ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ボブ・ディランの代わりにパティ・スミス

a0212807_130859.jpgノーベル文学賞を受賞した詩人ボブ・ディランに代わって1960年代から、当時フォークシンガーだったボブ・ディランに憧れ敬愛、自分もロックシンガーになったビートニク詩人パティ・スミスが、授賞式に出席しボブ・ディランの名曲「激しい雨が降る(A hard rain's gonna fall)」を歌うとか、元パンクロッカーにして詩人パティも長年の友情に、なa0212807_1321376.jpgかなか粋な恩返しをするものだとうれしくなりました。
また併せて、世界が、(当然自国のアメリカも)注目している受賞者記念講演は、ボブ・ディランのメッセージ朗読と、詩人としての妹分パティ・スミスが、ボブ・ディランの代理として「模範となる人の重要性」と題し講演するのもクールでシャレています。
1946年生まれのパティ・スミスも早や古希(70歳)となり1960年代ニューヨークパンク時代の元祖女性ロッカー(クイーン・オブ・パンク)であったころの尖がった雰囲気は、なくなりましたが、1975年発表の初LPアルバム「ホーセス」は、私にとって昔懐かしい思い出
a0212807_1334370.jpg
の品(という宝物)になりました。
ちなみに、このアルバムの写真(下)は、当時ルーム・メイトであった写真家ロバート・メイプルソープ(1946~a0212807_136282.jpg1989 病没、享年43歳)が、撮影したものです。
詩人二人の‘あうん’の呼吸は、「模範となる人(=大統領・首相や国家元首、さらに品格ある大人)」が、世界に不在(もちろん自国のアメリカにも)の今、地球上の至るところで蔓延している悪しき先祖帰り(いつか来た道)に対する揶揄(ラディキュル)と皮肉(アイロニー)に満ちたメッセージになることでしょう。
by blues_rock | 2016-12-10 00:10 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(0)