ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

エージェント・ウルトラ  シネマの世界<第734話>

a0212807_1812389.jpg2015年のコメディ映画「エージェント・ウルトラ」(American Ultra)は、ハリウッド製作のイラン系イギリス人の俊英監督ニマ・ヌリザデ(1977~)長編映画第2作目となる‘おバカアクション ラブコメディ’ 映画ながら、これが、なかなかどうして‘バカにできない’ コメディ映画の秀作です。
2009年アメリカのラブコメディ映画「アドベンチャーランドへ ようこそ」で共演したジェシー・アイゼンバーグ(1983~)とクリステン・スチュワート(1990~)が、6年後に再び顔を合わせた ‘おバカアクション ラブコメディ’ ながら「エージェント・ウルトラ」では、若いヌリザデ監督のポップな演出に応え、2人とも真面目に弾(はじ)けて笑わせてくれます。
今や若き名女優 クリステン・スチュワートが、前年の2014年に出演した「レディ・ソルジャー」・「アクトレス~女たa0212807_1815571.jpgちの舞台」・「アリスのままで」の3作品で見せたそれまでのシリアスな演技とは、またひと味ちがうコメディエンヌぶりを発揮、女優としての奥行きを見せてくれました。
クリステン・スチュワートの恋人役で共演したジェシー・アイゼンバーグが、何をやってもドジで風采のあがらない主人公のおバカなコンビニ店員をハマリ役で演じているのも見どころです。
a0212807_18401715.jpg映画は、CIAの極秘マインドコントロール・プログラム計画を封印(隠ぺい)しようとするCIAから命を狙われるコンビニ店員のマイク(ジェシー・アイゼンバーグ)とその騒動に巻きこまれる恋人フィービー(クリステン・スチュワート)の反撃を描いています。
毎日のらりくらりと暮らしうだつの上がらないダメ男のマイクは、恋人のフィービーにプロポーズをしようしますが、なかなかうまく切りa0212807_18533493.jpg出せませんでした。
ある夜、コンビニで店番をしていると怪しげな女が、レジに現われマイクに意味不明なナゾの暗号を囁(ささや)きました。
その瞬間マイクは、それまでの自分と違う何かが、自分の中で覚醒したような奇妙なものを体感しました。
a0212807_18413476.jpgそのとき、屈強な男2人が、マイクを襲撃、突然のことに驚いたマイクは、そばにあったスプーンを武器に、暴漢 2人をあっという間に倒しました。
我に返ったマイクは、血だらけの自分の姿を見てびっくり仰天 ‥恋人のフィービーに助けを求めました。
マイクは、極秘裏にCIAマインドコントロール・プログラム計画によりトレーニングされた最強のエージェント(特殊a0212807_18423838.jpg工作員)ながら計画封印のためマイクを抹殺しようとするCIA組織内の対立でプログラム存続を図るグループの女工作員(怪しげな女)が、休眠されていたマイクの特殊能力を覚醒させる暗号で最強のエージェントに変調させたのでした。
マイクは、危険にさらされると自分の頭脳と身体が、驚異的な攻撃能力を発揮することにとまどいながら、何が何だか分からないまa0212807_18433031.jpgま、フィービーの助けを借りて逃亡しました。
ここまで書くと‘あれまあ、ジェイソン・ボーン’のプロットとそっくり、と感じられた方は、鋭い! ‥ 私は、この「エージェント・ウルトラ」が、要人暗殺特殊工作員(アサシン)育成の 極秘CIAマインドコントロール・プログラムで誕生したジェイソン・ボーンのパロディ・ヴァージョンと推いながら見ました。
a0212807_1844056.jpg「ジェイソン・ボーン」シリーズの恋人と違うのは、マイクの恋人フィービーが、実は‥ と云うところに、ニマ・ヌリザデ監督のひねりがあり、これは、見てのお楽しみにしましょう。
(左写真 : ヌリザデ監督と打合わせるクリステン・スチュワートとジェシー・アイゼンバーグ)
by blues_rock | 2017-08-10 00:10 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)