ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

「西部戦線異状なし」と「トラ・トラ・トラ」(前編) シネマの世界<第710話>

アメリカ(ハリウッド)製作の超大作戦争映画にして不朽の名作を2作品、二夜連続でご紹介したいと思います。
a0212807_1950263.jpg「西部戦線異状なし」が、1930年製作、「トラ・トラ・トラ」は、1970年とそれぞれ今から87年前、47年前とかなり旧い映画ながら、アメリカ(ハリウッド)が、第一次大戦(ヨーロッパ戦線)の敗戦国 ドイツの若い兵士たちを主人公にその悲劇を描いた「西部戦線異状なし」ならびに第二次世界大戦(太平洋戦争)の敗戦国でアメリカの敵国であった日本の視点も入れてハワイ真珠湾奇襲攻撃を描いた「トラ・トラ・トラ!」は、ハリウッド製作が、製作したゴマンとある戦争映画の中でも画期的な超大作戦争映画の異色作です。
映画のプロットもアメリカ国民受けするポピュラーな戦争ヒーロー物語ではなく、前述のとおり仇敵‘ドイツ’と‘日本’から本質にアプローチしています。
それもハリウッドのメジャー映画会社が、巨額の資金をつぎ込んで製作した戦争スペクタクル超大作映画にして不朽の名作であることは、特筆すべきことです。
【 西部戦線異状なし 】は、 戦争映画の古典にして映画芸術としても傑作です。
a0212807_1952756.jpg現在(いま)に至る映画100年史の中で原点となる ‘トーキー(音声映画)’ が、1927年に誕生し、その3年後ユニバーサル映画は、戦争映画の超大作「西部戦線異状なし」を製作しました。
原作は、ドイツの作家レマルク(1898~1970)が、1929年に発表した小説「西部戦線異状なし」で 1930年にこの映画を製作、監督したルイス・マイルストン(1895~1980)は、アカデミー賞監督賞(と作品賞)を受賞しています。
a0212807_19554330.png「西部戦線異状なし」は、1917、18年ごろのエーヌ川沿いに掘られた塹壕の最前線を舞台にドイツ軍とフランス軍が、向い合う中で両軍兵士たち死屍累々の塹壕戦を描いています。
映画は、ドイツの一兵士ポール・バウマー(演じるのは、リュー・エアーズ 1908~1996、生涯独身であった伝説の大女優グレタ・ガルボ、お気に入りの俳優)が、大学の老教授から愛国心を煽られて志願兵になり、熾烈な戦闘を繰り返す西部戦線へ送られるところから始まります。
a0212807_19565292.jpgポールは、すぐに悲惨な戦場で 身近な人の死と肉体の痛み、不安、恐怖、不条理や理不尽への怒り、そして殺戮の虚しさに やがて精神を破壊され、人の死や人生に無感覚になり 負傷による帰省故郷にも平安はなく、休暇を切り上げて前線へ戻りました。
a0212807_19574359.jpgそして、塹壕戦の最中、目の前にいる 一匹の蝶 に気を奪われた途端、敵狙撃兵の銃弾に倒れ戦死しました。
映画は、CGのない時代なので すべて実写、塹壕戦など砲弾が、飛び交う激しい戦闘場面は、リアルで凄絶です。
その中での撮影なので 出演している俳優たちの緊張した息遣い(テンション)が、見る方にも伝わり、血だらけになって塹壕や泥沼のなかを這いまわa0212807_19582794.pngる 敵味方入り乱れた兵士たちの迫撃戦の実相(リアリティ)を撮ったカメラワークは、見事の一言です。
どこからともなく聴こえるハーモニカの音の中、ポールが、戦闘中であることも忘れ 目の前の蝶に心奪われ身を乗り出したとたん銃弾に倒れるラストシーンは、見る者の心も打ち砕きます。
ポールが、戦死したその日の司令部への報告書には、「西部戦線異状なし、報告すべき件なし」と記載されていました。
a0212807_19594325.jpg
後編に続く)
by blues_rock | 2017-05-29 00:09 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)