ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

Classic Guitar Concert at NAMU のご案内

いつも他愛ない私のblogをたくさんの皆さま方が、読んでくださり感謝しています。
さて、今夜は、私の思いつき企画ながら福岡市中央区薬院の韓国ビストロ 7階のナムで開催します「クラシック・ギター・コンサートat 7階のナム」をご案内いたします。
a0212807_191965.jpg
毎月25日は、オーナーシェフ、チョンさんが、主宰する予約制の ‘ナム25日の会’ の日です。
私もいつの間にかすっかり常連メンバーになりましたが、いつも生(せん)マッコリを浴びるように飲み、シェフ チョンソンウンさんのヌーベル韓国料理‥フランス料理(コルドンブルー ロンドンで学ぶ)と日本料理(中村調理
a0212807_19222322.jpg
師専門学校卒業)を修行したチョンの韓国料理を私は、そう呼んでいます、をたらふく食べるばかりで何のお手伝いもしていないことにふと気付きました。
7月、幼なじみの友人を誘い「7階のナム」(下写真ビル7階)に行ったとき子供の時からクラシック・ギターを弾いa0212807_19225811.jpgている彼をチョンさんに紹介しました。
そしてその場で、今月10月25日の「クラシック・ギター・コンサートat 7階のナム」が、決定いたしました。
演奏者は、久留米市に住まうアマチュアながら名クラシック・ギタリストの富松利勝氏です。
彼とは、幼稚園から大学までお互い‘そう云えば’と後で気付く同期生で、就職先も組織こそ違いますが、同じ農協系と何とも不思議な縁(えにし)で、だからと云って親密な付き合いでもなく、さりとて疎遠になったこともない摩訶不思議な交友関係です。
彼は、西南学院大学の伝統ある河鹿ギターアンサンブルに所属しギター演奏と指揮者をしていました。
この‘Classic Guitar Concert at NAMU’が、決まったとき、もう「指が、動かんばい」と嘆きつつも昔とった杵柄a0212807_19255075.jpgは、衰えていないと思いました。
‘ナム25日の会’ は、19時からのスタートですが、コンサートは、18:30からの第一部、19:00からの第二部と二部制(演奏別曲目)で開催します。
フリー・コンサート(無料)ながら‘ナム25日会’の参加は、どなた様も予約(電話予約先 092-713-4262、満席の場合は、お許しください)と会費4千円(韓国料理とフリードリンク)が、必要です。
深まる秋の一夜、「7階のナム」オーナーシェフ チョンさんのヤミヤミな韓国料理と美味しい生(せん)マッコリを飲みながらクラシック・ギターの名曲の数々‥「愛のロマンス(禁じられた遊び)」や「アルハンブラの思い出」などお楽しみください。 (上写真 : 友人の尊敬するスペインの名クラシック・ギタリスト アンドレス・セゴビア
by blues_rock | 2017-10-08 00:08 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)