ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

小説 利休にたずねよ

室町~戦国時代から安土桃山時代の乱世を得意とする歴史小説家山本兼一(1956~2014没、享年54歳)が、月刊誌「歴史街道」に連載した‘茶の湯’(侘び茶、草庵の茶)の完成者千利休の生涯を描いた小説です。
a0212807_17261328.jpgストーリーも1951年に利休が、天下人太閤秀吉の命で自刃(切腹)するまでの時代背景と利休に関わった歴史上の人びとと利休とのエピソードを交え、自刃するその日から時間を遡りながら利休像を描いていきます。
利休が、独自の美意識で‘茶の湯’(侘び茶、草庵の茶)を確立したのは、織田信長に茶頭として仕えていたころです。
本能寺の変で信長が、暗殺されると天下人となった豊臣秀吉の茶頭となり利休もまた天下の茶人になりました。
天下人となった秀吉は、茶の湯の弟子に名立たる諸大名、豪商を抱える茶頭の利休を自分の意のままにしようとしますが、利休の美意識と精神は、a0212807_17273513.jpg揺るぎありませんでした。
筆頭奉行の石田三成は、質素な草庵の茶(侘び茶)を否定、その茶頭として天下に多大な影響力を持つ利休の存在が、政治(まつりごと)に邪魔で、三成から入れ知恵された秀吉の逆鱗に触れ(秀吉の利休に対する劣等感と嫉妬心から)切腹を命じられました。  (上写真 : 利休のファム・ファタル‘高麗の娘’を演じた韓国女優のクララ)
a0212807_17522625.jpg利休が、死ぬまで肌身離さず持っていた‘高麗の緑釉小壺’のエピソードは、作家 山本兼一氏の創作だろうと推察、作者の美意識が、‘侘びの美’様式を確立した類稀な天才アート・プロデューサーとしての利休像に投影され強調されているように思います。
2013年映画「利休にたずねよ」は、原作のエピソードに副って割合忠実に撮られてはいるもののさほどのこともありません。
利休を描いた映画としては、勅使河原宏監督の脚本・演出で撮った「利休」が、格段に良く、三國連太郎演じるa0212807_17525997.jpg茶の湯を極めようとする利休の矜持あふれるふてぶてしさと山﨑努演じる天下人太閤秀吉のこざかしさ、いやらしさは、希代の名優二人の「静と動」が、すばらしく秀逸の極みです。

(写真上: 利休が長次郎に創らせた黒楽茶碗 銘「大黒」
同左: 李氏朝鮮時代の大井戸茶碗)
by blues_rock | 2016-07-01 00:01 | 詩/短歌/俳句/小説 | Comments(0)