ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ハーフネルソン  シネマの世界<第739話>

カナダ出身の名優 ライアン・ゴズリング(1980~)は、アメリカの名女優クリステン・スチュアート(1990~)と‘映画俳優’としてのキャリアが、似ていて二人とも年少時から様々なジャンルの良質な作品に出演、与えられた役柄(キャスト)を優秀な監督の厳しい演出に応えながら類稀な演技才能を発揮してきました。
a0212807_1962715.jpg
ライアン・ゴズリングは、イギリスの類稀な俳優 ゲイリー・オールドマン(1958~)をリスペクトしているのだとか、2017年公開されたミュージカル映画の「ラ・ラ・ランド」が、好評でこの秋(10月27日)には、最新作「ブレードランナー2049」(ドゥニ・ビルヌーブ監督)が、公開されます。
a0212807_197918.jpg
ライアン・ゴズリングは、2000年「タイタンズを忘れない」、2002年「完全犯罪クラブ」への出演を経て、2003年「16歳の合衆国」で主演、恋人の弟(知的障害児の少年)を衝動的に殺すという内省的な難しい主人公の役を見事に演じていました。
a0212807_1910789.jpg2004年「きみに読む物語」、2005年「ステイ」、2007年「ラースと、その彼女」と、それぞれまったく異なった作品の主人公を見た者の脳裏にいつまでも残る見事な演技を披露、そして 2011年デンマークの異才ニコラス・ウィンディング・レフン(1970~)作品「ドライブ」に出演、この映画の主人公をクールに演じたライアン・ゴズリングは、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の名前を知らなかった日本の映画ファンにレフン監督のその異才ぶりを教える役割を担いました。
今夜紹介します2017年公開のライアン・ゴズリング主演映画「ハーフネルソン」は、2006年にライアン・フレック監a0212807_19131071.jpg督(脚本 1976~ 撮影当時30歳)が、インディペンデント作品としてサンダンス映画祭で公開した映画です。
「ラ・ラ・ランド」の大ヒットで急増した若い女性のライアン・ゴズリング人気にあやかり、11年前に彼が、出演(当時26歳)していた未公開映画を一般公開した作品ながら、実は‘この映画のライアン・ゴズリング’が、実にすばらしく、ライアン・ゴズリング ファンならずとも映画ファンには、必見の価値ある映画です。
a0212807_1918349.jpg映画のタイトル「ハーフネルソン(Half Nelson)」とは、「はがいじめ」という意味、ライアン・ゴズリング演じる主人公は、ジャンキー(コカイン中毒)ながらインナーシティ(ニューヨーク下町の貧困街)の中学校で歴史を教え、女子バスケット部のコーチも兼ねている教師です。
中学校教師ダンの空虚な抜け殻のような日々の暮らし ‥ コカインに人生をハーフネルソン(はがいじめ) されa0212807_1919514.jpgた白人系若者の虚無的な人生をライアン・ゴズリングが、見事に演じ「ハーフネルソン」は、インディペンデント系映画にも関わらずこの年のアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートされました。
それくらいこの映画でのライアン・ゴズリングの演技(=コカインに人生をはがいじめされたジャンキー教師の空虚な存在感)は、見事で必見(すばらしい!)の一言、日ごろ何かと辛辣なアメリカの映画評論家(批評家)たちも絶賛しています。
a0212807_19214671.jpg偶然ながら、先日(8月19日)の日本経済新聞朝刊一面トップ記事に「白人系労働者階級の貧困層に‘薬物依存(麻薬中毒)’激増、先進国の中でアメリカ白人系労働者層の就業率最低、現在のアメリカ社会混乱の元凶は、‥うんぬん」とあり、白人系労働者の失業率が、高いのは、移民や有色人種のせいではなく、努力を怠り麻薬におぼれた結果であり 自業自得=因果報応と云うものです。
当時30歳のライアン・フレック監督は、11年前の2006年、すでに現在のアメリカ国家の劣化と社会混乱を予見しa0212807_21132286.jpgていました。
さて、この映画の舞台は、ニューヨークの下町ブルックリンですが、インナーシティとは、黒人を中心に多民族の貧困世帯や低所得者層が、密集して暮らす地区のこと、インナーシティは、麻薬密売にからむ犯罪の温床地帯で治安や風紀は、極めて悪く、大都市の社会問題となっている地域です。
ダンの教え子で黒人女子中学生のドレイ(シャリーカ・エップス 1989~ 抜群の演技、とくに目の表情が、秀逸)とa0212807_21153637.jpg母子家庭で友だちのいないドレイにやさしく小遣いを与え 麻薬のデリバリーをさせている麻薬売人のフランク(アンソニー・マッキー 1979~)、この2人とダンとの絡みが、映画のストーリーです。
映画のプロットは、暗欝で コカイン中毒の中学校教師ダンと、彼の吸引現場を目撃した教え子のドレイ、孤独な少女ドレイにやさしく接し顧客に麻薬配達をさせる売人のフランク、教え子にそれをさせまいとするジャンキーの教師ダン、売人フランクの指示で教師のダンにコカインを届けa0212807_2128826.gifる教え子のドレイ、この3人の切なくやり切れない関わりで 映画を見ている者に 最後まで緊張感をもたせるフレック監督の演出が、実に見事です。
この映画で見せるライアン・ゴズリングの虚ろな表情は、アカデミー賞主演男優賞ノミネート当然と思え、彼の顔のズーム・アップで映る空虚で孤独な眼差しは、女性ファンの母性本能をかき乱すことでしょう。
by blues_rock | 2017-08-26 00:06 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)