球譚、マダム・エドワルダ」は、当時の出版物としては、確かに過激な性的描写が多く発刊されたことを訝(いぶか)ったくらいでした。
発禁になった「四畳半襖の下張」は、非売となり既に雑誌を購入していた友人が、湿式青色コピーに写してくれ、それで読みました。
江戸時代の無修正春画を当時の言葉で短編小説にしたような印象でした。
「眼球譚、マダム・エドワルダ」も過激な性的表現は、確かに多いもののバタイユが、読者に媚びるような品性ない卑猥さや露出趣味の下品さは感じられず、無用な誇張の多いポルノ小説の類とは、決定的に違いました。
a0212807_1244095.jpgバタイユは、若い頃敬虔なクリスチャンであったこと、その後ニーチェを知り徹底した無神論者となったことが、根底にあるからだろうと推察します。
その背教者バタイユが、1928年文学仲間に限定して発表したのが、「眼球譚、マダム・エドワルダ」でした。
キリスト教が支配する当時のヨーロッパの社会規範は、禁欲主義の徹底や精神の抑制が、文化・社会の隅々にまで及んでいました。
時として、その閉塞感や精神の歪みは、反動となりヨーロッパで前衛的な哲学・思想を育み、特異な文学や芸術を創造するエネルギーになりました。
バタイユは、ハイデッカー(実存主義の創始者)の哲学にも傾斜していました。
彼の本質は、反キリスト教的でニーチェ的であるように思います。
a0212807_1251379.jpg余談ですが、ハイデッカーは1920年代東洋の思想や哲学に触れ、道元の「正法眼蔵」を知って、日本では中世に「存在と時間」(1927年ハイデッカー著)を認識していたと驚いたそうです。
ジョルジュ・バタイユは、多種多様なジャンルで活動し著作・評論・研究などを発表していますが、彼の職業は、生涯パリ国立図書館の職員でした。
彼の自立した生き方から分かるとおり、何ものにも媚びず束縛されない真に自由な精神をもった作家でした。
1972年三島由紀夫は、自著「小説とは何か」の中で、ジョルジュ・バタイユの「 眼球譚、マダム・エドワルダ」を高く評価していました。
by blues_rock | 2012-01-20 01:32 | 画集/本(Book) | Comments(0)
a0212807_22153383.jpg私は、本来活字人間ではありません(読書はニガ手です)が、大学生の頃、通学の行き帰りには、文庫本を読んでいました。
今のように、音楽携帯のipodやCDウォークマンがある時代ではなかったので、バスと電車で通学した片道一時間半の有効活用は、文庫本を読むことくらいでした。
どんな本を読んでいたか‥ほとんど憶えていませんが、なぜかサマセット・モーム(1874~1965没、享年91才)の作品は、結構読んだことを憶えています。
「人間の絆」・「月と六ペンス」・「要約すると」‥など平易な文章で読みやすかったからでしょうか。
しかし小説の内容については、憶えておらず、サマセット・モームという人物のクールな印象だけが、漠然と脳裏に残っています。
ぼんやり記憶しているのは、モームの人間に対するかなりシニカル(冷笑的)な視点と人生は無意味で無目的なもの‥と達観する冷徹さくらいです。
子供の頃両親を続けて亡くし、嫌悪していた叔父に預けられ育てられた少年時代、吃音(ドモリ)に悩み、コンプレックスに苦しんだ青春時代、モームの人間嫌いとも思えるシニカルな性格は、徐々に形成されたのでしょう。
a0212807_22385166.jpg
成人して若い頃は、軍のスパイ、その後作家として成功し、91才の天寿を迎え生涯を終えました。
イアン・フレミング(1908~1964没、享年56才)原作の「007シリーズ」ジェームス・ボンドは、イアン・フレミング自身もスパイでしたから、サマセット・モームのスパイ時代が、モデルとも言われています。
サマセット・モームの人間に対する視点は、シニカルで人生は無意味・無目的としながら、長寿で亡くなったのですから‥人生は、終わり良ければすべてよし、で幸福な人生だったろうと思います。

完璧には、一つの重大な欠点がある。
退屈になりがちなのだ。(モーム)
by blues_rock | 2012-01-18 00:00 | 画集/本(Book) | Comments(0)
十代の終わり、私の未熟な精神に大きな影響を与えた三冊の本です。
自我と煩悩の間で右往左往する私の不安定な心を鎮めてくれ、私の座右の書になりました。

◆ 原口統三(1927~1946没、享年19才)‥哲学者
ノート「二十歳のエチュード」一冊を遺し、自らの精神の純潔を守るために19才の若さで自殺しました。
あまりにも明晰な早熟の哲学者でした。
「二十歳のエチュード」から、いくつか抜粋して紹介しまます。a0212807_23381315.jpg
     *
僕は、なれ合いが、嫌いだ。
僕の手は、乾いている。
     *
真の詩人は、詩論を書かぬものであり、真の信者は、信仰を説明しないものである。
     *
哲学者は、真理を語りはしない。
彼は、作品を書くだけだ。
     *
日本の自称哲学者たちは、哲学は文章の外にあると思っている。
言語学と文法とを勉強しないで、哲学ができるわけがない。
     *
人間は、自己の真情を吐露しようと欲することにおいて、罰せられている。
原口統三、二十歳にして野心を喪失し、二十歳にして青春を喪失し、二十歳にして記憶力を喪失し、二十歳にしてありとあらゆるものを喪失し、ついに二十歳にして人生を喪失した男。
     *
すべての「主義」は、自己の正当化、弁解にすぎない。

