ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

選挙の勝ち方教えます  シネマの世界<第638話>

a0212807_18185241.jpgこの2015年の政治劇映画「選挙の勝ち方教えます」といい、今年(2016年)のアクション戦争映画「13時間 ~ ベンガジの秘密の兵士」といいアメリカ製作の ‘良い映画’ なのに日本では、劇場未公開(DVDスルー)というのが、私に理解できません。
日本の映画評論家の皆さん、新聞や雑誌、インターネットでつまらない映画情報をタレ流すくらいならインパクトのある旬のネタ(プロット)で撮った佳作映画を紹介すべきでしょう。
デヴィッド・ゴードン・グリーン監督(1975~ 「グランド・ジョー」の監督)の2015年新作「選挙の勝ち方教えます」は、いまデッドヒートして支持率アップを競っているアメリカ大統領選挙の前哨戦と比較して見ると大いに楽しめる映画です。
「選挙の勝ち方教えます」の原作が、2002年の南米ボリビア大統領選挙の模様を撮影したドキュメンタリー「Our Brand Is Crisis (我らの売りは危機)」なので、大統領になるための手段を選ばない選挙運動の舞台裏(足の引っ張り合い、卑劣な行為)を暴露した脚本と演出は、リアリティと迫力が、あります。
製作は、名優ジョージ・クルーニー(1961)、製作総指揮と主演が、名女優サンドラ・ブロック(1964~)と、ハリ
a0212807_18204355.jpg
ウッドで積極的にリベラルな政治活動を行う二人の製作コラボレーション(「ゼロ・グラビティ」では共演)とあって、グリーン監督は、メタファーのように選挙運動の内幕を辛辣に描いています。
a0212807_18221030.jpg撮影監督のティム・オアー(1968~)は、グリーン監督作品の常連カメラマンなので演出のグリーン監督との呼吸もピッタリで、映像のカット割も手際よく上手いものでした。
サンドラ・ブロック演じる ‘選挙コンサルタント’ ジェーンの宿敵で、長年のライバルでもある他候補陣営の選挙顧問パットをビリー・ボブ・ソーントン(1955~ 「グランド・ジョー」の脚本)が、ジェーンの選挙戦略を徹底してつぶしていく憎らしいほど嫌味な悪役と
a0212807_1823458.pngして登場、ジェーンとパットお互い意地をかけた丁々発止のシリアスな駆け引き、クールな会話は、この映画の見どころです。
選挙戦略を練るジェーンの相棒役としてアンソニー・マッキー(1979~ 「ハート・ロッカー」)、泡沫候補ながらジェーンの選挙戦略の手腕により僅差で次期ボリビア大統領となる頼りない候補者をポルトガルの俳優ジョアキム・デ・アルメイダ(1957~)が、好演しています。
a0212807_1827717.jpg実際2002年の候補者が、乱立したボリビア大統領選挙の模様を映画化した実録ものなので退屈しのぎに見ても大いに楽しめます。
いま世界中の至るところ、下品にして愚劣かつ傲慢で偏狭な人として恥も外聞もない大統領(国家元首)や大統領候補者たちが、大勢います。
私たちの身近にも、同類の国会議員や知事・市長たちが、ワンサカいて破廉恥な話題を提供しています。
a0212807_18281651.jpgとくに、次の世代が、支払わなければならない ‘莫大な借金(ちなみに、いまの日本国民 1億2千万人が、返済しなければならない借金総額は、1、000、000、000、000、000円=1千兆円、4人1家族3千2百万円、この国に生まれたばかりの赤ん坊から寝たきり老人まで入れて1人当たり8万円!)’ は、必ず昔のドイツのように国家を破綻(参考:「悪夢の祖国ニッポン」)させるでしょう。 
a0212807_18331988.jpgこの映画を見たからと云って何も私が、ムキになることでは、ありませんが、問題先送りする私たち国民とその政府、脳細胞が、壊疽したような国会議員たち、グルで次の東京オリンピックや築地市場豊洲移転を口実に税金(=公金)タレ流しの東京都庁(都議会議員と元知事ら)などなど‥「選挙の勝ち方教えます」を見て白けるどころか、a0212807_1835639.jpgますます耳目を澄ませ、自分たちの頭で将来のことを一生懸命考え、そして自ら行動(選挙を棄権するなどもってのほか)しなければ、日本の子供たち(子々孫々)に未来はないことだけが、良く分かりました。
(付録 : こちら も参考にご覧くださると光栄です。)
by blues_rock | 2016-10-12 00:12 | 映画(シネマの世界) | Comments(2)
Commented by j-machj at 2016-10-12 22:00
この映画はじめて知りました。
ジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロックの名前があるのに未公開とはもったいないです。
脇固めが、あのクセのあるビリー・ボブ・ソーントンというのも興味をひくます。

政治映画だから、どこからか圧力がかかって劇場未公開なんてことはないですよね。

さて、アメリカ大統領選の選挙の行方が楽しみです。
Commented by blues_rock at 2016-10-15 11:55
j-machj さん、コメントありがとうございます。
よその国の大統領選挙など本来関係のない話ですが、アメリカだけは、投票権のない私たち日本人の暮らし(=政治経済・安全保障)に大きく影響するので変なヤツが、大統領になることは、勘弁して欲しいと思います。
j-machj さん、ジェィソン・ボーンの最終章、面白かったですよ。