ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

初めての金継ぎ請負

初めて人様の大切な古伊万里磁器の修理を引き受け、本金直しで金継ぎしました。
a0212807_12522475.jpg
自分のものだと結果オーライでホイホイできるのですが、正式の依頼となるとそういうわけにはいきません。
お預かりしたのは、藍柿右衛門「薄墨片身替鷺文長角皿」2枚と「鷺番文菱型紅小皿」1枚(江戸前期に有田で
a0212807_12532514.jpg
焼かれた古九谷かも?)の計3枚です。    (上と下写真 : 「薄墨片身替鷺文長角皿」)
いずれにしても江戸時代前期の延宝~元禄期に焼成された古伊万里の逸品でした。
a0212807_12542312.jpg
長角皿の修理は、そう難しくありませんでしたが、菱型小皿は、見事に割れ、欠損している破片もありましたので修復するのに手間取り、納得できる本金直し(金継ぎ)になるまで2度金を蒔くことになりました。
a0212807_1255460.jpg
  (上写真 :「鷺番文菱型紅小皿」 )
by blues_rock | 2016-12-16 00:06 | 金継ぎ/古美術/漆芸 | Comments(0)