ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

エヴァの告白  シネマの世界<第713話>

アメリカの名匠ジェームズ・グレイ監督(1969~)が、2013年に撮った「エヴァの告白」(原題「The Immigrant」 移民)は、第一次世界大戦(1914~1918)の戦禍から逃れ難民となり‘生きる’ために一縷の希望を抱いてアメリカ
a0212807_19201168.jpg
へ移住した一人のポーランド女性エヴァの艱難辛苦の物語です。
ポーランド人女性エヴァを演じるのは、フランスを代表する名女優 マリオン・コティヤール(1975~ 1998年a0212807_19204058.jpg「TAXI」のヒロインでブレイク、2004年「ロング・エンゲージメント」、2007年「エディット・ピアフ ~ 愛の讃歌」アカデミー賞主演女優賞受賞、2012年「君と歩く世界」、2016年「たかが世界の終わり」など世界の多くの名監督作品に出演)です。
第一次世界大戦の主戦場(映画「西部戦線異状なし」参照)は、ヨーロッパですが、戦争する帝国の支配する世界各地の植民地でも戦争勃発、1919年のベルサイユ条約で第一次世界大戦は、一旦終結したもののフランス・a0212807_19235766.jpgイギリス・アメリカなどの戦勝国が、無理難題に等しい莫大な賠償金を敗戦国ドイツに要求、その後のドイツ社会の疲弊と貧困は、ドイツ国内で共産主義とポピュリズム(ゲルマン民族主義)対立により混乱、独裁者ヒトラーの率いるナチスドイツが台頭し人類史上最悪にして未曾有の悲惨と破壊をもたらした第二次世界大戦へ突入して行きました。
映画は、第一次世界大戦後の世界が、混乱している1921年のアメリカ、ニューヨーク沖合のエルム島に設けらa0212807_19245883.jpgれた移民入国審査所から始まります。
物語のディテールを語ると100年前のアメリカでの出来事とはいえ、当時のアメリカの世相の暗さにうんざり(いまのアメリカもこれに近いかも)する方もいるでしょうから映画の見どころだけを紹介したいと思います。
何と言ってもこの映画は、いまやフランスを代表する大女優にして「美女 マリオン・コティヤール」を見るため映画でもあります。
a0212807_1927596.jpgイタリア映画「マレーナ」に主演した「美女 モニカ・ベルッチ」、同「ある天文学者の恋文」主演のウクライナの「美女 オルガ・キュリレンコ」と円熟期にある名女優を見るだけでも価値ある映画です。
エヴァと深く関わるヨーロッパ移民の二人の男に、一人を売春婦の元締めで厳格なカトリック教徒のエヴァを言葉巧みに口説き、生活のため(生き延びるため)に売春させる女衒(ぜげん)のa0212807_19323279.jpgブルーノ(ホアキン・フェニックス1974~)と、もう一人、ブルーノの従弟で、エヴァを愛する芸人の手品師オーランド(ジェレミー・レナー1971)の哀れで切ない物語でもあります。
ともあれ、映画は、1921年のニューヨークを舞台に第一次世界大戦下の祖国ポーランド戦火から逃れ、新天地アメリカへ妹と二人生きるために移民した女性エヴァの幸せ薄い過酷な運命を描いていきます。
エヴァのラストシーンをご覧になった方は、安堵されるとともに今世界で跋扈(ばっこ)する悪しきポピュリズムに対するグレイ監督
a0212807_193420100.jpg
のアンチテーゼ(反対メッセージ)が、きっとあなたの心に届くと思います。
by blues_rock | 2017-06-08 00:08 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)