ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

無い物ねだり

今夜のブログは、オークションで レオナルド・ダ・ヴィンチの新聞紙片面サイズの下の絵に500億円余の応札が、あったとのニュースを知り 驚嘆(びっくり仰天)して書きました。
a0212807_10285111.jpg
過ぎていくのは、時間だけ

私たちは、この世に無い物を見ようとしたり、手に入らないものを欲しがったり、芸術とは、そんなもの、のようなa0212807_10312387.jpg気が、します。
有史以来、稀代の天才たちが、創造した美術品、作曲した天上の音楽を以てしても、私たちは、決して現存する芸術に満足することが、できない強欲な美の下僕(しもべ)です。

過ぎていくのは、時間だけ

ルネッサンス絵画を超えられないのに、描き続ける絵描きたち
バロック音楽に敵わないのに、音符を並べる作曲家たち
安土桃山の陶は、再現できないと分かっているのに、陶土(つち)をこねる陶工たち

芸術とは、「好き 嫌いだけ」と、己が才を諦め、努力を放棄するアーティストたち
稚拙な筆で勝手に描いて、自画自賛する絵描きがいる
軋むような音を音楽と言い張る音楽家もいる
箱に些末な銘を入れ一子相伝の名(あまえ)で暮らす陶工の魂のなさ
a0212807_1049817.jpg
過ぎていくのは、時間だけ

私たちは、皆な無い物ねだり、永遠に「おいで おいでの世界」に暮らしています。
by blues_rock | 2017-11-27 00:07 | 美術/絵画/彫刻 | Comments(0)