ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

梨子地漆直し古唐津  2017年元日

2017年の新春を謹んでお慶び申しあげます。
a0212807_022036.jpg
新年早々ながら、病膏肓(やまいこうもう)に入る金継ぎの徒の新作4点を掲載いたしました。
古唐津皿の陶片に残った高台と腰の部分をもとに刻苧(こくそ=地粉・上新粉・刻苧綿・生漆)で復元、修復した縁に青貝と梨子地銀で蒔絵をして三寸皿にしました。
a0212807_012378.jpg
深い緑釉が、美しい古唐津茶碗(または向付、江戸初期と推察)の3分の1くらいを刻苧で復元し浅葱漆で下地を整え梨子地銀蒔絵にしました。
もう少し下地にした浅葱の色を全体に出したかったのですが、少し梨子地銀を密に蒔き過ぎたかもしれません。
a0212807_024156.jpg
武雄系古唐津 刷毛目文皿(小峠窯、江戸初期)の大きく欠損したところを刻苧で復元し、ベンガラ漆地に錫箔を蒔いて梨子地漆で仕上げました。
錫箔だけでは、少し単調でしたので裾に梨子地銀を蒔きましたが、まだ何かおもしろみに欠けるように思います
a0212807_037459.jpg
ので、波文様の蒔絵を入れようかと迷っているところです。
昔、記念品にもらった益子焼の辰砂ぐい呑みですが、少しおとなしいので縁に梨子地銀を蒔いてみました。
漆、麗(うるわ)し ‥ 今年もよろしくお願い申しあげます。
by blues_rock | 2017-01-01 00:00 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(4)
Commented by j-machj at 2017-01-01 08:24
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

相変わらず、金継ぎに精進されいるようですね。
余暇を、どのように過ごすか?
美味しいものを食べたり、お酒を飲んでリラックスするのも良いですが、スポーツで体を鍛えたり、芸術的な要素のあるものの創作活動をするのは、自分を磨けて素晴らしいことだと思います。
今年も、お互い創作活動に邁進していきましょう。
Commented by blues_rock at 2017-01-01 13:22
j-machj さん、いつもコメントをくださり感謝します。
今年もこちらこそよろしくお願いいたします。
金継ぎという響きに何か華やかなものを感じる方もおられますが、金継ぎなんて独りシコシコとただ ‘砥ぎ+研ぎ+磨ぎ’ を繰り返すネクラな作業の連続‥そんな単純で単調な手作業中、ふと生きている不思議さを感じたりします。
j-machj さんの「タイムラプス」、楽しみにしています。
Commented by gassekuu at 2017-01-03 14:27 x
明けましておめでとうございますm(_ _)m年末は仕事やりながらのおせち作り、
年始は元旦だけお休みしましたが、福岡の姉家族が年始に来たので台所に立ちっぱなし…
2日より仕事で、やっと今日は少しゆとりが出来て今ブログを拝見しました。
相変わらず、良い仕事してますね〜。
今年は私も皆さんに追い付けるよう頑張りたいと思います。
今年もよろしくお願いします。
Commented by blues_rock at 2017-01-03 14:40
あけましておめでとうございます。
金継ぎの同志として今年もよろしくお願いいたします。
昨年が、初心に還り「刻苧」の年でしたので、今年は、これまた原点に還り「本金直し」のきれいな金継ぎに再挑戦したいと思います。