ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

介護甲子園(お礼)

皆さま方から絶大な応援をいただきおかげさまで今年度の介護日本一を決める最終5事業所のうちの1事業所に選ばれ本選(大阪市)に行くことが、決まりました。
皆さま方の熱いご支援、本当にありがとうございました。  (下写真 : 玄界灘の姫島 九州ロマンチック街道から)
a0212807_1952436.jpg
拙ブログで 8月4日「介護甲子園(お願い)」と 8月25日「介護甲子園(最後のお願い)」の2回、しつこいとお叱り受けるくらいアナウンスして参りました。
幸運にも私たち森の家の「小規模多機能ホームみのり荘」は、(社)日本介護協会委嘱の外部審査員9名の方a0212807_19532175.jpgが、審査された介護甲子園エントリーの4,812事業所の中から最終予選30事業所にノミネート(選出)され、さらに今回インターネットによる一般投票選考を経て12月の本選出場の5事業所の1事業所(第2ブロック代表)に選ばれました。
本選(ファイナル)は、来たる12月18日日曜日12時30分より大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)で開催され、当日来場予定2,500名(推定)の方が、会場で5事業所からの介護活動VTRとプレゼンテーションを直接ご覧になり「最も‘学びと気づき’を与えた事業所」を選出されます。      (上写真 : ロンドンに住む私の一番若い友だち ハナ=ミズキ・ラムナラインちゃん、まもなく4歳)
私は、正直ファイナル(ベスト5)に残れると予想せず、今年のひときわ暑かった '真夏の夜の夢’ を楽しむ気持ちで取り組んでいましたので、皆さま方のお力が、奇跡を起こしたと改めて厚くお礼申しあげます。
私も応援団長としてかって 7年間暮らした大阪に行き、介護甲子園‘冬の陣’を楽しんで来ようと思います。
by blues_rock | 2016-09-13 00:13 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(2)
Commented by j-machj at 2016-09-14 01:18
ブログの紹介ありがとうございます。
本当によかったですね。
おめでとうございます。

僕は、去年の3月に母を看取りましたが、皆その時が来るまで(本人も子供も)実感がないので、世間にしっかりと啓蒙していくことが大事だと思います。
Commented by blues_rock at 2016-09-15 03:08
コメント、ありがとうございます。
お母上を看取られたとか‥きっとj-machjさんも人知れぬご苦労とご心痛が、お有りであったろうとお察しします。
以下は、私個人の意見ながら
人は、必ず年をとり、自分一人では、暮らせなくなります。
老いると人は、早かれ遅かれ、本人が、望もうと望むまいとほぼ間違いなく介護・介助を必要とします。
脳の機能も身体能力が、衰弱するように、脳もまた個人差、程度の差はあれど認知症を発症します。
私は、認知症が、脳の病気であることを承知していてもなお、年をとるという避けられない現実と人間として自らの意思決定できなくなる無念さを感じます。
介護施設で働いていても介護素人である私は、日ごろお相手する認知症後継者の方々を見ていて、「明日は我が身」と自らを常時戒めつつも時として重度の認知症高齢者(認知症患者)の、あまりのワガママ(エゴ=本能剝き出し)ぶりに「情けない!」と叱りたくなるとき(コミュニケーションできない情けなさ)が、あります。
他人の私ですら、そうですから長年暮らしを共にしたご家族・肉親の悲しみと怒りたるや如何ほどかと推察します。
国は、また来年「介護保険制度」を弄り、介護サービスの質を落とし、その分を家族と地域に負担させる国策のようです。