ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

土塊(つちくれ)ながら、陶器の魅力

九州で生まれ育ったためか、自然に有名無名を問わず九州各地の窯元へ出向きました。
a0212807_2343166.jpg
そのとき自分が、作陶するとは、思いもよらず金継ぎをするようになって、古い陶片に呼び継ぎしたり、共継ぎに
a0212807_23441133.jpg
したり、さらに古陶片を刻苧(こくそ)で再現したりと、いろいろしているうちに、自分で好き勝手に作った陶胎地の器a0212807_2345940.jpgに漆を塗ったらおもしろいかもしれないという‘邪気’から私の作陶は、始まりました。
今年の春、桜の季節、玄洋窯を訪ねて玄洋窯主人でロクロ名人の冨永陶工に、私の邪気を説明 ‥ しかし、呆れ果てた様子で、私の熱意(?)を理解していただくのが、なかなか難儀だったものの、秋も深まる頃、陶胎の破れ茶碗は、誕生しました。
ともあれ‥こんなはずじゃなかった!の連続ながら、陶土(つち)を弄りながら紐作り(手捻り)で、まだ見ぬわが傑作の妄想(本人はイメージ)に執り憑つかれています。   (付記 : 上段の2碗が、拙作 ‥ 「無釉還元焼成茶碗」 と 「粉引茶碗」)
a0212807_23474745.jpg上の作品(伊賀焼の花器)ならびに左とその下の作品は、私の友人および知人の紛れもない秀作陶器です。
大阪に住む友人が、伊賀で作陶(手捻り)した花入れで、伊賀特有の粗い陶土(つち)と野趣豊かな灰釉とのバランスが、すばらしい作品です。
左と下は、糸島半島で盆栽の植栽をされている方が、作陶された奔放でダイナミックな盆栽鉢です。
a0212807_2355394.jpgどれもさほど大きくない小振りな作品ながら盆栽鉢から放たれる火山のエネルギーのようなパワフルさに感動、何より若い女性の方の作品と知り二重の驚きです。
これらは、来年春に植栽される盆栽の鉢だとか、その時また拙ブログで、その盆栽をご紹介したいと思います。
by blues_rock | 2017-10-14 00:04 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)