ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

恐怖と欲望  シネマの世界<第679話>

稀代の名映画監督スタンリー・キューブリック(1928~1999 世界映画史の傑作「2001年宇宙の旅」ほか名作多数)が、1953年 25歳のとき自ら製作・監督・撮影・編集した初長編映画「恐怖と欲望」(モノクロ、62分)は、映画
a0212807_15424454.jpg
公開を前に当時新進気鋭の映画人であったスタンリー・キューブリックが、気に入らず「アマチュアの仕事だ」と切り捨て、すでに劇場配給用にプリントされていた「恐怖と欲望」を自分で購入し公開を中止し‘封印’してしまいa0212807_16174949.pngました。
それ以来、長い間、巨匠スタンリー・キューブリック監督の‘幻の長編映画デビュー作品’として「恐怖と欲望」は、語り継がれ、60年後の2013年、その「恐怖と欲望」が、HD(ハイヴィジョン・デジタル)マスター版で初公開されました。
新進気鋭の若い映画人 スタンリー・キューブリックが、親族から借金し自主製作した映像作家として思い溢れる作品で駄作でもなければ、素人(アa0212807_16193281.jpgマチュア)の作品ではありませんでした。
奇を衒(てら)うインディペンデント系の映画に有りがちなケレン味もなく ‘栴檀(せんだん)は、双葉より芳し’ でキューブリック監督の映像センスは、さすがです。
見る者の不安を煽るカメラワークとくにミディアム、ビック、エクストリームと多様なクローズアップを駆使したショットやカット、光の陰影(コントラスト)など後のキューブリック監督作品に特長づけられる不安定な構図と併せ、若いキューブリックa0212807_16202355.png監督の映画才能を感じさせる長編映画デビュー作品です。
映画のプロット(ストーリー)は、軍用機が、敵地に深く侵入し過ぎ、敵の攻撃を受け墜落、生き残った4人の兵士の物語です。
敵地にいる彼らは、不安で上官の中尉、ベテラン副官の軍曹も二等兵もなく、自軍のいる陣営に向かい敵が、いる森の中を彷徨いました。
a0212807_16214269.jpg性格の違う4人は、恐怖と不安で対立、ついに若い二等兵の一人が、心神喪失になりました。
4人は、、森の中で偶然、若い村娘と出遭いますが、敵陣営に通報されることを恐れ拘束しました。
見張りをしていた若い二等兵は、若い村娘に幻惑され言い寄っていた隙に逃げられ射殺してしまいました。
紅一点、村娘を演じた当時 20歳の初々しいヴァージニア・リース(1932~)もキューブリック監督にとって映画(つまり映像)の中で動くもa0212807_1628219.pngのの一つに過ぎず、若く美しい新人女優ヴァージニア・リースを演出で少し見せようという感情移入もなく、彼女の登場時間も短いクールな演出でした。
このキューブリック監督 ‘幻の長編映画デビュー’ 作品「恐怖と欲望」は、キューブリック監督映画マニア向けの作品です。
by blues_rock | 2017-02-26 02:26 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)