◆ 森田正馬(1874~1938没、享年64才)‥精神医学博士
a0212807_23385564.jpg「神経質の本態と療法」は、84年前の1928年の出版ですが、いまでも色褪せない精神医学の名著と私は思います。
フロイトも森田博士も若いころ自分自身“パニック障害”に苦しみ、自分の辛苦体験を研究し、精神分析や精神医学で世界的評価を受けました。
人には、精神の根底に“死への恐怖”や不安な思い、心配なことなどがあるものです。
それが、何かをきっかけに、神経症やパニック障害を引き起こす原因になります。
十代の頃、森田博士の「神経質の本態と療法」を繰り返し読みました。
森田博士の教えは「あるがまま、実践せよ」でした。
自分の自然な気持ちを大切に、自分の心のあるがまま‥今日(こんにち)ただ今、まさに為すべきを熱心になせ、と自分に言い聞かせながら暮らしています。


a0212807_234163.jpg◆ 八木重吉(1898~1927没、享年29才)‥詩人
私は、友が無くては、耐へられぬのです。
しかし、私には、ありません。
この貧しい詩を、これを、読んでくださる方の胸へ捧げます。
そして、私を、あなたの友にしてください。
これは詩集「秋の瞳」の序に書かれた詩人のメッセージです。
「秋の瞳」は、清々しく凛とした名詩集でした。
by blues_rock | 2012-01-14 01:30 | 画集/本(Book) | Comments(0)
a0212807_2259814.jpg転勤に伴う転居も慣れていましたが、いざ引越しとなると、どこに住んでいても、いつも寂しくなりました。
引越しの荷造りを始め、ダンボールに荷物を詰めていると、もう何年も何十年も使わなかった物や読まなかった本を発見します。
転居先が狭いのを知りながら捨てる気持ちになれず、冷静な判断も煩わしく、以前の引越しでダンボールに入れたままの荷物も増えました。
2年8か月前の引越し(‥9回目の転居)も、東京での何かと便利な生活から離れる寂しさに併せ、いつもの煩わしさはありましたが、故郷の九州で30数年ぶりに暮らす浦島太郎のような好奇心に期待も膨らみました。
a0212807_235489.jpg今回の東京から九州へ還る引越しは、できるだけ身の回りの荷物(衣類・日用品・本類・趣味の類い)は処分し身軽になり、新しい暮らしを始めることにしました。
とくに、趣味の道具や自分の好きなものは、引越し準備の度に思い悩み、捨て難く、持ち続けてきましたので、思い切って捨て去り、身軽で還えると決めました。
食器・日用品・衣類や小物類・家電品などは、環境NPO「エコメッセ」へお願いし、本類はBOOKOFFに引き取ってもらい、古道具類は知合いの方に差しあげました。
最期まで迷ったのは、若い頃に愛読していたコミック本でした。
白土三平(1932~)・真崎守(1941~)・ジョージ 秋山(1943~)のコミック本は、いつの引越しも捨てがたく‥漫画(または劇画)と呼ぶにはあまりに主題が、シリアスで画も上手く、上質すぎるコミックでした。
白土三平は、1964年「カムイ伝」を発表するために伝説の月刊誌「ガロ」を創刊、「忍者武芸帳影丸伝」・「サスケ」・「カムイ外伝」などの傑作を発表しました。
物語の舞台は江戸時代、主人公のカムイは、抑圧差別された部落(非人)の出身で抜け忍でした。
同じ抑圧差別されながら、部落民(非人)と百姓たちは、対立していました。
a0212807_23134852.jpg
百姓たちのリーダーは、正助(下人)ですが、カムイの姉ナナ(非人)の夫でもありました。
さらに支配階級の武士ながら階級制度に疑問を持ち、人間として苦悩する竜之進が加わり、三人の若者がもつ三者三様の価値観(部落問題・唯物史観・唯物論)をコミックで見事に画いています。
a0212807_23144896.gif真崎守もシャープな画の描写で新鮮でした。
1969年「はみだし野郎の子守唄」・1969年「ジロがゆく」(三部作)で1971年講談社出版文化賞を受賞、やはり真崎守の名作「ジロがゆく」は捨てがたく持っておくことにしました。
「ゆきをんな」(1975)も情感溢れる秀作コミックでした。
ジョージ 秋山の1970年「アシュラ」・「銭ゲバ」も人間の残忍さと強欲さという本質を見事に画き出した傑作でした。
1973年から連載の始まった「浮流雲」は、単行本(既刊86巻)でずっと揃えて来ましたが、途中40数巻で止めてしまいました。
‥それでも手放し難くずっと持ってきましたが、それも今回の引越しで全部知合いの方に差しあげました。
ラ・ヴィ・サン・ヴァ‥人生は過ぎ行く、と身軽にしました。
by blues_rock | 2011-11-26 22:35 | 画集/本(Book) | Comments(0)
10月25日「詩を描く画家‥山口薫」(こちら)について書きましたが、今も3冊の山口薫画集(求龍堂)と展覧会カタログは、私の大切な宝物です。
山口薫の展覧会や作品は、たくさん見ましたが、憶い出すままに‥群馬県立近代美術館・渋谷区立松濤美術館・世田谷美術館・茨城県近代美術館・東京ステーションギャラリー・京都現代美術館(何必館)の展覧会(展示室)を懐かしく思い出します。
a0212807_20304744.jpg
二十歳のころ山口薫の絵に心酔し、無我夢中で絵を描いていましたが‥働くようになり次第に絵具箱を開けることもなくなりました。
絵を描かないことで手に入れたのが、絵を見る楽しみでした。
自分の「好み(=好きキライ)」で自由に絵を見て、好きな絵の前でウットリする悦びです。
故郷の納屋に当時描いた100号の絵2枚と他に数枚残っていると記憶していますので、もう一度見てツマラナイ絵なら処分しようと思っています。
by blues_rock | 2011-11-15 20:31 | 画集/本(Book) | Comments(0)