ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

雨の日は会えない、晴れの日は君を想う  シネマの世界<第763話>

アメリカの俳優 ジェイク・ギレンホール(1980~)は、まだ30代半ばながら‘性格俳優’(とくに‘壊れかけた精神状態’の演技力は抜群)として、希代の名優のひとりと言って良いでしょう。
a0212807_1212593.jpg
a0212807_1261048.jpg
私が、ジェイク・ギレンホールを注目したのは、サム・メンデス監督(1965~、1999年アカデミー賞作品賞受賞 作品「アメリカン・ビューティー」は秀逸)が、2005年に撮った湾岸戦争を主題にした映画「ジャーヘッド」で演じた坊主a0212807_1283644.jpg頭でギョロ目の海兵隊兵士役でした。
以来、ジェイク・ギレンホールが、主演した映画は、2001年SFスリラー映画「ドニー・ダーコ」から現在公開中の映画「ノクターナル・アニマルズ」(Nocturnal Animals 夜行動物)まで10数本見たように憶います。
新作「ノクターナル・アニマルズ」(トム・フォード監督・脚本)は、ジェイク・ギレンホールが、主人公の小説家志望の青年と劇中劇のa0212807_1305730.jpg主人公として登場、小説「ノクターナル・アニマルズ」の二人の主人公(二役)を演じていて、共演は、エイミー・アダムス(1974~)、マイケル・シャノン(1974~)、アーロン・テイラー=ジョンソン(1990~)と個性派の名優が、出演しています。
「ノクターナル・アニマルズ」は、ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞を受賞した作品ですが、今夜のシネマは、a0212807_1325026.jpgジェイク・ギレンホールが、2014年映画「ナイトクローラー」で見せた‘壊れてしまった心の狂気(サイコパス)’を彼は、「ノクターナル・アニマルズ」よりその前の心理劇映画「雨の日は会えない、晴れの日は君を想う」(原題「Demolition」 破壊)でのほうが、その狂気により近く、しかも‘壊れていく’心の内側(心因的精神障害の症状)を繊細な演技で見せてくれます。a0212807_1331767.jpg
というわけで今夜は、「雨の日は会えない、晴れの日は君を想う」を採り上げたいと思います
私は、「ノクターナル・アニマルズ」も面白いと思いましたが、フォード監督は、ファッションデザイナーでもあるので‘エイミー・アダムス’を着せ替え人形(モデル)のように見立てた演出が、強調され過ぎ、静と動の主人公二役にジェイク・ギレンホール持ち味の‘壊れかけた精神’の演
a0212807_1334782.jpg
技は、あまり必要とされていませんでした。
プロット(構成と脚本)も本筋の主人公と劇中劇の主人公との違和感が、最後まで払拭できず、もう少しミステa0212807_1344265.jpgリー脚色されたスリラー映画にして欲しかったと私は、思います。
その点「雨の日は会えない、晴れの日は君を想う」のほうが、原題「Demolition」 (破壊)のとおりジェイク・ギレンホールは、次第に‘壊れていく’主人公の精神の変化を見事に演じていました。
監督は、カナダの名匠 ジャン=マルク・ヴァレ(1963~、2013年「ダラス・バイヤーズクラブ」、2014年「わたしにa0212807_135121.jpg 会うまでの1600キロ」)で、ヴァレ監督の演出をヴァレ監督作品の常連である撮影監督のイブ・ベランジェが、ある日突然の交通事故で運転していた妻を亡くし、後遺症の心因的精神(ストレス性パニック)障害により感情を制御できない夫 デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)の空虚な心情を包み込むようにやさしく美しい映像で描いていきます。
a0212807_1355699.jpg
救急病院に搬送され妻の死亡を知らされたデイヴィスは、妻の死よりも病院待合室に置かれた自動販売機の不具合のほうが、気になり小さな自動販売機会社でクレーム受付係をしているシングルマザーのカレン(ナオミ・a0212807_1365254.jpgワッツ 1968~)と関わっていく二人のデリケートな演技、さらに義理の息子デイヴィスを心配する亡き妻の父親フィル(クリス・クーパー 1951~)との悲しみに対する確執など見応えのある心理劇映画です。
若き名優ジェイク・ギレンホールへの名監督からのオッファ(出演依頼)は、絶えず現在でも、ポスト・プロダンションの(公開準備をしている)映画が、スウェーデンの名a0212807_1381031.jpg監督 ダニエル・エスピノーサ(1977~)のSF映画「ライフ」、アメリカの鬼才監督 デヴィッド・ゴードン・グリーン(1975~)によるボストン・マラソンのテロ事件で下半身を失くした男性が、モデルの伝記映画「ストロンガー」と私は、一刻も早い公開を心待ちにしています。 
(上写真 : 撮影の打合せをするジャン=マルク・ヴァレ監督とジェイク・ギレンホール)
by blues_rock | 2017-11-11 01:11 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)