ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

認知症 ‘明日はわが身’(前編)

金継ぎ作品展2017もおかげさまをもちまして盛会のうちに終了しました。
お忙しい中にもかかわらず、大勢の方が、ご来場くださり心よりお礼申しあげます。
先日、若い友人から「最近、高齢者介護のことや認知症のことをあまり書きませんね。」と言われました。
a0212807_5191455.jpg
拙ブログの高齢者介護についての記事を丁寧に読んでくれている人もいるのだと考え、‘門前の小僧、習わぬ経を読む’がごとき介護現場での私の体験(知見)ながら久しぶりに認知症のことについて書きたいと思います。
何よりもまず私が、厭きず懲りずにせっせとブログを書くのは、認知症を‘明日はわが身’の病気と思っています
a0212807_5194570.jpg
ので、わが未病の認知症をチェック(危機管理)するために書いているようなものです。
読んでくださる皆様に少し説明しますと ‥ つまり、自分の生活(日々の暮らし)に感動が、なくなったり、人とのコミュニケーション意欲を喪失したり、自分の思いや考えていることを表現できなくなったりなど、a0212807_5201663.jpg簡単に申しあげれば、今まで(普段)の自分と違うささいな変化でも早くキャッチするよう日々自己点検(メンタルチェック)しているようなものです。
やがて、記憶障害、見当識障害、理解力・判断力の低下などで自分の身の回りのこと(ADL=日常生活動作)が、できなくなると認知症高齢者にも個人の尊厳(人権)は、あると言いながら、私自身のことで申しあげれば、自らの価値観を自分で意思決定できない嘘っぱちな尊厳や他人に自分の人生を委ねる延命措置など、まっぴらゴメン‥の思い強く、それでも認知症をa0212807_5213060.jpg発症するとそんな自分の意思表明も個人の尊厳という美名のもとに全否定されてしまいます。
ならば、まず認知症の発症を早期発見する努力を日々しつつ、運悪く発病したと思ったら、すぐに認知症専門の良医を主治医にして進行を抑制し、症状をコントロールさえすれば、それまでと同じ普段の生活を持続しながら生涯を終えることは、十分可能です。
世間には、認知症と精神疾患(二つとも同じ脳内疾患ながら別な病気)の区別が、できない人たちも多く、脳神a0212807_5362392.jpg経科・精神科以外の医師には、認知症の知識がなく誤診する医者もいて、ヤブ医者の、いい加減な診断による誤った薬の投与で認知症を悪化させた事例もありますので‘要注意!’です。
私は、いま週2回、住まい近くの高齢者介護施設で認知症の方々と絵画・コーラス・俳句などを楽しみながら‘明日はわが身’の自己臨床チェックをしています。
介護資格のない素人の私は、介護介助の専門技術が、何もないので重度認知症の方々、とくに‘コミュニケー
a0212807_1456424.jpgションできない方’との接触は、極力避けるようにしています。(というより‘ニガテ’です。)
たとえば、「危ない!」からと説得しても分からない認知症の方の腕をつかむ(危険防止の行為であっても)と虐待と云われたり、自立支援と言いつつADL(日常生活動作)機能が、低下している方の‘ふらつき尻もち’についても転倒事故と扱われたり、自宅での普段の暮らしにどこにでもある些細なことすら福岡市へ報告しなければならないことを考えると、ただでさえ忙しい現場スタッフに今以上の苦労と迷惑をかけられないからです。
後編に続く)
by blues_rock | 2017-04-24 04:24 | 高齢者介護(認知症) | Comments(2)
Commented by gassekuu at 2017-04-24 21:34 x
お疲れ様でしたm(__)m暇もお金もない私は自分達の作品展なのに、何のお役にも立てず心苦しい限りです。
福岡組にお任せで申し訳ありません。毎度の事ながら、作品展は皆さんの高度な技に自分の未熟さを思い知らされ、落ち込みますが、
でも、大変勉強になります。また頑張ろう!と思います。
Commented by blues_rock at 2017-04-25 00:34
作品展は、毎回新たな刺激とアイデア(インスピレーション)をもらえるので楽しみにしています。
近くにいる人が、できることを積極的にできるだけやれば良いことなので気にすることはありません。
ともあれ、お疲れさまでした。
次回は、ヘウゲタルモノにトライします。