ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

カテゴリ:自然/農耕/食料( 45 )

アクロス福岡ビルの東南側は、標高60m809段の階段公園(ステップガーデン)です。
a0212807_1143995.jpg
階段の両側を覆う緑の木々は、120種5万本とか、実の成る木も多く小鳥たちの楽園のようです。
a0212807_5195285.jpg
都会の中心街にあって喧騒を忘れる感覚は、東京(千代田区大手町)で働いていた頃、昼休みに時々散歩した皇居内二の丸庭園の静けさを懐い出しました。
a0212807_5201556.jpg
              <東京都心の森、皇居内二の丸庭園>
a0212807_5191266.jpg
土・日曜日の昼間(10時~16時)だけ登頂できるアクロス山頂上(展望台)からの四方の眺めは、絶景です。
by blues_rock | 2011-07-03 14:51 | 自然/農耕/食料 | Comments(0)
私たちのデイサービスで良く唄われるトンボの歌が、2曲あります。
「トンボのメガネ」と「赤トンボ」です。
古い童謡ながら世代を超えて唄い継がれた歌の歌詞とメロディには、時間を超えた新鮮な感動があります。
普遍のない魂に感動はありません。
a0212807_5304479.jpg
トンボのメガネは
水色メガネ
青いお空を飛んだから
飛んだから
a0212807_53191.jpg
トンボのメガネは
ピカピカめがね
お天道様を見てたから
見てたから
a0212807_5312916.jpg
トンボのメガネは
赤色メガネ
夕焼け雲を飛んだから
飛んだから
a0212807_5314452.jpg
夕焼け小焼けの 赤トンボ
負われて 見たのは いつの日か
a0212807_532467.jpg
山の畑の 桑の実を
小カゴに摘んだは 幻か
a0212807_5323253.jpg
十五で姉やは 嫁に行き
お里の 便りも 絶え果てた
a0212807_5325972.jpg
夕焼け小焼けの 赤とんぼ
留まっているよ サオの先
by blues_rock | 2011-07-02 08:32 | 自然/農耕/食料 | Comments(0)
中国では古代より「冬虫夏草」は、不老長寿の漢方薬および医食同源(滋養強壮・精力源)の薬酒・薬膳食材として珍重されてきました。
a0212807_14234591.jpg
古くは、秦の始皇帝や唐の楊貴妃は言うに及ばず、各時代の皇帝・王侯貴族に愛用され、最近では最強の馬軍団と呼ばれ大活躍した中国女子陸上選手団やマラソン選手が食用していたことで有名になりました。a0212807_1424797.jpg

冬虫夏草は、非常に高価で100g 100万円くらい、安いものでも100g 10万円くらいします。
はて? 「冬虫夏草」とは‥何なのでしょうか。

昆虫(成虫・サナギ・幼虫)の体に寄生して育つ、キノコの一種です。

「冬虫夏草」キノコ菌は、冬に昆虫の体内で生きながら栄養分を摂取し菌糸を伸ばし、夏になると菌糸体から子実体(キノコ)が発生して、細長いキノコとして成長することから「冬虫夏草」と呼ばれました。
a0212807_14242467.jpg
世界で350~400種類が発見されており、日本は300種くらいが確認されています。
「冬虫夏草」の本家中国では、標高の高い(3千~4千メートル)チベットに生息するコウモリガの冬虫夏草が有名で貴重です。
a0212807_14252676.jpg
ハチ・セミ・トンボ・クモ・甲虫・ガ類の成虫・サナギ・幼虫に寄生しキノコとなり発生します。a0212807_14272048.jpg漢方の生薬として、免疫力増強・強心作用・老化防止・抗ガン効果・骨髄造血促進・気管支拡張・性機能回復・抗菌作用・疲労回復・鎮静作用などに効用があります。

中華料理の薬膳食材としては、四川料理でアヒルに冬虫夏草を詰め、ネギ・ショウガ・紹興酒など加えてじっくり煮込むスープ「虫草鴨子」(チョンツァオヤーズ)が、最も有名です。

