ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

金継ぎ 鎹(かすがい)直し

a0212807_19353133.jpg鎹(かすがい、右写真)とは、今のような強力な接着剤のない時代に、木材や石材を繋ぐために利用された金属の接着材です。
陶磁器の食器が、昔まだ庶民にとって貴重な生活用品であった時代、中国(清朝~現代、1999年中国映画「初恋のきた道」の劇中に茶碗を鎹修理するシーンがあります)や日本(江戸時代~昭和初期)では、大事な陶磁器が、割れると ‘鎹(かすがい)直し’で修理し再使用していました。
鎹(かすがい)修理で特に有名なのが、国立東京博物館にある国宝「青磁茶碗 馬蝗絆(ばこうはん)」にまつわる逸話(こちら 記事半ばから終わりまで)です。
a0212807_1942149.jpg
日本では、室町時代に茶の湯が、生まれると陶の茶碗は、茶人に大切に扱われ‘金継ぎ’が、誕生しました。
江戸時代には、生活用の磁器(茶碗・皿・鉢、湯呑や猪口)が、普及し始めるもまだまだ庶民には、高根の花で、a0212807_19501744.jpg大名や武士階級、裕福な商人たちが、日常生活に磁器を使用し始めました。
そして磁器が、割れると「鎹(かすがい)直し」や「焼き継ぎ」で修理し、子から孫へと大事に伝承されてきました。
さて、私の手元にある「古伊万里 花鳥文色絵 八角鉢(径14㌢、高8㌢)」には、4つの鎹が、施されています。
左写真の「古伊万里 胡蝶文 色絵猪口(径6.5、高5.5)」は、小さいながら10の鎹修理が、施されていました。
残念なことに胴が、少し欠けていて、私は、色合いから金継ぎではなく、「銀継ぎ(本銀直し)」にしました。
a0212807_19533333.jpg根来塗敷板(横28㌢、縦20㌢)は、4月17日(~4月23日)から始まる金継ぎ工芸会作品展に私が、出品する ‘山盃’ を並べるために制作しました。
材料は、揖保の糸 素麺の蓋板を布(ガーゼ)と錆漆さらに下地漆で整え、本消呂漆と赤漆を交互に塗り(拭いて)仕上げました。
私たちの周囲には、ポイ捨てするに惜しい道具類や生活財が、結構あり、ホームセンターに行けば、木目の美しい板が、安価な値段(百均ショップなら桐材を推奨)で並んでいます。
a0212807_19542256.jpg
お気に入りの板を買い、Tシャツなど古着の布切れに生漆をつけて拭いて乾かす作業を繰り返すだけ、極薄の使い捨てゴム手袋をつければ、漆かぶれもなく、あなたもまわりを唸らす漆芸家になれること請け合います。
by blues_rock | 2017-04-06 00:06 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)