ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

青貝蒔絵

a0212807_109585.jpg古唐津 山盃を梨子地銀直しにしましたが、いま一つ納得できず、青貝を砕き、メッシュ(網目)の微細な篩(ふるい)にかけて出来上がりかけていた梨子地銀の上から蒔いてみました。
梨子地銀の地肌を砥ぎ破らないよう丁寧に青貝粉を磨ぎ出していくので結構、時間のかかる作業でしたが、山盃の中に小宇宙を感じたときは、感動しました。
コカコーラ・ロゴ入りのペーパー・ウエイトが、2個ありましたので、表面のコカコーラ・ロゴの凹みと裏面凹みに錆漆を入れ呂漆で固め、一つを黒地で、もう一つを赤地にして青貝片を蒔き梨子地漆でしっかり拭き固めました。
a0212807_10143338.jpg
衝動を抑制するようにしていますが、私は、気に入った陶磁器を見ると割って金継ぎに、きれいな木目のある白木地を見つけると無性に拭き漆をしたくなります。  (下写真 : 青貝蒔絵 梨子地漆 ペーパー・ウエイト)
a0212807_10153875.jpg
先夜、ラタフィア で、カウンター木地の分厚い樺桜を撫でながら ‘これを拭き漆にしたらいいよ’ とオーナーに余計なことを申しあげたら「私は、ひどい漆かぶれ症なので‥」と申し訳なさそうに言われ大いに反省しました。
by blues_rock | 2017-03-07 00:07 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)