他にもスッポン・アワビ・雄牛の生殖器などと煮込んだ冬虫夏草の高級な中華料理もあります。

これまで様々な冬虫夏草の研究分析がされ、免疫系・内分泌系・心臓循環器系・神経系・腎臓泌尿器系などに効用があり好影響を与えることが分かっています。
a0212807_14273938.jpg
(参考)写真は、上から冬虫夏草(乾燥キノコ)、こうもり蛾・ハチ・セミ・クワガタ・蛾(さなぎ)に発生したキノコ(冬虫夏草)
by blues_rock | 2011-06-28 19:30 | 自然/農耕/食料 | Comments(0)
シイタケ栽培用の原木の種類は、たくさんあります。
落葉広葉樹のコナラ・クヌギ(いわゆるドングリの木)を中心に、クリ・シデ・ミズナラ・アベマキ・サクラなど日本の自然の山にある雑木がシイタケの原木になります。
a0212807_13392419.jpg
秋の紅葉(黄葉)シーズンに、樹齢15年~20年の木を伐採したら一ヶ月くらいそのまま山に放置し葉を枯らし水抜きします。
伐採した木の根元(切り株)から春になると新しく萌芽(ほうが)して再び成長しますので植林する必要はありません。
「ひこばえ」とは、切り株の根元から萌芽した新しい木のことを意味します。
また15年~20年後に伐採すれば同じように萌芽再生しますので原木資源が枯渇することはありません。
a0212807_1453110.jpg
一ヶ月過ぎたら1m(90cm~120cm)くらいに原木を玉切りし“梅の開花から桜の散る季節”の候に植菌します。
冬場山の作業は寒さ厳しく、作業がし辛いことや降雪・積雪などによる山での事故の危険が大きいことなどにより、梅の開花が始まる早春まで待って植菌作業を行います。
a0212807_12342620.jpgそして、桜の花が散り始める季節になると外気温が上がり、日によっては初夏の陽気にもなりますので高温に弱いシイタケ菌は種菌の活着率が低下します。
反対に高温に強い菌トリコデルマ菌は、シイタケ菌の最大の敵でシイタケ菌は害菌の繁殖したところでは死滅します。
そのために原木に早くシイタケ菌を活着させ成長させて榾木(ほだぎ)にします。
シイタケ菌は、セルロースを分解し栄養源にして成長します。
成長した菌糸体が集合し、キノコの卵である原基(げんき)を形成すると日中の寒暖の温度変化が15度を超える季節‥春と秋に榾木からキノコ(シイタケ)が発生します。
榾木を榾場(原木シイタケ栽培地)に伏せこみ栽培管理(水管理)をきちんと行えば、5~6年の間毎年春秋にシイタケを収穫することができます。(良かったらこちらも参考にご覧ください。)
by blues_rock | 2011-06-10 13:40 | 自然/農耕/食料 | Comments(0)
「水」は、地球に生きるすべて生命(いのち)の源です。
化学記号ではH2Oと表わし水素二つと酸素一つが、結合してできた物質です。
宇宙天体の中で地球を「水の惑星」と呼び、宇宙から地球を見た宇宙飛行士は「地球は青かった」と表現しています。
地球上の生物体は70%~80%が、水でできています。
人体も60%~70%が水、海水と同じ濃度です。
太古の昔人類が生まれた故郷(ふるさと)海の濃度をいまでも人体は、記憶しているのでしょう。
水の常識として水を温めると湯となり沸点100度で水蒸気になります。
水は、融点0度で結晶し氷となります。
水の比重は、摂氏4度で最も高く1gの基準となっています。
a0212807_23104637.jpg
水の惑星地球のすべて水を1リットルのペットボトル1,000本に換算し淡水は、わずか3本(0,3%)です。
ほとんど海水で972本(97,2%)氷河21本(2,1%)その他4本(0,4%)です。
残り3本(0,3%)の淡水のうち、人類は2本を農業用水として使用し最後の1本から工業用水・生活用水と利用、70億人の人類に残された飲料水は、ペットボトルから落ちる一滴しずくに等しい微量しかありません。
水は、大気の中を循環しています。a0212807_23264659.jpg
太陽の熱により蒸発した水は、水蒸気となり大気圏で雲となり降水(雨や雪)して地表を流がれ(河川・湖水・海)あるいは地中深く浸透して数千年数万年の地下水として蓄えられます。
水は、地表に噴出した火山を冷やし、岩石を侵食しながら土砂を運搬さらに有機物を堆積して肥沃な大地(表土)を生成しています。
1日あたり普通の人で2,300mlの水分‥1,200mlの尿・200mlの糞・900mlの汗を排出しています。
一方1,200mlを飲料水として、800mlを食事で300mlを呼吸で吸収しています。
日本人の一日平均(成人)の水使用は242ℓ、なんと1ℓペットボトル242本を一日に使っています。(ちなみにアフリカの水のない地域は、1日2ℓで生活しています。)
日本では毎日トイレに68本(28%)、風呂に58本(24%)、炊事56本(23%)、洗濯41本(17%)‥の順で飲める水を生活用水として浪費しています。
なんと贅沢な暮らしをしているのでしょう。
a0212807_23111710.jpg
私たち日本人は、古くから水にまつわる多くの言葉を使ってきました。
水くさい・水商売・水に流す・水かけ論・水もしたたる・水を注す・湯水のように・水入らず、などなど、日々の暮らしに溶け込んだ言葉ばかりでした。
温帯モンスーンの気象は、日本列島に四季折々の雨・雪を降らせ、全国いたるところに豊かな河川・湖(池)・地下水(湧水)をつくりました。
そんな私たち日本人の豊かな水のある暮らしも過去の話になりました。
by blues_rock | 2011-06-09 22:58 | 自然/農耕/食料 | Comments(0)