ブログトップ | ログイン

心の時空

yansue.exblog.jp

a day in my life

友、遠方(ロンドン)より来たる

イギリスの友人ラムナライン一家(家族3人)と大分県九重町湯坪へ温泉旅行、飯田高原 涌蓋山東麓(ひがしふもと)の高台にある‘お宿叶館’に宿泊しました。
ご主人の配慮でほかに宿泊客なく、室内・室外・露天と3つの風呂も満々とお湯を湛え温泉に入り放題、友人の愛娘にして私の愛する最も若い友だちミズキ(ハナ=ミズキ・ラムナライン)ちゃんも三歳半となり利発でヤンチャ盛り、a0212807_21531876.jpgおしゃべりも英語70%&日本語(博多弁)30%のミックスで私は、やや苦戦‥叶館に着くなり廊下を走り、庭を駆け回り、うれしくて仕方ない様子でした。
大人たちは、ひと先ず寛ぎ、ひと風呂浴びる前に「まずビールだね」と缶ビールを出し「ミズキ? ミズキ、ホエア?」と友人のダディが、娘の名前を呼んでも、つい先ほどまで目の前にいたミズキちゃんから返事は、ありません。
いつもなら「ミズキ、おいで!」と日本人のマミーから言われると跳んでくる甘えん坊のミズキちゃんですが、それでも反応なく大人たちの顔色突然変わり、あわてふためいて大騒ぎ、その間3分くらいながら当人は、離れた部屋のコタツの中に隠れていてカクレンボのつもり、あっ見つかったと屈託のない笑顔を返すミズキちゃんでしたが、普段と違うやさしい両親や祖母の心配顔に驚き今度は、彼女が泣きべそ顔になり私たちは、あわてて何もなかったa0212807_21541592.jpgような作り笑いを浮かべ苦笑、到着するなりとんだハプニングになりました。
イギリス人ながら食べ物に何かとうるさい友人(イギリス人はビールとフッシュ&チップスがあればOKと私は誤解)なので、叶館の地元(飯田高原)山家料理風な食事(身土不二の美味しい季節料理)が、彼の口に合うかどうか私の懸念は、老婆心となり何から何まで完食でした。
翌朝の生卵だけが、唯一ダメで、私が、卵かけご飯にして「ヤミヤミ! オイシイ! トライ!」と誘ってみてもジィーと私の顔を見ながら「オーケイ、メイビー‥イエス、ヤミヤミ‥バット、ノー!」でした。 
前夜遅くまでのビールパーティ(4月初めの飯田高原はまだ寒く温泉で温まりビールを呑みまた温泉)に友人は、大満足でした。  (上写真2枚:叶館の庭、こちらも参照、下写真:友泉亭と庭園)
a0212807_21553973.jpg
福岡に戻り、間もなくロンドンに帰る友人 ちなみに夫人が英語流暢なので日本語を話さない彼を誘い、私のデタラメなダジャレングリッシュ(私はジョークのつもり)を駆使し博多を案内‥ビール片手に福岡城跡で散る桜を眺めながら博多の歴史を話し、その夜中洲に行きヤキトリ屋と居酒屋をハシゴ、そして〆は、やはり博多ラーメンと6時間のプライベートガイドになりました。  (下写真:三歳半になったハナ=ミズキ・ラムナラインちゃん)
a0212807_21562621.jpg
翌朝、酔いの醒めた私は、彼が、日本の伝統文化や博多の歴史を正しく理解したかなと不安になりました。
性懲りもなくその日もまた、住まい近くの‘友泉亭公園’(福岡市城南区友泉)を案内‥友人は、一週間くらい東京・京都・奈良・大阪の観光地と混雑した古刹めぐりの後だっただけに、人影のない静謐な ‘友泉亭’ を大変気に入り、伝統的な日本庭園の美しさにじっと見入っていました。
by blues_rock | 2016-04-20 00:02 | 柏原生活/博多叙景 | Comments(0)