ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

ニュー・ヴァージョン Hotel California

「いや~、まいった! お見事!」 と、このYou-Tube「ニュー・ヴァージョン Hotel California」を見て、そう思いました。
a0212807_9214121.jpg
アメリカとオランダ、7,800㌔の距離を隔て、お互い直接会ったことのない二人の青年が、インターネットを通じてa0212807_9232162.jpgコミュニケーションし、Eaglesの名曲「Hotel California」をカヴァー(演奏と歌のコラボレーション)しています。
二人の卓越した演奏技術といい、歌の巧さといいプロのミュージシャン顔負けです。
同時に二人が、すばらしい! のは、世界中a0212807_939726.jpgの音楽好きの人たちに‘自由にシェアして気に入ってくれたらいいな’というオープンな心をもっていることです。
せこい金勘定しか関心のない議員たち、しみったれた民族主義やエセ宗教のウザイ原理主義、国境に万里の長城を築くなどタワゴトをわめく愚か者らに、平和を愛する自由な若者たちの心など分かろうはずもありません。 (掲載写真:九州ロマンチック街道から)
a0212807_9453266.jpg
この「ニュー・ヴァージョン Hotel California」を聴いていただき、せめて今夜だけでも平和な気持ちでお寛ぎください。
by blues_rock | 2016-06-20 00:02 | 音楽(Blues/Rock) | Comments(7)
Commented by blues_rock at 2016-06-18 10:05
九州ロマンチック街道主 j-machj さま
貴ブログから私の好きな写真をまた4枚お借りいたしました。
リアル九州を知っていただく最高の写真サイトです。
これからも楽しみにしています。
Commented by j-machj at 2016-06-20 12:00
ブログの写真の紹介ありがとうございます。
You-Tubeって、便利ですね。
動画のみならず、音楽も発信できますからね。
クラッシックギターを弾く友達も、いつもYou-Tubeに投稿しています。
Commented by blues_rock at 2016-06-20 15:01
その方のギターをぜひお聴かせください。
どのように検索すれば、聴くことが、できますか?
Commented by j-machj at 2016-06-20 22:19
blues_rock 様

You-Tubeは「風音舎」
https://www.youtube.com/playlist?list=UUBOsUfjmeMCAF4cprxnqi7A
ブログは「クラッシックギターde花散歩」
http://fancykao2y.exblog.jp/25718709/
で登録されています。
Commented by blues_rock at 2016-06-21 12:20
j-machjさま
お知らせくださり、ありがとうございます。
さっそく拝聴いたしました。
いろいろな曲にトライされ、ご自分の感性で弾かれようとされているのが、印象的でした。
私は、唱歌(童謡)が、好きで、どの曲も一音一音丁寧に弾かれ、穏やかな和音との組み合わせは、心なごませる気持ち好いギターの音色でした。
いま練習されている映画「ひまわり」のテーマ曲もピアノからギターの旋律に変わるも原曲の切ない哀感が、伝わってきます。
暗譜されたら、演奏会の十八番(定番曲)になるのではないのでしょうか?
お礼まで。
Commented by fancykao2y at 2016-06-23 05:36
blues_rock様
風音舎(かおるーむ)のguitarrakao です
ホテルカリフォルニア 素敵ですね~~~~

ところで
映画音楽には ほんとうに いい曲がたくさんありますね。
ギタ―でも たくさん 編曲されています

 ひまわりも 映画音楽でした ♪
ニューシネマパラダイス の曲も 弾いてはいるのですが
なかなか 難しいです
練習記録を聞いていただき ありがとうございました
一つの情景描写の世界なので、そう なんでしょう 写真に似たところがあるかもしれません。

夏ですね ひまわり がんばって 暗譜してみます♪ 
Commented by blues_rock at 2016-06-23 13:10
風音舎 guitarrakao さま
コメント、ありがとうございます。
私は、カスタネットとタンバリン以外の楽器が、何もできない(そもそも楽譜を読めない)ので、ギターやピアノ(キーボード)など奏でる方を尊敬しています。
それでも音楽が、好きで音楽なしの暮らしは、考えられません。
これからも時おり拝聴させていただきます。