ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

レジェンド ~ 狂気の美学  シネマの世界<第661話>

悪徳刑事たちを主人公にしたクライム・サスペンスの名作「L.A.コンフィデンシャル」(1997)でアカデミー脚色賞を受賞したアメリカの名脚本家にして鬼才映画監督ブライアン・ヘルゲランド(1961~)が、イギリスに招聘され、
a0212807_17173286.jpg
イギリスの名優トム・ハーディ(1977~)と組んで創りあげた2015年ギャング映画「レジェンド ~ 狂気の美学」(原題: Legend 伝説)です。
a0212807_17194680.jpg
映画は、フィルム・ノアール(ギャングの犯罪映画)ながらヘルゲランド監督は、ギャングの抗争に付き物のド派手な銃撃戦や血しぶきの舞う殺りくシーンを少なくし(映画の性格上多少あります)、演出の力点を 1960年代のa0212807_17204381.jpgロンドンに実在したギャングのボスである 一卵性双生児のクレイ兄弟が、強い絆で築いたクレイ兄弟マフィアの栄華、双子の兄弟間の確執と亀裂、そして破滅に至る人間ドラマに置いています。
双子のギャング、レジーとロンのクレイ兄弟を演出するヘルゲランド監督と一卵性双生児クレイ兄弟を一人二役で演じるトム・ハーディの演技が、見事にコラボレーションした映画です。
a0212807_17304914.jpg名優トム・ハーディは、頭脳的で沈着冷静な兄レジーと暴力的で血気盛ん破滅的(抑パラノイア剤を常用)な弟ロンの二人をその性格の違いや立ち振る舞い、目の表情さらに話すときの口元などで秀逸に演じ分けています。
1933年のロンドン、イースト・エンドの貧しい家庭に生まれた一卵性双生児のレジーとロンは、恐喝・強盗・暴力など手段を選ばず、あらゆる犯罪に手をa0212807_17264270.jpg染め1960年代には、ロンドン全域の裏社会を支配下に収めていました。
クレイ兄弟は、アメリカのマフィア(チャズ・パルミンテリ 1952~)と結託しロンドンのナイトクラブやカジノを牛耳りイギリス政財界の有力者たちと密かに繋がりイギリス社会に絶大な影響力を波及させ向かうところ敵なしの栄華をa0212807_17273988.jpg極めていきます。
兄レジーは、手下の妹フランシス(エミリー・ブラウニング 1988~)と恋に落ち結婚、悪事から足を洗ってほしいと願うフランシスにナイトクラブ経営に専念すると約束しますが、レジーの引退を快く思わないゲイの弟ロンは、破滅的な行動を繰り返しクレイ兄弟の組織に亀裂が、入りました。
a0212807_17314443.jpgロンドン警察の執拗な捜査にクレイ兄弟の絆とロンドンの裏社会に築いたクレイマフィアの栄華も風前の灯かに思われましたが、ただ一人ロンを抑えることのできるレジーの復帰で組織も落ち着きを取り戻しました。
だが、レジーは、愛するフランシスを失うことになりました。
この映画は、はしゃぐにしても、言い争うにしても、兄弟ケンカして殴り合うにしても、一卵性双生児のクレイ兄弟a0212807_17382734.jpgを一人二役で演じる トム・ハーディの名演技が、何よりの見どころで「お見事!」の一言です。
by blues_rock | 2016-12-28 00:08 | 映画(シネマの世界) | Comments(0)