ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

パイプオルガン チャリティ・クリスマス コンサートのご案内

私の友だちにパイプオルガン奏者(パファム・デュ・ヴァン オーナーソムリエの妹君)がいて、来たる12月16日土曜日の午後3時から夕方5時まで、福岡市博多区須崎町の日本福音ルーテル博多教会にて「クラシックギター
a0212807_9331059.jpg
とパイプオルガンのチャリティ・クリスマス コンサート」を開催いたします。
パイプオルガンを直接聴く機会(コンサートもパイプオルガンのあるところでないとできない)などめったにないだ
a0212807_9353763.jpg
ろうと推察し、パイプオルガンの音楽(音や調べ)に興味ある方、お好きな方に良いチャンスだろうと思いご案内いたします。
a0212807_9375331.jpgある日、ご本人に「何でどこにでもないあんな馬鹿でかいパイプオルガンの奏者になったの?」と私が、何気に質問したところ、あっさり「私の好きな音(音楽)だったからです。」というシンプルかつクールな答えが、すぐに返って来ました。
そんなことが、あってしばらくした11月20日の日本経済新聞(朝刊の文化欄)にパイプオルガンビルダー 望月廣幸氏のことが、大きく紹介されていましたのでその記事をご本人に差し上げたところ「実は、私のパイプオルガンは、この方に作っていただきました。」とポツリ ‥ 「はあ? (あんなでかいもの今どこに?)」と怪訝そうな私の顔を見て思われたのか「持ち
a0212807_9514496.jpg
ち運べないので手放しました。」とこれまたクールなリスポンス、‘そりゃそうだよね、持運べないよねえ’と妙に納得した次第です。
a0212807_951487.jpg
ちなみに、このパイプオルガンビルダー 望月廣幸氏は、NHKホールに設置されているパイプ数7、600本という日本最大のパイプオルガンを作られた方だとか、私の人生に漆芸といい陶芸といい、今回のパイプオルガンとい
a0212807_9523060.jpg
い未知との遭遇が、次々に続いています。
このコンサートの詳しい情報は、上に掲載の「福岡いのちの電話 チャリティ・クリスマス コンサート」フライヤーをご覧くださり、ぜひクラシックギターとパイプオルガンのアンサンブルをお楽しみください。
by blues_rock | 2017-12-02 00:02 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)